マイコプラズマ肺炎とは? 風邪と見分け難い、症状や治療法など

家庭や学校で流行、重症化することは少ないが早期発見が大切

普通の肺炎とは違う「非定型肺炎」。一般的な抗菌薬が効かず、たんのない激しいせきが長く続き高熱も。

比較的症状が軽く、子どもや若者がかかりやすい

 肺炎というと、お年寄りがかかると命取りにもなりかねない病気ですが、マイコプラズマ肺炎は10~30代の若い人たちがかかることが多く、しかもわりと軽症なために普通のかぜと見分けがつきにくく、診断が遅れることがあります。一般的によく処方される抗菌薬では効かず、まれに、心筋炎や髄膜炎などを併発することもありますので、油断はしないほうがいいでしょう。

 マイコプラズマ肺炎の症状は多くの場合、せき、発熱、頭痛、倦怠(けんたい)感などがおこります。たんの出ない乾いたせきが激しく、しかも長く続くため、胸や背中の筋肉が痛くなることも珍しくありません。38度以上の高熱も伴いますが重症化することはあまりなく、“普通とは違う肺炎”という意味で「非定型肺炎」とも呼ばれます。

一般的に用いられる抗菌薬では効かない

 マイコプラズマ肺炎の原因になる「マイコプラズマ」とは、ウイルスと細菌の中間ほどの大きさの微生物です。生物学的には細菌に分類されますが、ほかの細菌と異なるところは、細胞壁がない点です。

 一般的な細菌感染に対してよく処方されるペニシリン系やセフェム系の抗菌薬は細菌の細胞壁に作用するものですから、細胞壁をもたないマイコプラズマ肺炎には効きません。マクロライド系、テトラサイクリン系、ニューキノロン系の抗菌薬がよく効き、ほとんどの場合、外来の内服治療で治ります。
 ただし、高熱で脱水症状があるとか、激しいせきで眠れなかったり、食欲が大きく妨げられているような場合は入院が必要になるでしょう。

 マイコプラズマ肺炎は、せきで飛び散った飛沫を吸い込んで学校や家庭内に感染が広がりますが、インフルエンザのような広い地域での流行ではなく、狭い地域・集団での流行が散発的に発生するのが一つの特徴です。以前はオリンピックが開かれる年にオリンピック同様4年ごとの周期で流行がみられたので、「オリンピック病」とか「オリンピック肺炎」などと呼ばれた時期がありました。しかし1990年代に入るとこの傾向は崩れ、今ではほぼ1年中みられ、とくに秋から早春にかけて流行のピークがみられます。

専門医での早期診断・早期治療が決め手

 幼稚園、保育所、学校などで流行することが多いので、流行している時期に子どもにせきや発熱などの症状がみられたら、早めに呼吸器科や小児科に受診することが賢明です。

 マイコプラズマ肺炎には次のような特徴があり、これらの所見から医師はマイコプラズマ肺炎を疑います。
(1)年齢が60歳未満
(2)基礎疾患がないか、あっても軽い
(3)頑固なせきがある
(4)聴診で雑音が少ない
(5)たんの出ない乾いたせき
(6)白血球数が正常

 血清のマイコプラズマ抗体価を検査することによって確定診断がなされますが、1~2週間かかりますので、この結果を待っていては治療が間に合いません。医師が上記のような特徴的所見からマイコプラズマ肺炎を疑い、早期診断・早期治療を行うことが重症化を防ぐ決め手となります。

 子どもが学校などからマイコプラズマを持ち帰ると、1~3週間の潜伏期間を経て、家族に感染することがよくあります。予防接種はなく、決定的な予防法はありません。家庭ではマスクやうがい、手洗い、患者の使うタオルやコップを使わないなど、普通のかぜと同じような予防法を心がけるのがよいでしょう。

(「クリニックQ&A」法研より)

【監修】
中田 紘一郎先生


中田クリニック院長・順天堂大学医学部客員教授
1968年順天堂大学医学部卒業。1988年虎の門病院呼吸器科部長、2002年順天堂大学医学部客員教授併任、2003年東邦大学医学部呼吸器内科教授。2005年中田クリニック開院。資格・所属学会は、日本呼吸器学会指導医・専門医、日本内科学会認定内科医、日本感染症学会専門医・指導医・ICD・評議員、日本化学療法学会抗菌臨床試験指導者・評議員、日本アレルギー学会会員ほか多数。厚生労働省研究班「びまん性肺疾患調査研究班」、「特発性間質性肺炎の画期的治療法に関する臨床研究班」ほかのメンバーを務めた。

コラムに関連する病名が検索できます。

マイコプラズマ肺炎とは? 風邪と見分け難い、症状や治療法など 関連コラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

マイコプラズマ肺炎の感染経路は? 症状や完治までの期間など

マイコプラズマ肺炎とは、「肺炎マイコプラズマ」という細菌に感染することによって起こる呼吸器感染症です。かつては、4年おきのオリンピックが開催される年に流行したことから「オリンピック肺炎」と呼ばれたこともありましたが、近年はそうした傾向がく... 続きを読む

学校の先輩への憧れの告白シチュエーションランキング

第2ボタンをもらう 夏祭りや花火大会で 帰り道に待ち伏せして 放課後に教室でふたりきりになって 校門で待ち伏せして ... 続きを読む

プラスのストロークの受け取りかた-褒められたら素直に受け入れる

深呼吸をすると新鮮な空気と共に、梅の優しい香りが心を満たしてくれる季節になりました。寒い冬ともお別れです。そんな今年の冬は、オリンピックの話題で盛り上がられた方も多いのではないのでしょうか。 スポーツニュースなどを見ていると、選手たちが「... 続きを読む

職場での習慣が命取りに?

グラフィックデザイナーに憧れて、今の事務所にもぐりこんだのが2年前のこと。 少数精鋭の職場にいるのは、みな女性。締め切りが迫ると、下っ端は徹夜体制で仕事をこなすマシーンと化します。うちの職場、とにかく毎日仕事がてんこ盛り。... 続きを読む

オプラが60歳を超えて14キロ痩せた方法!

痩せた!太った!がすぐ話題になるハリウッド。 だからこそ、美しくなる方法を一番良く&いち早く知っているはず! 美しいセレブの秘訣をBe Dietロス特派員がリポート! 133 オプラ・ウィンフリー ... 続きを読む

クロレラ

クロレラは、湖や池で見られる緑色のプランクトンで藻の一種。1890年に発見され、ギリシャ語の緑(chloros=クロロス)と、ラテン語の小さい(ella=エラ)というコトバを組み合わせて「クロレラ」という名前になりました。 「地球の誕生時... 続きを読む

インフルエンザ予防法|家族にうつさないための対策とは

木枯らしが吹いて、そろそろインフルエンザが流行する季節です。もう予防接種は受けられたでしょうか?
インフルエンザは、日本では例年12月から3月にかけて流行し、年明けごろからピークを迎えます。感染予防にはまずワクチン接種を受けることですが、... 続きを読む

カウンセラーが語る「自分らしさ」とは? 能力を最大限に発揮するには

カウンセラーとして「自分らしさとはこういうことですよ」と語るつもりはありません。なぜなら、それはカウンセラーという仕事をしているひとりの人間として私自身が追いつづけているテーマでもあるからです。ここでは、皆さんと同じ時代・同じ空間を共有し「... 続きを読む

高熱、腰痛、過労ぎみ…もしかすると腎盂腎炎かも?女性に多い病気

高熱や腰痛は、かぜのひき始めによくみられる症状です。それだけに、「かぜをひいたのかしら?」と思う方が少なくないでしょう。こうした症状が、疲れがたまっているときに起こった場合は、細菌感染症の一つ、急性腎盂(じんう)腎炎の疑いがあります。特に... 続きを読む

思春期以降に多い果物アレルギー 花粉症の人はなりやすい?

甘くておいしい果物ですが、食べてしばらくすると、くちびるが腫(は)れたり、口の中がかゆくなったり、のどの違和感を訴える人たちがいます。これは食べた果物に対するアレルギー反応と考えられますが、花粉症に関連した果物や野菜への過敏反応を「口腔ア... 続きを読む