耳鳴りはなぜ起こるのか? 難聴が原因の可能性も|症状や治療法

自覚症状はなくても原因には難聴が隠れていることが多い

原因となる病気があればその治療を行い、原因不明や完治が無理なら耳鳴りを気にせず生活できることをめざす

ほとんどの耳鳴りは難聴によって生じている

 耳鳴りに悩む方は少なくありません。周りで何も音がしていないのに耳の奥のほうでたびたび音が聞こえてくると、気になって仕事に集中できなかったり眠れなかったりと、日常生活にも影響が及ぶこともあります。

 耳鳴りには、聴診器などでほかの人も聞くことができる「他覚的耳鳴り」と、本人にしか聞こえない「自覚的耳鳴り」があり、ほとんどの耳鳴りが後者です。

 他覚的耳鳴りは、耳周辺の筋肉のけいれんや血管の腫瘍・奇形などが原因となっており、これらを治療することで耳鳴りは治まります。
 一方自覚的耳鳴りは、耳鳴りがおこる仕組みははっきりわかっていませんが、多くの場合難聴を伴っています。耳鳴りは本人は自覚していなくても、難聴によって生じる症状であることが多いのです。

 耳鳴りの音は「ザー」「ジーン」「キーン」「ピー」「ゴー」などさまざまですが、高い音を感じる神経が障害される難聴の場合は「キーン」「ピー」という高い音が聞こえ、低い音を感じる神経が障害された場合は「ゴー」「ボー」という低い音がするという傾向があります。また、大きな音が耳鳴りと反響してさらにうるさく感じるのも、難聴の代表的な症状です。

突発性難聴は早期に治療を開始したい

 難聴をおこす病気はさまざまです。耳は外側から「外耳」、「中耳」、「内耳」の大きく3つの部分で構成され、この経路のどこかに異常があると難聴や耳鳴りがおこります。外耳と中耳に異常がある難聴を「伝音性難聴」、内耳に異常があるものを「感音性難聴」、両方に問題がある場合を「混合性難聴」と呼んでいます。

 伝音性難聴には、耳あかが外耳道をふさいでしまう耳垢栓塞(じこうせんそく)や中耳炎、耳管狭窄(きょうさく)など、感音性難聴には、突発性難聴、メニエール病、内耳炎、ウイルス性難聴、老人性難聴などがあります。

 このうち、ある日突然耳鳴りや難聴、ときにはめまいをおこす病気に「突発性難聴」があります。内耳の音を感じる神経に障害がおこる病気で、毎年2~3万人が発症するといわれ、耳鼻科では珍しい病気ではありません。男女の差はなく10~60歳代の広い年代に多く、それまで耳に何の異常もなかった人に突然発症します。働き盛りの世代の誰に発症してもおかしくない病気といってよいでしょう。

 突発性難聴がなぜおこるのかはまだはっきりしていませんが、内耳の循環障害やウイルスによる内耳の障害が原因ではないかと考えられています。また、高血圧や糖尿病など生活習慣病との関係が深いことがわかっており、突発性難聴になった人で高血圧や糖尿病がある人の割合が増えているというデータもあります。

 ほとんどの場合片耳だけにおこるため、1対1の会話には不自由しません。そのため何日かたってから、電話の聞こえにくさで初めて気づくということもあります。
 治療は薬物療法が基本で、完全に改善できる人もいれば、聴力の回復が難しい人もいます。しかし、発症から時間がたつほど聴力の回復が難しくなることははっきりしています。突然聞こえが悪くなったり耳鳴りが始まった場合は、なるべく早く耳鼻科で詳しい検査を受け、すぐに治療を始めることをおすすめします。

原因不明の耳鳴りは薬物治療で症状を和らげる

 耳鳴りは、難聴のほかに高血圧、動脈硬化、甲状腺機能亢進症、アレルギー、ビタミン欠乏、糖尿病など、全身的な病気が原因になっている場合があります。また、ストレス、うつ病などの心因性の病気が原因のこともあります。その場合は、これらの病気を治療することが耳鳴りの治療になります。

 原因不明の耳鳴りや完治の難しい耳鳴りは、少しでも症状を和らげることを目的に治療が行われます。血液循環をよくする薬や筋肉の緊張を和らげる薬、ビタミン剤、精神安定剤や睡眠薬などの薬物療法がよく行われています。耳鳴りを完全になくすことは無理でも、耳鳴りを気にしないで日常生活が送れるようになることを目標にするわけです。

 耳鳴りの原因が何であれ、睡眠不足や過労は耳鳴りを強くするため、日ごろからゆっくり休養をとって疲労やストレスを解消することも大切です。
 何も音がしない環境にいると耳鳴りばかりが気になりますが、ほかの音に関心が向くと気にならなくなるものですから、好みの曲を流したりするのもよい方法です。耳鳴りを気にするあまりそれ自体がストレスになると、さらに耳鳴りを強く感じてしまいます。スポーツや趣味など、耳鳴りが気にならない時間をもち、リラックスすることも必要でしょう。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
大河原 大次先生


耳鼻咽喉科 日本橋大河原クリニック院長
昭和34年東京生まれ。成蹊高校卒業。昭和60年帝京大学医学部卒業後、日本医科大学耳鼻咽喉科入局。その後、伊勢崎市民病院耳鼻咽喉科医長、神尾記念病院副院長を経て、平成18年12月耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニック開業、現在に至る。医学博士。耳鼻咽喉科専門医、補聴器認定相談医、身体障害者福祉法指定医。

コラムに関連する病名が検索できます。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    睡眠中の"よだれ"に潜む意外な健康リスク
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝、…
  2. 2 放置するとダニ・カビの温床に…寝具のお手入れ方法
    放置するとダニ・カビの温床に…寝具のお手入れ方法
    (編集・制作 (株)法研) 汗を吸い込んだふとんは、カビやダニの温床…
  3. 3
    運動しない人は注意!筋肉が減少して脂肪が増える『サルコペニア肥満』
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 高齢…
  4. 4
    好きなだけ食べても太らない!? 18時間プチ断食で食べすぎリセット
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 腹8…
  5. 5
    忙しい人に知ってほしい、質の高い睡眠をとるための快眠10か条
    (編集・制作 (株)法研) 午後10時から午前3時は睡眠のゴールデン…
  6. 6
    そのむくみ、病気のサインかも? むくみの原因と解消法
    (編集・制作 (株)法研) デスクワークばかりの運動不足はご用心…
  7. 7
    歩くとツライ、外反母趾。大きめの靴を履くのはOK?正しい靴の選び方
    (編集・制作 (株)法研) 外反母趾の靴選び、自宅でできる運動療法な…
  8. 8
    ストレスやイライラには『ハーブティー』!あなどれないハーブの効能
    (編集・制作 (株)法研) フレッシュ・ハーブは、心を癒す効き目たっ…
  9. 9
    Wi-Fiのせいで体調不良?「電磁波過敏症」ってなに?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと イン…
  10. 10
    正しく痩せる早道とは? 間違ったダイエットの落とし穴
    (編集・制作 (株)法研) 過剰なダイエットはやせないどころか、命を…
  11. 11 その腰の痛みは坐骨神経痛かも?症状をチェック!
    その腰の痛みは坐骨神経痛かも?症状をチェック!
    (編集・制作 (株)法研) 脚や腰が痛い! 坐骨神経痛の原因と症状を…
  12. 12 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  13. 13
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  14. 14
    内臓が悪いと口臭がキツくなる!? こんなニオイがしたら注意して!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 口臭…
  15. 15
    トイレはどこ!?几帳面で神経質なタイプに多い過敏性腸症候群とは?
    (編集・制作 (株)法研) 外出先で突然、お腹を下す過敏性腸症候…
  16. 16 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…
  17. 17
    スマホの操作はトイレでやってはいけない
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 昔は…
  18. 18
    虫刺され跡の茶色いシミをどうにかしたい!早く消す方法は?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  19. 19 あなたは大丈夫? 使わないと衰える…脚の筋力とバランス力をチェック!
    あなたは大丈夫? 使わないと衰える…脚の筋力とバランス力をチェック!
    (編集・制作 (株)法研) (「ジャストヘルス」法研より) 脚…
  20. 20
    生理が来ても妊娠の可能性がある? 妊娠初期に起こる出血の原因
    妊娠を望んでいる人にとっても、妊娠を望んでいない人にとっても、生理が来…

一覧