寝ているときに起こる脚のムズムズ-治療法や受診する病院は?

夜寝ていると、脚の奥のほうで虫がはうような不快感が

脚の中のむずむず感でじっとしていられず、寝返りをうったり、一晩中歩き回ったりして睡眠不足に

脚がむずがゆい、足首が勝手にピクッと動く

 太ももやふくらはぎなど脚の奥のほうに、まるで虫がはい回っているような「むずがゆさ」や「ピリピリ感」があって、じっとしていられない、一晩中眠れなかった――などという症状を訴える患者さんが、この数年で目立つようになってきました。不眠を訴えて睡眠障害の専門医などに受診すると、「むずむず脚症候群」という病名で診断されることがあります。

 「むずむず脚症候群」は、脚の表面ではなく奥のほうに、「アリがはい回っているような感じ」「ピリピリ、ピクピクする不快感」が、多くは夕方から夜間におこります。初めは時々おこる程度だったものが、やがて毎日、それも夜だけでなく昼間、テレビを見ているときとか会議中のように、座ってじっとしているときにもおこるようになります。
 また、患者さんの8割ほどに、夜中に自分の意思とは無関係に足首から先が周期的にピクッと動く「周期性四肢運動障害」といわれる症状もみられます。

 こうした症状で夜は眠れず、日中は異常な眠気に悩まされ、日常生活に支障が出たりうつ状態におちいる人もいるほどです。「むずむず脚症候群」は、決して軽視できない病気なのです。

原因は不明だが、薬による対症療法がよく効く

 この病気は、一般の人はおろか医師の間でもこれまであまり知られていませんでしたが、全国には200~500万人もの患者さんがいると推計されています。性別では男性よりは女性に、年齢層では中高年に多くみられるものの、小学生や中学生といった年代でも発症する例もあるので、中高年以上の病気と限定することはできません。

 不快な症状は脚を動かすと軽くなるので、脚をたたいたり、ベッドに脚をぶつけたり、寝返りを打ったりするようになります。眠りたいのをこらえて歩き回る人もいて、どうしても睡眠は不足しがちです。

 どうしてこのような症状がおこるのか、はっきりしたことはまだ解明されていませんが、脳内の神経伝達物質ドーパミンの働きの低下や、鉄分の欠乏などが関係しているのではないかと考えられています。そこで、現在行われている治療法は症状を抑える対症療法になり、パーキンソン病の治療薬や抗てんかん薬がよく効いています。
 睡眠薬はかえって症状を悪化させるため、専門医の診断のもとに適切な治療を受けることが何より重要になります。

受診するなら睡眠障害の専門医か神経内科など

 「むずむず脚症候群」は症状の説明がしづらい病気ですが、以下のような症状があったら、睡眠障害の専門医か神経内科、精神科などに受診するとよいでしょう。

●こんな症状があったら「むずむず脚症候群」かも
・脚の表面というより奥のほうが、むずむずしたり痛んだりする
・症状は夕方や寝入りばなに現れることが多い
・昼間は、映画館など座ってじっとしていなければいけないようなときに症状が悪化する
・脚を動かしたい気持ちが強くなり、動かすと症状はやわらぐ
・何かに熱中しているときは症状は軽い
・脚の違和感で夜中によく目がさめてしまう
・昼間に強い眠気を感じ、仕事中に居眠りすることがある

 日常生活での注意は、カフェイン、ニコチン、アルコールなどによっておこりやすくなるので、症状が現れやすい夕方以降は、コーヒーやお茶、タバコ、お酒などは控えるほうがよいでしょう。また、筋肉疲労があると症状が出やすい傾向があるので、寝る前にマッサージやストレッチングで疲れを軽くしておくことも予防になります。

 まだ認知度が低い病気のため、人知れず悩んでいる人も少なくないようです。そこで患者さんたちが中心になり、「むずむず脚症候群友の会」(http://www.muzumuzu.org/index.html)が20年6月に設立されました。さまざまな情報発信や勉強会、患者同士の懇親会などを行っています。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
黒田 健治先生


阪南病院院長
大阪医科大学卒業後、同大学神経精神医学教室で精神障害の診療、研究に従事。1988 年より阪南病院非常勤医師、1998年大阪医科大学助教授を経て、2004年から現職。医学博士。精神保健指定医、日本睡眠学会認定医、日本心身医学会認定医・指導医など。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

若い女性に多い「しゅさ様皮膚炎」 なりやすいタイプ・予防対策

あなたは、化粧品やヘアケア用品でかぶれやすいほうですか?
そんなとき、ステロイドの入った市販のかぶれ止め薬を使うこともあるでしょう。はじめは炎症が抑えられて湿疹はすぐに治りますが、使い続けるうちに赤ら顔になって、ニキビ状のブツブツができる... 続きを読む

「神経内科」と「心療内科」…名前が似ていて間違えやすい診療科。どちらが何を診るの?

「脳神経外科・脳外科」に対応する内科が「神経内科」 シンケイ内科とシンリョウ内科、耳慣れない上に意味が似ているので迷いますね。 循環器外科に対応する内科が循環器内科であるように、脳神経外科・脳外科に対応する内科が神経内科です。分かりや... 続きを読む

子どもが急に体調不良になったら…休日や夜間の救急電話相談

テレビや新聞、雑誌では、「医師不足」や「救急受け入れ拒否(たらい回し)」など医療崩壊を示唆するような報道が目につきます。この背景には、患者さん側からは「医療体制の不備」、医療者側からは「熱やせき程度の軽い症状で夜中に救急を受診するいわゆる... 続きを読む

とにかく脚の太い私! ブーツは諦めなきゃダメでしょうか……

Q.とにかく脚の太い私!
ブーツは諦めなきゃダメでしょうか…… A.ふとももorふくらはぎ、太い部分によって選ぶブーツは異なります。
秋冬の定番アイテム・ブーツ。毎年、色々な素材やデザインが出て、目... 続きを読む

一重や奥二重でもできる!自分の魅力を最大限に活かす、アイシャドウテクニック

最小限の量で最大限のキレイを実感できるナチュラルメイク。アイメイクもアイシャドウ1色でも立体的になり、目元が明るく輝く仕上がりにできます。一重や二重という形にこだわらず誰でも簡単にできるアイシャドウのナチュラルメイクメソッドをご紹介しま... 続きを読む

鉄分を摂っても改善しない貧血、足りないのは「タンパク質」かも?!

女性は毎月、月経で大量の血液を失います。内科医の間では「女性を見たら貧血と思え」と言われるほど、女性にとって貧血は注意したい病気のひとつ。 貧血といえば鉄分不足というイメージがありますが、なかには非鉄欠乏性貧血、すなわちタンパク質不足に... 続きを読む

子宮筋腫とは?30〜40代は筋腫の危険年代 大きくなると手術も

30歳以上の5人に1人が悩んでいるという子宮筋腫。筋腫ができる位置や大きさによって症状はさまざま。ときには、子宮全摘という深刻な選択を迫られることも。子宮筋腫の正体を、正しく知りましょう。 30〜40代は筋腫の危険年代
大きくなると手... 続きを読む

女性に多い甲状腺の病気-健康診断で検査項目にいれるべき?

歌手の絢香さんが治療のため一時活動を止めたことなど話題に上ることが多い甲状腺の病気ですが、この病気にかかる頻度は高く、特に女性に多くみられます。ただし甲状腺の検査は一般的な健康診断の項目ではなく、人間ドックでも多くはオプションです。
... 続きを読む

自宅で簡単!家でできる脚やせダイエット法

自宅で脚痩せ、しかも簡単にできる方法はあるのでしょうか?ウォーキングマシンもリーズナブルになっていますが、そんなものを購入せずとも簡単に脚痩せを叶える方法はあるのでしょうか。自宅で簡単!家でできる脚やせダイエット法 踏み台昇降は雑誌があ... 続きを読む

ほっそり脚を手に入れたい!脚やせに効果抜群なオススメストレッチご紹介します

「ほっそりした脚を手に入れたい」というのはすべての女性の願い。ストレッチで簡単に脚痩せができると知ったらどうしますか?さっそくチャレンジしてみましょう。ほっそり脚を手に入れたい!脚やせに効果抜群なオススメストレッチご紹介します ハムスト... 続きを読む