下痢や便秘をくり返す過敏性腸症候群-原因はストレス、対策法は?

男性は下痢型、女性は便秘型が多い

検査では腸に異常がないのに長期間続く便通異常、日本人の5人に1人にみられるストレス病

通勤途中で下車してトイレに駆け込む

 通勤途中で急な便意をもよおし、途中下車してトイレに駆け込む。外出先で腹痛に見舞われ、下痢をした。病院で検査を受けて腸に異常は見つからなかったものの、また起こるかもしれないと不安に駆られる――。
 こんな症状をくり返すのが、「過敏性腸症候群」です。決して特殊な病気ではなく、これに悩まされている人は少なくないようです。

 過敏性腸症候群は、英語ではIBSと省略されます。これはIrritable (刺激に対して過敏性の) Bowel(腸) Syndrome(症候群)の頭文字を取ったもの。日本語では文字どおりに訳され、機能性消化管障害の一つとされています。機能性の障害とは、医学的な検査では細胞レベルの異常は見つからないにもかかわらず、胃腸など消化器管の症状が長い間続くものです。
 日本人では思春期から50歳代に多くみられ、人口の20%の患者さんがいるといわれるほどポピュラーな病気です。

自律神経の乱れから腸がけいれん

 過敏性腸症候群の具体的な症状としては、腹痛、おなかの不快感、吐き気、ガスが多く出る、などとともに、下痢や便秘をくり返します。ただし、腹痛や便通異常を起こす病気はさまざまで、なかには大腸がんなどのように早期発見が必要な病気もありますので、上記のような症状があったら、まずは医療機関を受診してください。

 過敏性腸症候群は、症状によって次の3つのタイプに大きくわけられます。
●下痢型 激しい腹痛があり、下痢便や軟便が1日に何回も出ます。起床直後、朝食の後など自宅にいるときばかりでなく、通勤電車に乗っているとき、外出先などでも便意が起こるために、いつも公共トイレの場所が気になってしまいます。男性に多いとされます。
●便秘型 腹痛があり、トイレでの排便量は少なく、それもウサギのふんのようなコロコロした小さな便が便器に浮かびます。女性に多いタイプといわれます。
●下痢便秘交代型 下痢と便秘を数日ずつ交互にくり返すタイプで、全体ではこのタイプが最も多いといわれます。

 いずれのタイプも、排便すると症状が改善すること、ストレスを感じると症状が悪化することが特徴的です。

 腸の運動は自律神経によってコントロールされています。口から入った食物は、胃を経て小腸、大腸と通過しながら消化・吸収されます。そうして後に残ったものが、腸の運動によって直腸に運ばれると便意が起こるのですが、この間に自律神経のバランスが乱れることがあると、腸にけいれんが起きて排便のリズムが崩れ、腹痛や下痢、便秘といった過敏性腸症候群の症状がもたらされるのです。

 自律神経のバランスを乱す主な原因は、緊張、不安といった精神的なストレスです。これがもとで過敏性腸症候群に一度見舞われると、「また起こるかもしれない」という不安な気持ちが生じ、それがまた同様の症状をもたらすという悪循環に陥って、長い期間くり返し悩まされることになります。こんなことから、代表的なストレス病といわれています。

ストレスに弱いタイプがなりやすい

 過敏性腸症候群になりやすい人には、いくつかの性格的なタイプがみられます。まじめ、きちょうめん、完ぺき主義、内向的などという、いわゆるストレスに弱いタイプの人たちです。

 日々のストレスをなくすことはできませんから、ストレスがかかったときに自分をどのようにコントロールすれば、ストレスの感じ方を弱めることができるかを考え、実行することが重要です。
 例えば、好きな趣味に興じる時間をもつ、毎日ウオーキングのような軽い運動で汗をかき気分をすっきりさせる、などがストレスの発散法としてすすめられます。生活のリズムを規則正しくすることもよいことです。夜更かしをせず、睡眠を十分にとり、便意がなくても毎朝決まった時間にトイレに行く習慣をつけましょう。

 食事をとる時間帯は3食ともできるだけ一定にし、便秘解消のために野菜や海藻類など食物繊維の多い食品を積極的にとりましょう。一方、アルコール、カフェイン、香辛料、冷たいものなど腸への強い刺激になるものはなるべく控えることも大切です。

 治療では、こうした生活改善の指導に加えて腸の働きを改善する薬が使われます。ここまでの段階で多くの場合は治りますが、それでも効果がみられずストレスの影響が強いと考えられるときは、心理療法が併用され、抗うつ薬や精神安定薬も使われます。

 最近、男性の下痢型IBSに新しい薬剤が使用できるようになりました。ストレスなどによって遊離が促進されたセロトニン(神経伝達物質の1つ)を選択的に阻害するもので、IBS治療の新たな選択肢として期待されています。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
齋藤 秀樹先生


公立学校共済組合 東北中央病院 消化器内科部長
宮城県塩竈市生まれ。1984年山形大学大学院医学研究科修了。同大学第2内科に入局し、86年山形大学医学部(第2内科学教室)文部教官助手、91年同大学講師を経て、92年より東北中央病院勤務、現在に至る。専門は消化器疾患の臨床。日本内科学会認定内科医・認定総合内科専門医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医。日本抗加齢医学専門医。趣味はボケ防止の折り紙。

コラムに関連する病名が検索できます。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 無性に○○が食べたい! それは体からのSOS、栄養不足のサインかも?
    無性に○○が食べたい! それは体からのSOS、栄養不足のサインかも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  2. 2 お酒を飲まない女性に増えている『非アルコール性脂肪肝炎』その3つの要因
    お酒を飲まない女性に増えている『非アルコール性脂肪肝炎』その3つの要因
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  3. 3 運動をしない女性の健康リスク8つ―運動習慣のある女性は3割以下!
    運動をしない女性の健康リスク8つ―運動習慣のある女性は3割以下!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 運動…
  4. 4
    年をとると睡眠時間がどんどん短くなるのはなぜ?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  5. 5 女性ホルモンを増やすには大豆より朝の●●がおすすめ!!
    女性ホルモンを増やすには大豆より『朝のピーナッツ』がおすすめ!!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  6. 6 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  7. 7
    食べ過ぎリセット! 食べ過ぎた翌日からできる太らない為の8つの対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと うっ…
  8. 8
    立ち上がると目の前がクラクラ…女性に多い起立性低血圧症、8つの改善方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 女性…
  9. 9 簡単にできる栄養バランスのいいお弁当-配分は3:2:1がベスト
    簡単にできる栄養バランスのいいお弁当-配分は3:2:1がベスト
    (編集・制作 (株)法研) 手早くできて健康によいお弁当づくりのコツ…
  10. 10
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    外見からはわからない障害を抱えている人がつけるマークを知っていますか?…
  11. 11
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  12. 12 女性に多い「まぶたのピクピク」に注意! 目の痙攣は体からのSOS
    女性に多い「まぶたのピクピク」に注意! 目の痙攣は体からのSOS
    ふとした時に起こるまぶたの痙攣。これは、体からのSOSサインです。顔に…
  13. 13 突然の腹痛・吐き気・お腹の張りは腸閉塞(イレウス)かも? 症状と対処法
    突然の腹痛・吐き気・お腹の張りは腸閉塞(イレウス)かも? 症状と対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  14. 14 【急性咽頭炎】を早く治したい時の4つのケア方法─喉の痛み・腫れ・渇き
    【急性咽頭炎】を早く治したい時の4つのケア方法─喉の痛み・腫れ・渇き
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  15. 15 『疲れがスッキリ』これをやったら相手に喜ばれる!脚のマッサージのやり方
    『疲れがスッキリ』これをやったら相手に喜ばれる!脚のマッサージのやり方
    (編集・制作 (株)法研) パートナーにやってあげて喜ばれる脚の側面…
  16. 16 ダイエットの近道は塩分を控えること! ストレスフリー減塩のコツ6つ
    ダイエットの近道は塩分を控えること! ストレスフリー減塩のコツ6つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  17. 17 いつの間にか眠ってた…これって『睡眠時無呼吸症候群』の危険信号かも
    いつの間にか眠ってた…これって『睡眠時無呼吸症候群』の危険信号かも
    (編集・制作 (株)法研) 単なる居眠りではすまされない、早期発見・…
  18. 18
    冷凍食品は体に悪いの? 食べていいもの悪いもの
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  19. 19 脳を活性化させるには手を動かす! 脳を刺激する手のかんたん体操
    脳を活性化させるには手を動かす! 脳を刺激する手のかんたん体操
    (編集・制作 (株)法研) 手から入った刺激は脳の多くの領域を活性化…
  20. 20 冬の『みかん』は女性に嬉しい栄養がたっぷり! 皮も再利用できるって?
    冬の『みかん』は女性に嬉しい栄養がたっぷり! 皮も再利用できるって?
    (編集・制作 (株)法研) おいしくて健康によい。しかも食べやす…

一覧