大人の歯が抜けたときの対処法-放置は禁物・さまざまな治療法

部分入れ歯、ブリッジ、インプラントから自分に合った方法を

抜けたままにしておくと歯列が歪む。処置法にはそれぞれに長所と短所、よく考えて選択しよう

抜けたままにしておくと、さまざまな悪影響が

 スポーツや事故で歯が一部抜けてしまったとか虫歯が悪化して抜歯した、というようなとき、その後の処置をあなたならどうしますか? もちろん、歯医者さんできちんと治療してもらうのが当たり前のことですね。

 ケガなどで抜けてしまった健康な歯の場合、条件さえ合えば元の場所に植え直すという治療が可能なこともありますが、代わりの歯を人工的に設けて再び噛(か)めるようにするというのが一般的でしょう。
 ところが中には、抜けたところが外見上目立たない場所だったりすると、ひとまずの処置をしてもらった後は歯医者さんへ通うことを怠り、そのまま放置している人がいるようです。

 歯が抜けたままにしておくと、食べたり話をしたりするときに多少の不便が生じますが、それはやがて慣れてしまいます。そうなると、とりたてて生活上の不便を感じないため、ますます歯医者さんから遠ざかることになりかねません。

 しかし、不便を感じないとはいっても、実は大きな問題が進行しているのです。第一に、歯は1本抜けただけでも食べものをうまく噛むことができなくなり、栄養摂取に支障が出ます。そして第二には、残った歯にも悪影響が出ることです。

 どういうことかというと、抜けた歯の隣の歯が傾きます。また、抜けた歯と噛み合っていた歯が浮いて出てきます。こうなると噛み合わせ全体のバランスが崩れ、残った歯に過大な負荷がかかって、それらの寿命を縮めます。歯列が乱れて歯並びが悪くなると、歯垢(しこう)がつきやすくなり、虫歯や歯周病の原因になります。

治療法を決めるのは患者自身

 歯がたとえ1本であろうと欠けるのは、想像以上にさまざまな影響が出ることがおわかりいただけたでしょうか。ですから、抜けたあと、歯肉が盛り上がってきて傷口が落ち着いたら早めに歯医者さんに受診し、噛み合わせの機能を回復しなければなりません。それには、部分入れ歯、ブリッジ、インプラントの3つの方法があります。それぞれの仕組みや特徴を紹介しましょう。

●部分入れ歯
 ・周りの歯にバネを引っかけて入れ歯(義歯)を固定し、抜けたあとの歯ぐきの上に乗せて支える
 ・残った歯を削る必要はなく、治療は比較的簡単で短期間で済み、保険適用がある
 ・硬いものを噛みにくいことが多く、食べもののカスが入れ歯と歯ぐきの間に残りやすい
 ・動きやすいので違和感が生じることがある。数年たつと、抜けたところのあごの骨がやせてくる

●ブリッジ
 ・抜けた歯の両隣の歯を削り、中央に人工歯を連結したクラウンをかぶせて文字通り橋のようにつなぐ
 ・治療は比較的短期間ですみ、保険適用がある
 ・固定されるので違和感は少ないが、ブリッジと歯ぐきの間に食べもののカスが詰まりやすい
 ・支えとなる両隣の歯に負担がかかる
 ・両隣がクラウンで処置ずみならよいが、差し歯だとできないことがある

●インプラント
 ・人工の歯根をあごの骨に直接埋め込み、その上に新しい歯を作る
 ・埋め込むのに外科手術が必要だが1日ですむ。そのあと、人工歯根が骨に定着するまで数カ月~半年ほど待って、人工の歯をつける
 ・保険適用はなく、高額な費用がかかる
 ・周りの歯への影響はなく、自分の歯と同じように噛むことができる
 ・糖尿病(細菌感染しやすい)や歯周病(進行するとあごの骨を溶かす)が進行するとできないことがある

 以上の治療法のどれを選ぶか、最終的に決めるのは歯医者さんではなく、私たち患者自身です。長所・短所をよく考え、不明な点はかかりつけの歯医者さんに尋ねるなどして決めましょう。

長持ちさせるにはきちんとした手入れと定期点検を

 どの方法を選ぶにしても、長持ちさせるためにはきちんとした手入れと定期的な点検が必要です。部分入れ歯を支える歯ぐきは、長い間にはやせてくるので、初めは装着がピッタリ合っていてもやがてガタつきが出てきます。そうなると噛むたびにバネを引っかけて固定している歯を揺さぶり、傷めてしまいます。このため保険適用で作った入れ歯は、6カ月目と1年目にガタつきの調整をすることになっています。

 ブリッジも、土台の歯を定期的に歯医者さんに検査してもらい、ブリッジと歯ぐきの間など汚れやすいところをきれいにしてもらうことが重要です。

 インプラントはブリッジよりさらにていねいなメンテナンスが必要とされます。人工歯根と義歯の装着部分に歯垢や歯石がたまりやすいので、歯ブラシできちんとブラッシングしなければなりません。その意味から、糖尿病や歯周病ではなくても、歯にヤニがつく喫煙者にはすすめられない治療法とされています。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
森山 貴史先生


東京歯科大学水道橋病院講師
1981年東京歯科大学卒業。歯学博士、日本歯周病学会認定歯周病専門医。歯周病専門医として日々多くの歯周病患者の治療に携わるとともに、テレビ・雑誌などのメディアを通じて歯周病予防や歯みがき指導などの啓蒙活動も行っている。

コラムに関連する病名が検索できます。

大人の歯が抜けたときの対処法-放置は禁物・さまざまな治療法 関連コラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

これで歯医者いらず!お家でできる歯のホワイトニング方法

自宅でホワイトニングをするのなら、短期間で即効性を求めないことが重要です。いきなり真っ白になるというケースはほぼあり得ません。ホームホワイトニングはゆっくり時間をかける必要があります。地道に続けて、ゆっくり歯を白くしましょう。これで歯医... 続きを読む

【朝晩2回】気持ちいいとキケン!?肩甲骨をほぐすブリッジエクササイズ

背中が丸くなっていませんか?長時間デスクワークを行う人や運動量が少ない人ほど、体液循環が停り、代謝が低下しがち。肩甲骨を刺激して、代謝を高めましょう。肩甲骨をほぐして美ボディを実現!ブリッジエクササイズ 肩甲骨周りの筋肉をほぐして全身の... 続きを読む

健康で美しい歯とは? 噛み合わせが悪いとなぜいけないのか

健康な歯をしている人は、実は見た目も自然と美しくなります。ここでいう「美しい」とは、つくられた美しさではなく、自然な美しさのことをいいます。自然な美しさは、実は「機能美」でもあります。この「機能美」が確立されていないと、顎関節症、歯ぎしり... 続きを読む

余りに簡単なアスパラカス酢漬けダイエット

アスパラカス酢漬け
このダイエットはアスパラダイエットのメニューの一つだと思いますが、アスパラカス酢漬けを食べるだけ…と言う凄く手軽なダイエットです。

酢漬けを予め作っておくか、市販の物を買ってきて食事に取り入れるか…だけです。 ... 続きを読む

親知らずが生えたらどうすればいい? 抜いたほうがいい場合とは

大人になった頃、あごの一番奥に生えてくるいわゆる「親知らず」は、子どもの歯が生えてきたときのように喜ばれることもありません。反対に、「抜かなきゃいけないのか」と不安がられたり迷惑がられたりする始末。「腫れて痛い思いをした」とか「抜くのにひ... 続きを読む

歯周病とメタボの意外な関係-お口の健康が体を守る

内臓脂肪型肥満に高血糖、高血圧、脂質異常などが重なった状態である「メタボリックシンドローム」と、歯ぐきに炎症などがおこる「歯周病」。一見なんの関係もなさそうですが、最近、両者の間には深い関係があることがわかってきました。
そもそも生活... 続きを読む

よい歯医者さんを見分ける4つのポイント-かかりつけ医の探し方

「次に歯医者さんに行くのはいつ?」と尋ねると日本では怪訝な顔をされる方が少なくありません。欧米では「次の歯科のチェックアップは……。」と手帳を見てくれる、日本でもそれが当たり前になればいいと思います。日本では、かかりつけの歯医者さんで定期... 続きを読む

4月2日は「歯列の日」。最先端の歯列矯正治療を紹介

4月2日は「歯列の日」の日です。歯並びの悪さは、見た目の問題だけではなく、全身の健康にも影響するとあって、大人になってから矯正治療をする人もいます。ただし、歯列矯正治療に対しては「痛そう」「治療中の見た目がイヤ」「何年もかかるのが負担」... 続きを読む

付き合って1年目に感じる恋人の変化ランキング

メールの頻度が減った 言葉に出さなくても伝わることが多くなった 電話の時間が短くなった 会う頻度が減った 家での服装がラフになっ... 続きを読む

美しい歯は日頃のお手入れが肝心-定期的な検査と歯磨きのコツ

6月4日から10日までは「歯の衛生週間」。歯の大切さは今さら言うまでもないでしょう。私たちは食物を摂取することで生命を保っています。それには健康な歯と歯ぐきの存在が欠かせません。健康な歯で食物を十分にかみ砕き、消化器に送り込み、体を形づく... 続きを読む