パーキンソン病とは-主な4つの症状と治療法について

治療しながら明るく前向きに活動する取り組みが広がっている

運動系や自律神経系の症状が起こるパーキンソン病。新しい薬や外科治療、発症メカニズムの解明も進んでいる

明るく前向きに活動を続ける患者さんがたくさんいる

 パーキンソン病は、主として働き盛りに発症する病気であるだけに、職場の理解や家族の協力、社会的な支援も大切な支えになります。同時に患者同士の情報交換も励みになり、最近はインターネットの活用も盛んです。その一つ「APPLE 明るく生きるパーキンソン病患者のホームページ」http://www9.ocn.ne.jp/~pdiyasi/ には、患者の立場からの情報発信・共有として、治療法や海外の医療情報の翻訳、特定疾患いわゆる難病の医療費助成のこと、女性患者特有の問題として妊娠・出産や更年期と治療薬の関係なども載っています。

 17歳で発症し43年の患者歴をもつ阿刀田俊子さんは、このホームページでの執筆活動が評価されて、2009年「リリー・ビューティフル・ライフ・アワード」のゲスト審査員賞を受賞しました。
 この賞は、パーキンソン病の治療を受けながら、明るく前向きに活動する患者さんと支援者を表彰するもので、日本イーライリリー株式会社が2002年に創設したもの。今年は患者部門からグランプリ1名とゲスト審査員賞4名、支援者部門からグランプリ1名が受賞しています。

 どんな病気にもいえることですが、明るくイキイキと暮らすことは、患者さんのQOL(生活の質)を高めるとともに、病気の進行を抑えることにもつながります。治らない病気と沈みこむのでなく、明るく前向きに活動する取り組みが広がりつつあります。全国的な団体としては、「全国パーキンソン病友の会」http://www.jpda-net.org/index.php があります。

高齢者に発症頻度が高く、高齢化でさらに患者が増える可能性が

 手足がふるえたり、足がすくんで転びやすくなったりするパーキンソン病は、脳の黒質という部分でつくられるドパミンという神経伝達物質が減るために起こる神経変性疾患です。40~60代で発症することが多く、患者数は約15万人。男女比はほぼ同数で、発症率は1000人に1人、65歳以上では200~300人に1人といわれます。高齢化で患者数はさらに増えるとの予測もあります。

 脳は思考や全身の動きをコントロールする司令塔ですが、その指令を伝えるのがドパミンの役目です。パーキンソン病では、黒質の神経細胞が変性・脱落してドパミンの産生が減るため、脳の線条体という部分にある神経伝達物質・アセチルコリンとのバランスがくずれて、さまざまな症状が出てきます。

 代表的なのが、パーキンソン病の四大症状とよばれる運動系のもので、(1)手足のふるえ(振戦)、(2)筋肉が硬くなる(固縮)、(3)動作が鈍くなる(無動)、(4)体のバランスがとれずに倒れやすくなる(姿勢反射異常)。この他に、便秘や排尿障害・立ちくらみなどの自律神経系の症状、抑うつのような精神系の症状、脱力感などもみられます。ドパミンの量が通常の20パーセント以下に減ると症状が出やすくなります。

 脳の神経細胞は加齢とともに変性・脱落していきますが、パーキンソン病ではその速度が加齢による場合より格段に急速に進行します。その原因はまだわかっていませんが、複数の要因が絡んでいると考えられています。

 最近のニュースでは、パーキンソン病の発症にかかわる新たな遺伝子が発見された(辻省二東大教授・神経内科)と伝えられ、発症メカニズムの解明や新薬開発につながるのではと期待されています。

メインの薬物治療に加え、最近は外科治療が注目されている

 パーキンソン病の治療は薬による治療がメインですが、最近は外科治療の一つ、深部脳刺激術(DBS=Deep Brain Stimulation)も注目されています。

 薬物治療には、大きく分けて次の7つのグループの薬が使用されます。
(1)ドパミン補充薬(L-ドパ単剤、合剤)
(2)ドパミン受容体作動薬(ドパミンアゴニスト)
(3)ドパミン放出促進薬
(4)抗コリン薬:アセチルコリンの働きを抑える
(5)L-ドパ代謝改善薬
(6)ノルアドレナリン補充薬
(7)COMT阻害薬:長期治療に伴い出現するウェアリング・オフ現象(L-ドパの効いている時間が短くなり、薬が切れると急に動きが悪くなる)を改善する

 これらの薬は神経細胞を回復させるものではありませんが、患者さんによって異なるさまざまな症状をコントロールします。しかし、不足する神経伝達物質を補う薬なので、続けて飲むことが必要です。

 薬の種類や量については、主治医が患者さんの話をよく聞きながら、決めていきます。症状が中等度以上になると、作用の異なる薬を組み合わせるなどしながら、合うものをみつけていきます。また、治療薬の副作用としてみられる、嘔吐(おうと)、ふるえ、便秘、不随意運動などを抑える補助治療薬を併用することもあります。

 外科的治療の分野では、従来からの定位脳手術のほか、深部脳刺激術(DBS)が2000年に健康保険に適用されたことで、これを行う医療機関が徐々に増えています。DBSは脳内に電極を埋め込み、胸の皮下に埋め込んだ装置から脳に電気刺激を送って、運動症状を改善する方法です。薬による副作用が強く十分な量を使えない場合など、症例を選んで行われます。

 治療と並んでリハビリテーションもすすめられます。歩行訓練のために散歩を日課にしたり、ラジオ体操を活用するなど、疲れない程度に楽しみながら続けることが大切です。姿勢を正しく保つ、発音訓練などのほか、日常の家事をすることもリハビリになります。

(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
安井 禮子さん


医療・健康ジャーナリスト
元東京新聞記者(健康面デスク)。医療・女性の健康・高齢者福祉などをカバー。日本医学ジャーナリスト協会会員、更年期と加齢のヘルスケア学会監事、NPO法人メノポーズを考える会副理事長。

コラムに関連する病名が検索できます。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    女性に多い『痔』原因と症状|こんな人は要注意!痔になりやすい7つの習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 男性…
  2. 2
    体はストレスや疲労のサインを出している―年度替わりのストレス対策
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 3~…
  3. 3
    野菜ジュースは飲んでも意味がない? 野菜ジュースでとれる栄養とは
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  4. 4
    批判されても挫けない!『心が折れない』強いメンタルの作り方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  5. 5
    寝起きスッキリ! 朝すぐに起きられる人になる11個の方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 早朝…
  6. 6
    足がむくむ、足がダルい…女性に多い『下肢静脈瘤』かも? 原因と症状
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  7. 7 ストレスに強い人と弱い人の違い|ストレス耐性を高める6つの要素
    ストレスに強い人と弱い人の違い|ストレス耐性を高める6つの要素
    環境の変化にストレスを感じる人と感じない人がいる 日々、暖かくなって…
  8. 8 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  9. 9
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  10. 10 仕事や家事がしんどい、やる気がわかない…心が疲れたときの対処法
    仕事や家事がしんどい、やる気がわかない…心が疲れたときの対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  11. 11 うまくいかない人間関係の原因は親への葛藤や感情にあるかも?
    うまくいかない人間関係の原因は親への葛藤や感情にあるかも?
    心理学用語―転移とは? 臨床心理学の用語に、『転移』という用…
  12. 12
    怒りの対処法「アンガーマネジメント」で人間関係を円滑に
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  13. 13
    【医師が教える】夏まで90日!リバウンドなしダイエットのやり方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  14. 14 ポッコリお腹がへこむ!道具いらずのお腹ヤセ体操
    ポッコリお腹がへこむ!道具いらずのお腹ヤセ体操
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 北海…
  15. 15
    脳は疲れない? 酷使することで能力を高める方法5つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  16. 16
    春の眠気を吹き飛ばす!眠くなった時に集中力を取り戻す5つの方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ぽか…
  17. 17
    ネガティブな考えにオサラバ、考え方のクセをつかみ改善する7つの方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ネガ…
  18. 18
    あの人うつ病かも? うつを見分ける症状のポイント|接し方のヒント
    【執筆】住本吉章カウンセラー 誰でもが陥りやすいうつ状態 …
  19. 19
    ひとりぼっち…誰もわかってくれない…と感じたらー不安の応急手当
    【執筆】石野朝子カウンセラー 「こころのひとりぼっち感」を抱えて…
  20. 20 疲れをためない体になる! おすすめの新習慣7つ
    疲れをためない体になる! おすすめの新習慣7つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …

一覧