統合失調症ってどんな病気? 罹りやすい人の傾向があるって本当?

100人に1人と高い発症率、思春期から危険年齢

差別を招きやすい病名を学会が変更、初期の典型的な症状は幻覚や妄想、早めの治療が社会復帰につながる

胃潰瘍より患者数が多く、珍しい病気ではない

 「統合失調症」という病名を聞いて、「どんな病気?」と首をひねる人は少なくないでしょう。実は、日本ではつい最近まで「精神分裂病」と呼ばれていました。この病名なら聞いたことがある人が多いと思いますが、ではどんな病気かと尋ねられたら、これまた首をひねる人が多いに違いありません。ここでは、その実態が広く理解されているとはいいにくいこの病気についての基礎知識をご紹介しましょう。

 日本精神神経学会が「精神分裂病」という病名を「統合失調症」に変更したのは、2002年のことです。「精神」とか「分裂」という語感から、患者さんの人格否定や差別にもつながりかねない印象を生むとして、患者さんの家族の団体が学会に病名変更を要望していたのです。この病名変更によって、病気に対するマイナスのイメージは変わりつつあります。

 統合失調症をごく簡略化して表現すれば、脳の一部の機能がバランスを崩し、ものごとを考えるという働きにまとまりがなくなった状態、といえるでしょう。その結果現れる症状は、「陽性症状」と「陰性症状」という分け方をされます。

●陽性症状
 発病の急性期の主な症状で、その典型は「幻覚」と「妄想」です。幻覚は実在しないものが見えたり音が聞こえたりしてしまう症状で、その多くは、聞こえるはずのない声が聞こえる「幻聴」です。自分の悪口や批判をする声が聞こえるなどということがあって、本人は大きな精神的苦痛を味わいます。妄想は、誰かに見張られている、盗聴されているなどと強く思い込むものです。ほかの人から嫌がらせや迫害を受けている、と思い込む「被害妄想」が多くみられます。

●陰性症状
 慢性期になると目立ってくる症状で、うつ状態のようにもみえます。たとえば「感情の平板化」といって、感情の働きが鈍くなり、表情や会話が乏しくなって周りの人たちとの人間的交流や共感が失われます。思考力や意欲が落ちて学校に行けない、自分自身の清潔を保てないなど、「思考の貧困化」、「意欲の低下」もみられます。引きこもり状態になる「自閉」も現れます。

 統合失調症にかかっている人の割合はおよそ100人に1人といわれます。めったに起こらない病気、というイメージがあるかもしれませんが、実はそれほどまれな病気ではないのです。厚生労働省の2005年の調査報告では、患者数は全国に約76万人。さすがにがん(140万人)と比べれば約半分ですが、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の約63万人よりはるかに多いという事実から、わりと身近に起こり得る病気であるといってもよいでしょう。

いくつかの危険因子がからまり合って発症か

 統合失調症の原因は解明されているわけではありません。ただ、発病を招くいくつもの危険因子があげられていて、それらが複合的にからみ合い、もともと病気になりやすい素因のあった人に大きなストレスなどが加わって起こるのではないか、と考えられています。危険因子とされているものをいくつかご紹介しましょう。

●年齢 危険年齢はだいたい15~45歳とされていて、女性より男性のほうが早く発症する傾向があります。
●婚姻状態 独身者のほうが既婚者より2.6~7.2倍も発病しやすい、という報告があります。
●出生季節 冬に生まれた人は、ほかの季節の人より発病率が高いという研究があります。さらに、出生地が北に寄っているほどその影響は大きいとされています。
●遺伝 両親とも統合失調症を発病している場合、その子どもの発病危険率は46%です。しかし、遺伝子が同じである一卵性双生児がともに発病する割合は100%ではなく48%なので、発病には遺伝以外の要因もかかわっていると考えられています。
●ストレス 失恋、就学、家族の死、家庭や職場でのトラブルなどがきっかけで発病や再発が起こることが認められています。

早期の発見・治療開始が社会復帰へのカギ

 統合失調症もほかの病気と同様、早期発見・早期治療が大切です。良い薬が開発され、症状に応じた薬の選択ができるようになりました。薬物療法以外にも、精神的な面からサポートする「精神療法」や、社会生活への適応をサポートする「心理社会的治療」などを組み合わせることによって病気をコントロールし、社会生活を続けていくことが可能です
 しかし、治療の開始が遅れるほど回復はむずかしくなります。急性期の前に何らかの前兆が現れる時期を「前駆期」と呼んでおり、この段階で気づいて受診することが望ましいのです。前駆期に現れる症状には次のようなものがあります。

 眠れない/気分がさえない/食事が進まず少しやせる/仕事に集中できない/
 学校の成績が落ちてくる/生活リズムが昼夜逆転する/家に引きこもるようになる

 この段階では、本人や家族は精神的な病気ではなく体の病気ではないかと考えがちです。また、おかしいと気づいた周囲の人たちが精神科などへの受診をすすめても、本人から拒否されることが少なくありません。前駆期に本人自らが精神科を受診するケースで、訴えることの多い症状は「不眠」「不安」「抑うつ」などです。そうした症状がもとで普段の生活に困っているようだったら、周囲の人はぜひ、精神科への受診をすすめ、できればつき添って一緒に受診してほしいのです。

 統合失調症の患者さんの家族や周囲の人には、患者さんをふだんから冷静に見守ってサポートする大切な役割が望まれます。それには、統合失調症がどのような病気なのか正しく理解することが重要です。

(『統合失調症 正しい治療がわかる本』中込和幸著、法研より)

【監修】
中込 和幸先生


鳥取大学医学部脳神経医科学講座精神行動医学分野教授
1984年東京大学医学部卒業、95年同大学で医学博士号を取得。その後帝京大学医学部精神神経科講師、昭和大学医学部精神医学教室助教授を経て、2005年7月より現職。日本臨床精神神経薬理学会、日本自殺予防学会、日本統合失調症学会などに所属。リハビリテーション療法のひとつである「認知矯正療法」に日本でいち早く取り組み、効果が認められはじめている。著書に『メンタルクリニックの脳科学』(共著、勁草書房)、『統合失調症 正しい治療がわかる本』(法研)など。

コラムに関連する病名が検索できます。

統合失調症ってどんな病気? 罹りやすい人の傾向があるって本当? 関連コラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

統合失調症治療には、メタボ対策も大切-抗精神病薬の副作用とは

統合失調症はかつて「精神分裂病」と呼ばれていましたが、2002年の世界精神医学総会(横浜市)で現行の名称に変更されました。これはかねてより患者さんから、偏見をなくして患者さんの社会復帰を促すためには名称を変更してほしいとの強い要望に応じた... 続きを読む

「世界で最もホットな女性100人」1位!ステラ・マックスウェル

痩せた!太った!がすぐ話題になるハリウッド。 だからこそ、美しくなる方法を一番良く&いち早く知っているはず! 美しいセレブの秘訣をBe Dietロス特派員がリポート! 104 ステラ・マックスウェル ... 続きを読む

愛川欽也さんが肺がんで死去 気をつけたい病気の実態

「キンキン」の愛称でも有名な俳優の愛川欽也さんが肺がんを患って他界されました。80歳でした。つい先日、人気番組「アド街ック天国」の司会を降板したばかりで、健康状態が心配されていました。 昨年冬より体調の不安を訴え、検査いたしましたとこ... 続きを読む

ひどい生理痛は病気のサインかも? 放置してはいけない女性の病気

月経痛(生理痛)は誰にでもあるもの、そう思っていませんか?
違うんです。動けなくなる、痛み止めが効かない、学校を休んでしまう、そのような痛みは異常です。
30年ほど前までは、生理痛に対して痛み止め以外の方法はなく、「早く子どもを産みな... 続きを読む

ストレスを生みやすい考え方のパターンがある? 認知のゆがみとは

ものごとに対する見方や受け止め方、考え方は人それぞれ違います。例えば、仕事で小さなミスをしてしまい、同僚や上司に注意を受けたとき、「このくらいのミスで良かった」と思う人と「こんなミスをしてしまうなんてすべて台無しだ」と思う人がいたとします... 続きを読む

これって運命?“将来の夫”に出逢う前兆とは

きっと一度は将来の結婚相手について妄想したことがあるでしょう。生涯に一人だけの結婚相手との運命の出逢いはいつ?どこで?どんな人?いずれ出逢う時が来るとはいえ、未来を少しのぞいてみたくなる気持ちになりますよね。10代の頃から少女マンガの愛... 続きを読む

ふとんのカビ・ダニ対策-掃除機を活用すれば花粉も除去できる

忙しい毎日を送っていると、ふとん干しなどの手入れが、つい後回しになってしまいがち。
でも、気をつけて!
日ごろ使用しているふとんには、室内を漂うほこりやカビの胞子、ダニ・ダニのフン、花粉などのハウスダストが付着しています。これらはアレル... 続きを読む

彼氏の両親に挨拶する際、やっておいて間違いないことランキング

ナチュラルメイクをしていく 手土産を持参する 上品で清楚なワンピースを着ていく 匂いがきつすぎる香水はつけていかない 派手すぎる... 続きを読む

何度も確認したくなる、不安がつきまとう…強迫性障害の症状とは

家を出たあとで「鍵をかけ忘れたかもしれない」「ガスコンロの火を消し忘れたかもしれない」などと気になって引き返す。こんな経験は誰にでもあるでしょう。
しかし、一度確認をして再び家を出たあと、今度は「確認したとき無意識にかぎを開けてしまった... 続きを読む

パソコン疲れのVDT症候群を予防するには? 改善のポイント

パソコン作業をしながら、「目が疲れた」「肩がこった」「背中が痛い」などともらしているあなたのために、「VDT(ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル)症候群」を防ぐためのポイントを紹介しましょう。それにはまず、パソコン作業環境を整えることか... 続きを読む