からだの痛みも「うつ病」の症状-からだが痛くなる理由と治療法

神経伝達物質が減少すると、体の「痛み」が増幅する

体の「痛み」は仕事や家事の作業能率を大きく低下させる。痛みの改善でうつ病も治りやすくなる。

うつ病は、脳の神経伝達系の働きが低下した「体の病気」

 うつ病は、脳の神経伝達系の働きが低下したために起きる「体の病気」で、心理的な負担や疲労、環境の変化によるストレスが発症のきっかけになっていると考えられています。生涯の間にうつ病にかかる確率(生涯有病率)は、日本では10~15人に1人とされており、年々増加傾向にあります。男女比でみると、女性は男性より約2倍、うつ病になりやすいこともわかっています。
 早期発見と早期に適切な治療や支援を行うことで、治すことができるので、早い段階でその兆候に気づくことが大切です。

 うつ病の主な症状として、気分の落ち込み、意欲や興味・関心の低下、思考力の低下、焦燥感・自責感などといった精神的な症状や、睡眠障害、疲労感・倦怠感、食欲低下、さまざまな不定愁訴といった身体的な症状があります。
 不定愁訴には、めまい、動悸、ほてり、胃のむかつき、便秘、下痢、そして体の「痛み」などが含まれます。

 うつ病に伴う体の「痛み」には、頭痛、腰痛、背中の痛み、胸痛、関節痛、肩の痛み、首の痛み、歯の痛み、胃や腸など消化器の痛み、全身の漠然とした痛みなどさまざまです。
 しかし、そういった体の「痛み」がうつ病の症状の一つであることは、一般の人はもちろん、うつ病の患者さん本人にも、あまり知られていません。

 神経細胞は、シナプスと呼ばれる接合部で神経伝達物質をやり取りすることで、ネットワークを形成して情報を伝え合っています。この機能によって脳はさまざまな活動をしているのです。
 神経伝達物質のうち、セロトニンやノルアドレナリンは「気分」や「意欲」といった感情の安定に深くかかわっています。うつ病の患者さんでは、神経シナプス間のセロトニンやノルアドレナリンが減少し、感情の安定を司る脳の働きが低下することがわかっています。

 また、セロトニンやノルアドレナリンは、脊髄内の末梢神経からの「痛み」の伝達を抑制して脳に伝える働きがあります。しかし、疲労やストレスなどによりセロトニンやノルアドレナリンが減少し、その抑制機能が低下しているうつ病の患者さんでは、「痛み」の感覚が増幅してしまい、より強い痛みを感じます。

体の「痛み」をうつ病の症状と気づかない人も多い

 高知大学医学部神経精神科学教室の下寺信次准教授らが、うつ病と診断され、治療のための薬を服用している患者さん約300人、うつ病の患者さんを診察している内科医および精神科医約300人を対象に「痛み」について調べた結果があります。それによると、約60%の患者さんが「痛み」を経験していましたが、「痛み」がうつ病の症状の一つであることを知っていた人は、「痛み」の経験のある人の中でも約22%しかいませんでした。
 医師への質問で、うつ病の患者さんの多くに「痛み」があることを認識している人は、約34%でした。
 また、「痛み」を経験している患者さんのうち、1年間に1カ月(31日)以上「痛み」が原因で会社を休んだ人は約52%、平均すると1年間に106.7日休んでいました。多くの人が痛みのために、仕事や家事の能率が低下したと回答し、その能率低下度は平均していずれも50%以上であることもわかりました。

 この調査から、患者さんは日常生活に支障をきたしていながら、痛みがうつ病の症状の一つであることを知らないために医師に伝えていない、そのために医師は患者さんに痛みが伴っていることに気づかず、痛みの治療が行われていないのではないかと考えられます。

 さらにこの調査で、「身体的な痛みの治療が成功しないと再発リスクが増大するか」という医師への質問に、「強く同意する」と「同意する」の回答の合計は、約63%でした。
 海外の研究でも、「痛み」の改善率が高かった患者さんのほうが、痛みの改善率の低い患者さんより、うつ病の寛解率が高まることがわかっています。また、痛みがあるとうつ病の寛解までに期間が多くかかること、寛解しないとうつ病の再発リスクが高いことも発表されています。

 体の「痛み」までを考慮して治療しないと、うつ病は治りにくく、治っても再発しやすいといえます。体に慢性的な痛みを感じる場合は、医師にどこがどのように痛いかを伝えていくことが大切です。

うつ病は抗うつ薬や認知療法などで、体の「痛み」は鎮痛薬で治療

 うつ病の治療は、発症の原因となった疲労やストレスを取り除くために、まず休息が必要です。脳の働きの低下を回復させるためには、薬物療法が行われます。一般的には、セロトニンやノルアドレナリンを増やす効果がある抗うつ薬が用いられます。
 また、症状を助長する悲観的な考え方を改善することも大切で、うつ病の患者さんを周囲の人たちがサポートするとともに、考え方を前向きに変えていく「認知療法」や「対人関係療法」を行うことも効果があります。
 体の「痛み」には、一般的に鎮痛薬として非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDS:エヌセイズとも呼ぶ)などが用いられます。NSAIDSにはさまざまな種類があり、QOLを考慮してそれぞれの患者さんに適した薬を選択します。

 うつ病の人のうち、医療機関で治療を受けている人の割合は4分の1にすぎないという調査結果(厚生労働科学研究)もあります。うつ病と気づいていない、または診断されていない人が多いと考えられます。頭痛や腰痛、胃や腸の痛み、歯痛など、慢性的な痛みがあって、内科、整形外科、消化器科、歯科などを受診している人の中に、うつ病が隠れているかもしれません。
 うつ病についての正しい知識と理解を深め、うつ病の早期発見・早期治療、適切な治療や支援に結びつけることが大切です。

 ただし、日常生活で感じる「気分の落ち込み」や「抑うつ状態」などは、誰にでも経験があるものです。これらの状態とうつ病の症状との違いを一般の人が見分けるのは困難です。気分の落ち込みや意欲低下などがあり、「痛み」が伴うことが続いたら、うつ病かもしれません。精神科や心療内科など専門の診療科を受診することをすすめます。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
下寺 信次先生


高知大学医学部神経精神科学教室准教授
1993年高知医科大学(現・高知大学)医学部卒。97年同大学大学院医学研究科卒、医学博士取得。清和病院勤務後、高知大学医学部神経精神科学教室助手、講師を経て、2007年から現職。専門は心療内科・精神科臨床一般、思春期の精神疾患の早期発見と治療、うつ病・パニック障害の早期発見と治療など。日本精神保健・予防学会理事、日本うつ病学会評議員、日本社会精神医学会理事ほか多数兼務。『統合失調症治療ガイドライン:心理教育的家族療法』(医学書院)ほか著書多数。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

ノルアドレナリンを分泌しよう!DOKIDOKIダイエット

ダイエットに欠くことのできないホルモン「ノルアドレナリン」。なぜダイエットに欠かせないのかというと、ノルアドレナリンは脂肪の分解を促進する、すなわちやせるホルモンだから。このやせるホルモンを効率よく分泌させるためには... 続きを読む

わたしは入れる?うつ病の場合

うつ病にはどれくらい治療費がかかるの?
うつ病は他の病気やケガとは違い、目で見て判断することができず治療方法やその効果も個人に合わせて異なるため、いつ完治できるのか分からないのが特徴です。そのため、治療費を事前に予測することができません... 続きを読む

心理カウンセリングの技法とは? 子どものしつけにも有効な行動分析

「カウンセラー」、「カウンセリング」と言う言葉を、以前より耳にするようになったものの、実際にカウンセリングを利用する機会は、まだまだ少ないのではないでしょうか。カウンセリングというと、どの様な方法で問題を解決していくのか、なかなかイメージ... 続きを読む

女性は男性よりうつ病になりやすい-うつ病自己評価尺度でチェック

うつ病は男性よりも女性に多い病気です。女性が男性よりうつ病になりやすい原因の一つは、月経周期や妊娠・出産、閉経(更年期)による、ホルモンバランスの急激な変化による心身のストレスと考えられています。
もう一つは、就職、結婚、妊娠・出産、子... 続きを読む

秋になるともの悲しくなるのはなぜ? 日光浴で体内時計を調節

紅葉も今が真っ盛りで、もう少しすると冬がやって来ます。気温も低下し、落ち葉が増え、日の沈む時間も早くなってきます。この時期、人恋しくなったり、気分の落ち込みが増してきたり、なぜかもの悲しく感じる方も多いでしょう。このことは日照時間と関係して... 続きを読む

妊娠中、夫のサポートが必要なとき-その3 禁煙のすすめ

前回の『二人のための「イクメン」大作戦
2』に引き続き、「夫に知っておいてもらいたい7カ条」の5~7について、詳しく書きます。ちなみに7カ条は次のようなものでした。 1.妊娠したことを周りに言うのはちょっと待って 2.妊娠にはトラブルが... 続きを読む

同じ悩みを持つ人たちとつながるメリット-孤独感を和らげ負担を軽く

お酒をやめたいと思っているのにやめられない。パチンコをやめたいのにやめられない。うつ病で仕事を休んでいて、自分でいろいろと取り組んでいるんだけれど、どれも長続きしない・・・。 決意して「今度こそ何とかするぞ」と意気込んでも、これまで積み重ね... 続きを読む

肩こり腰痛・あらゆる不定愁訴に【ねじりのポーズの効果】

こんにちは。美姿勢インストラクターの美宅玲子です。私たちの体の大黒柱である背骨。背骨がしなやかで弾力があり、ゆがみがなく本来の場所に収まっていると、様々な面から心身の健康にいい影響があります。今回は、背骨をねじることによるリセット効果と... 続きを読む

週に3回の運動が体にいい理由-ランニングはうつ予防になる

運動がダイエットや生活習慣病の予防・改善に効果があることはよく知られています。また、運動したらストレス解消になったという経験をもつ人も多いでしょう。適度の運動は、体だけでなく心の健康にもよい影響を及ぼします。
横浜労災病院勤労者メンタ... 続きを読む

バンド一つでお手軽!巻くだけダイエット

巻くだけ
巻くだけダイエットは、専用のゴムバンドを体に巻きつけ、骨格の位置を正すことで行うダイエットです。
知らず知らずのうちに歪んでしまった全身の骨格を正しい位置に戻すことで、血行がよくなったり内臓の位置が正されたりして全身の不調が... 続きを読む