完治が難しい皮膚病、乾癬-生活の質が落ちるほどつらい症状とは

乾癬は、完治が難しくQOLを著しく低下させる慢性皮膚疾患

さまざまな皮膚(関節)症状に悩まされる乾癬に新たな治療薬が加わり、その改善効果に期待が高まっています

皮膚が赤く盛り上がり、フケのようにはがれ落ちる

 乾癬にかかると多くの場合、皮膚が赤くなり(紅斑:こうはん)、盛り上がり(浸潤・肥厚:しんじゅん・ひこう)、その表面に銀白色のアカ(鱗屑:りんせつ)が厚く付着して、それがフケのようにぼろぼろとはがれ落ちる(落屑:らくせつ)、といった症状が出ます。約6割の人がかゆみを訴えますが、ずっとかゆい人、ときどきかゆみが和らぐ人など、その程度には個人差があります。
 病気が進むと、紅斑などの症状が出ている箇所が増え、互いにくっついて全身に広がることもあります。皮膚の一部である爪に症状が出て変形したり、関節の痛みや変形、発熱、倦怠(けんたい)感といった全身症状を起こすこともあります。

 乾癬は症状の違いによって次の5つに分類されています。
尋常性乾癬:約90%を占める。大きめの皮疹(局面)が散在・多発する
乾癬性紅皮症:尋常性乾癬が全身に広がり体全体が真っ赤になる
膿疱性乾癬:患部がジクジクして赤くなり、膿をもつ発疹も出る
関節症性乾癬:皮膚症状に加え、関節に痛みや変形がみられる
急性滴状乾癬:かぜなどの後に水滴くらいの大きさの紅斑が急速にあらわれる

 乾癬がどうして起こるのかは、まだよくわかっていません。ただ、免疫の異常が関係しているのは確かなようです。免疫とは、体に侵入してくる細菌やウイルスなどの外敵に対して、自分の体を守るために攻撃を仕掛けるしくみのことであり、誰にでも生まれつき備わっています。この免疫のしくみに何らかの理由で異常が起こり、外敵でなく自分自身を攻撃してしまい、皮膚や関節に炎症などをもたらしたのが乾癬、と考えられているのです。
 日本での患者数は1,000人に1~3人と推定されており、男性が女性の2倍となっています。この男女差について、東京逓信病院皮膚科の江藤隆史部長は「日本以外では、アジアも含めて男女差はありません。日本ではとくに女性の患者さんの多くが外見やフケ(鱗屑)を気にして表に出ず、治療も受けられず、患者数の推計に入っていない可能性があります」と指摘しています。

身体的・精神的なQOLは乾癬が最低、とのデータも

 皮膚の最も外側は表皮と呼ばれ、新しい表皮細胞ができると、古くなった表皮細胞はアカとなってはがれ落ちていきます。通常、新しい表皮細胞ができて、はがれ落ちるまでに約45日かかりますが、乾癬の患者さんの場合はその10分の1、4~5日ではがれ落ちてしまうため、皮膚の一部であるフケのような鱗屑が次々にできては落ちていきます。
 そのため患者さんは、銀白色のフケが目立つ黒っぽい服は着られず、大量のフケのために部屋の中は1日に何回も掃除が必要で、席から立ち上がると席にフケが残るため、外出にはフケを掃除する道具が必携品……。これらに加え、外見に対する偏見や、感染することはないのに「うつるのではないか」との誤解に基づく“突き刺さるような”視線を感じ、外出を控えるようになってしまうのです。

 こうして乾癬の患者さんの身体的・精神的なQOL(生活の質)は低下しがちです。がんやうつ病、心筋梗塞など、代表的な10の病気と比較した海外の調査では、「身体的QOLと精神的QOLのスコアを合計すると乾癬で最も数値が低い、すなわち総合的なQOLが最も低い」という結果が出ています。
 QOLの低下から病状を悪化させ、いっそう外出を困難にする、といった悪循環を招いているのが多くの患者さんの実情です。自宅に引きこもるようになると、交友関係はもちろん、病気に関する情報も限られたものとなり、効果が疑わしい(むしろ悪化させかねない)民間療法などに頼ってしまうケースもあるそうです。

 さらに、外出を控えることで日光に当たらないのは、乾癬の患者さんにとって治療機会の一つを逃すことになります。「それは、適量の紫外線は乾癬の症状を和らげるのに有効だからです」(江藤部長)。乾癬の症状は、爪を含む皮膚のあらゆる部分にあらわれ、ひじやひざ、頭などにとくに多くできます。さらに、日光によく当たる部分にはあまり出ず、逆に太ももの後ろ側やおしりといった、普段日光が当たりにくいところにはよく出るという特徴があります。

免疫の異常で発症するから、免疫の働きを抑える新しい治療薬

 現在、乾癬の治療は塗り薬(外用療法)、飲み薬(内服療法)、紫外線照射(光線療法)の3種類の治療法を組み合わせて行われています。
 塗り薬には、皮膚の炎症を抑えるステロイド外用薬と、皮膚の新陳代謝を正常化させる活性型ビタミンD3外用薬があります。飲み薬でも同様に、皮膚の免疫を抑えるシクロスポリンという薬(免疫抑制薬)と、皮膚の新陳代謝を抑えるエトレチナートという薬が使われています。
 光線療法ではPUVA(プーバ)療法が以前から行われてきました。これは紫外線に反応しやすい薬を塗ったり、飲んだり、あるいはお湯に溶かして入浴した後に、波長の長い紫外線であるUVAを照射する方法です。これに加えて、最近ではNB(ナローバンド)‐UVB療法も行われるようになってきました。これは、浴び過ぎると皮膚がんの恐れもある紫外線UVBのうち、有害な部分をとり除き、有効な部分の波長だけを使う療法です。

 さらに2010年はじめには、バイオテクノロジーの技術でつくられた新しいタイプの薬(インフリキシマブ、アダリムマブ)が、乾癬の治療に使えるようになりました。これらは免疫系の働きを抑える薬で、すでにクローン病、関節リウマチ、ベーチェット病など、特定の免疫系の異常を背景に発症する病気で治療実績があります。
 従来の治療では十分な効果が得られなかった患者さんのほか、爪や関節にまで広がった患者さんや、膿疱性乾癬、乾癬性紅皮症といった重症の患者さんにも改善効果が期待されています。全身に塗り薬を塗ったり、何種類もの薬を飲み続けるには大変な労力を必要とするのに対して、新しい治療薬では2カ月に1回の通院治療(点滴)、あるいは2週に1回(皮下注射)でよく、患者さんの大きな負担軽減になっています。
 ただし、免疫系の働きを抑えてしまうため、副作用として肺炎や結核などの感染症などを発症する危険度が高まります。患者さんの費用負担もまだ高額のため、この面でも医師によく相談する必要があります。

 乾癬はまだ、「治る」とは言い切れませんが、以上のような治療を的確に組み合わせ、継続することで、通常の社会生活も可能とされています。江藤部長は「新たな薬剤によって治療できる範囲が格段に広がり、多くの患者さんのQOL向上が期待できるようになっています。乾癬があるからといって“夢”をあきらめず、まず皮膚科の医師に相談して」と呼びかけています。

(編集・制作 (株)法研)

【取材協力】
江藤 隆史先生


東京逓信病院皮膚科部長
1977年東京大学工学部計数工学科卒業。84年東京大学医学部医学科卒業後、同医学部皮膚科教室入局。関東中央病院皮膚科医員、東京大学医学部皮膚科助手、ハーバード大学病理学教室研究員、東京大学医学部皮膚科助手(医局長)を経て、93年東京大学医学部皮膚科講師・病棟医長、94年東京逓信病院皮膚科医長。98年より現職。東京大学医学部非常勤講師を兼任。95年日本臨床皮膚科医学会常任理事、2006年日本臨床皮膚科医会副会長を務める。その他の所属学会として、日本皮膚科学会代議員・運営委員、日本香粧品科学会評議員、日本乾癬学会評議員、日本色素細胞学会評議員、日本性感染症学会評議員など。

コラムに関連する病名が検索できます。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 これができない人は『垂れ尻』の可能性大!? 20秒筋力チェック
    これができない人は『垂れ尻』の可能性大!? 20秒筋力チェック
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと お尻…
  2. 2
    自己中・プライドが高い・かまってちゃん…面倒な人のかわし方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 人間…
  3. 3
    あなたのパートナーは大丈夫? 相手のモラハラ度をチェック!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 「モ…
  4. 4 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  5. 5
    【痩せるための朝食レシピ】お腹をスッキリさせる3大成分を摂ろう!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  6. 6
    「なるほど~」が多い人は話を聞いてない? 口ぐせで分かる相手の本音
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 人が…
  7. 7 飲みたくなくなるかも!? ペットボトルのお茶に入っている意外なもの
    飲みたくなくなるかも!? ペットボトルのお茶に入っている意外なもの
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  8. 8
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  9. 9 知っているようで知らない“ネイルの危険性”について
    爪の状態をみればからだの不調が分かる!こんな爪の人は要注意
    (編集・制作 (株)法研) (「よくわかる女性のからだ事典」天野恵子…
  10. 10
    女性ホルモンを増やす5つのコツ!不調の原因はホルモンの減少かも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ホル…
  11. 11
    コンビニ弁当を食べ続けると早死にする? その理由は…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 忙し…
  12. 12
    大豆イソフラボンは納豆1パックに何mg? 毎日どれぐらい摂るといい?
    (編集・制作 (株)法研) 女性の強い味方、大豆・大豆製品を毎日の食…
  13. 13 ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    下着売り場でブラジャーのサイズを測ってもらったのはいつ? 実はサイズが…
  14. 14
    カサカサの唇は胃が荒れている?唇の色やトラブルから分かる体のSOS
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 唇が…
  15. 15
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  16. 16
    洋菓子を食べすぎると体調が悪くなる!? 困った症状7個
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  17. 17
    骨粗しょう症になる女性とならない女性の差とは?骨粗しょう症の予防法
    (編集・制作 (株)法研) 閉経前後から起こる骨量減少。まずは自分の…
  18. 18 【医師が回答!】目の下のクマを治す方法を教えてください
    目の下のクマの原因は寝不足だけじゃない?体調不良のサインとは?
    それは単なる寝不足のせい?それとも重い病気の前ぶれ?クマが出る原因と理…
  19. 19 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…
  20. 20 女性は痩せる努力より、太らない努力をすべき5つの理由
    女性は痩せる努力より、太らない努力をすべき5つの理由
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …

一覧