視力が急に低下したら加齢黄斑変性症かも-重症化すると失明の危険も

見たい部分がぼやける、ゆがむ。中高年に多く失明の危険も

視力を担う黄斑に異常、日本人に多いタイプは進行が速い。自己チェック可能。新しい治療法で視力改善に期待

視力をつかさどる網膜の中心が黄斑

 ある程度年齢のいった人で、ものがゆがんで見える、見たい部分がぼやけてきた、あるいは、急に視力が低下した、というような症状があったら、それは「加齢黄斑変性症(かれいおうはんへんせいしょう)」という目の病気かもしれません。視力の悪化からQOL(生活の質)の低下を招き、重症化すると失明してしまうことも多い眼病です。高齢者に起こりやすいとされていますが、50歳以上の1.3%にみられるという調査データもありますから、「高齢以前」の人でも無関心ではいられないでしょう。日本での患者数は約70万人と推定されています。

 目に入った光は角膜から水晶体、硝子体などを通って目の奥の網膜(カメラのフィルムに相当)に像を結び、視神経を通じて脳に伝えられます。網膜の中心部には黄色みがかった部分があり、ここが黄斑です。黄斑には視力をつかさどる視細胞が集まり、ものの形、大きさ、色、明暗、距離などを識別しています。ここで異常が起きると視力が低下します。とくに黄斑の中央にある中心窩(ちゅうしんか)という小さくくぼんだ部分は視細胞が集中している重要なところで、ここでの異常はいっそうの視力の低下をもたらします。加齢黄斑変性症は、欧米では成人の失明原因の第1位、日本でも患者数は増加し、失明原因の第4位となっています。日本で患者が増えている原因は高齢者人口の増加と、食生活の欧米化が指摘されています。

日本人に多いのは異常な血管の増殖が原因の滲出型

 加齢黄斑変性症には2つのタイプがあります。一つは「滲出(ウエット)型」と呼ばれ、網膜の外側の脈絡膜にできた異常な血管(新生血管)によるものです。新生血管があたかも草が生えるように網膜の裏側にたくさん伸びます。新生血管はもろいため網膜に出血しやすく、また血管壁から血液成分がしみ出してむくみを引き起こすなどし、視力が急激に低下します。進行が速く、日本人の加齢黄斑変性症はほとんどがこのタイプです。
 一方、「萎縮(ドライ)型」と呼ばれるのが、もう一つのタイプ。網膜の細胞が加齢に伴って変性し、そこに老廃物がたまって細胞が少しずつ萎縮します。このため、この細胞に支えられていた黄斑の視細胞が徐々に死滅して減少し、視力が低下したりものがゆがんで見えたりするようになります。ゆっくり進行するため気づきにくく、欧米人に多いタイプです。

早期発見・早期治療が大変重要

 加齢黄斑変性症の症状は、先にあげた視力の低下、ものがゆがんで見える、など以外に、見たいものの中心が暗くなって見える、コントラストが低下する(ものが薄く見える)などもあります。こうしたことから、文字や時計の時刻が読めない、相手の顔がよくわからない、料理ができない、といった日常的な不便さが生じ、最悪の場合が失明です。

 このようなQOLの低下を防ぐためには、早期発見・早期治療が非常に重要とされています。上記の症状に思い当たることがあれば、まずは眼科医に受診してきちんと検査をしてもらうことをおすすめしますが、自分で簡単にチェックする方法もあります。「アムスラーチャート」という格子を印刷した10cm角ほどの紙を、30cmほど離れて片目ずつで中心部を見て、中心がゆがむ、格子の線がぼやけて暗く見える、部分的に線が欠けて見える――などがないかどうかチェックするものです。また、このようなチャートがなくても、風呂場のタイル壁や障子など格子状のものを利用するのでもよいでしょう。

 治療法としては、萎縮型に対しては視細胞そのものが少なくなっているので、積極的な方法がありません。滲出型には、主に「光線力学的療法」と「抗血管新生薬療法」が行われています。
 光線力学的療法は、新生血管に集まりやすく光に反応する薬剤を点滴注射し、弱いレーザー光を新生血管に当てると、光が当たった薬剤が化学反応を起こし新生血管を退縮させるという治療法です。

 一方、抗血管新生薬療法は、新生血管の増殖や成長を活性化する物質の働きを抑える薬剤を眼内に注射し、新生血管の増殖・成長にブレーキをかける治療法で、日本では約2年前に開始されました。これまでの滲出型の治療は視力低下の進行を抑えることが中心でしたが、この治療法によって、視力維持に加えて視力改善効果も期待できるようになりました。また、以前はある程度まで視力が低下するのを待って治療を始めていましたが、早期から治療を開始できるようになっています。専用レーザー機器を設置し、技術講習を受けた医師のみが施術できる光線力学的療法に比べ、抗血管新生薬療法を行う医療機関は大幅に増え、受けやすくなっています。

 加齢黄斑変性症の予防には、危険因子である喫煙をやめることがまず必要ですが、さらに、肉食が多く野菜摂取の少ない食生活を改める、40歳過ぎたら定期的に目の検査を受けるなどがすすめられています。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
大路 正人先生


滋賀医科大学眼科学講座教授
1983年大阪大学医学部卒業後、同医学部附属病院研修医(眼科)。84年大阪労災病院、90年米国ピッツバーグ大学研究員、93年大阪大学医学部助手(眼科)、99年大阪大学医学部講師を経て、2000年大阪大学大学院医学系研究科助教授(眼科)、05年より現職。研究テーマは網膜硝子体手術の術式の開発、眼内薬物治療・薬物動態解析など。専門分野は網膜硝子体疾患。日本眼科学会専門医、日本眼科学会指導医、眼科PDT認定医。

コラムに関連する病名が検索できます。

視力が急に低下したら加齢黄斑変性症かも-重症化すると失明の危険も 関連コラム

アクセスランキング一覧

15件中 1件~15件を表示

  1. 1 医師が教える、夏の効果的な水分の摂り方|脱水症・熱中症を予防する
    医師が教える、夏の効果的な水分の摂り…
    喉が渇いた時にはすでに体重の2%の水分が不足しています。「喉が渇いたら…
  2. 2 知っているようで知らないネイルの危険性について
    知っているようで知らない“ネイルの危…
    キレイに整えられたネイルは、女性らしくてとってもおしゃれ。その反面、ネ…
  3. 3 成長するほくろに要注意!ほくろに似た皮膚のがん・メラノーマを解説
    成長するほくろに要注意!ほくろに似た…
    皮膚がんの一種メラノーマ(悪性黒色腫)に注意 色素細胞の集まり。紫外…
  4. 4 背中の筋肉が硬くなると猫背になる? どこでもできる簡単ストレッチ
    背中の筋肉が硬くなると猫背になる? …
    猫背の改善、肩こり・腰痛予防に、広背筋のストレッチ デスクワークが多…
  5. 5 スタジオジブリ『魔女の宅急便』のキキにならう、5月病の克服の仕方とは?
    スタジオジブリ『魔女の宅急便』のキキ…
    新しい環境に移りしばらく経つのになじめない……。そんな5月病について、…
  6. 6 その爪のケアは逆効果!? 今すぐやめて、間違いだらけの5つのネイルケア
    その爪のケアは逆効果!? 今すぐやめ…
    爪をきれいにすることは、もはや現代女性の身だしなみのひとつと言えるかも…
  7. 7 不妊症に効果がある漢方10選|女性のからだを助ける5つのサプリメント
    不妊症に効果がある漢方10選|女性の…
    現代医学と併用されて処方されることも多い漢方薬は、不妊にどんな効果があ…
  8. 8 憂鬱な日曜日の夕方&サザエさん症候群の乗り越え方
    憂鬱な日曜日の夕方…サザエさん症候群…
    テレビアニメ「サザエさん」が始まる日曜日の夜。月曜からの仕事を考えて憂…
  9. 9 便秘・肌荒れ・ぽっこりお腹の原因は「むくみ腸」? 10の診断チェック
    便秘・肌荒れ・ぽっこりお腹の原因は『…
    顔や足のむくみは、実感したことがある人も多いはず。実は、腸もむくみ、便…
  10. 10
    一度空気に触れたらキケン!ペットボト…
    イマドキの飲み水といえばミネラルウォーターが一般的で、外出先で…
  11. 11
    いつまでも元気でいてほしいから 親の…
    子どもの9割が、親の健康状態で「気になること」がある 世界一…
  12. 12 妊娠中のセックス、みんなどうしてる? セックスしていい時期、悪い時期って?
    妊娠中のセックス、みんなどうしてる?…
    約10ヶ月にも及ぶ妊娠期間中。この間、セックスはしてもいいの? …
  13. 13 女性の貧血を改善・予防する食事-貧血改善にいい食材5選
    女性の貧血を改善・予防する食事-貧血…
    疲れやすい、めまいがするなど、貧血の症状に悩む女性は多いもの。そうした…
  14. 14 イクラちゃんは言葉が遅い? こどもの発語はいつから?
    イクラちゃんは言葉が遅い? こどもの…
    「チャーン」「ハーイ」「バブー」と発言するのが印象的な、テレビアニメ「…
  15. 15
    買って損するサプリはコレ! 危険なサ…
    毎日飲むものだけに、サプリメントの選び方を間違えると深刻な影響も…… …

一覧