関節リウマチの新しい治療とは-新薬の効果が精神的にも影響する?

従来の痛みを抑える治療から、破壊を止める治療も可能に

以前に比べ治療の満足度は向上し、周囲の無理解や非難は大幅に減少

免疫の異常で起こり関節が破壊される。早期発見、早期治療が重要

 私たちの体には、侵入してきた細菌やウイルスなどの外敵を攻撃する免疫のしくみが備わっています。関節リウマチはこの免疫システムの異常によって、外敵ではなく自分自身の細胞や組織を攻撃してしまう病気です。ターゲットは手の指をはじめとする全身の関節で、攻撃された関節は炎症を起こして腫れや痛みを生じ、放置すれば関節が破壊され変形してしまいます。

 患者数は全国に70~80万人と推定され、発症のピークは30~50歳代です。男女比は1対4で女性に多く、女性ホルモンが発症にかかわっているともみられています。免疫異常の起こり方は解明されてきましたが、「なぜ自分自身を攻撃してしまうのか」はまだ明らかになっていません。

 関節リウマチの治療はかつては、弱い薬から始めて効きが悪ければ強い薬へ、という使い方が主流でしたが、最近では正反対になっています。発症から徐々に進むと考えられていた病状が、実は最初の約2年間に急速に進み関節を破壊してしまう可能性があることがわかってきたからです。
 東京大学大学院医学系研究科の山本一彦教授は「だからこそ早期発見、早期治療が重要」として、下記のような関節リウマチの初期に起こりやすい症状を見逃さず、治療に結びつけることを呼びかけています。

●関節リウマチの主な初期症状
(1)朝、関節がこわばって動かしにくく、いつもの状態に戻るのに1時間以上かかる。
(2)複数の関節が熱を持ち腫れて痛む。腫れや痛みは左右対称に起こる。
(3)(1)、(2)の症状は、手指の小さな関節に起こりやすい。
※関節症状が出る前に、疲労感、微熱、食欲不振、体重減少など「過労」のような症状が続くこともある。

原因物質にターゲットを絞って、関節破壊を止める

 最近の関節リウマチの標準的な治療は、初期から強めの抗リウマチ薬(免疫異常に働きかけて病気の進行を抑える薬)を、必要に応じた抗炎症薬(痛みと炎症を抑える薬)と一緒に使います。治療効果を確認し、可能であれば少しずつ薬の量を減らしたり、弱い薬剤に変更します。少しでも早い時期から、強めの薬で異常な免疫の作用(疾患活動性)を抑え込み、痛みなどの自覚症状がない「寛解」と呼ばれる状態を保つようにします。関節リウマチはまだ、完治はできないため、この寛解が治療の目標になります。この目標が達成されない場合には、病気の活動性をなるべく低く保つことが次の目標になります。

 現在、一般的に使用されている抗リウマチ薬には何種類かありますが、どの薬剤を使っても炎症や痛みがとれないケースがあります。このような場合に、バイオテクノロジーを駆使した新しいタイプの薬(生物学的製剤)が選択肢に入ってきます。生物学的製剤は、関節の炎症を引き起こす活性物質にターゲットを絞って作用し、関節の炎症や破壊の進行を抑えます。2003年7月に最初の薬が承認されて以来、現在では4種類の薬が使えるようになっています。

 山本教授は「生物学的製剤でも痛みがとれないケースもありますが、強めの抗リウマチ薬と一緒に使った場合、たとえ痛みなどの自覚症状が残ったとしても、日常生活からメンタル面にも影響を与えやすい(手指などの)関節破壊がほとんど進行しないというデータが出ています」と評価しています。
 一方、生物学的製剤は免疫の働きを抑えるため、十分な感染症対策などが可能な医療機関で治療を受けることが大切です。免疫の低下による「がんのリスクが上がる」可能性にも注意が必要です。また、生物学的製剤はまだ高価格のため、これらの副作用や医療費の問題も含めて主治医とよく相談したうえで使用することになります。

治療満足度や周囲の理解が進むと、患者さんの精神健康度もアップ

 山本教授らは、生物学的製剤が普及する前の2003年と現在(2010年)の患者さんの治療環境などを比較するために、患者調査を行いました。その結果、(関節破壊による)手術経験のある患者さんも、「1年前と比べて痛みが強くなった」という患者さんも明らかに減少したことがわかり、治療環境が改善していることがうかがわれました。
 生物学的製剤を使った患者さんに対する調査からは、この薬の使用前や使用しなかった患者さんに比べて、痛みが軽くなっている、「幸せなときを思い起こすことができる」などポジティブな気持ちになっている、将来に対しても前向きな気持ちになっている、治療に対する満足度が向上していることなどが確認されました。身体的な効果だけでなく、精神健康度の向上にも役立っていることがわかります。

 同調査では、患者さんと周囲の人とのかかわりについても調べています。病気に対する無理解や偏見に基づく言葉(「もう治っているかと思った(完治できる病気ではない)」「若い人にかかるの? お年寄りの病気でしょ(40歳代でよく発症する)」「温泉やマッサージで治るんじゃないの(そんな事実はない)」)や、患者さんへの非難の言葉(「なまけている」「わがままだ」など)について調べたところ、どちらも大幅に減り、周囲の理解が大幅に改善したことがわかりました。周囲の無理解により「抑うつ・不安度」が悪化することも明らかにされており、周囲の理解が進んだことで患者さんの精神健康度が向上していることがうかがえます。

 山本教授は「関節リウマチの患者さんの治療満足度や精神健康度をさらに改善していくためには、より早く(生物学的製剤の使用も含めた)積極的な治療を行うことに加え、メディアなどを介して関節リウマチへの理解を深める啓発活動を広めることも重要」と話し、改めて気になる症状を放置せず、リウマチ専門医に相談することをすすめています。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
山本 一彦先生


東京大学大学院医学系研究科 内科学専攻 アレルギーリウマチ学教授
1977年東京大学医学部医学科卒業。東京大学医学部物療内科医員、ドイツ癌研究センター免疫遺伝学研究所客員研究員などを経て、91年東京大学医学部物療内科講師、93年聖マリアンナ医科大学難病治療研究センター助教授、95年九州大学生体防御医学研究所臨床免疫学部門教授、97年より現職。同医学部附属病院アレルギー・リウマチ内科併任。日本免疫学会理事、日本リウマチ学会理事、日本アレルギー学会理事、日本炎症・再生医学会理事などを務める。

コラムに関連する病名が検索できます。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  2. 2 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代…
  3. 3
    それはやらないで!白髪が増える7つのダメ習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ほん…
  4. 4
    女性も油断できない!加齢臭を生み出す悪習慣4つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと おじ…
  5. 5
    納豆パワーを最大限に引き出す食べ方。ひきわりと粒、栄養価が高いのは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 日本…
  6. 6 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  7. 7
    電車の中で居眠りしてはいけない。寝不足を解消するコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝起…
  8. 8
    ニオイの原因は『足の角質』。やりがちな間違ったケア方法とは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと タイ…
  9. 9
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  10. 10 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  11. 11
    肩こりの原因はスイーツの食べすぎかも?その意外な関係性
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 慢性…
  12. 12
    眠気・だるい・むくみ…成人女性の10人に1人が橋本病|注意したい症状は
    不定愁訴のような症状が起こる、橋本病を知っていますか? 女性がかかり…
  13. 13
    リップを塗っても唇がカサカサ・ぷっくりしない…使い方間違ってるかも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと リッ…
  14. 14
    文字が読みにくいのは『老眼』の症状?…ヤセ我慢してると痛い目にあうかも
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと もと…
  15. 15 大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だっ…
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  17. 17
    【花粉症対策におすすめ】鼻うがいの正しいやり方。痛みなくスッキリ!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 花粉…
  18. 18 太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  19. 19
    足の裏に魚の目やタコができやすい人は、腎臓が弱っているかも…?
    足裏は全身の血液の巡りや新陳代謝のバロメーター。 足の裏が冷えるこ…
  20. 20
    これで節約。ズボラな人でも続く!楽しく家計簿をつけるコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 節約…

一覧