胸焼けやゲップの原因は胃食道逆流症かも? 8つのセルフケア術

メタボ男性と高齢女性に多く、進行するとがん化も

食道から胃への入り口が緩んで胃液などが逆流。加齢のほか内臓脂肪の蓄積、ストレス、高脂肪食などが原因に

以前は逆流性食道炎と呼ばれていた

 食事の後に胸焼けが起こる、酸っぱいものがこみ上げてくる、げっぷが出やすい──などという不快な症状にたびたび見舞われるようなら、それは「胃食道逆流症」かもしれません。この病名、あまりなじみがないかもしれませんが、以前は「逆流性食道炎」と呼ばれていたといえば、聞いたことがあるのではないでしょうか。
 この病気は文字通り、胃液などが食道のほうに逆流してくるためにさまざまな症状(表1)をもたらすものです。口から摂取した食べ物は胃に入って胃酸により消化されます。胃酸は肉の塊をも溶かすほどの強い酸性ですが、胃壁が溶けないのは粘膜が分泌する粘液によって守られているから。しかし食道の粘膜には粘液がないので、胃から酸性の胃液の逆流がたびたび起こるようだと食道の粘膜にびらん・潰瘍などの粘膜傷害を起こしてしまいます。これが逆流性食道炎と言われていた頃の概念でした。


表 1 こんな症状がよくあれば胃食道逆流症かも
・胸が焼けるように熱い
・げっぷがよく出る
・酸っぱいもの、苦いものがこみ上げてくる
・胸がつかえる感じがする
・横になるとせき込みやすい



 しかし最近、不快な症状があっても内視鏡で検査してみると食道の粘膜に傷害のない例がよくみられるようになりました。このため、食道の粘膜に傷害があってもなくても、胃食道逆流症と呼ばれるようになったのです。

食道と胃の境目にある括約筋が緩むために逆流

 胃食道逆流症が起こる主な原因は、食道と胃の境目にある下部食道括約筋(かつやくきん)の緩みです。下部食道括約筋は収縮力の強い筋肉で、健康な人なら食事をしていないときはこの筋肉がふきんを絞るようにギュッと締まって胃の内容物の逆流を防いでいます。ところが、この筋肉が緩んで境目が開いたままになってしまうと、胃からの逆流を防ぎきれなくなってしまうのです。

 下部食道括約筋が緩む原因の1つに肥満があります。内臓周辺に蓄積した脂肪によっておなかの中の圧力が高まり下部食道括約筋の締まりを悪くします。そのため、おなかポッコリのメタボ体型の男性に胃食道逆流症が多くみられます。女性では70歳以上に多いようです。高齢になると、唾液(だえき)の分泌量減少、胃の機能低下、腰が曲がるなどの理由で胃液が逆流しやすくなります。
 高齢者には食道に傷害を起こして粘膜がただれる「びらん性」の胃食道逆流症が多いといわれ、慢性化が進むと食道がんになることもあると指摘されています。一方、食道の粘膜傷害がみられない「非びらん性」タイプはストレスを原因とするものが最近目立っているようです。

 胃食道逆流症には、日本人の30%以上がかかっているという報告があるそうです。もともとは欧米人に多かったのに、日本人にも目立つようになった背景として指摘されているのが食生活の欧米化です。肉類を中心とする高脂肪食は消化に時間がかかるため、胃酸も長い時間分泌されます。胃酸の過剰な分泌はげっぷを起こしやすくし、げっぷが出るときは下部食道括約筋が緩みますから胃液などが逆流しやすくなるのです。

生活上の注意を守ることでセルフケアも可能

 胃食道逆流症の治療の基本は生活上の注意(表2)を守ることで、かなりの症状を抑えることができます。しかし、その上で症状を抑えられなければ、薬によって胃酸の分泌を抑えることも必要でしょう。


表 2 胃食道逆流症を防ぐセルフケア
・食べ過ぎや就寝直前の食事はしない
・脂肪の多いものや甘いものは控え目に
・炭酸飲料、アルコール、コーヒー、香辛料などの刺激物も控え目に
・禁煙する
・肥満、便秘を防ぐ
・ストレスをためないようにする
・体を締めつける服装はしない
・腹圧を上げるような猫背や前かがみの姿勢を長く続けない



 症状と原因に思い当たることがあれば、セルフケアを行ってみましょう。それでも改善しなければ、別の原因の可能性も含め、いちど医師に相談したほうがよいでしょう。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
平塚 卓(たかし)先生


平塚胃腸病院院長
1984年東京女子医科大学消化器外科学教室入局(臨床研修医、医療練士研修生)。86年同教室助手。90年退局、医療練士取得、平塚胃腸病院就職。98年医学博士取得。同病院副院長を経て、2002年院長就任。10年医療法人社団卓秀会理事長就任、現在に至る。
平塚胃腸病院(http://www.ichou.gr.jp/

コラムに関連する病名が検索できます。

胸焼けやゲップの原因は胃食道逆流症かも? 8つのセルフケア術 関連コラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  2. 2 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代…
  3. 3
    それはやらないで!白髪が増える7つのダメ習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ほん…
  4. 4
    女性も油断できない!加齢臭を生み出す悪習慣4つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと おじ…
  5. 5
    納豆パワーを最大限に引き出す食べ方。ひきわりと粒、栄養価が高いのは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 日本…
  6. 6 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  7. 7
    電車の中で居眠りしてはいけない。寝不足を解消するコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝起…
  8. 8
    ニオイの原因は『足の角質』。やりがちな間違ったケア方法とは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと タイ…
  9. 9
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  10. 10 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  11. 11
    肩こりの原因はスイーツの食べすぎかも?その意外な関係性
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 慢性…
  12. 12
    眠気・だるい・むくみ…成人女性の10人に1人が橋本病|注意したい症状は
    不定愁訴のような症状が起こる、橋本病を知っていますか? 女性がかかり…
  13. 13
    リップを塗っても唇がカサカサ・ぷっくりしない…使い方間違ってるかも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと リッ…
  14. 14
    文字が読みにくいのは『老眼』の症状?…ヤセ我慢してると痛い目にあうかも
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと もと…
  15. 15 大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だっ…
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  17. 17
    【花粉症対策におすすめ】鼻うがいの正しいやり方。痛みなくスッキリ!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 花粉…
  18. 18 太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  19. 19
    足の裏に魚の目やタコができやすい人は、腎臓が弱っているかも…?
    足裏は全身の血液の巡りや新陳代謝のバロメーター。 足の裏が冷えるこ…
  20. 20
    これで節約。ズボラな人でも続く!楽しく家計簿をつけるコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 節約…

一覧