胸焼けやゲップの原因は胃食道逆流症かも? 8つのセルフケア術

メタボ男性と高齢女性に多く、進行するとがん化も

食道から胃への入り口が緩んで胃液などが逆流。加齢のほか内臓脂肪の蓄積、ストレス、高脂肪食などが原因に

以前は逆流性食道炎と呼ばれていた

 食事の後に胸焼けが起こる、酸っぱいものがこみ上げてくる、げっぷが出やすい──などという不快な症状にたびたび見舞われるようなら、それは「胃食道逆流症」かもしれません。この病名、あまりなじみがないかもしれませんが、以前は「逆流性食道炎」と呼ばれていたといえば、聞いたことがあるのではないでしょうか。
 この病気は文字通り、胃液などが食道のほうに逆流してくるためにさまざまな症状(表1)をもたらすものです。口から摂取した食べ物は胃に入って胃酸により消化されます。胃酸は肉の塊をも溶かすほどの強い酸性ですが、胃壁が溶けないのは粘膜が分泌する粘液によって守られているから。しかし食道の粘膜には粘液がないので、胃から酸性の胃液の逆流がたびたび起こるようだと食道の粘膜にびらん・潰瘍などの粘膜傷害を起こしてしまいます。これが逆流性食道炎と言われていた頃の概念でした。


表 1 こんな症状がよくあれば胃食道逆流症かも
・胸が焼けるように熱い
・げっぷがよく出る
・酸っぱいもの、苦いものがこみ上げてくる
・胸がつかえる感じがする
・横になるとせき込みやすい



 しかし最近、不快な症状があっても内視鏡で検査してみると食道の粘膜に傷害のない例がよくみられるようになりました。このため、食道の粘膜に傷害があってもなくても、胃食道逆流症と呼ばれるようになったのです。

食道と胃の境目にある括約筋が緩むために逆流

 胃食道逆流症が起こる主な原因は、食道と胃の境目にある下部食道括約筋(かつやくきん)の緩みです。下部食道括約筋は収縮力の強い筋肉で、健康な人なら食事をしていないときはこの筋肉がふきんを絞るようにギュッと締まって胃の内容物の逆流を防いでいます。ところが、この筋肉が緩んで境目が開いたままになってしまうと、胃からの逆流を防ぎきれなくなってしまうのです。

 下部食道括約筋が緩む原因の1つに肥満があります。内臓周辺に蓄積した脂肪によっておなかの中の圧力が高まり下部食道括約筋の締まりを悪くします。そのため、おなかポッコリのメタボ体型の男性に胃食道逆流症が多くみられます。女性では70歳以上に多いようです。高齢になると、唾液(だえき)の分泌量減少、胃の機能低下、腰が曲がるなどの理由で胃液が逆流しやすくなります。
 高齢者には食道に傷害を起こして粘膜がただれる「びらん性」の胃食道逆流症が多いといわれ、慢性化が進むと食道がんになることもあると指摘されています。一方、食道の粘膜傷害がみられない「非びらん性」タイプはストレスを原因とするものが最近目立っているようです。

 胃食道逆流症には、日本人の30%以上がかかっているという報告があるそうです。もともとは欧米人に多かったのに、日本人にも目立つようになった背景として指摘されているのが食生活の欧米化です。肉類を中心とする高脂肪食は消化に時間がかかるため、胃酸も長い時間分泌されます。胃酸の過剰な分泌はげっぷを起こしやすくし、げっぷが出るときは下部食道括約筋が緩みますから胃液などが逆流しやすくなるのです。

生活上の注意を守ることでセルフケアも可能

 胃食道逆流症の治療の基本は生活上の注意(表2)を守ることで、かなりの症状を抑えることができます。しかし、その上で症状を抑えられなければ、薬によって胃酸の分泌を抑えることも必要でしょう。


表 2 胃食道逆流症を防ぐセルフケア
・食べ過ぎや就寝直前の食事はしない
・脂肪の多いものや甘いものは控え目に
・炭酸飲料、アルコール、コーヒー、香辛料などの刺激物も控え目に
・禁煙する
・肥満、便秘を防ぐ
・ストレスをためないようにする
・体を締めつける服装はしない
・腹圧を上げるような猫背や前かがみの姿勢を長く続けない



 症状と原因に思い当たることがあれば、セルフケアを行ってみましょう。それでも改善しなければ、別の原因の可能性も含め、いちど医師に相談したほうがよいでしょう。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
平塚 卓(たかし)先生


平塚胃腸病院院長
1984年東京女子医科大学消化器外科学教室入局(臨床研修医、医療練士研修生)。86年同教室助手。90年退局、医療練士取得、平塚胃腸病院就職。98年医学博士取得。同病院副院長を経て、2002年院長就任。10年医療法人社団卓秀会理事長就任、現在に至る。
平塚胃腸病院(http://www.ichou.gr.jp/

コラムに関連する病名が検索できます。

胸焼けやゲップの原因は胃食道逆流症かも? 8つのセルフケア術 関連コラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

たびたび起こる胸やけ、逆流性食道炎かも? 脂っこい食生活が原因

食べすぎ、飲みすぎで胸やけすることはよくあることでしょう。胸やけはみぞおちから胸、または背中にかけて感じる熱く焼けるような不快感のこと。胃酸が胃から食道に逆流することで起こります。単に二日酔いや食べすぎで起こることも多く、一時的なものなら... 続きを読む

女性は40代から肥満になりやすい-太る理由と内蔵脂肪を減らすコツ

中年太りというように、若いころほっそりしていた人が、中年になって太ってくるのはよくあることです。「平成22年国民健康・栄養調査」によると、男女とも20代から30代、40代と肥満者(BMI25以上の人)の割合が増えています。全体に肥満者の割... 続きを読む

【動画あり】短期間で効果を実感!お尻と太ももの境目をつくるエクササイズ

お尻が垂れ、太ももは太くなり、お尻と太ももの境目が隠れてしまい、どこまでがお尻か分からなくなってしまっている。そんな状態に悩んでいる女性も多いのではないでしょうか?原因として、太ったことにより脂肪がつき大きなお尻になったり、お尻の脂肪は... 続きを読む

特別なことは必要ない!内臓脂肪の落とし方には法則があった

内臓脂肪の簡単な減らし方というものがあります。一体どんな減らし方なのでしょうか?できれば「苦痛に感じるものを続ける」というエクササイズ的なものは避けたいものです。特別なことは必要ない!内臓脂肪の落とし方には法則があった 速足、足を高く上... 続きを読む

【呼吸を深めるセルフケア】お腹や背中をほぐして、深い呼吸と代謝を取り戻す

こんにちは。美姿勢インストラクターの美宅玲子です。皆さんの呼吸は深いですか?浅いでしょうか。お腹が冷えたりガスがたまったりすることはありませんか?腰が痛くなったり、背中が張ったりすることはないでしょうか。これらの理由には呼吸が浅いことで... 続きを読む

【レシピつき】かんぴょうでダイエット♪便秘やポッコリお腹を解消!

かんぴょうと言って思い浮かぶ料理と言ったら、かんぴょう巻き!それ以外だと、昆布巻きや巾着などを結ぶもの、といったところでしょうか。残念ながら地味な印象が拭えない食材ですが、使い勝手がよくダイエット効果も期待できる優れものなのですよ! か... 続きを読む

カウンセリングってどんなことするの? 料金や相談内容など

「カウンセリング」という言葉をこれまで一度も目や耳にしたことがない、という人は少ないでしょう。しかしその実際をはっきりとイメージできる人は、もっと少ないかもしれません。カウンセリングという言葉に触れる機会は一昔前よりは確実に増えているはず... 続きを読む

おなかが空くとグーッと鳴るのはなぜ? 腹鳴のメカニズムと抑える方法

おなかが空いているとき、よくググーッと鳴ることがあります。腹鳴(ふくめい)といい、人前で出てしまうとちょっと恥ずかしい。自分の意思では抑えにくい腹鳴は、どうして起こるのでしょうか。
空腹で腹鳴が出るときは、胃から十二指腸、小腸にかけて... 続きを読む

【いつ結婚するの?】親からの圧力を上手に回避する方法

結婚はタイミングが大事。例え恋人がいても、それが結婚に繋がるとは限らない。そんな娘の気持ちとは裏腹に。親の心配がよもや圧力となる今日この頃…。どうやってデリケートな問題に首を突っ込まれずに上手に回避する!?今回は【いつ結婚するの?】コー... 続きを読む

室内は暑いのに外は寒い。そんな時にオススメの服装アイディア

寒い冬。困るのは、会社の中や電車の中は暖房がすごく効いているのに、外は寒いということ。外の寒さに対応できるよう厚手の格好をして行くと、会社の中では暑すぎて、汗をかいてしまったり、ともすると頭痛や吐き気にめまわれる「暖房病」になってしまっ... 続きを読む