老眼はいくつからはじまるの? 眼の老化は40代から、どんな症状?

誰にでも訪れる目の老化は、40代頃から始まっている

ほとんどの人が40代のうちに自覚、なかなか改善しない不快な症状で気づくことも。矯正法には一長一短

“レンズ”の調節力が衰え、近くのものが見えにくく

 40歳を過ぎる頃になると、近くのものが見えづらくなったことに気づきます。目の疲れを感じることもあるので、そのせいかと思う人もいるでしょう。そんなとき、「もしかして老眼?」とは、あまり考えたくないかもしれません。40代で自分の老化を目の当たりにするのは、誰だって抵抗を感じます。しかし、老眼は40代のうちに、ほとんどの人が自覚することになる目の老化なのです。

 ものを見るとき、外からの光が目の角膜(かくまく)と水晶体(すいしょうたい)という2つの“レンズ”で屈折し、硝子体(しょうしたい)という透明な組織を通過して、その背後にある網膜(もうまく)に像を結びます。このとき、見ようとする目的のものまでの距離に応じ、水晶体は厚みを変えて屈折力を変化させ網膜上に像がくる(ピントが合う)ように調節しています。

 近くを見るとき、水晶体は厚くなって屈折力を増し、網膜上に像を結んではっきり見ることができます。しかし、加齢とともに水晶体の弾力性は衰え、水晶体を動かす毛様体筋(もうようたいきん)の働きも低下してきます。そうすると、近くを見ようとするときに水晶体を十分に厚くすることができず、像を結ぶ位置が網膜より後ろになってぼやけて見えるようになります。これが「老眼(老視)」です。

目が疲れる・かすむ、頭痛、肩こりなども現れる

 ピントがぼやけている手元を無理に見ようとすれば、水晶体を動かす筋肉にも無理を強いることになり、目の疲れを感じるのは避けられません。このほか、薄暗いところでは見えにくい、目がかすむ、頭痛や肩こりがするなどの症状が現れ、それらが休んでも改善しないようなら老眼が始まっていると考えてよいでしょう。

 見えにくい不便さや不快な症状を解消するには、老眼鏡やコンタクトレンズ、手術などで視力を矯正するしかありません。「老眼鏡をいったん使い出したら、老眼がどんどん進んでしまう」ということを聞いた人もいるかもしれませんが、老眼は老化現象なのですから、老眼鏡を使っても使わなくても進行します。一般に、65歳くらいまでは進行する可能性があるといわれています。
 老眼を放っておくと、見えにくいことのストレスや目の疲れなどから、体の不調を招いたり不眠になってしまうことがあります。

 また、ものが見えにくい症状は、老眼以外にも白内障や緑内障、加齢黄斑変性症(かれいおうはんへんせいしょう)、糖尿病網膜症、網膜はく離など、ほかの目の病気が原因である可能性もあります。40歳を過ぎて見えにくさを自覚したら、一度は眼科医に診てもらうべきでしょう。

矯正には老眼鏡やコンタクト、手術などの方法が

 老眼の矯正には老眼鏡が一般的。初めは近くを見るときだけに使う単焦点レンズのものからスタートすることが多いようですが、遠くを見るときには、いちいちメガネをずらすか外さなければなりません。そのわずらわしさを解消するのが遠近両用レンズの老眼鏡です。
 以前は、遠くを見る上の部分と近くを見る下の部分でレンズの境目がはっきりわかる老眼鏡が一般的でした。最近では、レンズの境目がなく視線を少しずらすだけで、遠くも中ぐらいの距離も近くも見える累進多焦点(るいしんたしょうてん)レンズが普及しています。ただし、うまく使いこなせるようになるまで時間がかかることがあるようです。

 メガネを掛けるのにはどうしても抵抗感がある、という人には遠近両用コンタクトレンズがあります。レンズの中心に遠景用、周辺に近景用が配置されているタイプや、遠景用と近景用の部分が同心円上に配置されているタイプがありますが、これらも、鮮明度がやや落ちたり、慣れるのに時間がかかるといったデメリットがあります。

 老眼は65歳くらいまでは進む可能性があるので、メガネもコンタクトレンズも、ピントが合わなくなってきたり、目の疲れを感じるようになってきたら、レンズを交換しなければなりません。また、日常の手入れも必要です。
 こうしたわずらわしさを避けたいなら、手術という方法もあります。レーザーを角膜に照射して屈折率を調整するレーシックや、角膜に高周波を当てて目に入る光の屈折率を変える方法(CK)、水晶体を取り除いて代わりに多焦点の眼内レンズを入れる方法などがあります。ただし、どの方法も高額な費用がかかるうえ、老眼がさらに進んだときには、老眼鏡などが再び必要になりますし、手術には感染などの合併症が起こりうるため、安全性が完全には保証されないといった問題があります。

 以上のように老眼の矯正はいくつかの方法のなかから選ぶことができますが、どの方法にしても長所短所があります。眼科医に相談し、自分の日常生活ではどの方法が適しているかよく考えたうえで選ぶことが大切です。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
内野 美樹先生


ハーバード大学眼科スケペンス眼研究所
2001年慶應義塾大学医学部眼科学教室入局。立川共済病院、国立埼玉病院を経て、03年より慶應義塾大学医学部助手、06年両国眼科クリニック院長、12年ハーバード大学医学部スケペンス眼研究所およびハーバード大学公衆衛生大学院に留学中。専門はドライアイ。日本におけるドライアイについての疫学研究の第一人者であり、日本におけるドライアイの有病率、パソコンの使用時間とドライアイの関係について世界で初めて証明した。現在ハーバード大学公衆衛生大学院で世界的な研究者と共同研究を行っている。実生活では、2児の母でもある。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

老眼予防になる! 目のストレッチや簡単ケアでリフレッシュ

目も体と同じ。運動しなければ老化は進む 「目の老化も体と同じ。運動しなければ筋肉は衰え、老化は進みます」と言うのは、アンチエイジングドクターで眼科医でもある日比野佐和子先生。 「目の筋肉を鍛えたりほぐしたりすることは、目の筋肉の若さを... 続きを読む

近視の人は老眼にならないってホント?

水晶体の調整力が低下することで老眼になる 眼の構造はカメラと同じです。フィルムが網膜で、ピント合わせはレンズに当たる水晶体の厚さを変えて行います。 水晶体が最も薄い状態で、平行光線が網膜にぴったりとピントが合うのが正視です。さらに、水... 続きを読む

コンタクトレンズによる眼のトラブルに要注意-正しいレンズ選びとは

コンタクトレンズは、薬事法上で「高度管理医療機器」に指定され、取り扱いや装着には注意が必要となります。眼科では、適正な視力をはかってくれるのはもちろん、一人一人異なる目の表面のカーブまで調べ、その人にフィットしたレンズを選んでくれます。 ... 続きを読む

自分が見える?JINSが最新ハイテクメガネを開発

近年、コンピュータ端末が小型化されるなか、さまざまなメガネ型ウェアラブルデバイスが登場しています。メガネメーカーのJINSでもメガネ型ウェアラブルデバイス「JINS MEME(ジンズ ミーム)」を開発。大ヒット商品「JINS PC」「JIN... 続きを読む

目のつくりと物が見えるメカニズム-近視や老眼はなぜ起こる?

目は光によってものの色や形、遠近、動きなどを感じる感覚器官です。私たちは五感を使って外界の情報をキャッチしていますが、なかでも目(視覚)は、情報全体の約80%を捉えるといわれます。耳(聴覚)は声や物音、鼻(嗅覚=きゅうかく)はにおい、舌(... 続きを読む

処方箋不要のコンタクトレンズの使用は危険?最悪は失明の危険も

コンタクトレンズによる目のトラブルが目立っているようです。日本眼科医会では、コンタクトレンズを使っている人の7~10%の割合で、目の障害が起きているのではないかと推測しています。しかもそれは、コンタクトレンズそのものの問題ではなく、誤った... 続きを読む

蒸しタオルでできる、疲れ目やドライアイ予防-簡単ケアで大きな効果

パソコン作業(VDT作業)などを長時間続けたとき、だんだん目がしょぼしょぼして焦点が合わなくなり、かすんで見えにくくなることがあります。ドライアイや白内障の眼科専門医である後藤英樹先生は、このような目を使いすぎたときに起こる症状について「... 続きを読む

知っておきたい40代からのめまい【更年期】

誰にでもやってくる更年期と体の変化
加齢による体の変化は誰にでもやってきます。だからこそ、正しい認識のもとに、少しでも楽に、そして生き生きとした生活を送りたいものですね。


更年期とは、月経がなくなる閉経をはさんだ約10年間をい... 続きを読む

ひどい近視は強度近視かも? 合併症による失明の危険も

目の働きはよくカメラにたとえられますが、外界から入ってきた光はレンズに当たる角膜と水晶体で屈折し、フィルムに当たる網膜で像を結びます。ピントが合って網膜上でぴたっと像が結び鮮明に見える目を「正視眼」といい、ピントが合うためには屈折力に加え... 続きを読む

子宮筋腫とは?30〜40代は筋腫の危険年代 大きくなると手術も

30歳以上の5人に1人が悩んでいるという子宮筋腫。筋腫ができる位置や大きさによって症状はさまざま。ときには、子宮全摘という深刻な選択を迫られることも。子宮筋腫の正体を、正しく知りましょう。 30〜40代は筋腫の危険年代
大きくなると手... 続きを読む