老眼はいくつからはじまるの? 眼の老化は40代から、どんな症状?

誰にでも訪れる目の老化は、40代頃から始まっている

ほとんどの人が40代のうちに自覚、なかなか改善しない不快な症状で気づくことも。矯正法には一長一短

“レンズ”の調節力が衰え、近くのものが見えにくく

 40歳を過ぎる頃になると、近くのものが見えづらくなったことに気づきます。目の疲れを感じることもあるので、そのせいかと思う人もいるでしょう。そんなとき、「もしかして老眼?」とは、あまり考えたくないかもしれません。40代で自分の老化を目の当たりにするのは、誰だって抵抗を感じます。しかし、老眼は40代のうちに、ほとんどの人が自覚することになる目の老化なのです。

 ものを見るとき、外からの光が目の角膜(かくまく)と水晶体(すいしょうたい)という2つの“レンズ”で屈折し、硝子体(しょうしたい)という透明な組織を通過して、その背後にある網膜(もうまく)に像を結びます。このとき、見ようとする目的のものまでの距離に応じ、水晶体は厚みを変えて屈折力を変化させ網膜上に像がくる(ピントが合う)ように調節しています。

 近くを見るとき、水晶体は厚くなって屈折力を増し、網膜上に像を結んではっきり見ることができます。しかし、加齢とともに水晶体の弾力性は衰え、水晶体を動かす毛様体筋(もうようたいきん)の働きも低下してきます。そうすると、近くを見ようとするときに水晶体を十分に厚くすることができず、像を結ぶ位置が網膜より後ろになってぼやけて見えるようになります。これが「老眼(老視)」です。

目が疲れる・かすむ、頭痛、肩こりなども現れる

 ピントがぼやけている手元を無理に見ようとすれば、水晶体を動かす筋肉にも無理を強いることになり、目の疲れを感じるのは避けられません。このほか、薄暗いところでは見えにくい、目がかすむ、頭痛や肩こりがするなどの症状が現れ、それらが休んでも改善しないようなら老眼が始まっていると考えてよいでしょう。

 見えにくい不便さや不快な症状を解消するには、老眼鏡やコンタクトレンズ、手術などで視力を矯正するしかありません。「老眼鏡をいったん使い出したら、老眼がどんどん進んでしまう」ということを聞いた人もいるかもしれませんが、老眼は老化現象なのですから、老眼鏡を使っても使わなくても進行します。一般に、65歳くらいまでは進行する可能性があるといわれています。
 老眼を放っておくと、見えにくいことのストレスや目の疲れなどから、体の不調を招いたり不眠になってしまうことがあります。

 また、ものが見えにくい症状は、老眼以外にも白内障や緑内障、加齢黄斑変性症(かれいおうはんへんせいしょう)、糖尿病網膜症、網膜はく離など、ほかの目の病気が原因である可能性もあります。40歳を過ぎて見えにくさを自覚したら、一度は眼科医に診てもらうべきでしょう。

矯正には老眼鏡やコンタクト、手術などの方法が

 老眼の矯正には老眼鏡が一般的。初めは近くを見るときだけに使う単焦点レンズのものからスタートすることが多いようですが、遠くを見るときには、いちいちメガネをずらすか外さなければなりません。そのわずらわしさを解消するのが遠近両用レンズの老眼鏡です。
 以前は、遠くを見る上の部分と近くを見る下の部分でレンズの境目がはっきりわかる老眼鏡が一般的でした。最近では、レンズの境目がなく視線を少しずらすだけで、遠くも中ぐらいの距離も近くも見える累進多焦点(るいしんたしょうてん)レンズが普及しています。ただし、うまく使いこなせるようになるまで時間がかかることがあるようです。

 メガネを掛けるのにはどうしても抵抗感がある、という人には遠近両用コンタクトレンズがあります。レンズの中心に遠景用、周辺に近景用が配置されているタイプや、遠景用と近景用の部分が同心円上に配置されているタイプがありますが、これらも、鮮明度がやや落ちたり、慣れるのに時間がかかるといったデメリットがあります。

 老眼は65歳くらいまでは進む可能性があるので、メガネもコンタクトレンズも、ピントが合わなくなってきたり、目の疲れを感じるようになってきたら、レンズを交換しなければなりません。また、日常の手入れも必要です。
 こうしたわずらわしさを避けたいなら、手術という方法もあります。レーザーを角膜に照射して屈折率を調整するレーシックや、角膜に高周波を当てて目に入る光の屈折率を変える方法(CK)、水晶体を取り除いて代わりに多焦点の眼内レンズを入れる方法などがあります。ただし、どの方法も高額な費用がかかるうえ、老眼がさらに進んだときには、老眼鏡などが再び必要になりますし、手術には感染などの合併症が起こりうるため、安全性が完全には保証されないといった問題があります。

 以上のように老眼の矯正はいくつかの方法のなかから選ぶことができますが、どの方法にしても長所短所があります。眼科医に相談し、自分の日常生活ではどの方法が適しているかよく考えたうえで選ぶことが大切です。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
内野 美樹先生


ハーバード大学眼科スケペンス眼研究所
2001年慶應義塾大学医学部眼科学教室入局。立川共済病院、国立埼玉病院を経て、03年より慶應義塾大学医学部助手、06年両国眼科クリニック院長、12年ハーバード大学医学部スケペンス眼研究所およびハーバード大学公衆衛生大学院に留学中。専門はドライアイ。日本におけるドライアイについての疫学研究の第一人者であり、日本におけるドライアイの有病率、パソコンの使用時間とドライアイの関係について世界で初めて証明した。現在ハーバード大学公衆衛生大学院で世界的な研究者と共同研究を行っている。実生活では、2児の母でもある。

コラムに関連する病名が検索できます。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    近頃、ツイてない?金運上昇のためにすべき6つの行動
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 「今…
  2. 2
    洗えないセーターやニットの消臭法。汗臭・タバコ臭も洗わずに取れる!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 秋冬…
  3. 3
    布団の中のダニは数十万匹!?干しても叩いても死滅しない『ダニ』退治法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 今ま…
  4. 4
    発達障害の診断の基準になる3つの特徴とは?
    発達障害の診断の基準-発達障害の子どもの特徴 出典:株式…
  5. 5
    発達障害ってどんな障害なの?自閉症・学習障害・ADHDの特徴
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  6. 6
    だらしないタレ尻が『理想のヒップ』に大変身!簡単小尻エクサ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 体の…
  7. 7
    常温保存の小麦粉類に注意!パンケーキシンドロームで救急搬送も
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 開封…
  8. 8
    失った肌のハリが戻ってくる!?おからパウダーが凄い理由
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 女性…
  9. 9 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  10. 10
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  11. 11
    放置しちゃいけない!『冷えは未病のサイン』冷えの原因と改善方法
    つらい「冷え症」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 万病のもと"未病…
  12. 12
    ホットフルーツで腸デトックス!温めるだけで驚異のお腹スッキリ効果
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと フル…
  13. 13
    つらい生理痛がおこる原因とは?月経困難症に効果のある漢方
    つらい「月経困難症」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 血を巡らせて…
  14. 14
    【発達障害の特徴】1.社会性の障害ー他人の気持ちが理解できない
    イギリスの精神科医ウイングが提唱した次の3つの特性 出典:株式会…
  15. 15
    首のシワ&二の腕スッキリ!10秒で完了の若返りストレッチ
    隠しきれない年齢がでると言われる首のシワや二の腕。そんなエイジングスポ…
  16. 16 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  17. 17
    生理前の不調の原因と改善方法|つらいPMSを助けてくれる食材とは?
    つらい「月経前緊張症(PMS)」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 …
  18. 18
    首にできた小さなブツブツ。イボを自分でキレイに取る方法があった!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 一…
  19. 19
    年収が少ない人ほど肥満が多い現実…節約と健康は両立しないの?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 健…
  20. 20
    痩せていることは悪いこと?妊娠中の『痩せ』が子供の病気リスクを高める
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 25…

一覧