マイコプラズマ肺炎の感染経路は? 症状や完治までの期間など

重症になることは少ないが、長引く乾いたせきには要注意

毎年12月から1月に流行のピークを迎えるマイコプラズマ肺炎。2012年は過去十数年で患者数が最多に

昨年の患者数は、過去最多を記録した2011年を上回った

 マイコプラズマ肺炎とは、「肺炎マイコプラズマ」という細菌に感染することによって起こる呼吸器感染症です。かつては、4年おきのオリンピックが開催される年に流行したことから「オリンピック肺炎」と呼ばれたこともありましたが、近年はそうした傾向がくずれてきています。2011年には、統計が始まった1999年以降で最多の患者数を記録しましたが、2012年も患者数が多い状態で推移し、10月の時点で2011年の患者数を上回りました。
 12月に入ってから患者数増加のペースは衰えてきたものの、例年、マイコプラズマ肺炎は12月から1月に流行のピークを迎えるため、引き続き注意が必要です。

 この患者数増加の原因は、従来よく用いられる薬に「耐性」をもったタイプの肺炎マイコプラズマが増えているからと考える専門家もいますが、明らかなことはまだわかっていません。

患者の約8割は14歳以下の子ども。ほどんどは軽い症状で治る

 マイコプラズマ肺炎は、子どもや若い人に多くみられ、患者の約8割は14歳以下の子どもですが、大人がかかることもあります。感染しても重症化することは少なく、多くは軽いまま治りますが、まれに髄膜炎や脳炎、中耳炎などを引き起こすこともあります。また、一度かかっても、再びかかることがあります。

 主な感染経路は、患者のせきやくしゃみなどのしぶきによる「飛沫(ひまつ)感染」と、患者と身近で接触したり、病原体が付着したものに触れることによる「接触感染」です。感染してから発症するまでの潜伏期間は長く、2~3週間くらいといわれています。
 主な症状として、「発熱」や「全身倦怠感(だるさ)」、「頭痛」、たんを伴わない乾いた「せき」などがみられます。せきは少し遅れて始まることもあり、3~4日程度で熱が下がった後も長引き、3~4週間も続くのが特徴です。

治療に有効な抗菌薬が限られている。せきが長引くときは医療機関へ

 マイコプラズマの感染力はあまり強いわけではなく、インフルエンザのように短期間で爆発的に感染が広がることはありません。長引くせきよって感染が徐々に広がることが考えられます。
 有効なワクチンはなく、予防法はかぜやインフルエンザとほぼ同じで、手洗いやうがいを励行すること。感染を広げないためにも、せきが出る場合は、マスクをするなどせきエチケットを守ることも大切です。

 治療には抗菌薬(抗生物質)を用いますが、抗菌薬の種類によっては効果がなく、マイコプラズマ肺炎に有効な抗菌薬は限られています。マクロライド系、テトラサイクリン系、ニューキノロン系の抗菌薬が効果的で、多くは外来で治療を行い、1カ月ほどで治ります。従来の薬に耐性をもったタイプだった場合は、ほかの抗菌薬を用いて治療します。
 高熱や激しいせきで眠れないなど、症状がひどい場合は入院が必要になることがあります。また、一部には重症化する人もいますので、せきが長引くときはあなどらず、早めに小児科や呼吸器科を受診しましょう。

(編集・制作 (株)法研)


コラムに関連する病名が検索できます。

マイコプラズマ肺炎の感染経路は? 症状や完治までの期間など 関連コラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  2. 2 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代…
  3. 3
    それはやらないで!白髪が増える7つのダメ習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ほん…
  4. 4
    女性も油断できない!加齢臭を生み出す悪習慣4つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと おじ…
  5. 5
    納豆パワーを最大限に引き出す食べ方。ひきわりと粒、栄養価が高いのは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 日本…
  6. 6 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  7. 7
    電車の中で居眠りしてはいけない。寝不足を解消するコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝起…
  8. 8
    ニオイの原因は『足の角質』。やりがちな間違ったケア方法とは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと タイ…
  9. 9
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  10. 10 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  11. 11
    肩こりの原因はスイーツの食べすぎかも?その意外な関係性
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 慢性…
  12. 12
    眠気・だるい・むくみ…成人女性の10人に1人が橋本病|注意したい症状は
    不定愁訴のような症状が起こる、橋本病を知っていますか? 女性がかかり…
  13. 13
    リップを塗っても唇がカサカサ・ぷっくりしない…使い方間違ってるかも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと リッ…
  14. 14
    文字が読みにくいのは『老眼』の症状?…ヤセ我慢してると痛い目にあうかも
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと もと…
  15. 15 大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だっ…
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  17. 17
    【花粉症対策におすすめ】鼻うがいの正しいやり方。痛みなくスッキリ!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 花粉…
  18. 18 太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  19. 19
    足の裏に魚の目やタコができやすい人は、腎臓が弱っているかも…?
    足裏は全身の血液の巡りや新陳代謝のバロメーター。 足の裏が冷えるこ…
  20. 20
    これで節約。ズボラな人でも続く!楽しく家計簿をつけるコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 節約…

一覧