うつ病になる前に-不安や悩みを打ち明ける相手に誰を選ぶ?

多くの人に不安や悩み、ストレス。心の不調を抱える人も

不安や悩み、ストレスはうつ病のもと。心、体、行動のちょっとした変化を見逃さず、早めの対処に結びつけて

職場で日常で、多くの人が不安や悩み、ストレスを感じている

 ストレス社会と言われる現代、ストレスが原因となって起こる心の不調は誰にでも起こり得ます。公的な調査結果から、職場でも日常生活でも、多くの人が不安や悩み、ストレスを感じながら暮らし、心の不調を抱える人が少なくないことが明らかになっています。

 『平成23年国民健康・栄養調査』(厚生労働省)の結果によると、全国の成人約7000人に行った「日常生活のなかで悩みや不安を感じているか」との質問に対し、「特にない」と答えた人は男性23%、女性15%にとどまりました。
 悩みや不安の理由としては、「自分や家族の健康」「収入や将来の生活設計」「仕事」などを挙げる人が上位を占めました。男女・年齢層別にみると、悩みや不安の理由として最も多かったのは、30~50歳代の男性では「仕事」、20歳代の男女と30~40歳代の女性では「収入や将来の生活設計」、50歳代の女性と60歳以上の男女では「自分の健康」でした。

 また、同じく厚生労働省が行った『平成23年労働安全衛生特別調査(労働災害防止対策等重点調査)』によると、全国の事業所で働く人約1万8000人(派遣労働者を含む)のうち、過去1年間に自分の仕事や職業生活に関することで強い不安や悩み、ストレスを「感じる事柄がある」と答えた人は約32%に上ります。男女差は特にありませんでしたが、年齢層別では、30歳代が38%とやや多めでした。

 この強い不安などを「感じる事柄がある」と答えた人に、誰かに相談したいかどうかを尋ねたところ、「相談したい」という人が78%を占めました。一般的に、女性は「おしゃべり」を含め、人とよく話すことがストレス解消につながっているのに対して、男性は誰にも相談せず、話しもせず、1人で抱え込みがちといわれます。この調査でも、「相談したい」という女性は83%だったのに対し、男性は74%と少なめでした。
 さらに、相談したい相手を尋ねたところ、事業所外の相談機関(16%)や事業所内の相談窓口(10%)、事業所外の医療機関(9%)などを大きく引き離し、64%の人が「その他(家族・同僚など)」と答えました。やはり、まず頼りにするのは「身近な人」という結果でした。

心、体、行動の変化を見逃さず、予防や早めの対処に結びつける

 『平成23年労働安全衛生特別調査』では、事業所に対してもメンタルヘルスに関する調査を行っており、その結果約1万3000の事業所のうち14%が「メンタルヘルス不調を抱えた労働者がいる」と答えています。すなわち7社に1社にはメンタルヘルス不調者がいるということです。
 同調査での「メンタルヘルス不調を抱えた労働者」とは、メンタルヘルス不調により、心や体、行動について、以下に挙げるいずれかの変化が認められる人、またはそうした兆候がうかがわれる人のことです。

●心の変化:気分の落ち込み、イライラ、無気力、考えがまとまらないなど
●体の変化:慢性的な疲労感、頭痛、睡眠の過不足など
●行動の変化:酒・たばこの増加、ミスの増加、集中できない、積極性がなくなる、怒りっぽくなるなど

 上記の心や体、行動の変化は、心の不調、さらにはうつ病のセルフチェックにも活用できます。これらのうちいずれかの変化が1週間以上も続く場合は、周囲の人や専門家(精神科医、カウンセラーなど)に相談したり、趣味やスポーツでリフレッシュを図ってみましょう。
 これらの変化のなかでも、体や行動の変化は自分でもわかりやすいため、これを見逃さないことが重要です。なかでも「不眠」のチェックは大切です。事業所で働く人の場合、眠れないために朝起きづらくなり、積極性の減退も加わって、「遅刻」が増えやすくなるといわれています。

 悩みや不安、ストレスの原因になりやすい事柄や、その結果起こりやすい心の不調のさまざまな症状を知っておき、自分や家族、職場の同僚など身近な人の変化を見逃さず、予防や早めの対処(相談、ストレス解消など)に結びつけましょう。

(編集・制作 (株)法研)

コラムに関連する病名が検索できます。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  2. 2 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代…
  3. 3
    女性も油断できない!加齢臭を生み出す悪習慣4つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと おじ…
  4. 4
    それはやらないで!白髪が増える7つのダメ習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ほん…
  5. 5
    電車の中で居眠りしてはいけない。寝不足を解消するコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝起…
  6. 6
    肩こりの原因はスイーツの食べすぎかも?その意外な関係性
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 慢性…
  7. 7 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  8. 8
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  9. 9
    眠気・だるい・むくみ…成人女性の10人に1人が橋本病|注意したい症状は
    不定愁訴のような症状が起こる、橋本病を知っていますか? 女性がかかり…
  10. 10
    納豆パワーを最大限に引き出す食べ方。ひきわりと粒、栄養価が高いのは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 日本…
  11. 11 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  12. 12
    ニオイの原因は『足の角質』。やりがちな間違ったケア方法とは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと タイ…
  13. 13
    文字が読みにくいのは『老眼』の症状?…ヤセ我慢してると痛い目にあうかも
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと もと…
  14. 14 大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だっ…
  15. 15 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  16. 16
    足の裏に魚の目やタコができやすい人は、腎臓が弱っているかも…?
    足裏は全身の血液の巡りや新陳代謝のバロメーター。 足の裏が冷えるこ…
  17. 17
    リップを塗っても唇がカサカサ・ぷっくりしない…使い方間違ってるかも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと リッ…
  18. 18
    【花粉症対策におすすめ】鼻うがいの正しいやり方。痛みなくスッキリ!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 花粉…
  19. 19
    女性が一番キレイに見えるメガネの色は何色?選び方の大事なポイント
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 老眼…
  20. 20 太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …

一覧