関節リウマチ患者、女性は男性の4倍-専門医の早期診断が決め手

新しい診断基準で、関節リウマチのより早い診断と治療へ

関節リウマチの治療は、日進月歩で進み、日常生活を支障なく過ごせる「寛解」状態を保つことが可能に。

70~100万人と推定される関節リウマチ

 日本での関節リウマチの患者数は、70~100万人と推定され、30~50歳代で最も多く発症しています。10歳代や20歳代での発症もあります。女性に多く、男性の約4倍とみられています。

 関節リウマチの原因は、まだ明らかではありませんが、自己免疫疾患の一つであることはわかっています。免疫とは、細菌やウイルスなどの外敵を攻撃して体を守る仕組みで、自己免疫疾患とは、自分の組織を外敵とみなして攻撃してしまい、炎症を起こすものです。
 関節リウマチの場合は、関節全体をおおっている関節包という袋の内側にある「滑膜(かつまく)」を攻撃して滑膜炎を起こします。滑膜炎が続くと滑膜が増殖し、関節に腫れや痛みが生じ、進行すれば軟骨や骨を破壊し、関節が変形してしまいます。

 関節リウマチの特徴的な初期症状は、「朝のこわばり」です。朝目覚めたときに、両手指の関節がこわばって動かしにくい状態から始まります。やがて、腫れや痛みが生じるようになり、手指だけでなくひざ、足首、股関節など全身の関節にも及ぶようになります。
 関節の腫れや痛みが強くなると、物をつかんだり持ち上げたりする、立ったり座ったりする、歩く・・・といった日常生活の動作に困難をきたし、QOL(生活の質)が低下します。
 また、関節の腫れや痛みのほかに、発熱、倦怠(けんたい)感・疲労感、食欲不振、体重減少のほか、多彩な全身症状を伴うこともあります。

早期診断を可能にする、関節リウマチの新しい診断基準

 関節リウマチの治療は、腫れや痛みといった関節炎の症状をできるだけ和らげるとともに、関節の破壊を阻止することにより、患者さんのQOLを向上させることが主な目的になります。

 関節リウマチは、発症早期から骨破壊が急進することがわかっています。しかし、治療薬が進歩し、適切な治療をすれば関節破壊の進行を抑え込むことができるようになりました。したがって、できるだけ早期に診断し、適切に早期治療を行うことが重要とされています。
 ただし、関節の痛みや炎症などはかぜの症状でもみられ、全身症状もほかの病気でも起こります。特に発症の初期段階であるほど、症状だけで診断することは困難で、リウマチの診断・治療を専門とする医師の診断を受けることが大切です。

 関節リウマチでは、問診や触診のほかに、血液検査や画像検査(X線検査)などが行われ、総合的に判断して、診断や治療方針が立てられます。
 長年、診断に利用されてきたのは「関節リウマチ分類基準(ACR 1987)」で、この分類基準に当てはめた上で、最終的には医師の判断で診断する必要があり、専門の医師でも診断が難しい場合がありました。また、患者さんがその分類基準を満たすまでには数年かかることもあり、診断が遅れ、早期治療の機会を逃してしまうことも難点でした。

 これらの課題を改善するために、米国リウマチ学会(ACR)と欧州リウマチ学会(EULAR)が共同で、「関節リウマチの新しい診断基準(ACR/EULAR 2010)」を発表しました。まず、1つ以上関節が腫れている場合、他の関節疾患を鑑別します。その上で、項目ごとに点数化されたスコアリングによる基準で、点数の合計が「6以上」であれは、関節リウマチと診断されます。また、関節X線検査で典型的な関節破壊像があれば、それだけで診断できます。

 新しい診断基準では、関節が壊れる前に診断も治療の開始も可能となります。そのことは、リウマチ専門の医師による適切な早期治療を受ける人を増やすことにつながります。

治療の目標は、腫れや痛みのない「寛解」状態

 治療法は「薬物療法」「理学療法」「手術療法」に大別され、症状の程度や進行の度合いによって、これらの治療法を組み合わせて行われますが、中心は薬物療法です。
 関節リウマチは、痛みや腫れなどの自覚症状がない「寛解」(かんかい)と呼ばれる状態を保つことが治療の主な目標になります。寛解に到達すれば、関節はほとんど壊れないと言われるため、なるべく早くこの目標を達成することが必要です。

 関節リウマチは発症から約2年間に特に急速に進行し、関節破壊を起こしてしまう可能性があるため、初期から強めの抗リウマチ薬(免疫異常に働きかけて、炎症・関節破壊を抑える薬)を中心に治療し、寛解という目標を達成します。また、必要に応じて抗炎症薬(痛みと炎症を抑える薬)を一緒に使います。
 寛解を維持すれば、10年間にわたって関節破壊や機能障害が全く進行しないことがわかってきました。一方、治療効果を確認(評価)し、良好であれば少しずつ薬の量を減らしたり、弱い薬剤に変更したりすることも可能で、寛解が1~2年維持できた場合には、薬剤の中止も期待できます。

 抗リウマチ薬は(1)免疫調整薬、(2)免疫抑制薬、(3)生物学的製剤に大別されます。
 生物学的製剤はバイオテクノロジーを駆使した新しいタイプの薬で、日本では現在7種類の薬が使えます。免疫系のサイトカイン(伝達物質)の働きを抑えたり、T細胞の活性化を直接抑制することで、関節リウマチをより根本段階から治療することを目的にしており、大きな効果が期待されています。

 関節の機能を保つために理学療法も必要です。リハビリテーションによって、筋力を維持・向上させる運動を行います。また、変形の予防や関節の保護のために、装具を用いることもあります。例えば、頸椎のソフトカラーや足底板などの自助具があります。
 薬物療法と理学療法による治療を行っても関節の障害が残り、手術により関節の機能や日常生活の改善が期待できる場合には、手術療法が検討されます。「人工関節置換術」(関節の破壊された部分を人工関節に置き換える手術)、「滑膜切除術」(腫れ上がった関節の中の滑膜を取り除く手術)、「関節固定術」(不安定な関節を固定する手術)などがあります。

 リウマチの治療は、以前とは比べものにならないほど進歩しています。多くの患者さんは、日常生活にあまり支障がない寛解状態を保つことができるようになりました。そのためには、やはり早期診断・早期治療が決め手です。関節が痛くて1つでも腫れているなど、気になる症状があったら放置せず、すぐに受診しましょう。
 関節リウマチは、最初に適切な治療を受けたかどうかで、その後の治療成績が左右されることが少なくありません。診断基準がわかりやすくなり、治療が進歩したとはいえ、第一はできるだけ早い段階でリウマチを専門とする医師を受診することが大切です。さらに、どの抗リウマチ薬の使用においても、全身の内科的な管理ができて、副作用が出たときにすぐに対応できる医師をすすめます。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
田中 良哉先生


産業医科大学第一内科学講座教授
産業医科大学病院副院長
1988年産業医科大学大学院医学研究科修了。米国国立衛生研究所(NIH)客員研究員を経て、2000年産業医科大学第1内科学講座教授に就任。05年より同大学病院副院長を兼任。専門は、膠原病・リウマチ性疾患、内分泌・代謝疾患。2002年から厚生労働省の自己免疫疾患に関する班会議の主任研究者として、治療ガイドラインなどの作成を手がける。日本リウマチ学会、日本内科学会、日本臨床免疫学会、日本骨代謝学会、日本内分泌学会、日本免疫学会ほか多くの学会で要職を務める。08年日本リウマチ学会賞、09年欧州リウマチ学会賞などを受賞。著書に『関節リウマチ―新しい治療、正しい知識で克服する』(岩波書店)など多数。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

潰瘍性大腸炎が20~30代に急増してる? 主な3つの症状

潰瘍性大腸炎とは、大腸の粘膜が炎症を起こし、粘膜にただれや潰瘍ができる病気です。もともと欧米に多くみられた病気ですが、近年日本でも患者数が急増しています。2013年の患者数は1000人に1人程度ですが、10年で約2倍になる勢いで急増してい... 続きを読む

今の彼氏に点数をつけるとしたら?

80点 90点 100点 70点 0点 6位以降をみる ... 続きを読む

関節リウマチの初期症状に注意! 早めの治療が大切な理由

人間の骨格は関節でつながっています。その数は全部で68個。脊椎(せきつい)のようにあまり動かない関節もありますが、膝(ひざ)関節や手足のように大きく動かせる関節が、私たちの体の自由な動きを支えています。この関節に原因不明の炎症がおこり、痛... 続きを読む

バセドウ病はなぜ若い女性に多いの? 主な症状と治療法

バセドウ病は20~30歳代の若い女性に多い病気です。ちょうど就職、結婚、妊娠、出産など人生の大きな節目となるできごとが重なる年代で、それが病気の発症に深くかかわっていたり、治療を受けるうえで大きな不安材料になったりしています。なかには、バ... 続きを読む

やせるテクニック:外食のメニューは“低カロリー”を基準に選ぶ

メニュー選びに気をつければ、ランチやディナーの外食も楽しめる
ダイエット中はなるべく外食を避けたほうがいいのですが、通勤している人など現実的にはどうしてもそうはいかない人も多いはず。ならば、外食を味方... 続きを読む

何度も確認したくなる、不安がつきまとう…強迫性障害の症状とは

家を出たあとで「鍵をかけ忘れたかもしれない」「ガスコンロの火を消し忘れたかもしれない」などと気になって引き返す。こんな経験は誰にでもあるでしょう。
しかし、一度確認をして再び家を出たあと、今度は「確認したとき無意識にかぎを開けてしまった... 続きを読む

指のこわばりは関節リウマチの初期症状かも? 早期発見が大事

起床時、手の指が曲げづらくありませんか?
この「朝のこわばり」は、関節リウマチの初期症状としてよく知られています。
関節リウマチとは、複数の関節に慢性的な炎症が起こり、関節が腫れたり、痛みが生じる病気です。症状がよくなったり悪くなっ... 続きを読む

腹痛の原因となる病気 3-ストレスで悪化する過敏性腸症候群

過敏性腸症候群は、腸の検査や血液検査をしても異常が認められないのに、腹痛や下痢・便秘などの便通異常を中心とする消化器症状が長く続く病気です。ストレスが症状を悪化させる要因となり、日本を含む先進国で多くみられます。
日本人の10~15%が... 続きを読む

引受基準緩和型保険の基礎知識とメリット・デメリット

引受基準緩和型保険の基礎知識
引受基準緩和型保険というのは、一般的な保険では持病などがネックになって保険に加入出来なかったり、不利な条件でしか加入出来ない方が簡単な告知内容の審査に通れば加入できる保険です。医療保険が多いですが中には生命... 続きを読む

過度な上がり性は、社交不安障害かも-身体的な症状と治療法


学校では新学期が、社会では新年度が始まりました。入学式、入社式、歓迎会、保護者会、結婚式など、改まった場に出ることが増えるシーズンの到来です。
初対面の人たちや大勢の人たちが集まる場所、あるいは「ここぞ」という大事な場面で上がってしま... 続きを読む