胃潰瘍の原因がピロリ菌-胃潰瘍を予防・改善する5つの生活習慣

季節も生活環境も「変わり目」がストレスを増やしがち

胃潰瘍の主な原因はピロリ菌感染。痛み止め薬との関係も明らかに。ストレスが加わると発症リスクが増大

ピロリ菌感染で胃粘膜が萎縮、潰瘍へ

 日本人の胃潰瘍(かいよう)の最大の原因は、ピロリ菌感染です。ピロリ菌に感染すると、それだけで胃の粘膜が赤く充血してきます(表層性胃炎)。この状態が長く続くと、胃の粘膜が萎縮し(萎縮性胃炎)、喫煙や過度なストレス、強いアルコール・大量飲酒、塩辛い食べ物、刺激物などによって悪化。胃潰瘍や十二指腸潰瘍、さらには胃がんを引き起こすことがわかっています。
 すなわち、萎縮性胃炎があると、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんのリスクが高くなり、そのおおもとになるのがピロリ菌感染、というわけです。

 ピロリ菌の感染には、水道の未整備などの衛生状態が深くかかわっています。現在50歳代以上の人たちが子どもの頃には、まだ衛生状態が整っていなかったため、この世代では70%以上の人が感染しているとみられています。一方、若い世代での感染はほとんどないとされていますが、ピロリ菌に感染した親からの口移しの食事などで、乳児期に感染している可能性もあります。
 50歳代以上の人はもちろん、若い世代の人でも、胃潰瘍や胃がんになった家族がいるなどピロリ菌感染が気になる場合は、感染の有無を調べる検査を受けることをすすめます。「ストレスで胃が痛む」ことが多い人は、年齢に関係なくこの検査を受けてみるとよいでしょう。

 ピロリ菌感染が確認された場合はピロリ菌の除菌治療がすすめられますが、これまでは「胃潰瘍」や「十二指腸潰瘍」、「胃がん」などがなければ、健康保険を使ってピロリ菌の除菌治療を受けることはできませんでした。しかし最近になって、胃潰瘍の前段階である「慢性胃炎」でも保険が適用されるようになりました(2013年2月)。「慢性胃炎」の段階で除菌治療を受けることができれば、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんの予防につながります。

頭痛薬などの痛み止めの薬(NSAIDs)が胃潰瘍を起こしやすくする

 胃潰瘍の原因として最近増えているのが、痛み止めの薬の服用によるものです。これは非ステロイド系消炎鎮痛薬(NSAIDs=エヌセイズ)と呼ばれるもので、関節リウマチの薬や多くの解熱鎮痛薬などがこれに当たります。
 NSAIDs は関節などの痛みを抑える一方で、胃粘膜では防御機構の破綻をきたすことがあり、この種類の薬は胃潰瘍・胃炎を引き起こすとされています。このため、通常は胃の弱い人(胃潰瘍になったことがある人など)では胃粘膜を守る薬を同時に服用します。

 NSAIDsは、関節リウマチの治療薬をはじめ医師の処方薬に多く使われていますが、最近は市販の頭痛薬などにも広く使われています。「頭痛もち」の人は、市販薬を手元に置いて、自己判断で服用するケースが多いと思われますが、間違ったNSAIDsの使い方を続けると、胃潰瘍のリスクを高めます。
 頭痛薬などの痛み止めの薬を受け取るときは、医師や薬剤師の説明をよく聞いて指示を守ってください。特に説明がないときは念のため、「この薬は胃に影響はないですか」「胃潰瘍の心配はありませんか」などと、こちらから尋ねてみましょう。

 胃潰瘍の典型的な症状は、食後の腹部の痛みですが、特に自覚症状がないまま進行しているケースもあります。痛み止めの薬を使っているとこうした痛みも感じにくく、胃の異常に気づきにくいので注意が必要です。
 腹部の痛み以外では、便の変化が胃潰瘍のアラームになります。潰瘍によって胃粘膜などから出血していると、便が赤黒くなります。痛み止めの薬をよく使う人は、胃の痛みに気づきにくい分、便の色の変化に気を配ってください。何より、自覚症状頼みにせず、内視鏡(胃カメラ)などによる胃の検査を定期的に受けることが望まれます。

ストレスや欧米型の食事などが発症の引き金に

 かつて、胃潰瘍はストレス病と考えられていましたが、ストレスだけで発症することはほとんどありません。ただし、発症を進める重大な引き金であることは確実です。
 このほか、脂肪やたんぱく質が多い、いわゆる欧米型の食事も胃潰瘍発症の引き金になります。こうした食事は、消化のために大量の胃酸を必要としますが、日本人はもともと胃酸分泌が少ないことから、欧米型の食事を続けていると、無理に胃酸を出そうとして胃の負担が大きくなり、胃潰瘍のリスクを高めます。

 食事をはじめ下記のような生活習慣を守って、胃潰瘍の予防と改善につなげましょう。

●胃潰瘍を予防・改善する生活習慣
(1)たばこは吸わない
(2)食事は(欧米型を改め)和食を中心に
(3)塩辛い食品、激辛食品など、刺激物は控える
(4)アルコールは適量を守る(適量は日本酒換算で1日1合まで。ビールなら1日に中びん1本まで。1週間に2日以上は休肝日をつくる)
(5)ストレス発散を兼ねて、1日20分程度のウオーキング(有酸素運動)を1週間に3日以上行う

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
河合 隆先生


東京医科大学教授
東京医科大学病院 内視鏡センター センター長
1988年東京医科大学大学院卒業。99年東京医科大学講師、2005年同大学助教授、08年同大学教授に就任。東京医科大学病院内視鏡センター センター長を兼務。専門は、食道がん・胃がんの診断と治療。ヘリコバクターピロリ感染症の診断と治療。日本消化器内視鏡学会評議員、日本消化器病学会評議員、日本ヘリコバクター学会評議員、日本胃癌学会評議員、日本消化器内視鏡学会附置経鼻内視鏡研究会世話人など要職兼務。主な著書に『経鼻内視鏡検査導入の手引き』『上部消化管内視鏡挿入・観察のポイント』『鼻から胃カメラde健康チェック―もう痛くない』などがある。

コラムに関連する病名が検索できます。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 妊娠中のセックス、みんなどうしてる? セックスしていい時期、悪い時期って?
    妊娠中のセックス、みんなどうしてる? セックスしていい時期、悪い時期って?
    約10ヶ月にも及ぶ妊娠期間中。この間、セックスはしてもいいの? …
  2. 2 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  3. 3
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  4. 4 妊娠中でもSEXを楽しんで! 妊娠中のセックスをエンジョイするあの手、この手
    妊娠中でもSEXを楽しんで! 妊娠中のセックスをエンジョイするあの手、この手
    妊娠していても、体調がよければセックスは可能。産後のセックスレスを予防…
  5. 5 スマホ依存症にはどんな悪影響が?ドーパミンが依存に導く怖い現実
    スマホ依存症にはどんな悪影響が? ドーパミンが依存に導く怖い現実
    最近では、持っていない人を探す方が難しいスマートフォン普及率。便利なツ…
  6. 6
    妊娠中のエクスタシーはOK? セックスで気をつけたい5ポイント
    体調がよければ、妊娠中にセックスをしても大丈夫。でもいつもと違う状況な…
  7. 7 女の子の産み分けにチャレンジ! 女の子産み分けの鉄則4
    女の子の産み分けにチャレンジ! 女の子産み分けの鉄則4
    「かわいい洋服を着せたいから」「一人目が男の子だから」など、女の子を授…
  8. 8
    更年期障害チェック方法「あなたの更年期レベルをチェック」
    さまざまな症状が出る更年期。その症状は100人100様ともいわ…
  9. 9 女性の胸の大きさはどうやって決まるの? 遺伝or体質?
    女性の胸の大きさはどうやって決まるの? 遺伝or体質?
    女性らしさの象徴といえば、バスト。胸の大きさに悩む人は、遺伝や体質と諦…
  10. 10 老けたくない人はDHEAホルモンを増やすと良い!? 若さを保つ秘訣
    老けたくない人はDHEAホルモンを増やすと良い!? 若さを保つ秘訣とは
    今注目の若返りホルモン「DHEA」を食生活でキープしよう 体…
  11. 11
    足の小指が痛い人は要注意 「内反小趾」を治してサンダル美人に
    素足にサンダルを履くことの多い季節、足のトラブルには気をつけた…
  12. 12
    【医師が教える】猛暑も元気に乗り越えられる、夏バテの防ぎ方
    胃腸の冷えと栄養失調を防げば猛暑の夏も健康で過ごせる!! 夏バテの原因…
  13. 13 子宮筋腫の症状は?
    注意して!子宮筋腫の症状チェック。筋腫が大きくなると 肺や心臓まで圧迫する場合も
    子宮筋腫の自覚症状には個人差があり、かなり大きくなるまで無症状というこ…
  14. 14
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    外見からはわからない障害を抱えている人がつけるマークを知っていますか?…
  15. 15 「昼顔」紗和「あなそれ」美都から見える、不倫に陥りやすい女性の特徴
    「昼顔」紗和「あなそれ」美都から見える、不倫に陥りやすい女性の特徴
    波瑠さん演じる「ヒロインの美都がクズすぎる!」と、批判の声が上がり大き…
  16. 16 産後もいいセックスライフを送りたい! 産後のセックスはどう変わる?
    産後もいいセックスライフを送りたい! 産後のセックスはどう変わる?
    以前の体に戻り始める産後。「前よりゆるくなる?」などの不安を解消して、…
  17. 17 男の子の産み分けにチャレンジ! 男の子産み分けの鉄則4
    男の子の産み分けにチャレンジ! 男の子産み分けの鉄則4
    せっかく妊娠するなら、できれば希望の性別の子を授かりたいと思うのは自然…
  18. 18
    大黒摩季が克服した『子宮腺筋症』ってどんな病気?【芸能人の健康まとめ】
    子宮疾患の治療のため活動休止中だったシンガー・ソングライターの大黒摩季…
  19. 19 仕事中でもできる簡単ストレッチ-足の冷えとむくみを解消!
    仕事中でもできる簡単ストレッチ-足の冷えとむくみを解消!
    脚全体の筋肉を使って循環を促し、冷えやむくみを改善 足、ひざ…
  20. 20 妊娠検査薬が陰性でも妊娠の可能性がある5つの理由|生理が遅れた原因
    妊娠検査薬が陰性でも妊娠の可能性がある5つの理由|生理が遅れた原因
    市販の妊娠検査薬はとても正確。なかには、精度が99%と言われるものまで…

一覧