アウトドアは草むらのダニに注意! ダニからウイルスに感染、死亡例も

マダニが媒介する重症熱性血小板減少症候群で死亡例も

マダニの活動が活発になる季節。野山や草むらでは長袖、長ズボンで肌の露出を避けよう

マダニが持つウイルスで新しい感染症。重症化で死亡例も

 夏山登山、ハイキング、キャンプなど、野山に出かける機会が多い季節です。アウトドアの楽しさは格別ですが、けがや虫刺され、熱中症など、注意しなければならないこともたくさんあります。そのなかで、今年の1月に日本で初めて確認されたマダニが媒介する感染症「重症熱性血小板減少症候群」について、ぜひ頭に入れておきましょう。

 2013年1月、日本で初めて「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」の患者が確認されました。SFTSとは、マダニがもつSFTSウイルスによって引き起こされる新しい感染症のこと。2009年から中国で患者の発生が報告され、2011年、原因ウイルスとしてSFTSウイルスが特定されました。
 なお、日本でみつかったSFTSウイルスは中国の流行地のそれとは遺伝子レベルで少し異なっており、日本でも以前から存在していたものとみられています。

 SFTSはSFTSウイルスをもつマダニにかまれることで感染し、6日~2週間の潜伏期間を経て発症します。症状は発熱、食欲低下、腹痛、嘔吐(おうと)、下痢などの消化器症状が中心で、重症化すると血液中の血小板や白血球の減少などがみられ、多臓器不全などで死亡することもあります。日本ではこれまで30人を超える発症が報告され、そのうち半数近くの方が亡くなっています(7月下旬)。

予防はマダニにかまれないこと。草むらでは肌の露出を少なく

 現在のところSFTSの治療に有効な抗ウイルス薬などはなく、治療は対症療法が中心となります。また、SFTSウイルスに有効なワクチンもなく、予防はマダニにかまれないようにするしかありません。

 マダニの成虫の大きさは通常3〜4mm、血を吸うと10mm以上になることもあります。室内でよく見られるイエダニやヒョウダニなどとは種類が異なり、全国の野山や草地などに生息しています。春から秋にかけて活動が活発になるので、この時期草むらに入るときには肌を露出させないことが大切です。長袖シャツ、長ズボンに足をすっぽり覆う靴、帽子、手袋を着用、ズボンの裾は靴の中に入れ、首にはタオルなどを巻くとよいでしょう。

 マダニにかまれても痛みやかゆみはほとんどなく、気がつかないことも多いようです。マダニは一度かみつくと、十分吸血するまで数日から長いときは10日以上も体から離れません。このため野山で活動した後は、マダニにかまれていないか、衣服にマダニが付いていないか、よくチェックしてください。入浴したりシャワーを浴びることは、まだ刺していないマダニを洗い流すのに有効です。

 マダニに気づいても、無理に引きはがそうとするのは禁物です。口の部分だけが皮膚内に残って化膿したり、感染の危険が高まることがあるからです。万一かまれていたときは、すぐに皮膚科を受診して必要な処置をしてもらいましょう。
 マダニにかまれてもかみ跡がみつからないこともあるようです。野山に出かけたあと高熱や食欲低下などがみられたときは、念のため医療機関を受診し、マダニにかまれた可能性があることを伝えてください。

SFTS以外にも、ダニが媒介する感染症に注意

 ところでダニが媒介する感染症はSFTS以外にもあります。マダニによるライム病や日本紅斑熱(こうはんねつ)、ダニの一種のツツガムシによるツツガムシ病が代表的なものです。これらの病気では発熱、発疹、筋肉痛などの症状が現れます。どれも抗菌薬が使えますが、重症化して死亡することもあります。

 ただし、マダニやツツガムシにかまれても、必ずしもこれらの病気やSFTSを発症するというわけではなく、感染の恐れがあるのは虫が病原体を持っている場合です。まず虫に刺されないよう肌の露出を少なくして、かまれてしまったときは冷静に対応しましょう。

(編集・制作 (株)法研)

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

アウトドアで虫に刺されたときの対処法-蜂は二度目が危険、予防法

この夏、キャンプやハイキング、山登りなど、アウトドアで楽しもうと考えている人も多いことでしょう。忙しい日常から開放され、自然と触れ合うのはとても楽しいものですが、自然の中には、蚊やブユ、ハチ、ムカデ、マダニなど、人を刺す虫もたくさんいます... 続きを読む

虫刺されからのシミに要注意!跡に残る前のスキンケアがカギ。

美意識が高い美LAB.の読者さんたちは、これからの季節に向けてバッチリ紫外線対策をしている!という方も多いことでしょう。しかしそんな中、盲点が「虫刺され」によるシミなのです。虫刺されからのシミに要注意!跡に残る前のスキンケアがカギ。 「... 続きを読む

帽子をかぶると顔が大きく見えちゃいます

Q.帽子をかぶると顔が大きく見えちゃいます A.小顔に見える帽子もありますよ!
最近はおしゃれアイテムに帽子をかぶる人も増えてきました。でも、帽子をかぶると、どうしても頭や顔が大きく見えるのでは……... 続きを読む

「色」が人の心に影響する理由-カラーパワーでストレス対策を

新緑のまぶしい季節になりました。木々の緑を見ていると、心身が安らぐ感じがします。森の中なら樹木の香り「フィトンチッド」の効果がありますが、それだけではなく、色がもたらす効果もたいへん大きいものがあります。
色が人の心理に作用することは... 続きを読む

低い山も甘く見ると遭難事故に-安全な山歩きのコツとは

梅雨が明ければ本格的な夏山のシーズン。昨年は、華やかなウエアで楽しそうに山道を行く「山ガール」たちが大いに話題になりました。それに釣られてか、おしゃれな「山ボーイ」も少なからず見かけられるようになりました。ファッショナブルに登山を楽しもう... 続きを読む

秋の花粉症やダニアレルギーに要注意! 痛くない鼻洗いのやり方

吹く風も冷たくなり、すっかり秋らしくなってきたこの頃、鼻がムズムズしたり、咳が出たりといった風邪のような症状に悩まされている人はいないでしょうか。しかし、それは風邪ではなく、秋の花粉症かもしれません。スギ花粉症がない人でも、秋の花粉症を... 続きを読む

なんとなくダラダラ過ごす時間は有効? のんびり時間の意外な効果

秋も深まってきましたね。思索にふける秋。今日は仕事やプライベートを充実させるためのちょっとためになる話をしていきます。 ハンガリー出身のアメリカの心理学者M.
チクセントミハイは「楽しみ」の研究を行う中で、「仕事」「遊び」という二分法では... 続きを読む

マイコプラズマ肺炎の感染経路は? 症状や完治までの期間など

マイコプラズマ肺炎とは、「肺炎マイコプラズマ」という細菌に感染することによって起こる呼吸器感染症です。かつては、4年おきのオリンピックが開催される年に流行したことから「オリンピック肺炎」と呼ばれたこともありましたが、近年はそうした傾向がく... 続きを読む

ここまで進化! 靴ひものストレス解消グッズ

靴ひもを結ぶのに時間がかかる、歩いているうちに何度もほどける……。そんなことがあると、歩きやすいはずのスニーカーも一気にストレスに。そこでウォーキングの秋におすすめなのが、靴ひものわずらわしさをゼロにするアイデアグッズ。実は今、ひそかに売れ... 続きを読む

2009年秋冬の流行を知りたい

最終回
2009年はどんな服を選べばいいですか? Q.2009年秋冬の流行を知りたい A.80年代リバイバルがやってきます!
本格的なおしゃれのシーズン・秋冬がやってみますね!
2009年の秋冬の流行はずば... 続きを読む