何度も確認したくなる、不安がつきまとう…強迫性障害の症状とは

施錠確認、手洗い・・・。くり返さずにいられない強迫性障害

おかしいと気づいているのにやめられない。日常生活に支障をきたすようなら、医師やカウンセラーに相談を

かぎをかけ忘れたのでは、汚れているのでは――不安を打ち消すための行為をくり返す

 家を出たあとで「鍵をかけ忘れたかもしれない」「ガスコンロの火を消し忘れたかもしれない」などと気になって引き返す。こんな経験は誰にでもあるでしょう。
 しかし、一度確認をして再び家を出たあと、今度は「確認したとき無意識にかぎを開けてしまったのではないか」などと不安になり、何度も家に戻って仕事に遅れたり、ついには外出できなくなってしまったら、それは「強迫性障害」という病気かもしれません。

 強迫性障害では、強い不安や恐怖、不快な考えが頭から離れなくなり(強迫観念)、それを打ち消すための行動を何度もくり返します(強迫行為)。その内容はさまざまで、次のようなものがよくみられます。

●戸締り、ガス・電気の消し忘れなどが不安になって何度も確認する
●ドアノブ、電車のつり革などを不潔だと感じて触れない、または触ったあと汚れが気になって何度も手を洗う
●すれ違った相手を傷つけたかもしれない、または自分が傷つけられるかもしれないなどと思い悩む
●身支度、仕事、家事などの手順が気になり、いつもと違うと初めからやり直す など

 こういった行動が習慣化し、次第にエスカレートして長い時間がかかるようになり、仕事や日常生活に支障を来すのが強迫性障害です。その特徴は、このような考えや行為はばかげている、いきすぎだと自分でもわかっていて、やめたいと思っているのにやめられないことです。
 あまり聞きなれない病名ですが、約50人に1人がかかるといわれ、決して珍しい病気ではありません。放置すると症状がエスカレートしやすく、約1/3の患者さんにうつ状態が認められるといわれています。思い当たることがあったら、早めに医師やカウンセラーに相談することをおすすめします。

脳の機能に偏りが生じて、不安感にとらわれる

 強迫性障害は、以前は強迫神経症と呼ばれ、神経質、完璧主義など性格だけの問題と考えられていましたが、現在では、脳の機能が病的に偏った状態であることがわかってきました。

 症状が重くなると、自分で確認するだけでは安心できず、家族(特に母親)などに確認させたり保証してもらうなど、周囲の人を巻き込んでしまうこともありますが、それは本人のわがままのせいではなく、病気のせいなのです。強迫性障害という病気が、本人だけでなく家族をも巻き込んでしまうような性質を持っているのです。
 しかし、家族が強迫行為を手伝ってしまうと、病気の支配力がますます勢いづくことがあるため、できるだけ最小限にとどめなければなりません。家族は本人の苦しさを理解して見守り、病院の受診や相談窓口の利用を支援していくことが大切です。

非薬物療法では、強迫行為をしないで過ごすことを練習していく

 強迫性障害の治療には薬物療法と非薬物療法があり、両者を併用することもあります。
 薬物療法では、脳の機能に関与する脳内神経伝達物質のうちセロトニン系だけに作用する選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)が主に用いられますが、少量の抗精神病薬が併用されることもよくあります。

 非薬物療法では、認知行動療法の一つである「曝露(ばくろ)反応妨害法」というトレーニングの効果が証明されています。これは、強迫観念を引き起こすような状況を避けずにあえて直面してわざと不安感をかきたて、“不安を下げるための行動”すなわち強迫行為をしないで過ごすという練習です。例えば「ドアノブを触った後、手を洗わないでいる」「外出し、外出後は心配でも確認しに戻らない」といったことを行います。
 この練習法では、最初のうちは強い不安がしばらく持続しますが、1時間もすると不安の勢いは自然に弱まるものであるということを体験できます。そして練習回数を重ねるごとに不安を感じにくくなっていきます。

 ただし、この練習方法は正しく理解して取り組まないと、十分な効果が得られないことがあります。また、強迫性障害以外の精神疾患においても強迫観念や強迫行為が認められることがあります。まずは精神科または心療内科を受診して、診断および治療についてきちんと相談することが大切です。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
宍倉 久里江先生


北里大学医学部精神科、駒木野病院医長
1994年山梨医科大学(現山梨大学医学部)卒。昭和大学病院および日本医科大学救命救急センターにて研修し、駒木野病院精神科医長、北里大学精神科助手を経て、2009年成瀬メンタルクリニック院長、13年より現職。精神科専門医、精神保健指定医。日本精神神経学会、日本行動療法学会、日本認知療法学会、日本統合医療学会(災害支援ボランティア登録)、日本臨床音楽医療研究会などに所属。共著に『不安症の時代』(不安抑うつ臨床研究会編、日本評論社)、『女性のうつ病がわかる本』(上島国利監修、平島奈津子編著、法研)など。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    【医師が教える】夏まで90日!リバウンドなしダイエットのやり方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  2. 2
    批判されても挫けない!『心が折れない』強いメンタルの作り方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  3. 3
    脳は疲れない? 酷使することで能力を高める方法5つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  4. 4 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  5. 5
    腸内環境の改善で”性格”まで変わる?!心の安定を得るための方法5つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 腸内…
  6. 6
    野菜ジュースは飲んでも意味がない? 野菜ジュースでとれる栄養とは
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  7. 7
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  8. 8
    女性はお腹にガスが溜まりやすい? その原因と解消法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと お腹…
  9. 9
    あの人うつ病かも? うつを見分ける症状のポイント|接し方のヒント
    【執筆】住本吉章カウンセラー 誰でもが陥りやすいうつ状態 …
  10. 10 ストレスに強い人と弱い人の違い|ストレス耐性を高める6つの要素
    ストレスに強い人と弱い人の違い|ストレス耐性を高める6つの要素
    環境の変化にストレスを感じる人と感じない人がいる 日々、暖かくなって…
  11. 11
    【足のむくみを解消するストレッチ】座ったまま、仕事の合間でOK!
    (編集・制作 (株)法研) デスクワーク中でも座ったままできる運動で…
  12. 12
    体はストレスや疲労のサインを出している―年度替わりのストレス対策
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 3~…
  13. 13 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代謝…
  14. 14
    太りやすい・肌老化・免疫力ダウン…『腸体温』の低下が招く体調不良
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  15. 15
    意外と知らない食べ合わせが悪い食品―知らずに食べているかも!?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 何気…
  16. 16
    家庭でできる食中毒予防|心がけて欲しい8つのポイント
    (編集・制作 (株)法研) 「わが家では起こるわけがない」と思ってい…
  17. 17
    快眠でパフォーマンスアップ! しっかり噛んでセロトニンを分泌
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 睡眠…
  18. 18 仕事や家事がしんどい、やる気がわかない…心が疲れたときの対処法
    仕事や家事がしんどい、やる気がわかない…心が疲れたときの対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  19. 19
    寝起きスッキリ! 朝すぐに起きられる人になる11個の方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 早朝…
  20. 20
    足がむくむ、足がダルい…女性に多い『下肢静脈瘤』かも? 原因と症状
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …

一覧