何度も確認したくなる、不安がつきまとう…強迫性障害の症状とは

施錠確認、手洗い・・・。くり返さずにいられない強迫性障害

おかしいと気づいているのにやめられない。日常生活に支障をきたすようなら、医師やカウンセラーに相談を

かぎをかけ忘れたのでは、汚れているのでは――不安を打ち消すための行為をくり返す

 家を出たあとで「鍵をかけ忘れたかもしれない」「ガスコンロの火を消し忘れたかもしれない」などと気になって引き返す。こんな経験は誰にでもあるでしょう。
 しかし、一度確認をして再び家を出たあと、今度は「確認したとき無意識にかぎを開けてしまったのではないか」などと不安になり、何度も家に戻って仕事に遅れたり、ついには外出できなくなってしまったら、それは「強迫性障害」という病気かもしれません。

 強迫性障害では、強い不安や恐怖、不快な考えが頭から離れなくなり(強迫観念)、それを打ち消すための行動を何度もくり返します(強迫行為)。その内容はさまざまで、次のようなものがよくみられます。

●戸締り、ガス・電気の消し忘れなどが不安になって何度も確認する
●ドアノブ、電車のつり革などを不潔だと感じて触れない、または触ったあと汚れが気になって何度も手を洗う
●すれ違った相手を傷つけたかもしれない、または自分が傷つけられるかもしれないなどと思い悩む
●身支度、仕事、家事などの手順が気になり、いつもと違うと初めからやり直す など

 こういった行動が習慣化し、次第にエスカレートして長い時間がかかるようになり、仕事や日常生活に支障を来すのが強迫性障害です。その特徴は、このような考えや行為はばかげている、いきすぎだと自分でもわかっていて、やめたいと思っているのにやめられないことです。
 あまり聞きなれない病名ですが、約50人に1人がかかるといわれ、決して珍しい病気ではありません。放置すると症状がエスカレートしやすく、約1/3の患者さんにうつ状態が認められるといわれています。思い当たることがあったら、早めに医師やカウンセラーに相談することをおすすめします。

脳の機能に偏りが生じて、不安感にとらわれる

 強迫性障害は、以前は強迫神経症と呼ばれ、神経質、完璧主義など性格だけの問題と考えられていましたが、現在では、脳の機能が病的に偏った状態であることがわかってきました。

 症状が重くなると、自分で確認するだけでは安心できず、家族(特に母親)などに確認させたり保証してもらうなど、周囲の人を巻き込んでしまうこともありますが、それは本人のわがままのせいではなく、病気のせいなのです。強迫性障害という病気が、本人だけでなく家族をも巻き込んでしまうような性質を持っているのです。
 しかし、家族が強迫行為を手伝ってしまうと、病気の支配力がますます勢いづくことがあるため、できるだけ最小限にとどめなければなりません。家族は本人の苦しさを理解して見守り、病院の受診や相談窓口の利用を支援していくことが大切です。

非薬物療法では、強迫行為をしないで過ごすことを練習していく

 強迫性障害の治療には薬物療法と非薬物療法があり、両者を併用することもあります。
 薬物療法では、脳の機能に関与する脳内神経伝達物質のうちセロトニン系だけに作用する選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)が主に用いられますが、少量の抗精神病薬が併用されることもよくあります。

 非薬物療法では、認知行動療法の一つである「曝露(ばくろ)反応妨害法」というトレーニングの効果が証明されています。これは、強迫観念を引き起こすような状況を避けずにあえて直面してわざと不安感をかきたて、“不安を下げるための行動”すなわち強迫行為をしないで過ごすという練習です。例えば「ドアノブを触った後、手を洗わないでいる」「外出し、外出後は心配でも確認しに戻らない」といったことを行います。
 この練習法では、最初のうちは強い不安がしばらく持続しますが、1時間もすると不安の勢いは自然に弱まるものであるということを体験できます。そして練習回数を重ねるごとに不安を感じにくくなっていきます。

 ただし、この練習方法は正しく理解して取り組まないと、十分な効果が得られないことがあります。また、強迫性障害以外の精神疾患においても強迫観念や強迫行為が認められることがあります。まずは精神科または心療内科を受診して、診断および治療についてきちんと相談することが大切です。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
宍倉 久里江先生


北里大学医学部精神科、駒木野病院医長
1994年山梨医科大学(現山梨大学医学部)卒。昭和大学病院および日本医科大学救命救急センターにて研修し、駒木野病院精神科医長、北里大学精神科助手を経て、2009年成瀬メンタルクリニック院長、13年より現職。精神科専門医、精神保健指定医。日本精神神経学会、日本行動療法学会、日本認知療法学会、日本統合医療学会(災害支援ボランティア登録)、日本臨床音楽医療研究会などに所属。共著に『不安症の時代』(不安抑うつ臨床研究会編、日本評論社)、『女性のうつ病がわかる本』(上島国利監修、平島奈津子編著、法研)など。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

カウンセリングってどんなことするの? 料金や相談内容など

「カウンセリング」という言葉をこれまで一度も目や耳にしたことがない、という人は少ないでしょう。しかしその実際をはっきりとイメージできる人は、もっと少ないかもしれません。カウンセリングという言葉に触れる機会は一昔前よりは確実に増えているはず... 続きを読む

芸能人にも多い潔癖症は強迫性障害なの? きれい好きと強迫性障害の違い

ウェットティッシュや手の除菌ジェルを常に持ち歩いたり、電車やバスのつり革をハンカチで覆ってから掴んだり。これは単なるキレイ好き? または潔癖症? もしかしたら、強迫性障害かもしれません。その違いと治療法などをまとめました。 20歳代で発... 続きを読む

バセドウ病はなぜ若い女性に多いの? 主な症状と治療法

バセドウ病は20~30歳代の若い女性に多い病気です。ちょうど就職、結婚、妊娠、出産など人生の大きな節目となるできごとが重なる年代で、それが病気の発症に深くかかわっていたり、治療を受けるうえで大きな不安材料になったりしています。なかには、バ... 続きを読む

腹痛の原因となる病気 3-ストレスで悪化する過敏性腸症候群

過敏性腸症候群は、腸の検査や血液検査をしても異常が認められないのに、腹痛や下痢・便秘などの便通異常を中心とする消化器症状が長く続く病気です。ストレスが症状を悪化させる要因となり、日本を含む先進国で多くみられます。
日本人の10~15%が... 続きを読む

過度な上がり性は、社交不安障害かも-身体的な症状と治療法


学校では新学期が、社会では新年度が始まりました。入学式、入社式、歓迎会、保護者会、結婚式など、改まった場に出ることが増えるシーズンの到来です。
初対面の人たちや大勢の人たちが集まる場所、あるいは「ここぞ」という大事な場面で上がってしま... 続きを読む

関節リウマチ患者、女性は男性の4倍-専門医の早期診断が決め手

日本での関節リウマチの患者数は、70~100万人と推定され、30~50歳代で最も多く発症しています。10歳代や20歳代での発症もあります。女性に多く、男性の約4倍とみられています。
関節リウマチの原因は、まだ明らかではありませんが、自... 続きを読む

心理カウンセリングの技法とは? 子どものしつけにも有効な行動分析

「カウンセラー」、「カウンセリング」と言う言葉を、以前より耳にするようになったものの、実際にカウンセリングを利用する機会は、まだまだ少ないのではないでしょうか。カウンセリングというと、どの様な方法で問題を解決していくのか、なかなかイメージ... 続きを読む

女性の片頭痛は男性の4倍! 原因は女性ホルモンの変動?

原因となる病気がなく頭痛をくり返すことを慢性頭痛といいますが、慢性頭痛のなかでも特に女性に多いのが「片頭痛」です。片頭痛はズキンズキンと脈打つような強い痛みが特徴で、こめかみから目のあたりにかけて強い頭痛が数時間から2~3日も続きます。 ... 続きを読む

翌朝が違う!お風呂上りの【むくみ消し】足マッサージ5ステップ

もむと痛い場所には老廃物がたまっている 心臓から流れ出た血液の約7割は、重力で下半身にたまります。その血液を心臓を戻すポンプのような働きをするのがふくらはぎです。 血液は心臓に戻る時に、老廃物や余分な水分を回収してくれますが、代謝が落... 続きを読む

子宮筋腫ってどんな病気? 筋腫を疑う8つの症状

次のような症状はありませんか?
もし思い当たることがあるようなら、子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)かもしれません。 ・健康診断で今まではなかった貧血がわかった ・おなかに圧迫感を感じるようになった ・下腹部にしこりを触れる ・尿が近くなった... 続きを読む