インフルエンザ予防法|家族にうつさないための対策とは

「新型」に注意しつつ、「季節性」の予防と感染防止対策を

季節性インフルエンザと新型インフルエンザ。日常生活でできる予防&周囲の人にうつさない方法

ワクチン接種は流行前に済ませたい

 木枯らしが吹いて、そろそろインフルエンザが流行する季節です。もう予防接種は受けられたでしょうか? インフルエンザは、日本では例年12月から3月にかけて流行し、年明けごろからピークを迎えます。感染予防にはまずワクチン接種を受けることですが、ワクチンの予防効果が現れるまでに約2週間かかるといわれていますから、流行前にワクチン接種をすませておくことがすすめられます。ワクチン接種によって感染後の発症を減らす効果と、重症化を予防する効果が報告されています。

 インフルエンザの症状は、成人の場合は通常38度以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、倦怠(けんたい)感などの強い全身症状が突然現れ、これに続いて、のどの痛みや鼻汁、せきなど、かぜと同じような症状が加わります。健康な人の場合は、安静にして休養をとれば1週間ほどで治ることがほとんどですが、乳幼児や高齢者、慢性疾患を持っている人たち(ハイリスク群と呼ばれる)は、脳症や肺炎などを併発して重症化したり、持病が悪化することもあります。
 そのため、ハイリスク群の人には特にワクチン接種がすすめられており、発症した場合は早めに医療機関を受診することが望まれます。

2009年発生の「新型インフルエンザ」も流行をくり返して季節性インフルエンザに

 現在、人の間で感染して流行を起こすインフルエンザウイルスにはA型2種類とB型1種類の3種類があり、これらのウイルスが少しずつ変化しながら毎年世界中で流行しています。これを季節性インフルエンザといい、日本を含む北半球では冬季に流行がみられます。

 この季節性インフルエンザに対して、鳥や豚などのインフルエンザウイルスが変異して人から人へ持続的に感染するようになったものを「新型インフルエンザ」と呼びます。新型インフルエンザは免疫を持つ人がいないため、世界的な大流行(パンデミック)につながりやすく恐れられています。
 2009年4月にメキシコや米国で豚由来の新型インフルエンザの発生が確認され、同年6月にWHO(世界保健機関)がパンデミックを宣言、その後世界的に流行したことがありました。当時の「新型インフルエンザ」も流行が広がったために多くの人が免疫を獲得するようになり、季節的な流行をくり返すようになって、2011年からは「季節性」インフルエンザ(インフルエンザ(H1N1)2009)として扱われています。

 さて今年の春には中国や台湾で鳥インフルエンザA(H7N9)の人への感染が広がり、大きなニュースになりました。10月24日現在137例の発症が報告され、そのうち45例が死亡しています。ほとんどは4月中旬までに発症していますが、10月に入り2例が報告されています。また、限定的ではあるものの、家族の間などで人から人への感染も報告されており、「新型インフルエンザ」への移行に監視が必要といわれています。

予防のため日常生活でできること、人にうつさない「せきエチケット」

 ワクチン接種以外にも、インフルエンザを予防し、また人にうつさないために、日常生活では次のようなことを心がけましょう。これらは、インフルエンザだけでなく、通常のかぜやマイコプラズマ肺炎などほかの呼吸器系感染症の予防にもなります。

(1)流行時はできるだけ人ごみを避け、外出時はマスクをつける
 マスクによりウイルスを含む飛沫(ひまつ)を吸い込まない効果、のどや鼻の粘膜の乾燥を防いでウイルスの侵入を防ぐ効果がある程度期待できる。
(2)外出から帰ったら、手洗いとうがいをしっかり
 ・手洗いは石けん、流水でていねいに。ウイルスは手についていることが多く、その手で触わることで目や鼻、口の粘膜からも感染しやすい。お化粧前にもしっかり手洗いを。
 ・オフィスなどの出入り口に消毒用アルコールが置かれていたら、利用する。湿った手では殺菌効果が弱まるため、手洗い後でなく乾いた手で。
 ・うがいでのどを清潔に保ったり、粘膜を鍛えることで、ウイルスの侵入を防ぐ効果がある程度期待できる。
(3)日頃から栄養バランスのよい食事、十分な休養・睡眠をとり、体の抵抗力を高めておく
(4)室内は適度に保温・保湿し、換気をよくする


 そして、感染したかなと思ったら、人にうつさない配慮をしましょう。

(1)感染したら外出を控え、無理をして職場や学校に行かない
(2)せきエチケットを守る

 ・せきやくしゃみが出るときは必ずマスクを着用
 ・マスクがないときはティッシュペーパーなどで鼻と口を押さえる
 ・他の人に向ってせきやくしゃみをしない
 ・せきやくしゃみを手のひらで受け止めたときはすぐに手を洗う など

【参考】
厚生労働省「平成25年度 今冬のインフルエンザ総合対策について」

(編集・制作 (株)法研)

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

なぜ【インフルエンザ】には何度もかかるの?

はしかや水ぼうそうに二度かからないのはリンパ球の記憶のおかげ 子どもの頃にはしかや水ぼうそうにかかった人は、通常大人になってからかかることはありません。一方で、インフルエンザは、同じシーズンに何度もかかることもあります。その違いはどこ... 続きを読む

インフルエンザ予防は早めが肝心-感染させない4つのポイント

気温が低く空気が乾燥する冬は、インフルエンザが流行します。インフルエンザは、かぜと違い、急な発熱と強い全身症状が特徴です。抵抗力の弱い乳幼児や高齢者は重症化しやすく、命を落とすこともあります。油断すると、健康な人でも体力が低下して回復に時... 続きを読む

意外と見られてる!?身に付けたいトイレ後のエチケット

職場や出先のトイレを見れば、そこのマナーのレベルがわかる!と言われるほどトイレはその場所の「顔」といわれています。接客マナー講師の筆者も、研修に伺う際、トイレは念入りにチェックします。また、友人宅や彼の家へお邪魔する時など、使用した人が... 続きを読む

インフルエンザの重症化を防ぐには-重症化のリスクが高い人とは

新型インフルエンザ(A/H1N1)の特性は、ウイルスが新しい抗原タイプであるため多くの人が免疫を持っていないことから、感染が拡大しやすいことです。また、感染しても多くの人は軽症で回復していますが、一般の人と比べ、持病のある人や、妊娠してい... 続きを読む

喜びは2倍だけれど……双子の妊娠・出産はハイリスク

近年、排卵誘発剤や体外受精など、不妊治療の影響で双子を授かる妊婦さんが増加傾向にあります。芸能界でも、東原亜希さんが双子妊娠を発表したほか、インリン・オブ・ジョイトイさん、郷ひろみさんの奥様なども、双子を出産しています。 待望の妊娠、... 続きを読む

インフルエンザと風邪の症状の違い|うがい・手洗い・マスク選びのコツ

具合が悪い時、「風邪かなと思っていたらインフルエンザだった」という経験ありませんか?
風邪とインフルエンザの違いと、インフルエンザから身を守る方法をご紹介します。 急に高熱がでるインフルエンザ 風邪とインフルエンザの違いは、いくつかあ... 続きを読む

マイコプラズマ肺炎の感染経路は? 症状や完治までの期間など

マイコプラズマ肺炎とは、「肺炎マイコプラズマ」という細菌に感染することによって起こる呼吸器感染症です。かつては、4年おきのオリンピックが開催される年に流行したことから「オリンピック肺炎」と呼ばれたこともありましたが、近年はそうした傾向がく... 続きを読む

実は「うがい」は不要だった?【インフルエンザの予防法】最新情報

2011-2012年の冬シーズンから、国の公的機関におけるインフルエンザ予防法の中にあった「うがいの励行」が消えました。最近アップされた首相官邸のホームページにある「(季節性)インフルエンザ対策」にも、マスクや手洗いの励行はあっても、「... 続きを読む

【新型ノロウイルス】は「手洗い」と「加熱」で予防効果あり。

ノロウイルスによる食中毒が流行する時期になりました。ノロウイルスは寒さや乾燥に強く、カキ(貝)が感染経路に関わっているため、ノロウイルスによる食中毒は秋から春先にかけて、12~1月をピークに流行します。今年は新型のGⅡ/17が流行のきざ... 続きを読む

台湾生まれの羊の腸ダイエット

羊の腸
台湾で今注目のダイエットをご存知でしょうか?
テレビや雑誌でも特集が組まれている注目の最新ダイエットが「羊の腸ダイエット」です。
このダイエットは羊の腸から作った特別な糸を使用するという、今までのダイエット法とは全く異な... 続きを読む