インフルエンザ予防法|家族にうつさないための対策とは

「新型」に注意しつつ、「季節性」の予防と感染防止対策を

季節性インフルエンザと新型インフルエンザ。日常生活でできる予防&周囲の人にうつさない方法

ワクチン接種は流行前に済ませたい

 木枯らしが吹いて、そろそろインフルエンザが流行する季節です。もう予防接種は受けられたでしょうか? インフルエンザは、日本では例年12月から3月にかけて流行し、年明けごろからピークを迎えます。感染予防にはまずワクチン接種を受けることですが、ワクチンの予防効果が現れるまでに約2週間かかるといわれていますから、流行前にワクチン接種をすませておくことがすすめられます。ワクチン接種によって感染後の発症を減らす効果と、重症化を予防する効果が報告されています。

 インフルエンザの症状は、成人の場合は通常38度以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、倦怠(けんたい)感などの強い全身症状が突然現れ、これに続いて、のどの痛みや鼻汁、せきなど、かぜと同じような症状が加わります。健康な人の場合は、安静にして休養をとれば1週間ほどで治ることがほとんどですが、乳幼児や高齢者、慢性疾患を持っている人たち(ハイリスク群と呼ばれる)は、脳症や肺炎などを併発して重症化したり、持病が悪化することもあります。
 そのため、ハイリスク群の人には特にワクチン接種がすすめられており、発症した場合は早めに医療機関を受診することが望まれます。

2009年発生の「新型インフルエンザ」も流行をくり返して季節性インフルエンザに

 現在、人の間で感染して流行を起こすインフルエンザウイルスにはA型2種類とB型1種類の3種類があり、これらのウイルスが少しずつ変化しながら毎年世界中で流行しています。これを季節性インフルエンザといい、日本を含む北半球では冬季に流行がみられます。

 この季節性インフルエンザに対して、鳥や豚などのインフルエンザウイルスが変異して人から人へ持続的に感染するようになったものを「新型インフルエンザ」と呼びます。新型インフルエンザは免疫を持つ人がいないため、世界的な大流行(パンデミック)につながりやすく恐れられています。
 2009年4月にメキシコや米国で豚由来の新型インフルエンザの発生が確認され、同年6月にWHO(世界保健機関)がパンデミックを宣言、その後世界的に流行したことがありました。当時の「新型インフルエンザ」も流行が広がったために多くの人が免疫を獲得するようになり、季節的な流行をくり返すようになって、2011年からは「季節性」インフルエンザ(インフルエンザ(H1N1)2009)として扱われています。

 さて今年の春には中国や台湾で鳥インフルエンザA(H7N9)の人への感染が広がり、大きなニュースになりました。10月24日現在137例の発症が報告され、そのうち45例が死亡しています。ほとんどは4月中旬までに発症していますが、10月に入り2例が報告されています。また、限定的ではあるものの、家族の間などで人から人への感染も報告されており、「新型インフルエンザ」への移行に監視が必要といわれています。

予防のため日常生活でできること、人にうつさない「せきエチケット」

 ワクチン接種以外にも、インフルエンザを予防し、また人にうつさないために、日常生活では次のようなことを心がけましょう。これらは、インフルエンザだけでなく、通常のかぜやマイコプラズマ肺炎などほかの呼吸器系感染症の予防にもなります。

(1)流行時はできるだけ人ごみを避け、外出時はマスクをつける
 マスクによりウイルスを含む飛沫(ひまつ)を吸い込まない効果、のどや鼻の粘膜の乾燥を防いでウイルスの侵入を防ぐ効果がある程度期待できる。
(2)外出から帰ったら、手洗いとうがいをしっかり
 ・手洗いは石けん、流水でていねいに。ウイルスは手についていることが多く、その手で触わることで目や鼻、口の粘膜からも感染しやすい。お化粧前にもしっかり手洗いを。
 ・オフィスなどの出入り口に消毒用アルコールが置かれていたら、利用する。湿った手では殺菌効果が弱まるため、手洗い後でなく乾いた手で。
 ・うがいでのどを清潔に保ったり、粘膜を鍛えることで、ウイルスの侵入を防ぐ効果がある程度期待できる。
(3)日頃から栄養バランスのよい食事、十分な休養・睡眠をとり、体の抵抗力を高めておく
(4)室内は適度に保温・保湿し、換気をよくする


 そして、感染したかなと思ったら、人にうつさない配慮をしましょう。

(1)感染したら外出を控え、無理をして職場や学校に行かない
(2)せきエチケットを守る

 ・せきやくしゃみが出るときは必ずマスクを着用
 ・マスクがないときはティッシュペーパーなどで鼻と口を押さえる
 ・他の人に向ってせきやくしゃみをしない
 ・せきやくしゃみを手のひらで受け止めたときはすぐに手を洗う など

【参考】
厚生労働省「平成25年度 今冬のインフルエンザ総合対策について」

(編集・制作 (株)法研)

コラムに関連する病名が検索できます。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    発達障害の診断の基準になる3つの特徴とは?
    発達障害の診断の基準-発達障害の子どもの特徴 出典:株式…
  2. 2
    洗えないセーターやニットの消臭法。汗臭・タバコ臭も洗わずに取れる!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 秋冬…
  3. 3
    布団の中のダニは数十万匹!?干しても叩いても死滅しない『ダニ』退治法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 今ま…
  4. 4
    放置しちゃいけない!『冷えは未病のサイン』冷えの原因と改善方法
    つらい「冷え症」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 万病のもと"未病…
  5. 5 仕事中でもできる簡単ストレッチ-足の冷えとむくみを解消!
    仕事中でもできる簡単ストレッチ-足の冷えとむくみを解消!
    脚全体の筋肉を使って循環を促し、冷えやむくみを改善 足、ひ…
  6. 6
    【発達障害の特徴】1.社会性の障害ー他人の気持ちが理解できない
    イギリスの精神科医ウイングが提唱した次の3つの特性 出典:株式会…
  7. 7
    発達障害ってどんな障害なの?自閉症・学習障害・ADHDの特徴
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  8. 8
    【発達障害の特徴】2.コミュニケーション障害-言葉の遅れやオウム返しなど
    イギリスの精神科医ウイングが提唱した次の3つの特性 出典:株式会…
  9. 9
    つらい生理痛がおこる原因とは?月経困難症に効果のある漢方
    つらい「月経困難症」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 血を巡らせて…
  10. 10
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  11. 11 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  12. 12
    首のシワ&二の腕スッキリ!10秒で完了の若返りストレッチ
    隠しきれない年齢がでると言われる首のシワや二の腕。そんなエイジングスポ…
  13. 13
    生理前の不調の原因と改善方法|つらいPMSを助けてくれる食材とは?
    つらい「月経前緊張症(PMS)」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 …
  14. 14
    近頃、ツイてない?金運上昇のためにすべき6つの行動
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 「今…
  15. 15 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  16. 16
    だらしないタレ尻が『理想のヒップ』に大変身!簡単小尻エクサ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 体の…
  17. 17
    常温保存の小麦粉類に注意!パンケーキシンドロームで救急搬送も
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 開封…
  18. 18
    痩せていることは悪いこと?妊娠中の『痩せ』が子供の病気リスクを高める
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 25…
  19. 19
    【発達障害の特徴】3.想像力の障害-こだわりが強い・特定の物事への興味
    イギリスの精神科医ウイングが提唱した次の3つの特性 出典…
  20. 20
    肌年齢が若くなる食材8選。弾力&うるおいアップの組み合わせ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと いつ…

一覧