インフルエンザ予防法|家族にうつさないための対策とは

「新型」に注意しつつ、「季節性」の予防と感染防止対策を

季節性インフルエンザと新型インフルエンザ。日常生活でできる予防&周囲の人にうつさない方法

ワクチン接種は流行前に済ませたい

 木枯らしが吹いて、そろそろインフルエンザが流行する季節です。もう予防接種は受けられたでしょうか? インフルエンザは、日本では例年12月から3月にかけて流行し、年明けごろからピークを迎えます。感染予防にはまずワクチン接種を受けることですが、ワクチンの予防効果が現れるまでに約2週間かかるといわれていますから、流行前にワクチン接種をすませておくことがすすめられます。ワクチン接種によって感染後の発症を減らす効果と、重症化を予防する効果が報告されています。

 インフルエンザの症状は、成人の場合は通常38度以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、倦怠(けんたい)感などの強い全身症状が突然現れ、これに続いて、のどの痛みや鼻汁、せきなど、かぜと同じような症状が加わります。健康な人の場合は、安静にして休養をとれば1週間ほどで治ることがほとんどですが、乳幼児や高齢者、慢性疾患を持っている人たち(ハイリスク群と呼ばれる)は、脳症や肺炎などを併発して重症化したり、持病が悪化することもあります。
 そのため、ハイリスク群の人には特にワクチン接種がすすめられており、発症した場合は早めに医療機関を受診することが望まれます。

2009年発生の「新型インフルエンザ」も流行をくり返して季節性インフルエンザに

 現在、人の間で感染して流行を起こすインフルエンザウイルスにはA型2種類とB型1種類の3種類があり、これらのウイルスが少しずつ変化しながら毎年世界中で流行しています。これを季節性インフルエンザといい、日本を含む北半球では冬季に流行がみられます。

 この季節性インフルエンザに対して、鳥や豚などのインフルエンザウイルスが変異して人から人へ持続的に感染するようになったものを「新型インフルエンザ」と呼びます。新型インフルエンザは免疫を持つ人がいないため、世界的な大流行(パンデミック)につながりやすく恐れられています。
 2009年4月にメキシコや米国で豚由来の新型インフルエンザの発生が確認され、同年6月にWHO(世界保健機関)がパンデミックを宣言、その後世界的に流行したことがありました。当時の「新型インフルエンザ」も流行が広がったために多くの人が免疫を獲得するようになり、季節的な流行をくり返すようになって、2011年からは「季節性」インフルエンザ(インフルエンザ(H1N1)2009)として扱われています。

 さて今年の春には中国や台湾で鳥インフルエンザA(H7N9)の人への感染が広がり、大きなニュースになりました。10月24日現在137例の発症が報告され、そのうち45例が死亡しています。ほとんどは4月中旬までに発症していますが、10月に入り2例が報告されています。また、限定的ではあるものの、家族の間などで人から人への感染も報告されており、「新型インフルエンザ」への移行に監視が必要といわれています。

予防のため日常生活でできること、人にうつさない「せきエチケット」

 ワクチン接種以外にも、インフルエンザを予防し、また人にうつさないために、日常生活では次のようなことを心がけましょう。これらは、インフルエンザだけでなく、通常のかぜやマイコプラズマ肺炎などほかの呼吸器系感染症の予防にもなります。

(1)流行時はできるだけ人ごみを避け、外出時はマスクをつける
 マスクによりウイルスを含む飛沫(ひまつ)を吸い込まない効果、のどや鼻の粘膜の乾燥を防いでウイルスの侵入を防ぐ効果がある程度期待できる。
(2)外出から帰ったら、手洗いとうがいをしっかり
 ・手洗いは石けん、流水でていねいに。ウイルスは手についていることが多く、その手で触わることで目や鼻、口の粘膜からも感染しやすい。お化粧前にもしっかり手洗いを。
 ・オフィスなどの出入り口に消毒用アルコールが置かれていたら、利用する。湿った手では殺菌効果が弱まるため、手洗い後でなく乾いた手で。
 ・うがいでのどを清潔に保ったり、粘膜を鍛えることで、ウイルスの侵入を防ぐ効果がある程度期待できる。
(3)日頃から栄養バランスのよい食事、十分な休養・睡眠をとり、体の抵抗力を高めておく
(4)室内は適度に保温・保湿し、換気をよくする


 そして、感染したかなと思ったら、人にうつさない配慮をしましょう。

(1)感染したら外出を控え、無理をして職場や学校に行かない
(2)せきエチケットを守る

 ・せきやくしゃみが出るときは必ずマスクを着用
 ・マスクがないときはティッシュペーパーなどで鼻と口を押さえる
 ・他の人に向ってせきやくしゃみをしない
 ・せきやくしゃみを手のひらで受け止めたときはすぐに手を洗う など

【参考】
厚生労働省「平成25年度 今冬のインフルエンザ総合対策について」

(編集・制作 (株)法研)

コラムに関連する病名が検索できます。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  2. 2 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代…
  3. 3
    それはやらないで!白髪が増える7つのダメ習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ほん…
  4. 4
    女性も油断できない!加齢臭を生み出す悪習慣4つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと おじ…
  5. 5
    納豆パワーを最大限に引き出す食べ方。ひきわりと粒、栄養価が高いのは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 日本…
  6. 6
    電車の中で居眠りしてはいけない。寝不足を解消するコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝起…
  7. 7 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  8. 8
    ニオイの原因は『足の角質』。やりがちな間違ったケア方法とは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと タイ…
  9. 9
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  10. 10
    肩こりの原因はスイーツの食べすぎかも?その意外な関係性
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 慢性…
  11. 11 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  12. 12
    眠気・だるい・むくみ…成人女性の10人に1人が橋本病|注意したい症状は
    不定愁訴のような症状が起こる、橋本病を知っていますか? 女性がかかり…
  13. 13
    文字が読みにくいのは『老眼』の症状?…ヤセ我慢してると痛い目にあうかも
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと もと…
  14. 14
    リップを塗っても唇がカサカサ・ぷっくりしない…使い方間違ってるかも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと リッ…
  15. 15 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  16. 16 大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だっ…
  17. 17
    足の裏に魚の目やタコができやすい人は、腎臓が弱っているかも…?
    足裏は全身の血液の巡りや新陳代謝のバロメーター。 足の裏が冷えるこ…
  18. 18
    【花粉症対策におすすめ】鼻うがいの正しいやり方。痛みなくスッキリ!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 花粉…
  19. 19 太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  20. 20
    バチバチっとくるのは老化のサイン?静電気をためやすい人の特徴
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 乾燥…

一覧