若年性アルツハイマーの10の初期症状チェック-有効な治療は?

初期にはうつ病と似た症状が出て発見が遅れることも

軽度認知症の段階で気づき治療を始めることが大切。変化に気づくためのチェックリストを紹介

若年性でも症状は高齢者の場合と同様だが、進行が早いのが特徴

 日本では、65歳以上の高齢者の4人に1人が認知症もしくはその予備群と言われ、高齢者人口の増加に伴って認知症患者も増加しています。今年(2014年)春には、認知症高齢者の徘徊などによる行方不明者の多いことが話題になりました。
 認知症は脳の機能が低下して記憶障害などを起こしている状態をいい、進行すると時間や場所、人物の判断ができなくなり(見当識障害)、1人で出かけて迷子になったり事故に巻き込まれたりすることがあるのです。

 この認知症を起こす原因の大半を占めるのがアルツハイマー病です。アルツハイマー病では、脳にβアミロイドなどの異常なたんぱく質がたまって脳細胞が破壊され、脳が萎縮していくことによって認知症が起こると考えられています。

 アルツハイマー病は加齢によるリスクが最も大きいとされますが、比較的若い働き盛りの年代でも発症することがあり、65歳未満の人に起こった場合「若年性アルツハイマー病」と呼んでいます。
 若年性であっても、症状は記憶障害や見当識障害、性格の変化など、高齢者の場合と変わりませんが、高齢者と比較すると進行が早いのが特徴です。働き盛りの年代で発症するため、経済的な問題や家庭への影響はより深刻といえます。

 若年性アルツハイマー病は遺伝的な要因が大きいと考えられています。家族にアルツハイマー病の人が多い場合は、小さな変化も見逃さないことが大切です。

予備群の段階で適切な治療をすることで発症や進行を抑えることも可能に

 若年性アルツハイマー病は進行が早く、治療が遅れると短期間のうちに重症になりやすいため、早期発見が大変重要になります。

 認知症はいったん発症したら根治はできないと言われていますが、すでにある程度進行を緩やかにする薬は登場しています。さらに、最近は研究が進み、認知症の発症や進行を抑え、根本的に治す薬の開発も進んでいます。ただし、効果が期待できるのは早い段階で治療を始めた場合で、進行してからではあまり期待はできません。

 そこで、認知症予防につながるとして注目されているのが、「MCI(軽度認知障害)」です。これは、軽い記憶障害や判断力の低下などはあるものの、日常生活に支障をきたすほどではない状態をいいます。

 MCIを放っておくと半数以上が5年以内にアルツハイマー病をはじめとする認知症に進行するとされ、認知症の前段階と考えられています。この認知症予備群ともいえる段階で治療を始めれば、認知症の発症を防いだり、進行を遅らせることが可能とされています。

初期に気づくためのチェックリスト

 認知症の早期発見のためには、本人や周囲の人が記憶障害や生活態度の変化に気づくことが重要です。しかし、高齢者の場合はひどい物忘れなどがあると周囲の人が認知症を疑うことが多いのですが、若い人では気づいてもらえないことがあります。
 また、若年性アルツハイマー病の初期には、頭痛やめまいのほか、抑うつ、不眠などの症状がみられるため、うつ病と間違われて発見が遅れることもあります。

 認知症予備群の段階で気づくために、認知症の初期によく見られる症状を次に挙げます。当てはまるものが多いほど認知症の疑いが高まります。思い当たることが多い人は、早めに医療機関を受診しましょう。

初期の認知症チェックリスト
同じことをくり返し話したり、尋ねたりする
物をしまい忘れたり置きっぱなしにすることが多い
身近な物の名前や親しい人の名前が出てこない
2つのことを同時に行うと一つを忘れてしまう
身だしなみがだらしなくなったり、部屋の片付けができなくなった
待ち合わせの時間や場所を忘れたり、計画が立てられなくなった
以前より怒りっぽくなった
興味や意欲が薄れ、趣味の活動などをやめてしまった
財布を盗まれたなど、被害妄想がある
うつっぽく、気分が落ち込むことが多い

【参考】
厚生労働省「若年性認知症コールセンター」(0800-100-2707)では、専門教育を受けた相談員による無料相談が受けられます。(月曜日~土曜日/10時~15時、年末年始・祝日除く)

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
羽生 春夫先生


東京医科大学高齢診療科 主任教授
1981年東京医科大学医学部卒業、1985年同大大学院老年病学専攻博士課程卒業、医学博士。東京都老人総合研究所神経病理部門研究員、東京医科大学老年病科助手、立川綜合表町病院内科医長を経て、1994年東京医科大学老年病科講師に。同大老年病科准教授、教授を経て、2013年より現職。専門領域は老年病学、神経病学(認知症、脳血管障害)など。日本老年医学会理事・専門医・指導医、日本認知症学会理事・専門医・指導医、日本神経学会専門医・指導医、日本内科学会認定医・指導医。認知症の早期診断や有効な治療法の開発を目指している。

コラムに関連する病名が検索できます。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    睡眠中の"よだれ"に潜む意外な健康リスク
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝、…
  2. 2 放置するとダニ・カビの温床に…寝具のお手入れ方法
    放置するとダニ・カビの温床に…寝具のお手入れ方法
    (編集・制作 (株)法研) 汗を吸い込んだふとんは、カビやダニの温床…
  3. 3
    運動しない人は注意!筋肉が減少して脂肪が増える『サルコペニア肥満』
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 高齢…
  4. 4
    好きなだけ食べても太らない!? 18時間プチ断食で食べすぎリセット
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 腹8…
  5. 5
    忙しい人に知ってほしい、質の高い睡眠をとるための快眠10か条
    (編集・制作 (株)法研) 午後10時から午前3時は睡眠のゴールデン…
  6. 6
    そのむくみ、病気のサインかも? むくみの原因と解消法
    (編集・制作 (株)法研) デスクワークばかりの運動不足はご用心…
  7. 7
    歩くとツライ、外反母趾。大きめの靴を履くのはOK?正しい靴の選び方
    (編集・制作 (株)法研) 外反母趾の靴選び、自宅でできる運動療法な…
  8. 8
    ストレスやイライラには『ハーブティー』!あなどれないハーブの効能
    (編集・制作 (株)法研) フレッシュ・ハーブは、心を癒す効き目たっ…
  9. 9
    Wi-Fiのせいで体調不良?「電磁波過敏症」ってなに?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと イン…
  10. 10
    正しく痩せる早道とは? 間違ったダイエットの落とし穴
    (編集・制作 (株)法研) 過剰なダイエットはやせないどころか、命を…
  11. 11 その腰の痛みは坐骨神経痛かも?症状をチェック!
    その腰の痛みは坐骨神経痛かも?症状をチェック!
    (編集・制作 (株)法研) 脚や腰が痛い! 坐骨神経痛の原因と症状を…
  12. 12 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  13. 13
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  14. 14
    内臓が悪いと口臭がキツくなる!? こんなニオイがしたら注意して!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 口臭…
  15. 15
    トイレはどこ!?几帳面で神経質なタイプに多い過敏性腸症候群とは?
    (編集・制作 (株)法研) 外出先で突然、お腹を下す過敏性腸症候…
  16. 16 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…
  17. 17
    スマホの操作はトイレでやってはいけない
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 昔は…
  18. 18
    虫刺され跡の茶色いシミをどうにかしたい!早く消す方法は?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  19. 19 あなたは大丈夫? 使わないと衰える…脚の筋力とバランス力をチェック!
    あなたは大丈夫? 使わないと衰える…脚の筋力とバランス力をチェック!
    (編集・制作 (株)法研) (「ジャストヘルス」法研より) 脚…
  20. 20
    生理が来ても妊娠の可能性がある? 妊娠初期に起こる出血の原因
    妊娠を望んでいる人にとっても、妊娠を望んでいない人にとっても、生理が来…

一覧