発達障害の一つ ADHDとは? 問題児と誤解される症状と対処法

ADHDは「不注意」「多動衝動性」を特徴とする発達障害

落ち着きがなく、授業中歩き回るADHD。「わがまま」「しつけができていない」は誤解で発達障害の一種

ADHDは発達障害の一つ

 もしもお子さんや身近な子どもたちのなかに、授業中教室を歩き回るとか、カッとしてすぐ手が出るといった行動で本人も周囲も困っているようなことがあったら、それはADHDによるものかもしれません。

 ADHDは日本語では注意欠如多動性障害(注意欠如多動症)といい、発達障害の一つです。発達障害とは、脳の機能が関係する生まれつきの特性によって、物事のとらえ方、行動パターンなどに特徴がある状態をいいます。

 発達障害にはADHDのほかに、自閉症やアスペルガー症候群(自閉スペクトラム症)、学習障害(学習症)などがあり、これらの異なる発達障害の特徴が少しずつ重なって見られることも少なくありません。

 発達障害の程度が軽度の場合など、大人になって社会に出てから気づかれることもあります。

ADHDの特徴は「不注意」と「多動衝動性」

 ADHDは次に挙げる「不注意」と、「多動衝動性」のうちのどちらか一方、または両方を特徴とし、一般的に知能は正常範囲で、学習障害を合併することが多いといわれています。

●不注意
 注意力が足りない、集中力が続かない、忘れっぽい → その結果、授業中ぼーっとする、忘れ物が多い、約束を忘れる など

●多動衝動性
 落ち着きがない、じっとしていられない、考えずに行動してしまう、待つことができない → その結果、授業中教室を歩き回る、おしゃべりがやめられない、順番が待てない、カッとするとすぐに手が出る など

 このうち「多動衝動性」は成長とともに落ち着いてくることが多いのに対し、「不注意」は大人になっても続くことが多いといわれます。

ADHDの子は「問題児」、「しつけができていない」と誤解されやすい

 ADHDの原因はまだはっきりとはわかっていませんが、思考や感情のコントロール、注意力、短期記憶などをつかさどる脳の機能が十分働かないことなどによると考えられています。

 こうした生まれつきの脳の機能が原因で、ADHDの子どもは注意を払ったり自分の行動をうまくコントロールすることができず、友達と仲良く遊んだり話を静かに聞くといった状況に適した行動をとることが難しいのです。

 そのため集団生活や勉強で支障を来しやすく、わがまま、乱暴者などと問題児扱いされたり、しつけができていないと見られたりしがちです。特に多動衝動性が強い子どもでは、ものを壊したり自分を傷つけたりしてしまうこともあり、非行とみなされることもしばしばです。

 しかし、これらの行動は本人が意図したものではなく、育て方やしつけとも関係ありません。むしろ本人は周囲となじめず孤独感に悩まされたり、頻繁に叱られて自信をなくしたり、生きにくいと感じていることも多いのです。

ADHDは学齢期のこどもの3~5%にみられる

 実はADHDはめずらしい病気ではありません。発症率は統計データによって幅がありますが、学齢期の子どもの3~5%に見られ、女の子よりも男の子に多いといわれています。

 ただしADHDが疑われるような問題行動も、性格的なものが原因である場合もあります。素人判断でADHDと決めつけたりせず、保育士や教師、スクールカウンセラー、養護教諭などに相談のうえ、小児神経科や精神科など専門医の受診がすすめられます。
 地域の子育て支援センターや発達障害者センターなどでも相談に応じています。

ADHDの治療には周囲の理解とサポートが欠かせない

 ADHDと診断されたら、行動療法や環境改善などを組み合わせた治療を中心に行います。これらは本人の長所を伸ばし苦手なところを克服できるようにトレーニングや支援をしていくもので、家族だけでなく教育関係者など周囲の人の理解とサポートが欠かせません。

 成長期の子どもへの薬物療法は最小限にとどめられますが、日常生活に支障を来したり、事故の恐れがあるときなどは、症状を軽減させる薬の使用が検討されることもあります。

 ところでADHDの人には、好奇心旺盛、行動的で芸術・スポーツに秀でるなど優れた面を持つ人も多く、たとえば発明王のエジソンもADHDだったのではないかと考えられています。
 こうした優れた面を伸ばしていくためにも、周囲が子どもの状態をきちんと理解し、適切な支援をしていくことが大切です。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
仮屋 暢聡先生


まいんずたわー メンタルクリニック 院長
1985年鹿児島大学医学部卒業。東京都立松沢病院医員、東京都立中部総合精神保健福祉センター医療科科長、東京都福祉保健局精神保健福祉課長、松下東京健康管理センターメンタルヘルス科などを経て、現職。企業の顧問医、自治体の嘱託医などを兼務。精神保健指定医。社団法人ゼンコロ監事、社会福祉法人東京コロニー評議員などを務める。著書に『危ない呑み方・正しい呑み方』(マイコミ新書)、『うつ予備群 こんな人が危ない』(阪急コミュニケーションズ)など。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

男性が許せてしまう女性の「カワイイわがまま発言」ランキング

(別れ際に)もうちょっとだけ一緒にいたいな 寂しいから今すぐ来て メールじゃなくて、声が聞きたいな 荷物重いから持って〜 デザー... 続きを読む

ドン引きした彼女のわがままランキング

浮気されるのは嫌なくせに、自分は平気で浮気をする 喧嘩をした時、自分に非があるとわかっていても謝らない プレゼントは高価なものでないと怒る こちらの事... 続きを読む

恋愛中にやって後悔したことランキング

嫉妬しすぎる 相手を束縛する わがままを言い過ぎる 仕事を優先する 本当の自分を隠し過ぎる ... 続きを読む

カラーの持つ特性を知る

~ビューティー・ルネッサンスを迎えるために~ザビエル鈴木のやせて魅せるワザ 進出色と後退色
さあ基本的な色合いの違いとして暖色・寒色・中性がわかりましたね。ではそれぞれにどういう特徴があるかを見て... 続きを読む

ユング心理学 シャドウとは? 聖人君子のような親の子どもが問題児な訳

「仕事はうまくいくのに、なぜか恋愛はうまくいかない」「いつも嫌な上司の下になる」「いつまでたっても子どもが自立しようとしない」こういった人間関係のパターンを耳にすることがあります。 努力をしてもなかなか改善が見られない。頭で考えても原因が... 続きを読む

精神的な落ち着きや血圧低下も?チョコレートの意外な効能

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには、美白効果や動脈硬化の予防など、体に良いはたらきがあることが知られています。その効果を検証する大規模な実証研究が行われ、チョコレートの健康効果が明らかになりました。 血圧低下や善玉コレステ... 続きを読む

ダイエット川柳 第十一回テーマ:芸術

ダイエットにまつわる川柳をどーんと募集。応募の中から毎月、金賞、銀賞、銅賞を認定しますので、あなたのダイエットへの悲喜こもごもをさらりと詠んでみてくださいね。 特別な夜だから、いつもよりキレイでいたい~そん... 続きを読む

ドン引きした彼氏のわがままランキング

浮気されるのは嫌なくせに、自分は平気で浮気をする 喧嘩をした時、自分に非があるとわかっていても謝らない すぐ「お金を貸して」とせがんでくる 「他の男と... 続きを読む

心理カウンセリングってどんなことするの? 治療の進め方など

「カウンセリング」という言葉を様々な場面で耳にするようになりましたが、皆さんはカウンセリングをどんなイメージを持って、どのように理解していますか?多くの人が「心の問題を相談すると解決方法を教えてくれるんじゃないか。」「相談に行くなんて恥ずか... 続きを読む

食事制限ナシ、食べる順番ダイエット

食べる順番
食べる順番ダイエットとは、糖尿病・動脈硬化症等の生活習慣病の専門クリニックである梶山クリニックの梶山靜夫院長が糖尿病患者の為に考えた食事療法を元にしたダイエット方法です。
食べる順番ダイエットでは、食後に血糖値が高くなって... 続きを読む