めまいの原因が症状でわかる-脳の病気の危険性もあるめまい

「グルグル」「フワフワ」「クラッ」の3タイプがある

原因で多いのは内耳の病気。立ちくらみは低血圧から。体のマヒや激しい頭痛、意識障害などがあったら危険

めまいのタイプで原因をある程度推測できる

 あるとき突然起こるめまい。くり返し起きたり長く続くようなら、何かの病気が原因かもしれません。なかには命にかかわる重大な病気の場合もありますから、めまいが起こる背景について知っておくことは大切です。

 めまいの症状にはいくつかのタイプがあり、大きくは「グルグル回るめまい」「フワフワするめまい」「クラッとするめまい」――の3つに分けられます。めまいの症状によって、原因をある程度は推測することができます。

●グルグル回るめまい
 自分や周囲がグルグルと回転しているように感じます。主な原因は内耳の病気です。
 耳の最も奥の空間である内耳には、体の動きにかかわる三半規管、耳石(じせき)器、前庭(ぜんてい)神経などの器官があります。三半規管は体の位置や回転する動きなどを、耳石器は上下や左右の直線的な動きや加速度、重力を感じ取り、それらの情報は前庭神経を通して脳に伝えられます。
 これらの器官に異常があると体はバランスが保てなくなり、グルグル回転しているように感じます。

【関連コラム】耳は音を聞きとるだけの感覚器官ではない

●フワフワするめまい
 体がフワフワと浮かんでいるような、あるいは雲の上を歩いているような感じに。不安やストレス、過労、睡眠不足などがあると起こりやすく、改善には休養が必要。
 多くはありませんが、脳卒中や脳腫瘍など脳の病気が原因になっていることもあります。

●クラッとするめまい
 急に立ち上がったときにクラッときて、目の前が暗くなったりするめまいで、ほとんどは立ちくらみといわれる起立性低血圧です。
 血圧の低下から脳の血流が一時的に不足するために起こり、通常であれば調整機能が働いて血圧を正常に保ちます。しかし、過労や睡眠不足、ストレスなどで自律神経が乱れていて血圧を調整できないと起こりやすいのです。

脳の病気が原因なら頭痛や体のしびれ・マヒなども

 めまいで気をつけなければいけないのは、脳の病気が原因になっている場合です。脳梗塞、脳出血、脳腫瘍などで、内耳の情報を受け取り体のバランスを保つ指令を出す脳幹や小脳に障害が起こると、めまいが現れます。

 めまいだけでなく、激しい頭痛、体のしびれやマヒ、ろれつが回らない、意識がなくなる――などの症状のうちどれか1つでもあるようなら、すぐに救急車を呼びましょう。

最も多いのは良性発作性頭位めまい症

 めまいのなかで最も多いのは、良性発作性頭位めまい症です。頭を動かしたとき急にグルグル回るめまいが起こるもので、耳石器や三半規管に何らかの異常が生じることで起こると考えられています。
 たとえば寝ていて急に起き上がろうとしたときや寝返りを打ったとき、高いところの物を取ろうと上を向いたとき、髪を洗おうと下を向いたときなどに起こりやすく、人によりめまいが起こる頭の位置は同じことが多いようです。

 めまいは数十秒から1、2分でおさまり、吐き気を伴うこともありますが、難聴や耳鳴りはありません。良性といわれるように多くは次第に改善しますが、頭の位置を動かす理学療法や体操が有効な場合があります。

メニエール病では耳鳴りや難聴も伴いくり返し起こる

 メニエール病もグルグル回るめまいを起こすことでよく知られています。耳鳴りや難聴、耳づまり感など聴覚の症状も同時にみられ、くり返し起こるのが特徴です。一般的には30分から数時間続きます。頻繁に起きたり、難聴が進んで、仕事や日常生活に支障を来すこともあります。

 原因は、内耳を満たしている内リンパ液が増えて水ぶくれのような状態になり、三半規管や音を感じ取る蝸牛(かぎゅう)が圧迫されるため。内リンパ液が増える理由はわかっていませんが、ストレスとの関係が強く指摘されています。 患者は働き盛りに多く、きちょうめんで神経質な性格や責任感の強い人に起こりやすいことが、ストレスとの関係をうかがわせます。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
大河原 大次先生


耳鼻咽喉科 日本橋大河原クリニック院長
昭和34年東京生まれ。成蹊高校卒業。昭和60年帝京大学医学部卒業後、日本医科大学耳鼻咽喉科入局。その後、伊勢崎市民病院耳鼻咽喉科医長、神尾記念病院副院長を経て、平成18年12月耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニック開業、現在に至る。医学博士。耳鼻咽喉科専門医、補聴器認定相談医、身体障害者福祉法指定医。

コラムに関連する病名が検索できます。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代…
  2. 2
    女性も油断できない!加齢臭を生み出す悪習慣4つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと おじ…
  3. 3
    肩こりの原因はスイーツの食べすぎかも?その意外な関係性
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 慢性…
  4. 4
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  5. 5
    それはやらないで!白髪が増える7つのダメ習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ほん…
  6. 6
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  7. 7
    使い古した『ゴワゴワタオル』をふんわりさせる蘇り洗濯術
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ふん…
  8. 8
    女性が一番キレイに見えるメガネの色は何色?選び方の大事なポイント
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 老眼…
  9. 9
    電車の中で居眠りしてはいけない。寝不足を解消するコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝起…
  10. 10
    眠気・だるい・むくみ…成人女性の10人に1人が橋本病|注意したい症状は
    不定愁訴のような症状が起こる、橋本病を知っていますか? 女性がかかり…
  11. 11 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  12. 12 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  13. 13
    老化スパイラルにハマるあぶない食生活とは?5つの心がけで予防
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 気に…
  14. 14
    冷え・むくみを撃退したいなら『シナモン紅茶』がおすすめ!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 毛細…
  15. 15
    納豆パワーを最大限に引き出す食べ方。ひきわりと粒、栄養価が高いのは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 日本…
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  17. 17 大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だっ…
  18. 18
    ニオイの原因は『足の角質』。やりがちな間違ったケア方法とは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと タイ…
  19. 19
    文字が読みにくいのは『老眼』の症状?…ヤセ我慢してると痛い目にあうかも
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと もと…
  20. 20
    寝る前にやってはいけない事リスト。寝つきが悪くなる・睡眠の質が下がる…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 人生…

一覧