めまいの原因が症状でわかる-脳の病気の危険性もあるめまい

「グルグル」「フワフワ」「クラッ」の3タイプがある

原因で多いのは内耳の病気。立ちくらみは低血圧から。体のマヒや激しい頭痛、意識障害などがあったら危険

めまいのタイプで原因をある程度推測できる

 あるとき突然起こるめまい。くり返し起きたり長く続くようなら、何かの病気が原因かもしれません。なかには命にかかわる重大な病気の場合もありますから、めまいが起こる背景について知っておくことは大切です。

 めまいの症状にはいくつかのタイプがあり、大きくは「グルグル回るめまい」「フワフワするめまい」「クラッとするめまい」――の3つに分けられます。めまいの症状によって、原因をある程度は推測することができます。

●グルグル回るめまい
 自分や周囲がグルグルと回転しているように感じます。主な原因は内耳の病気です。
 耳の最も奥の空間である内耳には、体の動きにかかわる三半規管、耳石(じせき)器、前庭(ぜんてい)神経などの器官があります。三半規管は体の位置や回転する動きなどを、耳石器は上下や左右の直線的な動きや加速度、重力を感じ取り、それらの情報は前庭神経を通して脳に伝えられます。
 これらの器官に異常があると体はバランスが保てなくなり、グルグル回転しているように感じます。

【関連コラム】耳は音を聞きとるだけの感覚器官ではない

●フワフワするめまい
 体がフワフワと浮かんでいるような、あるいは雲の上を歩いているような感じに。不安やストレス、過労、睡眠不足などがあると起こりやすく、改善には休養が必要。
 多くはありませんが、脳卒中や脳腫瘍など脳の病気が原因になっていることもあります。

●クラッとするめまい
 急に立ち上がったときにクラッときて、目の前が暗くなったりするめまいで、ほとんどは立ちくらみといわれる起立性低血圧です。
 血圧の低下から脳の血流が一時的に不足するために起こり、通常であれば調整機能が働いて血圧を正常に保ちます。しかし、過労や睡眠不足、ストレスなどで自律神経が乱れていて血圧を調整できないと起こりやすいのです。

脳の病気が原因なら頭痛や体のしびれ・マヒなども

 めまいで気をつけなければいけないのは、脳の病気が原因になっている場合です。脳梗塞、脳出血、脳腫瘍などで、内耳の情報を受け取り体のバランスを保つ指令を出す脳幹や小脳に障害が起こると、めまいが現れます。

 めまいだけでなく、激しい頭痛、体のしびれやマヒ、ろれつが回らない、意識がなくなる――などの症状のうちどれか1つでもあるようなら、すぐに救急車を呼びましょう。

最も多いのは良性発作性頭位めまい症

 めまいのなかで最も多いのは、良性発作性頭位めまい症です。頭を動かしたとき急にグルグル回るめまいが起こるもので、耳石器や三半規管に何らかの異常が生じることで起こると考えられています。
 たとえば寝ていて急に起き上がろうとしたときや寝返りを打ったとき、高いところの物を取ろうと上を向いたとき、髪を洗おうと下を向いたときなどに起こりやすく、人によりめまいが起こる頭の位置は同じことが多いようです。

 めまいは数十秒から1、2分でおさまり、吐き気を伴うこともありますが、難聴や耳鳴りはありません。良性といわれるように多くは次第に改善しますが、頭の位置を動かす理学療法や体操が有効な場合があります。

メニエール病では耳鳴りや難聴も伴いくり返し起こる

 メニエール病もグルグル回るめまいを起こすことでよく知られています。耳鳴りや難聴、耳づまり感など聴覚の症状も同時にみられ、くり返し起こるのが特徴です。一般的には30分から数時間続きます。頻繁に起きたり、難聴が進んで、仕事や日常生活に支障を来すこともあります。

 原因は、内耳を満たしている内リンパ液が増えて水ぶくれのような状態になり、三半規管や音を感じ取る蝸牛(かぎゅう)が圧迫されるため。内リンパ液が増える理由はわかっていませんが、ストレスとの関係が強く指摘されています。 患者は働き盛りに多く、きちょうめんで神経質な性格や責任感の強い人に起こりやすいことが、ストレスとの関係をうかがわせます。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
大河原 大次先生


耳鼻咽喉科 日本橋大河原クリニック院長
昭和34年東京生まれ。成蹊高校卒業。昭和60年帝京大学医学部卒業後、日本医科大学耳鼻咽喉科入局。その後、伊勢崎市民病院耳鼻咽喉科医長、神尾記念病院副院長を経て、平成18年12月耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニック開業、現在に至る。医学博士。耳鼻咽喉科専門医、補聴器認定相談医、身体障害者福祉法指定医。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

耳の構造と隠れた役割とは? 音をキャッチする仕組み|耳の病気

来月3月3日は「耳の日」。普段はあまり気にも留めていない耳のことを、1年に1度くらいはちょっと意識してみてはいかがでしょう。まずはその構造。耳は目に見える部分からその先の奥のほうまでを、外耳、中耳、内耳と3つの区域に分けられます。
外... 続きを読む

立ちくらみと貧血は別物 疲れやすさや動悸・息切れは貧血かも

立ちくらみは俗に脳貧血といわれるが、貧血とは別のもの。 「貧血」は血液中の赤血球が少なくなる病気。一過性の血圧低下による「脳貧血」との違いについて解説します。 立ちくらみは、血圧の一時的な低下による脳の血流不足 急に立ち上がった時、... 続きを読む

わたしの眠り足りている?「毎日5分ずつ」で睡眠不足習慣が変わる

巷では「8時間睡眠が健康と美容に良い」と言われていますが、実はこの説に科学的な根拠は一切ありません。3時間睡眠で十分な「ショートスリーパー」と呼ばれる人もいれば、10時間以上眠らないと調子が出ない「ロングスリーパー」と呼ばれる人もいるの... 続きを読む

リラックス空間は青と緑

寝室とお風呂場には緑と青を配色し気分をリラックス&リフレッシュ!
寝室は、リラックスして1日の疲れをとり、体を休めて「また次の日からダイエットに励もう」という意欲をわかせるとても大切な空間です。ここには青や緑... 続きを読む

再生医療の今とは-歯や毛の再生は2020年ごろに叶う?

病気や事故などによって失われた細胞、組織、臓器・器官の機能回復を目的として、生物の再生や修復の仕組みを利用した医療を「再生医療」といいます。従来の医療では、機能を喪失した臓器・器官(注:複数種類の細胞からなり、特有の機能発現を示すものを器... 続きを読む

タプタプの二の腕痩せにはスロートレーニングが効果てきめん!

半袖やノースリーブなどで腕を出すことの多い夏は、二の腕のたるみが気になります。二の腕がたぷたぷしていると、それだけで太っているように見えてしまうから大変!
そこで、ノースリーブがかっこよくきまる、引き締まった二の腕をつくるトレーニングを紹... 続きを読む

全身のリンパ液が集まる首のリンパを改善

小顔、美肌のカギは首リンパ! 全身のリンパ液が集まる首の流れを改善すれば、むくみ、くすみが即、スッキリ リンパの「小川」が流れ着く「河」は首 人間の体重のうち、水分が占めるのは成人で約60%... 続きを読む

若い人に増加する軽症うつ-うつを疑う症状とストレス発散方法

20~30歳代で、心の健康が不調に陥っている可能性が高い人は、ほぼ6人に1人――。この数字をあなたはどう感じるでしょうか。6人に1人といえば、あなたの職場の同僚や友人の中に1人くらいはいるほどの割合、といってもよいでしょう。体力も気力も元... 続きを読む

急に耳が聞こえなくなる難病-突発性難聴は早めの治療が大事

昨日まで健康には何の不安もなかったのに、朝起きたら片方の耳が詰まった感じであまり聞こえなくなっていた……。こんなふうに、全く突然に耳が聞こえなくなるのが突発性難聴(とっぱつせいなんちょう)。昨秋、シンガー・ソングライターのスガシカオさんが... 続きを読む

体の内(なか)からキレイになる!経絡リンパマッサージダイエット

体のコリやむくみをとると、余分な水分が排泄され、骨格にあったきれいなボディーラインになるだけでなく、1~3kgの体重が落ちる人もいるのだとか。ならば、体の疲れをとるマッサージで体の内からキレイになってしま... 続きを読む