口内炎の3つのタイプ-口内炎だと思ったらがんだった3つのケース

長引く口内炎には、意外な病気がひそんでいることも

最も多いアフタ性口内炎は原因不明。大きくなったり、なかなか治らないときは受診を

口内炎には大きく3つのタイプ

 口の中の小さなできもの「口内炎」。たとえ小さくても、舌で触れたり、食事をするたびに痛んで、とても気になりますね。
 口内炎は口の中の粘膜に起こる炎症の総称で、舌や唇、歯ぐき、頬の内側など、さまざまな場所にできます。原因もいろいろですが、代表的なものは次の3つです。

●アフタ性口内炎
 最も多くみられる口内炎です。表面が白っぽく周りが赤い円形の潰瘍(かいよう)が1~数個できて痛みます。10日から2週間ほどで自然に治りますが、再発することも少なくありません。
 原因ははっきりわかっていませんが、疲労やストレス、睡眠不足、口内の不衛生、ビタミンや鉄分の不足などが影響しているのではないかと考えられています。

●ウイルス性口内炎
 ウイルス感染によるもので、「単純ヘルペスウイルス」による口唇ヘルペスが多くみられます。くちびるや口内に小さな水ぶくれができ、強い痛みや発熱が見られることもあります。再発をくり返すのが特徴です。

●カタル性口内炎
 熱いものを口にしてやけどしたり、入れ歯や歯列矯正器具が当たったり、頬の内側を噛んでしまったときなどの物理的な刺激で生じます。粘膜が白くなったり、赤く腫れて痛みます。

【関連コラム】口内炎は「疲れ」のサイン

 このほか、カンジダ菌の増殖による口内炎や、梅毒など性感染症による口内炎もあります。

口内炎だと思っていたら、「がん」や全身性の病気の場合も

 また、口内炎だと思って放っておいたら別の病気だった、実は「がん」だったというケースもあります。特に次に挙げる病気は口内炎と間違えやすいので注意が必要です。

●口腔がん
 口腔(口の中)にできるがんで、症状は口の中の痛みや違和感、しこりや腫れ、出血などです。初期には痛みも軽度で口内炎や歯肉炎と間違えられることがあります。

●白板症
 口の中の粘膜の一部が白く変化して、小さいものは口内炎と区別がつかないことがあります。次第に大きくなり、がん化することもあります。

●ベーチェット病
 免疫の異常による全身性の病気です。口の中の粘膜に潰瘍ができ、アフタ性口内炎とほとんど見分けがつきません。目や陰部、皮膚などにも症状が起こります。

 口内炎の場合は、硬くなったり大きくなることはほとんどありません。しこりや厚みを感じたり、大きくなったり、ひと月も治らないような場合は、かかりつけ医や耳鼻咽喉科などを受診することをおすすめします。

口の中を清潔にして疲れをためない。喫煙は口内炎と口腔がん共通の原因に

 口内炎ができているときは、刺激のある食べものは避け、うがい薬などで口の中を清潔に保つことが大切です。
 治療は、原因によってビタミン剤や抗ウイルス薬、抗菌薬、ステロイド剤などが用いられます。外用薬では、口の中に塗る軟膏だけでなく、貼るタイプのパッチもあります。

 口内炎ができやすい人は、食生活に気をつけ、過労を避けてストレスをためない、うがいや歯磨きで口の中を清潔に保つなど、生活上の注意が必要です。タバコは口腔粘膜に刺激を与え、口内炎だけでなく口腔がんや食道がんの原因にもなるため、喫煙者は禁煙しましょう。
 歯の噛み合わせや入れ歯の不具合がある場合も、口の中を傷つけて口内炎ができやすく、刺激を繰り返すことで口腔がんの原因になることもあるため、歯科で調整しておくことが大切です。

(編集・制作 (株)法研)

コラムに関連する病名が検索できます。

口内炎の3つのタイプ-口内炎だと思ったらがんだった3つのケース 関連コラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 あなたは大丈夫? 使わないと衰える…脚の筋力とバランス力をチェック!
    あなたは大丈夫? 使わないと衰える…脚の筋力とバランス力をチェック!
    (編集・制作 (株)法研) (「ジャストヘルス」法研より) 脚…
  2. 2
    睡眠中の"よだれ"に潜む意外な健康リスク
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝、…
  3. 3 放置するとダニ・カビの温床に…寝具のお手入れ方法
    放置するとダニ・カビの温床に…寝具のお手入れ方法
    (編集・制作 (株)法研) 汗を吸い込んだふとんは、カビやダニの温床…
  4. 4
    Wi-Fiのせいで体調不良?「電磁波過敏症」ってなに?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと イン…
  5. 5
    好きなだけ食べても太らない!? 18時間プチ断食で食べすぎリセット
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 腹8…
  6. 6
    忙しい人に知ってほしい、質の高い睡眠をとるための快眠10か条
    (編集・制作 (株)法研) 午後10時から午前3時は睡眠のゴールデン…
  7. 7
    トイレはどこ!?几帳面で神経質なタイプに多い過敏性腸症候群とは?
    (編集・制作 (株)法研) 外出先で突然、お腹を下す過敏性腸症候…
  8. 8
    そのむくみ、病気のサインかも? むくみの原因と解消法
    (編集・制作 (株)法研) デスクワークばかりの運動不足はご用心…
  9. 9
    ストレスやイライラには『ハーブティー』!あなどれないハーブの効能
    (編集・制作 (株)法研) フレッシュ・ハーブは、心を癒す効き目たっ…
  10. 10
    歩くとツライ、外反母趾。大きめの靴を履くのはOK?正しい靴の選び方
    (編集・制作 (株)法研) 外反母趾の靴選び、自宅でできる運動療法な…
  11. 11
    正しく痩せる早道とは? 間違ったダイエットの落とし穴
    (編集・制作 (株)法研) 過剰なダイエットはやせないどころか、命を…
  12. 12 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  13. 13
    虫刺され跡の茶色いシミをどうにかしたい!早く消す方法は?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  14. 14
    スマホ老眼!にならないための3つの方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 手元…
  15. 15
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  16. 16
    内臓が悪いと口臭がキツくなる!? こんなニオイがしたら注意して!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 口臭…
  17. 17
    実はかなり他人にみられてる…背中・うなじニキビの原因と治療法
    シャツの襟からのぞく背中やうなじのニキビ。治らないとあきらめていません…
  18. 18 緊張してなくても手のひらに汗…多量の汗から考えられる病気とは?
    緊張してなくても手のひらに汗…多量の汗から考えられる病気とは?
    (編集・制作 (株)法研) 夏に汗はつきもの。でも、汗をかきすぎる病…
  19. 19 星野源、KEIKOが患った「くも膜下出血」ってどんな病気?【芸能人健康まとめ】
    GENKINGや今井翼が患った「メニエール病」ってどんな病気?【芸能人の健康まとめ】
    (編集・制作 gooヘルスケア) めまいといえばメニエール病とい…
  20. 20
    スマホの操作はトイレでやってはいけない
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 昔は…

一覧