生理の量が多い-昼でも夜用を使うようなら子宮筋腫の疑いが

「夜用ナプキンで一晩もたない」ときは、婦人科受診を

「様子を見る」から「子宮全摘」まで対処法はさまざま。利点と欠点を理解し納得のいく方法を選択したい

治療が必要な子宮筋腫を疑う目安は「夜用ナプキンで一晩もたない場合」

 成人女性に多く見られる病気に子宮筋腫があります。早くから見つけておけばたいしたことのない病気ですが、大きくなってから、困った症状が出てからの治療では、ひどい目に遭うことがありますから、早めに見つけておくほうが有利です。

 治療の必要な子宮筋腫を疑う目安の一つは、月経の出血量です。と言っても、他人とは比べられないでしょうから、自分が「多い」のかどうかを判断するのは難しいですね。わかりやすい目安として「夜用ナプキンで一晩もたない場合は異常」と覚えておき、出血の多い人は早めに婦人科に行きましょう。

 出血量の多さに悩みながら長い間放置している人も多く、次のようなケースもよくあります。

出血量の多さを「個人差」と考え、子宮筋腫に気づかなかったケース

 32歳。月経のたびに多量の出血があり、昼でも夜用ナプキンが必要で、夜には夜用ナプキンを何回も交換する必要があるほど。そのため月経中は、旅行はもちろん外出も控えるような状況だったが、これは「個人差」で大きな問題ではないと考えていた。

 息切れがして階段を上るのも辛くなることがあり、内科で貧血と診断されたこともあった。そのとき「子宮筋腫があると言われていないか?」「生理の量が多くないか?」聞かれたが、2年毎に受診している子宮頸がん検診で何も言われていないので「ない」と答えた。出血も多くないと思っていた。
 結局、内科で処方された鉄剤を飲めば貧血は治っていたので、これでよいと考えていた。

 しかし、今回は多量の出血が10日たっても止まらないため、心配になって産婦人科を受診。超音波検査で大きな子宮筋腫が見つかった。

子宮筋腫を早く見つけると何がよいのか

 このケースのように、月経のたびに日常生活が制限されるような出血があるような場合、早めに治療したほうが毎日を楽に過ごすことができます。さらに、多量の出血を放置した結果、緊急入院や輸血が必要になる場合もあるので、そうなる前に対処しておいたほうがよいのは言うまでもありません。

 また、子宮筋腫は不妊や流産、早産など、妊娠・出産に悪影響を与える場合があります。
 筋腫が見つかったのが妊娠前であれば、筋腫をそのままにして妊娠を目指すのか、治療をしてから妊娠したほうがよいのか検討し対処することができます。しかし、妊娠してから筋腫が見つかった場合には、ゆっくり調べたりよく考えたりする時間がないままに、さまざまな判断をしなくてはいけなくなることもあります。

 上のケースのように、何も症状がなくても大きな筋腫がある人もいますから、妊娠を考えている人は婦人科で検査しておきましょう。
 子宮頸がん検診を受けていれば子宮や卵巣もチェックされていると考えている人もいますが、それは間違いです。5cmくらいの筋腫では超音波検査をしなければわかりませんから、2~3年に1回くらいは受けるようにしましょう。

「治療か経過観察か」「手術するかしないか」、いくつか選択肢がある

 子宮筋腫が見つかった場合、治療方針を決める上でいくつかの選択肢があります。

(1)治療が必要か、このまま様子を見てもよいか
 出血が多いなどの症状がなく、今後の妊娠・出産などに影響する可能性が低い場合は、そのまま様子を見ます。定期的に婦人科で大きさなどを評価することになります。

(2)治療が必要な場合、手術をするか、しないか
 筋腫のできている場所、出血量、今後の妊娠の可能性などを考えて、手術が必要か、内服薬などで対応できるのかを判断します。

(3)手術の場合、子宮全摘(子宮を全部取る)か、筋腫核出(筋腫のみ取る)か
 この判断は重要です。利点と欠点を天秤にかけて比較して判断するのがよいでしょう。一方の利点は、もう一方の欠点です。

【子宮全摘術の利点】
●筋腫の再発がなく、再手術がない
●子宮がん検診が不要。子宮頸がんと子宮体がんの発生はゼロ
●月経と月経に伴う出血がなくなる(閉経ではありません)

【筋腫核出術の利点】
●妊娠・出産が可能
●月経があるため、女性であることを実感できる(という人もいる)

 実際には、子宮全摘をしても卵巣を残せば、女性ホルモンに変化はありません。ただし、間もなく更年期になる時期に手術が重なると、術後に更年期症状が出ることはあります。

各方法の利点と欠点をよく理解し、納得のいく治療を

 子宮筋腫の治療にはこのほか、子宮動脈塞栓術(UAE)などもあります。UAEは子宮に栄養を送っている血管に詰め物をして「兵糧攻め」にし、筋腫を小さくするものです。傷も残らず、痛みもあまり強くない上に、短期間の入院ですみますが、保険が効かず治療効果が確実でないことが欠点です。

 以上のものだけではなく、子宮筋腫の治療にはさまざま方法があります。それぞれの利点と欠点をよく理解したうえで、納得のいく方法を選択してください。

 いずれにしても、子宮筋腫を早めに見つけておくことで有利に対応できます。出血量が多い人は子宮筋腫を疑って、早めに婦人科でチェックをしましょう。何事もバタバタしないで対応するのがよいですよね。

【関連コラム】「子宮筋腫はこんな病気です」「患者さんの状況も考慮される子宮筋腫の治療」

(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
太田 寛先生


慈桜会 瀬戸病院産婦人科(埼玉県所沢市)
北里大学医学部公衆衛生学 助教
1989年京都大学工学部電気工学科卒業後、日本航空株式会社羽田整備工場に勤務。2000年東京医科歯科大学卒業。茅ヶ崎徳洲会総合病院産婦人科、日本赤十字社医療センター産婦人科勤務を経て、2009年北里大学医学部公衆衛生学助教に。2012年瀬戸病院産婦人科勤務、現在に至る。医学博士、日本医師会認定産業医、日本産科婦人科学会専門医。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

子宮筋腫があっても妊娠できる?筋腫があるままでも妊娠・出産は可能。

子宮筋腫が発見されやすい30〜40代は、女性が妊娠・出産を迎える時期と重なります。「筋腫があっても、自然妊娠できるの?」といった質問にドクターが答えます。 筋腫のできる場所によっては不妊の原因にも 30〜40代でこれから妊娠・出産を... 続きを読む

好きになったら気にならなくなる相手の欠点ランキング

部屋が汚い 服のセンスがダサい 料理が下手 面倒くさがり 束縛したがる ... 続きを読む

子宮筋腫とは?30〜40代は筋腫の危険年代 大きくなると手術も

30歳以上の5人に1人が悩んでいるという子宮筋腫。筋腫ができる位置や大きさによって症状はさまざま。ときには、子宮全摘という深刻な選択を迫られることも。子宮筋腫の正体を、正しく知りましょう。 30〜40代は筋腫の危険年代
大きくなると手... 続きを読む

生理用品の選び方-生理中のかぶれやムレはナプキンが原因?

ナプキンとタンポンはどう使い分けるの?
自分に合ったナプキンはどう選ぶの?
布ナプキンは何がいいの?
そんな生理用品にまつわる疑問にお答えします。 ナプキン選びは体感や快適性にこだわって 半数以上がタンポン派といわれる欧米と異なり、... 続きを読む

婦人科で一番多い病気「子宮筋腫」を知ろう

子宮筋腫は良性の腫瘍
子宮筋腫は、子宮にできる良性の腫瘍のことです。コブのようなかたまりで、がんではありません。また、悪性化することはほとんどありません(0.1%以下)。


子宮の壁(筋層)にある細胞が増殖してできる良性の腫瘍で... 続きを読む

注意して!子宮筋腫の症状チェック。筋腫が大きくなると 肺や心臓まで圧迫する場合も

子宮筋腫の自覚症状には個人差があり、かなり大きくなるまで無症状ということも。子宮筋腫の症状について、広尾メディカルクリニック院長、斎藤敏祐先生に教えていただきました。 筋腫が大きくなると
肺や心臓まで圧迫する場合も 筋腫は、通常ボー... 続きを読む

女性なら誰でもなるかも 子宮筋腫が見つかったらどうすればいい?

子宮筋腫は良性の筋腫で、すぐに命に別状はありません。それだけに、見つかったらどのように対処するか、迷う人も多いもの。すぐに摘出手術を受けるべき?
様子を見ていても大丈夫?
そんな疑問にお答えします。 子宮筋腫があるからといって、即手術... 続きを読む

妊娠しないと上がる子宮筋腫のリスク

「子宮筋腫」ってどんな病気なの
女性なら一度は聞いたことのある婦人科の病気「子宮筋腫」はいったいどのような病気なのでしょうか。


子宮筋腫は、主に子宮筋層内の平滑筋(へいかつきん)成分から発生し、女性ホルモン(エストロゲン)のは... 続きを読む

女性のデリケートゾーンのかぶれやかゆみ解決法-蒸し暑い季節は要注意

暑い日が続きますね。ただでさえ蒸し暑いのに、月経期のデリケートゾーンは生理用ナプキン(以下ナプキン)によって密閉され、非常に蒸れやすい状態になります。
そのため、もともと角質層が薄く刺激に弱い、文字通りデリケートな外陰部の皮膚はふやけて... 続きを読む

「子宮筋腫」4つ手術法のメリット・デメリット。切らない手術や負担のない治療もあります。

手術をしない限り完治はしない子宮筋腫。手術はどの方法を選んだかで、術後の人生が左右されることもあるほど重要な選択です。主な手術法をご紹介します。 手術のメリット・デメリットを理解して 昔と比べて、子宮筋腫摘出手術の種類は増えています... 続きを読む