女性ホルモンの分泌が増えると歯周病になりやすい? 予防法とは

思春期、月経前、妊娠・出産、更年期は特に注意が必要

女性ホルモンが増加・変動する時期は免疫力も低下しやすい。ブラッシング習慣と規則正しい生活で歯周病予防

女性ホルモンの分泌が増える思春期や妊娠中は、歯周病のリスクが高まる

 日本人の成人が歯を失う原因の第一位は歯周病です。歯周病というと、中高年男性に多いというイメージを持つ人が多いかもしれませんが、実は、女性のほうが歯周病の危険がいっぱいです。
 最近の研究で、女性ホルモンやホルモンバランスの変動が、歯周病の発生や悪化に大きくかかわっていることがわかってきました。

 女性ホルモンには、ある種の歯周病菌の増殖を促したり、歯ぐきの炎症を悪化させる作用があります。そして、女性ホルモンは血液中だけでなく、歯と歯ぐきの間からも少しずつしみ出しています。
 そのため、女性ホルモンの分泌が増える時期には、歯周病になったり歯周病が悪化する危険性が高まるのです。思春期や妊娠中は要注意です。

 特に、妊娠中に歯周病を悪化させると早産になったり赤ちゃんが低体重で生まれてくる危険性が高まるというデータがあります。妊娠を考え始めたら、歯周病やむし歯の治療をしっかり受けておきましょう。

女性ホルモンの変動が大きい月経前、減少する更年期も危険!

 月経前は女性ホルモンの変動が大きく、その影響を受けて歯ぐきが腫れたり、むずむずしたりする人もいます。

 一方、更年期には女性ホルモンが減少しますが、それに伴って骨密度が減少し、歯を支えるあごの骨が弱くなったり歯ぐきがやせたりして、歯周病になりやすくなります。
 女性は男性に比べて唾液の分泌が少ないと言われますが、更年期はさらに唾液の分泌量が低下することも、歯周病の危険性を高める原因になっています。

 また、更年期には高血圧や糖尿病などの生活習慣病の危険性も同年代の男性並みになるとされます。歯周病がこれらの病気の危険性を高めると考えられることからも、歯周病予防は大切です。

正しいブラッシング習慣と規則正しい生活で歯周病を防ごう

 以上のことから、女性の場合「思春期」「月経前」「妊娠・出産」「更年期」は特に歯周病に注意し、適切なブラッシング習慣などを心がけることが大切です。

 また、これらの時期はいずれも体の抵抗力が低下しやすく、歯周病菌が増えやすくなります。規則正しい生活をして、食事・運動・睡眠習慣を見直し、ストレスを健康的に解消して、免疫力の低下を抑えることも歯周病予防につながります。

出産回数が多い人ほど、残っている自分の歯が少ない

 昔から「子ども1人生むと歯を1本失う」などといいますが、本数はともかく、出産回数が多い人ほど残っている自分の歯が少ない傾向にあることがわかりました。これは国立がん研究センター研究班が、全国の50~70歳代の男女を対象に行った調査の結果です(※)。
 ※国立がん研究センター研究班 多目的コホート研究(JPHC研究)

 それによると、出産回数が0~1回の女性では残っている歯の数が約19本だったのに対して、3回では16.4本、4回以上では15.6本と約3本も少ない結果でした。
 また、奥歯で上下がかみ合っている歯が何組あるか比較したところ、これも出産回数が多い人ほど少なくなっていました。

 この結果について研究班では「妊娠・出産に伴ってホルモンや口の中の細菌のバランスが変化し、免疫力も低下することで、むし歯や歯周病が発症・悪化しやすくなり、それが妊娠のたびに繰り返されて歯を失う危険性を高めている」としています。

 さらに、妊娠中の女性の半数以上は歯科治療を避ける傾向があり、妊娠中に歯が悪くなることは仕方がないと考えていることの影響が大きいとみられます。
 しかし、妊娠中の歯の治療が胎児に悪影響を及ぼすという科学的根拠はありません。妊娠中にも必要な歯科治療をしっかり受けて、口の中の健康管理を続けることが大切です。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
植野 正之先生


東京医科歯科大学大学院健康推進歯学分野 准教授
1986年鹿児島大学歯学部卒業。90年東京医科歯科大学大学院修了(歯学博士)、同大歯学部附属病院予防歯科医員。94年米国カリフォルニア大学バークレー校大学院修了(公衆衛生学修士)、同大サンフランシスコ校歯学部ポスドク、96年同校レジデント修了(歯科公衆衛生学)。2000年米国ウエスタンデンタルサービス社 歯科監査官を経て、05年東京医科歯科大学歯学部附属病院息さわやか外来医員。08年同大大学院健康推進歯学分野助教、10年准教授、現在に至る。

コラムに関連する病名が検索できます。

女性ホルモンの分泌が増えると歯周病になりやすい? 予防法とは 関連コラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

アンチエイジングに必須!歯周病ケアで早産や骨粗しょう症を予防

歯周病は活性酸素を増やし老化を促進する炎症反応 歯並びやホワイトニングには関心があっても、歯周病のケアは見落としがちなのではないでしょうか。「歯周病は、口の中だけの問題ではありません。いつまでも若く美しくいたいなら、今すぐオーラルケア... 続きを読む

歯茎のマッサージが簡単で効果大! 歯周病・口の乾燥やネバネバに効く?

美しい笑顔のカギは、歯以上に歯茎が重要なのをご存知ですか? 歯茎の血行を促すマッサージで、歯の健康と美しさを維持して笑顔美人になりましょう。 歯茎の血流の悪さが歯周病をまねく 笑顔の美しい人は、歯がきれいです。歯がきれいであるためには... 続きを読む

歯周病と骨粗しょう症を一緒に予防-カルシウムや大豆を摂って

歯は主に歯肉(歯茎)と歯肉の中にある歯槽骨という骨に支えられています。ところが、これらの歯周組織が歯周病菌に感染すると炎症が起こり(歯周炎)、悪化すると「歯の支え」が破壊され、歯を失うことになります。
一方、骨粗しょう症は骨密度の低下(... 続きを読む

あなたは大丈夫?歯周病が分かる10個のチェックポイント

歯周病は、歯ぐき(歯肉)など歯を支える歯周組織が歯周病菌による炎症で徐々に破壊されていく病気の総称で、成人の抜歯原因の第1位です。虫歯と違って痛みなどの自覚症状がほとんどなく、見た目でも進行がわかりにくいため、気がつかないうちに抜歯が必要... 続きを読む

歯周病とメタボの意外な関係-お口の健康が体を守る

内臓脂肪型肥満に高血糖、高血圧、脂質異常などが重なった状態である「メタボリックシンドローム」と、歯ぐきに炎症などがおこる「歯周病」。一見なんの関係もなさそうですが、最近、両者の間には深い関係があることがわかってきました。
そもそも生活... 続きを読む

マスティック

「あなたの歯茎は健康ですか?」
コマーシャルみたいな質問ですが、日本人の80%が歯周病に罹患しているといわれています。まずは、次の項目をチェックしてみて下さい。 1 歯を磨いたときに出血する 2 口臭がする 3 朝起きたときに口の中がネバ... 続きを読む

甘い砂糖が虫歯をまねくのは本当?正しいオーラルケアを知って

虫歯や歯周病にかかると、痛みや苦痛に加えて、病院に通う手間や費用なども大変です。正しい歯の磨き方など、事前にケアの方法を知っておき、毎日こまめに実践して予防したいものです。
まず、意外に知られていない虫歯の原因からお話ししましょう。 ... 続きを読む

女性ホルモンを味方につけて、ダイエット効果を劇的に上げる♪

女である以上、女性ホルモンと長く付き合っていかなければなりません。ホルモンバランスについて知っておくことで、振り回されるのではなく、上手に付き合うことができるようになりますよ。今回は、女性ホルモンを味方につけてダイエットを成功へと導くコ... 続きを読む

肝斑は女性ホルモンと関係している!

肝斑の症状とは?

皮膚、特に顔面にできる褐色の斑紋。女性に多い。しみ。
「肝斑」の意味 - goo辞書


基本的には30歳代~40歳代の女性。
肝斑とは - goo Wikipedia (ウィキペディア)

肝斑は... 続きを読む

性行為の経験がある人は子宮頸がん検診を受けて! 婦人科検診で見つかる病気

婦人科検診を受けたことはありますか?
「何をするか不安」「恥ずかしい」など、最初は抵抗を感じる人も多いでしょう。でも、たとえ気になる症状がなかったとしても、20代から婦人科検診を受けることは大切だといいます。ともこレディースクリニック表... 続きを読む