女性ホルモンの分泌が増えると歯周病になりやすい? 予防法とは

思春期、月経前、妊娠・出産、更年期は特に注意が必要

女性ホルモンが増加・変動する時期は免疫力も低下しやすい。ブラッシング習慣と規則正しい生活で歯周病予防

女性ホルモンの分泌が増える思春期や妊娠中は、歯周病のリスクが高まる

 日本人の成人が歯を失う原因の第一位は歯周病です。歯周病というと、中高年男性に多いというイメージを持つ人が多いかもしれませんが、実は、女性のほうが歯周病の危険がいっぱいです。
 最近の研究で、女性ホルモンやホルモンバランスの変動が、歯周病の発生や悪化に大きくかかわっていることがわかってきました。

 女性ホルモンには、ある種の歯周病菌の増殖を促したり、歯ぐきの炎症を悪化させる作用があります。そして、女性ホルモンは血液中だけでなく、歯と歯ぐきの間からも少しずつしみ出しています。
 そのため、女性ホルモンの分泌が増える時期には、歯周病になったり歯周病が悪化する危険性が高まるのです。思春期や妊娠中は要注意です。

 特に、妊娠中に歯周病を悪化させると早産になったり赤ちゃんが低体重で生まれてくる危険性が高まるというデータがあります。妊娠を考え始めたら、歯周病やむし歯の治療をしっかり受けておきましょう。

女性ホルモンの変動が大きい月経前、減少する更年期も危険!

 月経前は女性ホルモンの変動が大きく、その影響を受けて歯ぐきが腫れたり、むずむずしたりする人もいます。

 一方、更年期には女性ホルモンが減少しますが、それに伴って骨密度が減少し、歯を支えるあごの骨が弱くなったり歯ぐきがやせたりして、歯周病になりやすくなります。
 女性は男性に比べて唾液の分泌が少ないと言われますが、更年期はさらに唾液の分泌量が低下することも、歯周病の危険性を高める原因になっています。

 また、更年期には高血圧や糖尿病などの生活習慣病の危険性も同年代の男性並みになるとされます。歯周病がこれらの病気の危険性を高めると考えられることからも、歯周病予防は大切です。

正しいブラッシング習慣と規則正しい生活で歯周病を防ごう

 以上のことから、女性の場合「思春期」「月経前」「妊娠・出産」「更年期」は特に歯周病に注意し、適切なブラッシング習慣などを心がけることが大切です。

 また、これらの時期はいずれも体の抵抗力が低下しやすく、歯周病菌が増えやすくなります。規則正しい生活をして、食事・運動・睡眠習慣を見直し、ストレスを健康的に解消して、免疫力の低下を抑えることも歯周病予防につながります。

出産回数が多い人ほど、残っている自分の歯が少ない

 昔から「子ども1人生むと歯を1本失う」などといいますが、本数はともかく、出産回数が多い人ほど残っている自分の歯が少ない傾向にあることがわかりました。これは国立がん研究センター研究班が、全国の50~70歳代の男女を対象に行った調査の結果です(※)。
 ※国立がん研究センター研究班 多目的コホート研究(JPHC研究)

 それによると、出産回数が0~1回の女性では残っている歯の数が約19本だったのに対して、3回では16.4本、4回以上では15.6本と約3本も少ない結果でした。
 また、奥歯で上下がかみ合っている歯が何組あるか比較したところ、これも出産回数が多い人ほど少なくなっていました。

 この結果について研究班では「妊娠・出産に伴ってホルモンや口の中の細菌のバランスが変化し、免疫力も低下することで、むし歯や歯周病が発症・悪化しやすくなり、それが妊娠のたびに繰り返されて歯を失う危険性を高めている」としています。

 さらに、妊娠中の女性の半数以上は歯科治療を避ける傾向があり、妊娠中に歯が悪くなることは仕方がないと考えていることの影響が大きいとみられます。
 しかし、妊娠中の歯の治療が胎児に悪影響を及ぼすという科学的根拠はありません。妊娠中にも必要な歯科治療をしっかり受けて、口の中の健康管理を続けることが大切です。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
植野 正之先生


東京医科歯科大学大学院健康推進歯学分野 准教授
1986年鹿児島大学歯学部卒業。90年東京医科歯科大学大学院修了(歯学博士)、同大歯学部附属病院予防歯科医員。94年米国カリフォルニア大学バークレー校大学院修了(公衆衛生学修士)、同大サンフランシスコ校歯学部ポスドク、96年同校レジデント修了(歯科公衆衛生学)。2000年米国ウエスタンデンタルサービス社 歯科監査官を経て、05年東京医科歯科大学歯学部附属病院息さわやか外来医員。08年同大大学院健康推進歯学分野助教、10年准教授、現在に至る。

コラムに関連する病名が検索できます。

女性ホルモンの分泌が増えると歯周病になりやすい? 予防法とは 関連コラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 これができない人は『垂れ尻』の可能性大!? 20秒筋力チェック
    これができない人は『垂れ尻』の可能性大!? 20秒筋力チェック
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと お尻…
  2. 2
    自己中・プライドが高い・かまってちゃん…面倒な人のかわし方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 人間…
  3. 3
    あなたのパートナーは大丈夫? 相手のモラハラ度をチェック!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 「モ…
  4. 4 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  5. 5
    「なるほど~」が多い人は話を聞いてない? 口ぐせで分かる相手の本音
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 人が…
  6. 6 飲みたくなくなるかも!? ペットボトルのお茶に入っている意外なもの
    飲みたくなくなるかも!? ペットボトルのお茶に入っている意外なもの
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  7. 7
    コンビニ弁当を食べ続けると早死にする? その理由は…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 忙し…
  8. 8
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  9. 9 知っているようで知らない“ネイルの危険性”について
    爪の状態をみればからだの不調が分かる!こんな爪の人は要注意
    (編集・制作 (株)法研) (「よくわかる女性のからだ事典」天野恵子…
  10. 10
    女性ホルモンを増やす5つのコツ!不調の原因はホルモンの減少かも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ホル…
  11. 11
    洋菓子を食べすぎると体調が悪くなる!? 困った症状7個
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  12. 12
    老化防止には体幹力が必須!あなたの体幹力を診断
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 動く…
  13. 13
    大豆イソフラボンは納豆1パックに何mg? 毎日どれぐらい摂るといい?
    (編集・制作 (株)法研) 女性の強い味方、大豆・大豆製品を毎日の食…
  14. 14
    カサカサの唇は胃が荒れている?唇の色やトラブルから分かる体のSOS
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 唇が…
  15. 15 ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    下着売り場でブラジャーのサイズを測ってもらったのはいつ? 実はサイズが…
  16. 16
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  17. 17 【医師が回答!】目の下のクマを治す方法を教えてください
    目の下のクマの原因は寝不足だけじゃない?体調不良のサインとは?
    それは単なる寝不足のせい?それとも重い病気の前ぶれ?クマが出る原因と理…
  18. 18
    骨粗しょう症になる女性とならない女性の差とは?骨粗しょう症の予防法
    (編集・制作 (株)法研) 閉経前後から起こる骨量減少。まずは自分の…
  19. 19 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…
  20. 20 知っているようで知らない“ネイルの危険性”について
    知っているようで知らない“ネイルの危険性”について
    キレイに整えられたネイルは、女性らしくてとってもおしゃれ。その反面、ネ…

一覧