家の中のカビ菌は水回りだけではない? エアコンのカビが肺炎を招く?

靴箱や掃除機も要注意!アレルギーの原因になるカビの対処法

家の中のカビがぜんそくやアレルギー性肺炎を引き起こす! カビ予防のポイントは換気と除湿、こまめな掃除

水回りだけではないカビの棲家

 じめじめして蒸し暑い梅雨どき、高温多湿を好むカビにとって家の中は絶好の環境となります。カビは微生物の一種できのこや酵母など真菌類の仲間。しょうゆやみそ、酒をつくるうえで欠かせない有用なカビから、健康被害をもたらすものまで、さまざまな種類があります。

 家の中のカビというと、浴室・洗面所やキッチンなど水回りが気になると思いますが、カビはリビングや寝室、クローゼット、押入れ、靴箱など、家中あらゆる場所にひそんでいます。エアコンや加湿器、掃除機、カーテンやカーペット、布団やベッドのマットレスなども要注意です!

家の中に繁殖するカビがアレルギー性疾患の原因に

 カビの胞子は空気中をふわふわと漂っていて、これを吸い込むことでぜんそくやアトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患をひき起こすことがあります。
 ぜんそくの主なアレルゲン(アレルギーの原因)はダニですが、カビはダニのえさとなってダニを増やし、ぜんそくのリスクを高めることに。

 あまり知られていませんが、カビがアレルギー性の肺炎を引き起こすこともあります。なかでも日本で多いのが「夏型過敏性肺炎」。これは、家の中で繁殖したトリコスポロンというカビの胞子をくり返し吸い込むことで発症する病気で、高温多湿の夏季を中心に多くみられます。症状はせきや発熱、息苦しさなど、夏かぜと間違われやすいので注意が必要です。

 毎年夏だけ同じ症状が出たり、夏でも旅行などで家を留守にする(カビのある環境から離れる)と症状が治まるなどの特徴があれば、「夏型過敏性肺炎」かもしれません。
 この病気を放置すると症状が慢性化する恐れがあります。そうなると肺の機能が徐々に低下して家から出ても症状が治まらなくなり、やがて呼吸不全を起こすこともあるため、早めの治療と予防対策が必要です。

カビはほこりの中にもいっぱい! こまめな掃除でほこりを取る

 カビによるアレルギー性疾患を防ぐには、原因となるカビを除去し、生やさない、増やさないことが大切。まず水回りなどの目に見えるカビは、いつもの洗剤やカビ取り剤、アルコールなどで取り除きます。カーテンにカビが生えていたら洗濯しましょう。
 カビはほこりの中にもたくさん混ざっています。こまめに掃除機をかけたり拭き掃除をしてほこりを取り除くことが大切です。

 水回りや寝室、押入れ、クローゼット、靴箱などの具体的なカビ対策、掃除方法はこちらをご参照ください「カビ対策にもおすすめ 梅雨入り前の大掃除」。

エアコンフィルターの掃除は定期的に

 カビを生やさないため、家の中の風通しをよくして除湿、乾燥を心がけましょう。お天気の良い日は窓を開けて空気を入れ替えればよいですが、梅雨どきはエアコンの除湿機能などを上手に利用しましょう。

 しかし、エアコン内部もカビが生えやすい場所です。エアコンは季節の使い始めはもちろん、定期的にフィルター掃除を。こまめに掃除機でホコリを吸い取り、月に一度は洗剤で水洗いして、しっかり乾燥させてから戻しましょう。エアコンをつけたときかび臭いと感じるようなら、専門業者にクリーニングしてもらうとよいでしょう。

 ほかに、入浴後は浴室の水気を拭き取って換気扇を回す、調理中は換気扇を回す、調理後は調理台やシンクの水気を拭き取ることなども、湿気を防いでカビ予防に役立ちます。
 雨に濡れた傘は外で乾かしてからしまう、脱いだ靴は乾いてから靴箱にしまうことなども大切です。

(編集・制作 (株)法研)

コラムに関連する病名が検索できます。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 これができない人は『垂れ尻』の可能性大!? 20秒筋力チェック
    これができない人は『垂れ尻』の可能性大!? 20秒筋力チェック
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと お尻…
  2. 2
    自己中・プライドが高い・かまってちゃん…面倒な人のかわし方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 人間…
  3. 3
    あなたのパートナーは大丈夫? 相手のモラハラ度をチェック!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 「モ…
  4. 4 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  5. 5
    「なるほど~」が多い人は話を聞いてない? 口ぐせで分かる相手の本音
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 人が…
  6. 6 飲みたくなくなるかも!? ペットボトルのお茶に入っている意外なもの
    飲みたくなくなるかも!? ペットボトルのお茶に入っている意外なもの
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  7. 7
    コンビニ弁当を食べ続けると早死にする? その理由は…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 忙し…
  8. 8
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  9. 9 知っているようで知らない“ネイルの危険性”について
    爪の状態をみればからだの不調が分かる!こんな爪の人は要注意
    (編集・制作 (株)法研) (「よくわかる女性のからだ事典」天野恵子…
  10. 10
    女性ホルモンを増やす5つのコツ!不調の原因はホルモンの減少かも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ホル…
  11. 11
    洋菓子を食べすぎると体調が悪くなる!? 困った症状7個
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  12. 12
    老化防止には体幹力が必須!あなたの体幹力を診断
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 動く…
  13. 13
    大豆イソフラボンは納豆1パックに何mg? 毎日どれぐらい摂るといい?
    (編集・制作 (株)法研) 女性の強い味方、大豆・大豆製品を毎日の食…
  14. 14
    カサカサの唇は胃が荒れている?唇の色やトラブルから分かる体のSOS
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 唇が…
  15. 15 ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    下着売り場でブラジャーのサイズを測ってもらったのはいつ? 実はサイズが…
  16. 16
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  17. 17 【医師が回答!】目の下のクマを治す方法を教えてください
    目の下のクマの原因は寝不足だけじゃない?体調不良のサインとは?
    それは単なる寝不足のせい?それとも重い病気の前ぶれ?クマが出る原因と理…
  18. 18
    骨粗しょう症になる女性とならない女性の差とは?骨粗しょう症の予防法
    (編集・制作 (株)法研) 閉経前後から起こる骨量減少。まずは自分の…
  19. 19 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…
  20. 20 知っているようで知らない“ネイルの危険性”について
    知っているようで知らない“ネイルの危険性”について
    キレイに整えられたネイルは、女性らしくてとってもおしゃれ。その反面、ネ…

一覧