家の中のカビ菌は水回りだけではない? エアコンのカビが肺炎を招く?

靴箱や掃除機も要注意!アレルギーの原因になるカビの対処法

家の中のカビがぜんそくやアレルギー性肺炎を引き起こす! カビ予防のポイントは換気と除湿、こまめな掃除

水回りだけではないカビの棲家

 じめじめして蒸し暑い梅雨どき、高温多湿を好むカビにとって家の中は絶好の環境となります。カビは微生物の一種できのこや酵母など真菌類の仲間。しょうゆやみそ、酒をつくるうえで欠かせない有用なカビから、健康被害をもたらすものまで、さまざまな種類があります。

 家の中のカビというと、浴室・洗面所やキッチンなど水回りが気になると思いますが、カビはリビングや寝室、クローゼット、押入れ、靴箱など、家中あらゆる場所にひそんでいます。エアコンや加湿器、掃除機、カーテンやカーペット、布団やベッドのマットレスなども要注意です!

家の中に繁殖するカビがアレルギー性疾患の原因に

 カビの胞子は空気中をふわふわと漂っていて、これを吸い込むことでぜんそくやアトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患をひき起こすことがあります。
 ぜんそくの主なアレルゲン(アレルギーの原因)はダニですが、カビはダニのえさとなってダニを増やし、ぜんそくのリスクを高めることに。

 あまり知られていませんが、カビがアレルギー性の肺炎を引き起こすこともあります。なかでも日本で多いのが「夏型過敏性肺炎」。これは、家の中で繁殖したトリコスポロンというカビの胞子をくり返し吸い込むことで発症する病気で、高温多湿の夏季を中心に多くみられます。症状はせきや発熱、息苦しさなど、夏かぜと間違われやすいので注意が必要です。

 毎年夏だけ同じ症状が出たり、夏でも旅行などで家を留守にする(カビのある環境から離れる)と症状が治まるなどの特徴があれば、「夏型過敏性肺炎」かもしれません。
 この病気を放置すると症状が慢性化する恐れがあります。そうなると肺の機能が徐々に低下して家から出ても症状が治まらなくなり、やがて呼吸不全を起こすこともあるため、早めの治療と予防対策が必要です。

カビはほこりの中にもいっぱい! こまめな掃除でほこりを取る

 カビによるアレルギー性疾患を防ぐには、原因となるカビを除去し、生やさない、増やさないことが大切。まず水回りなどの目に見えるカビは、いつもの洗剤やカビ取り剤、アルコールなどで取り除きます。カーテンにカビが生えていたら洗濯しましょう。
 カビはほこりの中にもたくさん混ざっています。こまめに掃除機をかけたり拭き掃除をしてほこりを取り除くことが大切です。

 水回りや寝室、押入れ、クローゼット、靴箱などの具体的なカビ対策、掃除方法はこちらをご参照ください「カビ対策にもおすすめ 梅雨入り前の大掃除」。

エアコンフィルターの掃除は定期的に

 カビを生やさないため、家の中の風通しをよくして除湿、乾燥を心がけましょう。お天気の良い日は窓を開けて空気を入れ替えればよいですが、梅雨どきはエアコンの除湿機能などを上手に利用しましょう。

 しかし、エアコン内部もカビが生えやすい場所です。エアコンは季節の使い始めはもちろん、定期的にフィルター掃除を。こまめに掃除機でホコリを吸い取り、月に一度は洗剤で水洗いして、しっかり乾燥させてから戻しましょう。エアコンをつけたときかび臭いと感じるようなら、専門業者にクリーニングしてもらうとよいでしょう。

 ほかに、入浴後は浴室の水気を拭き取って換気扇を回す、調理中は換気扇を回す、調理後は調理台やシンクの水気を拭き取ることなども、湿気を防いでカビ予防に役立ちます。
 雨に濡れた傘は外で乾かしてからしまう、脱いだ靴は乾いてから靴箱にしまうことなども大切です。

(編集・制作 (株)法研)

コラムに関連する病名が検索できます。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 無性に○○が食べたい! それは体からのSOS、栄養不足のサインかも?
    無性に○○が食べたい! それは体からのSOS、栄養不足のサインかも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  2. 2 お酒を飲まない女性に増えている『非アルコール性脂肪肝炎』その3つの要因
    お酒を飲まない女性に増えている『非アルコール性脂肪肝炎』その3つの要因
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  3. 3 運動をしない女性の健康リスク8つ―運動習慣のある女性は3割以下!
    運動をしない女性の健康リスク8つ―運動習慣のある女性は3割以下!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 運動…
  4. 4
    年をとると睡眠時間がどんどん短くなるのはなぜ?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  5. 5 女性ホルモンを増やすには大豆より朝の●●がおすすめ!!
    女性ホルモンを増やすには大豆より『朝のピーナッツ』がおすすめ!!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  6. 6 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  7. 7
    食べ過ぎリセット! 食べ過ぎた翌日からできる太らない為の8つの対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと うっ…
  8. 8
    立ち上がると目の前がクラクラ…女性に多い起立性低血圧症、8つの改善方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 女性…
  9. 9 簡単にできる栄養バランスのいいお弁当-配分は3:2:1がベスト
    簡単にできる栄養バランスのいいお弁当-配分は3:2:1がベスト
    (編集・制作 (株)法研) 手早くできて健康によいお弁当づくりのコツ…
  10. 10
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    外見からはわからない障害を抱えている人がつけるマークを知っていますか?…
  11. 11
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  12. 12 女性に多い「まぶたのピクピク」に注意! 目の痙攣は体からのSOS
    女性に多い「まぶたのピクピク」に注意! 目の痙攣は体からのSOS
    ふとした時に起こるまぶたの痙攣。これは、体からのSOSサインです。顔に…
  13. 13 突然の腹痛・吐き気・お腹の張りは腸閉塞(イレウス)かも? 症状と対処法
    突然の腹痛・吐き気・お腹の張りは腸閉塞(イレウス)かも? 症状と対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  14. 14 【急性咽頭炎】を早く治したい時の4つのケア方法─喉の痛み・腫れ・渇き
    【急性咽頭炎】を早く治したい時の4つのケア方法─喉の痛み・腫れ・渇き
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  15. 15 『疲れがスッキリ』これをやったら相手に喜ばれる!脚のマッサージのやり方
    『疲れがスッキリ』これをやったら相手に喜ばれる!脚のマッサージのやり方
    (編集・制作 (株)法研) パートナーにやってあげて喜ばれる脚の側面…
  16. 16 ダイエットの近道は塩分を控えること! ストレスフリー減塩のコツ6つ
    ダイエットの近道は塩分を控えること! ストレスフリー減塩のコツ6つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  17. 17 いつの間にか眠ってた…これって『睡眠時無呼吸症候群』の危険信号かも
    いつの間にか眠ってた…これって『睡眠時無呼吸症候群』の危険信号かも
    (編集・制作 (株)法研) 単なる居眠りではすまされない、早期発見・…
  18. 18
    冷凍食品は体に悪いの? 食べていいもの悪いもの
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  19. 19 脳を活性化させるには手を動かす! 脳を刺激する手のかんたん体操
    脳を活性化させるには手を動かす! 脳を刺激する手のかんたん体操
    (編集・制作 (株)法研) 手から入った刺激は脳の多くの領域を活性化…
  20. 20 冬の『みかん』は女性に嬉しい栄養がたっぷり! 皮も再利用できるって?
    冬の『みかん』は女性に嬉しい栄養がたっぷり! 皮も再利用できるって?
    (編集・制作 (株)法研) おいしくて健康によい。しかも食べやす…

一覧