潰瘍性大腸炎が20~30代に急増してる? 主な3つの症状

原因不明の腸の炎症で出血性の下痢を起こす「潰瘍性大腸炎」

寛解と再燃をくり返し完治することは少ないが、適切な治療と生活習慣の改善で通常の社会生活が可能に

近年急増中の潰瘍性大腸炎は、出血をともなう下痢と腹痛が主な症状

 潰瘍性大腸炎とは、大腸の粘膜が炎症を起こし、粘膜にただれや潰瘍ができる病気です。もともと欧米に多くみられた病気ですが、近年日本でも患者数が急増しています。2013年の患者数は1000人に1人程度ですが、10年で約2倍になる勢いで急増しています。
 発症年齢のピークは20歳代の若年層ですが、最近は中高年での発症も目立ちます。明らかな男女差はありません。

 主な症状は、しばしば出血をともなう下痢と腹痛です。放置すると出血による貧血や、発熱、吐き気、嘔吐(おうと)、体重減少などの症状が加わります。

 この病気は、よくなったり悪くなったり(寛解と再燃)をくり返すのが特徴で、ひとたび発症すると、完全に治ることは多くなく、長くつきあっていかなければならない病気です。

国の指定難病に。大腸がんなど重大な病気の合併を見逃さないこと

 潰瘍性大腸炎の原因は現在のところ解明されておらず、完治にいたる治療法も確立していません。そのため国の指定難病に定められ、申請して認定された人は医療費の補助が受けられます。
 なお、2015年1月より難病患者に対する医療費助成制度が変わりました(申請には認定医による診断書が必要、助成を受けることができるのは認定医療機関で治療を受けた場合、など)。詳しくは医療機関や都道府県の窓口へお尋ねください。

 潰瘍性大腸炎を発症してから7~8年たつと、一般の人より大腸がんを発症する危険性が高くなります。
 また重症例では、皮膚や目、関節などに合併症を起こすこともあるので、主治医と相談しながら定期的な検査を受ける必要があります。

潰瘍性大腸炎の治療は寛解の維持が目標に

 潰瘍性大腸炎の治療法は、重症度によって異なりますが、症状が改善・消失した状態(寛解)を維持することが目標となります。

 比較的軽症の場合は、5-アミノサリチル酸製剤やステロイド薬の内服を行います。炎症の範囲が肛門付近に限られているときには、これらの薬を肛門から腸の中に注入して使用する場合もあります。

 重症の場合は入院が必要になります。腸管を休めるために食事を休止して、点滴による治療や栄養管理を行います。また、炎症の原因となる白血球を血液から取り除く白血球除去療法を行うことがあります。病状によっては、免疫抑制薬を使用することもあります。

 多くの患者さんはこれらの内科的治療で寛解を維持し、健康な人と同じように生活することが可能となります。
 しかし、これらの治療を行っても寛解に至らない場合や、頻繁に再燃をくり返して社会生活に支障をきたすような場合、もしくは大腸がんを合併した場合には、大腸を摘出する手術が必要になることがあります。

初期には感染性胃腸炎との見分けが難しい

 潰瘍性大腸炎と同様に下痢や腹痛、発熱などを引き起こす代表的な病気に感染性胃腸炎があります。その多くは発症から数日で症状が快方に向かい自然に治ります。
 この感染性胃腸炎は例年冬場に大流行しますが、冬だけでなく一年を通して多くみられるため、急な下痢や腹痛の原因の多くをこの病気が占めています。

 したがって、自然に治りやすい感染性胃腸炎と、放置すると悪化しやすい潰瘍性大腸炎とを、発症初期に鑑別するのは、案外容易ではありません。

 次のような場合、潰瘍性大腸炎など感染性胃腸炎以外の疾患の可能性が高くなりますので、早めにかかりつけ医に相談しましょう。
・血便や下血をともなう
・強い腹痛をともなう
・1週間以上たっても症状が改善しない(症状が長く続く)

 かかりつけ医がいない場合は、最寄りの消化器科、総合診療科(家庭医)、内科等を受診しましょう。

日頃からストレス管理を行い、自己判断で治療を中断しない

 潰瘍性大腸炎は、肉体的・精神的ストレスをきっかけに発症・再燃することがあるため、日頃からストレスをため込まないよう自己管理が重要です。症状がなければ、厳しい食事制限の必要はありませんが、高脂肪食やアルコール、香辛料の摂りすぎには注意しましょう。

 この病気は寛解と再燃をくり返すことが多いため、治療により一旦症状が改善しても、自己判断で通院・治療を中断しないことが大切です。

(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
石井 敦先生


社団医療法人養生会 かしま病院総合診療科 部長代理
福島県生まれ。1998年聖マリアンナ医科大学医学部卒業。2013年より現職。日々の活動の詳細はブログ「いわきで創る家庭医療」(http://atsushii.blogspot.jp/)をご覧ください。

コラムに関連する病名が検索できます。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    肩こりの原因はスイーツの食べすぎかも?その意外な関係性
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 慢性…
  2. 2 頭痛には3つのタイプがある-症状からタイプを見極めて予防を
    頭痛には3つのタイプがある-症状からタイプを見極めて予防を
    「片頭痛」と「緊張型頭痛」。女性に多い慢性頭痛の対処方法。まず自分の…
  3. 3
    女性も油断できない!加齢臭を生み出す悪習慣4つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと おじ…
  4. 4
    それはやらないで!白髪が増える7つのダメ習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ほん…
  5. 5
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  6. 6
    女性が一番キレイに見えるメガネの色は何色?選び方の大事なポイント
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 老眼…
  7. 7
    老化スパイラルにハマるあぶない食生活とは?5つの心がけで予防
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 気に…
  8. 8
    使い古した『ゴワゴワタオル』をふんわりさせる蘇り洗濯術
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ふん…
  9. 9
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  10. 10 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代…
  11. 11
    冷え・むくみを撃退したいなら『シナモン紅茶』がおすすめ!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 毛細…
  12. 12 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  13. 13 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  14. 14
    眠気・だるい・むくみ…成人女性の10人に1人が橋本病|注意したい症状は
    不定愁訴のような症状が起こる、橋本病を知っていますか? 女性がかかり…
  15. 15
    電車の中で居眠りしてはいけない。寝不足を解消するコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝起…
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  17. 17
    納豆パワーを最大限に引き出す食べ方。ひきわりと粒、栄養価が高いのは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 日本…
  18. 18 大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だっ…
  19. 19
    寝る前にやってはいけない事リスト。寝つきが悪くなる・睡眠の質が下がる…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 人生…
  20. 20
    ニオイの原因は『足の角質』。やりがちな間違ったケア方法とは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと タイ…

一覧