潰瘍性大腸炎が20~30代に急増してる? 主な3つの症状

原因不明の腸の炎症で出血性の下痢を起こす「潰瘍性大腸炎」

寛解と再燃をくり返し完治することは少ないが、適切な治療と生活習慣の改善で通常の社会生活が可能に

近年急増中の潰瘍性大腸炎は、出血をともなう下痢と腹痛が主な症状

 潰瘍性大腸炎とは、大腸の粘膜が炎症を起こし、粘膜にただれや潰瘍ができる病気です。もともと欧米に多くみられた病気ですが、近年日本でも患者数が急増しています。2013年の患者数は1000人に1人程度ですが、10年で約2倍になる勢いで急増しています。
 発症年齢のピークは20歳代の若年層ですが、最近は中高年での発症も目立ちます。明らかな男女差はありません。

 主な症状は、しばしば出血をともなう下痢と腹痛です。放置すると出血による貧血や、発熱、吐き気、嘔吐(おうと)、体重減少などの症状が加わります。

 この病気は、よくなったり悪くなったり(寛解と再燃)をくり返すのが特徴で、ひとたび発症すると、完全に治ることは多くなく、長くつきあっていかなければならない病気です。

国の指定難病に。大腸がんなど重大な病気の合併を見逃さないこと

 潰瘍性大腸炎の原因は現在のところ解明されておらず、完治にいたる治療法も確立していません。そのため国の指定難病に定められ、申請して認定された人は医療費の補助が受けられます。
 なお、2015年1月より難病患者に対する医療費助成制度が変わりました(申請には認定医による診断書が必要、助成を受けることができるのは認定医療機関で治療を受けた場合、など)。詳しくは医療機関や都道府県の窓口へお尋ねください。

 潰瘍性大腸炎を発症してから7~8年たつと、一般の人より大腸がんを発症する危険性が高くなります。
 また重症例では、皮膚や目、関節などに合併症を起こすこともあるので、主治医と相談しながら定期的な検査を受ける必要があります。

潰瘍性大腸炎の治療は寛解の維持が目標に

 潰瘍性大腸炎の治療法は、重症度によって異なりますが、症状が改善・消失した状態(寛解)を維持することが目標となります。

 比較的軽症の場合は、5-アミノサリチル酸製剤やステロイド薬の内服を行います。炎症の範囲が肛門付近に限られているときには、これらの薬を肛門から腸の中に注入して使用する場合もあります。

 重症の場合は入院が必要になります。腸管を休めるために食事を休止して、点滴による治療や栄養管理を行います。また、炎症の原因となる白血球を血液から取り除く白血球除去療法を行うことがあります。病状によっては、免疫抑制薬を使用することもあります。

 多くの患者さんはこれらの内科的治療で寛解を維持し、健康な人と同じように生活することが可能となります。
 しかし、これらの治療を行っても寛解に至らない場合や、頻繁に再燃をくり返して社会生活に支障をきたすような場合、もしくは大腸がんを合併した場合には、大腸を摘出する手術が必要になることがあります。

初期には感染性胃腸炎との見分けが難しい

 潰瘍性大腸炎と同様に下痢や腹痛、発熱などを引き起こす代表的な病気に感染性胃腸炎があります。その多くは発症から数日で症状が快方に向かい自然に治ります。
 この感染性胃腸炎は例年冬場に大流行しますが、冬だけでなく一年を通して多くみられるため、急な下痢や腹痛の原因の多くをこの病気が占めています。

 したがって、自然に治りやすい感染性胃腸炎と、放置すると悪化しやすい潰瘍性大腸炎とを、発症初期に鑑別するのは、案外容易ではありません。

 次のような場合、潰瘍性大腸炎など感染性胃腸炎以外の疾患の可能性が高くなりますので、早めにかかりつけ医に相談しましょう。
・血便や下血をともなう
・強い腹痛をともなう
・1週間以上たっても症状が改善しない(症状が長く続く)

 かかりつけ医がいない場合は、最寄りの消化器科、総合診療科(家庭医)、内科等を受診しましょう。

日頃からストレス管理を行い、自己判断で治療を中断しない

 潰瘍性大腸炎は、肉体的・精神的ストレスをきっかけに発症・再燃することがあるため、日頃からストレスをため込まないよう自己管理が重要です。症状がなければ、厳しい食事制限の必要はありませんが、高脂肪食やアルコール、香辛料の摂りすぎには注意しましょう。

 この病気は寛解と再燃をくり返すことが多いため、治療により一旦症状が改善しても、自己判断で通院・治療を中断しないことが大切です。

(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
石井 敦先生


社団医療法人養生会 かしま病院総合診療科 部長代理
福島県生まれ。1998年聖マリアンナ医科大学医学部卒業。2013年より現職。日々の活動の詳細はブログ「いわきで創る家庭医療」(http://atsushii.blogspot.jp/)をご覧ください。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

腹痛の原因となる病気 2-盲腸(虫垂炎)の症状と治療法

虫垂炎(ちゅうすいえん)は、文字通り虫垂に炎症が起きる病気です。虫垂は、盲腸(大腸の一部で右下腹部に位置する)から突き出た通常5〜10cmほどの細い突起物です。(「大腸・直腸と排便 - 人体図・図解・体の仕組み」参照)
盲腸と虫垂が接... 続きを読む

関節リウマチ患者、女性は男性の4倍-専門医の早期診断が決め手

日本での関節リウマチの患者数は、70~100万人と推定され、30~50歳代で最も多く発症しています。10歳代や20歳代での発症もあります。女性に多く、男性の約4倍とみられています。
関節リウマチの原因は、まだ明らかではありませんが、自... 続きを読む

耳鳴りはなぜ起こるのか? 難聴が原因の可能性も|症状や治療法

耳鳴りに悩む方は少なくありません。周りで何も音がしていないのに耳の奥のほうでたびたび音が聞こえてくると、気になって仕事に集中できなかったり眠れなかったりと、日常生活にも影響が及ぶこともあります。
耳鳴りには、聴診器などでほかの人も聞く... 続きを読む

冬の食中毒、ノロウイルスは11月から増える-7つの対策方法

ノロウイルスによる食中毒や感染性胃腸炎は1年を通して発症しますが特に冬に多く、11月頃から増えはじめ、1~2月にピークを迎えます。昨シーズン大流行したことは、どなたも記憶に新しいのではないでしょうか?
国立感染症研究所の発表によると、... 続きを読む

知っておくと便利な危険な不整脈の見分け方

不整脈とは
まずは、不整脈とはどういうものか確認してみましょう。


心臓は一定のリズムで収縮と拡張(拍動)をくり返し、全身に血液を循環させている。何らかの原因でこの拍動のリズムが乱れた状態を不整脈といい、異常に速くなる頻脈、遅く... 続きを読む

大腸がんを早期発見-便潜血反応検査って知ってる?

近年、大腸がん(結腸、直腸、肛門のがん)による死亡者数が急増しています。厚生労働省の統計によると、平成19年の日本人の死因の約3分の1は「がん」です。このうち男性の大腸がんの死亡者数は10年前の約1.2倍となり、初めて肝臓がんを抜いて3番... 続きを読む

「かかりつけ医」とは? 街のお医者さん、家族の健康の相談もできる

「子どもが風邪気味」「なんだかお腹が痛い」など自分や家族が体調不良を感じたとき、どんな病院を受診していますか? 大人ならば近所の内科医、子どもならば小児科医を受診するのが一般的だと思いますが、どんなときでも診てもらえる「かかりつけ医」が... 続きを読む

海外出張時の健康管理は大丈夫?-押えておきたいポイント6つ

すでに多くの企業が海外進出を遂げていますが、今後さらに、グローバル化のなかで海外出張は増えるでしょう。また年齢を問わず、若い人も年配の人も出張が求められ、しかも短い出張の間に多くのミッションが求められています。健康管理なくして海外出張の成... 続きを読む

腹痛の原因となる病気 3-ストレスで悪化する過敏性腸症候群

過敏性腸症候群は、腸の検査や血液検査をしても異常が認められないのに、腹痛や下痢・便秘などの便通異常を中心とする消化器症状が長く続く病気です。ストレスが症状を悪化させる要因となり、日本を含む先進国で多くみられます。
日本人の10~15%が... 続きを読む

医療費が高額になったら高額医療費制度を利用しよう

高額医療費制度の仕組み
高額医療費制度は、別名高額療養費制度とも言われすべての健康保険組合にその制度があります。
1ヶ月の間に自己負担限度額を超えた医療費は、負担しなくても良い、というものです。
この医療費には入院中の食事代や差額ベ... 続きを読む