女性の片頭痛は男性の4倍! 原因は女性ホルモンの変動?

女性ホルモンと深い関係。20~40代に多く妊娠中は少ない

日常生活に支障をきたす強い痛み。予防は頭痛の誘因を避けることが第一、ストレスをためず規則正しい生活を

片頭痛は女性に多く男性の4倍も!

 原因となる病気がなく頭痛をくり返すことを慢性頭痛といいますが、慢性頭痛のなかでも特に女性に多いのが「片頭痛」です。片頭痛はズキンズキンと脈打つような強い痛みが特徴で、こめかみから目のあたりにかけて強い頭痛が数時間から2~3日も続きます。

 「片頭痛」といっても頭の両側が痛む人も40%ほどいて、吐き気や嘔吐(おうと)を伴ったり、光や音に過敏になることもあります。また、頭を振ったり体を動かすと痛みがひどくなるため、頭痛が起こると寝込んでしまう人が多く、仕事や日常生活への影響が大きい頭痛といえます。

 頭痛の前にキラキラ光る点やギザギザ(前兆)が見える人もいますし、生あくびや肩・首のこり、手足のむくみ、疲労感や空腹感などの症状(予兆)が1~2日前からみられる人もいます。

 日本には片頭痛に悩む人が約840万人いるといわれますが、特に多いのは20~40代の女性で、女性が男性の4倍と圧倒的に多いのが特徴です。なぜ「片頭痛」は女性に多いのでしょうか?

女性ホルモンの変動が大きくかかわっている

 片頭痛の原因はまだよくわかっていませんが、脳の血管の周囲にある三叉(さんさ)神経が何らかの刺激を受けることで神経伝達物質が分泌され、その結果頭の血管の拡張と血管周囲の炎症が起こり、痛みを起こすと考えられています。

 そして片頭痛の発症には女性ホルモン、なかでもエストロゲンの変動が大きくかかわっています。
 実際、エストロゲンが急激に減少する月経直前から月経3日目までの間や排卵日周辺に片頭痛の発作を起こす人が多いこと、エストロゲンの分泌が多い妊娠中は発作が減少し、出産後に再発する人が多いことなどが知られています。
 閉経以降は、片頭痛は少なくなるものの、完全になくなるというわけにはいかないようです。

 また、片頭痛と遺伝との関連も指摘されており、特に母親に片頭痛がある場合娘の約70%に遺伝するといわれています。このことも、女性に片頭痛が多い理由の一つになっています。

 月経に伴って起こる片頭痛は症状が重いことが多く、市販薬では効果が出にくいので、早めに医師に相談することをおすすめします。

何が片頭痛の誘因かを知り、それを避けることが予防の第一

 片頭痛の誘因は女性ホルモンだけではありません。ストレスがかかったときや緊張から解放されたときに片頭痛が起こるという人も多いですし、睡眠不足や寝すぎ、気候、アルコールなども片頭痛の誘因になります。

●片頭痛の代表的な誘因
・ストレス、ストレスからの解放(週末など)
・睡眠不足、寝すぎ、昼寝、過労など
・気圧や気温の急変、香水などのにおい、強い光、騒音、人込み、旅行など
・アルコール
・カフェインのとり過ぎ、空腹など

 自分にとって何が頭痛の誘因となるかを知っておけば、それを避けることで予防につなげることができます。また、日頃からストレスをためないこと、食事を3食きちんととって規則正しい生活をすることも大切です。

セルフケアで対処できない場合は早めに受診を

 片頭痛が起こってしまったら、暗い静かな部屋で横になったり、こめかみなどの痛む場所を冷たいタオルなどで冷やすと、痛みを和らげる効果があります。また、痛み出したときにコーヒーなどでカフェインをとると、血管が収縮して痛みが和らぐことがあります(とりすぎは逆効果に)。

 頭痛の回数が少なく、市販の頭痛薬を飲めば1~2時間で治る人はそれで問題ないでしょう。しかし、発作が頻回でその都度市販薬を飲んだり、痛みが起きるのが不安で薬を飲む回数が多くなる場合は、薬の使い過ぎによる「薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)」が起こる恐れがあります。
 週2日以上市販薬を飲んでいる人や、市販薬では効果がない人、痛みが強い人は、早めに頭痛外来や神経内科、脳神経外科などを受診しましょう。

 医療機関では、拡張した血管を元の状態に戻し三叉神経の興奮を抑えるトリプタンという薬が主に使われます。また、頭痛の回数が多い場合は、脳の神経細胞の興奮を抑えて頭痛が起こらないようにする予防薬が使用されます。予防薬にはカルシウム拮抗薬やβ遮断薬、抗てんかん薬などがあり、最低2~3カ月間、継続的に使用して効果をみます。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
五十嵐 久佳先生


富士通クリニック 頭痛外来
北里大学医学部 客員教授
1979年北里大学医学部卒業。神経内科へ入局し、頭痛の臨床と研究に携わる。1989年にイギリスへ留学。現在は富士通クリニック(月・火)、東京クリニック(水)で完全予約制の頭痛外来を担当している。大の犬好き。

コラムに関連する病名が検索できます。

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    肩こりの原因はスイーツの食べすぎかも?その意外な関係性
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 慢性…
  2. 2 頭痛には3つのタイプがある-症状からタイプを見極めて予防を
    頭痛には3つのタイプがある-症状からタイプを見極めて予防を
    「片頭痛」と「緊張型頭痛」。女性に多い慢性頭痛の対処方法。まず自分の…
  3. 3
    女性も油断できない!加齢臭を生み出す悪習慣4つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと おじ…
  4. 4
    それはやらないで!白髪が増える7つのダメ習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ほん…
  5. 5
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  6. 6
    女性が一番キレイに見えるメガネの色は何色?選び方の大事なポイント
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 老眼…
  7. 7
    老化スパイラルにハマるあぶない食生活とは?5つの心がけで予防
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 気に…
  8. 8
    使い古した『ゴワゴワタオル』をふんわりさせる蘇り洗濯術
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ふん…
  9. 9
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  10. 10 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代…
  11. 11
    冷え・むくみを撃退したいなら『シナモン紅茶』がおすすめ!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 毛細…
  12. 12 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  13. 13 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  14. 14
    眠気・だるい・むくみ…成人女性の10人に1人が橋本病|注意したい症状は
    不定愁訴のような症状が起こる、橋本病を知っていますか? 女性がかかり…
  15. 15
    電車の中で居眠りしてはいけない。寝不足を解消するコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝起…
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  17. 17
    納豆パワーを最大限に引き出す食べ方。ひきわりと粒、栄養価が高いのは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 日本…
  18. 18 大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だっ…
  19. 19
    寝る前にやってはいけない事リスト。寝つきが悪くなる・睡眠の質が下がる…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 人生…
  20. 20
    ニオイの原因は『足の角質』。やりがちな間違ったケア方法とは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと タイ…

一覧