便秘は大腸がんのリスクにならないって本当? 大腸と便秘の仕組み

盲腸から始まり直腸で終わる長くて太い消化管

便秘は体のさまざまな不調の元。日本人に急速に増えている大腸がんは、女性ではがん死の1位に!

消化・吸収の終末部分

 「大腸」というと、大腸と呼ぶ一つの腸管を想像する人がいるかもしれませんが、実は、摂取した食物の流れる順にいうと盲腸、結腸、直腸という一連の消化管の総称です。このうち結腸はまた、おなかの右下部に位置する盲腸から上に伸びていく部分を上行結腸(じょうこうけっちょう)、次に右から左に横へ流れていく部分を横行結腸(おうこうけっちょう)、さらに下へ下りる部分が下行結腸(かこうけっちょう)、そして最後の直腸につながる部分をS状結腸と呼んでいます。これら大腸全体の長さは約1.5m、太さは名前のように直径3~5cmの太い管です。

 口から入った食物は、胃腸の運動(振り子運動、分節運動、ぜん動運動)によって混ざり合い、運ばれ、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸と順に通過する間に消化と吸収が行われます。さまざまな栄養素や水分が吸収され、残った食物のカスが、便として排泄されます。このように大腸は、摂取した食物の消化・吸収を受け持つ消化管の終末部分です。

 消化・吸収の主役は小腸です。ここで栄養分と水分が吸収され、その残りカスがドロドロの状態で大腸に送り込まれてきます。小腸と大腸には約100種類、合わせて100兆個もの細菌がすみついているといわれ、これらが食物カスの分解を受け持ちます。

 小腸から送り込まれた水分たっぷりの食物カスは、上行結腸から横行結腸を通過する間にここでも細菌によって分解され、さらに水分とナトリウムなどの電解質が吸収されて4分の1ほどの容量になります。

 こうして余分な水分が吸収された食物の残りカスは、ほどよい水分を含んだ便となって下行結腸からS状結腸にたまり、これが直腸に入ってくると便意を催し、排便されていくのです。ここまでの時間は通常3日くらいです。

 消化の悪いもの、冷たいものなどをたくさん口にすると、大腸を通過する過程で水分の吸収が追いつかず、水分の多いゆるい便になります。また、ストレスなどで自律神経が乱れると大腸の働き(ぜん動運動)が過剰になり、食物カスが大腸を通過する時間が短縮されるために下痢を起こすことがあります。これとは逆に、大腸のぜん動運動が弱いと便の通過に時間がかかり、水分が吸収され過ぎて硬い便になるため、便秘になりやすくなります。

大腸の不調である便秘は生活習慣の積み重ねから

 大腸の不調で最もポピュラーなのは、便秘でしょう。それは普段のちょっとした行動や生活習慣の積み重ねがもたらします。

 例えば、朝はあわただしくてトイレに行く時間がないとか、仕事中に便意があっても忙しいので我慢してしまうというようなことはないでしょうか。便意を我慢すると、いったんは便意は消えて、またしばらくすると起きてきます。これをくり返していると、やがて便意が起こらなくなってしまうことがあるのです。
 朝は、胃腸に入った食物を先へ送り出すぜん動運動がいちばん活発になるときですが、朝食をとらないと、この活発な運動が起こらなくなります。

 生活リズムの乱れは自律神経の働きを狂わせ、胃腸のぜん動運動が抑制されるため、便が大腸内に停滞しやすくなります。先に、ストレスは下痢をもたらすと述べましたが、ぜん動運動を抑えて便秘をもたらすこともあります。運動不足だと、大腸の動きに関係する筋肉の運動も弱めてしまい、大腸内に便が滞りがちになります。

 意外に思うかもしれませんが、季節の変化が便秘の原因になることもあります。例えば真冬の寒さは全身の末梢血管を収縮させ、自律神経のバランスを乱して大腸のぜん動運動が抑えられてしまいます。寒さのために水分をあまりとらなくなったり、戸外での運動が減るといったことなども重なって便秘になりやすい季節なのです。
 逆に真夏の暑さも原因になります。大量に汗をかいたのに、水分の補給が十分でないと大腸に移行する水分も減ってしまうのです。外の暑さと、エアコンで十分に冷えた室内との温度差がストレスとなり、自律神経のバランスを乱すことも要因になります。

 便秘は体にさまざまな不調をもたらします。食欲不振、吐き気、胸焼け、肌荒れ、吹き出物などに始まり、便秘が慢性化すると頭痛、肩こりなども現れることがあります。排便しにくいために痔(じ)になることも珍しくありません。

便秘と大腸がんリスクの関係は否定されている

 ところで、「慢性の便秘が大腸がんのリスクを高める」という仮説が長い間信じられてきました。大腸内に便がとどまる時間が長引けば、便に含まれる有害物質や発がん性物質を吸収する時間も増えるためリスクが高まるというものです。しかし厚生労働省研究班の研究(2006年12月発表)によって、便通が週2~3回程度の便秘と大腸がんリスクとの関係は否定されています。
 ただし、重い便秘(週に1回程度など)や、以前はそうではなかったが最近便秘がちになった、逆にずっと下痢が続くというような場合は、大腸がんやほかの病気が疑われますから、早めに医療機関を受診することがすすめられます。

 大腸がんは近年日本人に急速に増えており、女性ではがん死の1位、男性でも3位になっています(「平成21年人口動態統計 確定数」厚生労働省)。その背景として、動物性脂肪が多く、野菜などが少ない食生活の欧米化や、運動不足、喫煙などが指摘されています。
 大腸がんは早期に発見できれば完全に治せる病気です。ほかのがんと同様、初期には自覚症状がありませんから、40歳を過ぎたら毎年大腸がん検診を受けるようにしてください。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
西堀 英樹先生


きたみ胃・大腸クリニック院長
1988年慶應義塾大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部外科、国立がんセンター(現国立がん研究センター)研究所病理部、国立大蔵病院(現国立成育医療センター)外科、米国コーネル大学医学部外科などを経て、2002年より慶應義塾大学病院一般・消化器外科で大腸癌を専門に消化器癌診療に専念してきた。2007年きたみ胃・大腸クリニックを開院。苦痛の少ない内視鏡検査により胃・大腸疾患を中心とした早期診断・治療に努めている。http://www.kitami-clinic.com

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

余りに簡単なアスパラカス酢漬けダイエット

アスパラカス酢漬け
このダイエットはアスパラダイエットのメニューの一つだと思いますが、アスパラカス酢漬けを食べるだけ…と言う凄く手軽なダイエットです。

酢漬けを予め作っておくか、市販の物を買ってきて食事に取り入れるか…だけです。 ... 続きを読む

がん患者数No.2の“大腸がん”を徹底追及

男女ともに増えているがん"大腸がん”
日本でかかる人が増えているがんは、「大腸がん」です。食生活が欧米化し、脂肪や蛋白の摂りすぎ、食物繊維の不足などが原因と考えられています。


日本人では、1万5000〜1万7000人に1人発症... 続きを読む

急な便意も怖くない!「うんち10分前」を知らせるスマートデバイス

外出先や通勤中、突然やってくる激しい腹痛。「一刻も早くトイレに行きたい!」という状況を我慢するのは本当につらいもの。間に合わずに「あ~あ」となってしまうこともありますよね?
そんなことにならないよう、排便タイミングを事前にお知らせしてく... 続きを読む

今井雅之さんが会見で告白 女性の死亡数1位の大腸がんとは

俳優の今井雅之さんが末期の大腸がんであることを発表しました。予定していた舞台『THE WINDS OF GOD』は降板し、現在は抗がん剤治療を行っているとのことです。 本来、大腸がんは進行の遅いがんで、早期に見つかればほぼ治すことがで... 続きを読む

増加傾向の大腸がん-16の危険度セルフチェック 食事のコツ

かつて、欧米人に比べると、日本人には大腸がんにかかる人が少ないといわれていました。ところが近年、日本人にも大腸がんにかかる人が増えてきました。
また、患者数の増加に伴い、大腸がんで亡くなる人の数も増えてきています。厚生労働省の人口動態... 続きを読む

女性に多い大腸がん-初期症状と診断の仕方・治療のいろいろ

大腸がんはがんの中では比較的治しやすい部類に入るがん。初期の頃に発見し、手術を受けると、100%近く完治が可能です。そのため、早期発見が重要。次のような症状があったら、医師の診察を受けましょう。 血便・下血
血便と下血は、大腸がんの代... 続きを読む

大腸がんの基礎知識 主な検査方法とは? 大腸がんになりやすい人

大腸は肛門に近い約20cmの部分を直腸、それ以外を結腸といいます。がんの発生した部位により、結腸がんと直腸がんに分けられます。
国立がん研究センターがん対策情報センターの「最新がん統計」によると、わが国での生涯で大腸がんにかかるリスク... 続きを読む

小腸のはたらきとは? 消化・吸収・免疫の要|腸の病気について

消化管の約60~80%を占める小腸は、生体内で全長約3m(解剖時で6~7m)にも及び、体の中では最も長い管状の臓器です。胃の出口(幽門)から続く「十二指腸」、それにつながる「空腸」、「回腸」の3つの部分から成っています。
十二指腸は胃... 続きを読む

お尻から血が出た! 原因は痔でなく大腸がんの可能性もある?

トイレで排便のときに真っ赤な出血があったら、たいていの人はドキリとすることでしょう。排便時の出血で多いのは痔(じ)ですが、それ以外にも大腸がんという重大な病気が隠れていることもあるので、ひとまず専門医に診てもらうことが必要です。
痔は... 続きを読む

歯の構造と役割とは? 健康な歯を維持するために必要なこと

私たちの生命維持に不可欠な「食べる」という行為。それを支えているのは、歯です。上下合わせて28本、人によっては32本(第3大臼歯=だいさんだいきゅうし、いわゆる親知らずが4本生えてくる人もいる)あって、口に入れた食物を前歯の切歯(せっし)... 続きを読む