肺のはたらきとは? 肺の構造と呼吸のメカニズム|肺がんは進行が早い?

全身の細胞に酸素を取り入れ、二酸化炭素を吐き出す

胸郭いっぱいに広がる左右1対の大きな臓器、肺胞という微小の袋が呼吸の舞台、炎症が起きると呼吸困難に

最大の容積をもち呼吸をつかさどる

 呼吸は私たちの最も基本的な生理作用です。口から摂取した栄養素を、呼吸によって取り入れた酸素で燃焼させて活動のもとになるエネルギーを得ています。燃焼で生まれた二酸化炭素を排出するところまでを呼吸(ガス交換)といいますが、この中心を担っている臓器が肺です。

 人体で肺の位置する場所は、首の下からみずおち辺りまでの「胸郭」といわれる部分。肋骨(ろっこつ)と胸骨(きょうこつ)、脊骨に囲まれた鳥かごのような空間いっぱいに広がっています。空間の中心からやや左に寄ったところにある心臓を覆うように左右に1つずつあり、右肺は首に近いほうから上葉(じょうよう)、中葉(ちゅうよう)、下葉(かよう)と3つの部分から成り、左肺は上葉と下葉の2つの部分から成っています。人間の臓器のなかでは最大の容積があるとされています。重さは男女で多少違いますが、左右合わせてだいたい1,000グラム前後です。

3億個の肺胞で絶えず行われるガス交換

 鼻や口から吸い込んだ空気は気管を通って肺に送り込まれます。気管はのどから10センチほど下がると気管支として左右2つに枝分かれし、それぞれ左右の肺の中に入っていきます。直径15~18ミリほどもあった気管は、気管支段階で10~12ミリほどに細くなり、肺の中でさらに何回も枝分かれして最終的には0.5ミリほどの直径になります。

 枝分かれした気管支の先端には、肺胞(はいほう)という直径0.2ミリ以下の極めて小さな袋状の組織が、1本の気管支で平均的には20個ほど、まるで枝に実るクワの実のように飛び出しています。その数は、2つの肺で合わせて約3億個といわれ、ここが呼吸、すなわちガス交換の舞台となるのです。ガス交換とは酸素と二酸化炭素の交換です。

 肺胞の表面は毛細血管が網の目のように覆っています。空気には、圧力を一定に維持する性質と、空気の中の酸素や二酸化炭素の濃度を均等に保とうとする性質があります。吸い込まれて肺胞の中に入ってきた酸素を十分に含んだ空気。全身の細胞で、摂取した栄養素を酸素が燃やしてエネルギーがつくり出され、その結果生まれた二酸化炭素を回収して肺に流れてきた血液(静脈血)。この2つの間で、肺胞と毛細血管のどちらもきわめて薄い壁を通し、酸素も二酸化炭素もそれぞれの濃度の高いほうから低いほうへと移動することになります。こうして肺胞から酸素をもらった血液(動脈血)は、心臓を経由して再び全身に送り込まれるのです。これがガス交換のメカニズムです。

肺胞を脅かすCOPDの元凶は喫煙

 空気の通り道である気管支やガス交換の場である肺胞に炎症が起きて空気の流れが悪くなると、慢性的な息切れやたんを伴うせきが出るようになります。COPD(慢性閉塞性肺疾患)と呼ばれる病気で、悪化すると呼吸困難がひどくなります。息苦しくて活動が鈍くなり、呼吸に必要な筋力が低下してさらに呼吸困難から活動低下──という悪循環に陥りかねません。

 COPDの主な原因は喫煙です。患者の95パーセントは喫煙歴があり、完全な禁煙が治療の絶対条件とされています。日本では40歳以上の約500万人以上がCOPDになっていると推定されているものの、病気に気づかないために実際に治療を受けている人は1割にも満たないといわれます。喫煙者で、息切れ、せき、たん、かぜをひきやすいなどの自覚症状があったら、いちど呼吸器の専門医に診てもらうべきでしょう。

がんも進行が速く転移しやすい

 がんも肺を脅かす重大な病気です。肺がんは近年増加し続け、全てのがんのなかで亡くなる人が最も多く、その数は年間6万人以上とされています。気管支の周囲にはリンパ節があり、肺胞の表面は毛細血管で覆われるなど、がん細胞が広がりやすい条件が揃っているため、肺がんは進行が速く、転移しやすいという特徴があります。

 肺がんは早期に見つければ治すことは可能ですが、そのためには毎年定期的に健診(検診)でチェックしておくことが重要。ここで問題になるのは会社勤めをリタイアした人たちです。肺がんが発見されるのは65歳以降に急増し、70歳代前半がピークといわれています。その背景には、現役時代には職場で定期的に受けていた健診(検診)も、リタイア後は滞りがちという事情があるのではないかとみられています。全国の自治体では40歳以上を対象に肺がん検診を行っていますから、広報紙やホームページなどでの知らせを見落とさないようにしてください。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
木田 厚瑞先生


日本医科大学特任教授
同大学呼吸ケアクリニック所長
1945年石川県生まれ。70年金沢大学医学部卒業、75年同大学大学院医学研究科修了、東京都老人医療センター呼吸器科勤務。77~80年カナダ・マニトバ大学に留学。94年東京都老人医療センター呼吸器科部長、2003年より現職。主な研究領域はCOPD、気管支喘息、慢性呼吸不全、在宅呼吸ケアなど。日本内科学会指導医・認定医、日本呼吸器学会および日本老年病学会の指導医・専門医・評議委員。2008年厚生労働科学研究「COPDと禁煙」研究班班長。著書に『慢性呼吸不全の包括的呼吸ケア』(南江堂)、『肺の生活習慣病(COPD)』(中公新書)など多数。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

心臓のはたらきとは? 4つの部屋の構造|心臓病を予防する方法

日本人の成人の平均的な体重は、年齢層により多少の差がありますが、大体は男性が70キロ台、女性は50キロ台といったところでしょう。この体を動かしているのは、重さわずか250~300グラム、果物だと中くらいのリンゴほどの大きさでしかない心臓で... 続きを読む

すい臓のはたらきとは? すい臓が分泌するホルモンの役割について

すい臓は一般にあまりなじみのない臓器の1つです。おなかの中のどのあたりにあるか、正確にいえる人は少ないのではないでしょうか。位置はみぞおちとへその間くらいの高さのところですが、体の前正面から見ると胃の裏側になり、一部は大腸からも隠れてむし... 続きを読む

鼻の構造と役割とは? 鼻の3つの大きな役割|鼻の病気について

8月7日は「鼻の日」。1961年に日本耳鼻咽喉科学会が定め、毎年鼻の健康を守る啓発活動を行っています。というわけで今回のテーマは、空気の取り込み口であり、通り道でもある「鼻」です。
まず、鼻の構造はどのようになっているのかみていきまし... 続きを読む

肝臓病の8割はウイルス性-肝臓の働きと病気を予防する方法

肝臓は人間の体の中で最も大きな臓器で、重さは成人で1.2~1.5kg。三角形に近い形をしていて、右葉と左葉という2つの部分に分かれます。右脇腹の肋骨の内側に位置しています。
肝臓の中には3,000億個以上もの肝細胞が詰まっていて、その... 続きを読む

卵巣のはたらきとは? 生理とホルモンの関係|卵巣腫瘍について

卵巣は、子宮とともに月経、妊娠、出産にかかわる大変重要な臓器です。(子宮については「子宮―妊娠から出産まで、胎児を育てる部屋」をご参照ください。)子宮の両側に1つずつあり、長さ2~3cm程度、厚さ1cmほど、うずらの卵大ほどの大きさで、子... 続きを読む

小腸のはたらきとは? 消化・吸収・免疫の要|腸の病気について

消化管の約60~80%を占める小腸は、生体内で全長約3m(解剖時で6~7m)にも及び、体の中では最も長い管状の臓器です。胃の出口(幽門)から続く「十二指腸」、それにつながる「空腸」、「回腸」の3つの部分から成っています。
十二指腸は胃... 続きを読む

胃がストレスに弱い理由は? 胃を健康に保つにはピロリ菌対策が必要

胃は私たちに最もなじみのある臓器でしょう。食べたものが食道を通って最初に落ち着く場所、消化の第一段階を行うところ。これ以降のさまざまな臓器の働きはいま一つわかりにくいものがありますが、その点、胃の働きに対するイメージは比較的単純。また、「... 続きを読む

腎臓のはたらきとは? 腎臓病になりやすい人の6つの特徴

ものごとの重要なポイントを表すのに「肝腎」という言葉が使われます。腎とは文字通り腎臓のこと。肝臓と並んで人の命を左右する重要な臓器です。
腎臓の位置は腰より少し上の背中側で、左右1つずつあり、大きさはその人の握りこぶしより少し大きいくら... 続きを読む

脳の仕組みとはたらきとは? 各部位のはたらきと脳の病気について

血液を循環する、呼吸する、食べ物を消化する……これらを行うのはそれぞれを受け持つ器官ですが、コントロールするのは脳。見る、聞く、触る、味わう、嗅ぐ……これらをつかさどるのも脳。記憶する、考える、判断する、感動する……これらも脳の働き。 ... 続きを読む

子宮のはたらきとは? 女性ホルモンは妊娠にも病気にも関係してる?

1個の精子を受け入れた卵子(受精卵)を着床させ、出産までの長い時間、胎児を保護し育む部屋、それが子宮です。骨盤に囲まれた空間のほぼ中央、直腸と膀胱(ぼうこう)にはさまれ、左右を靭帯(じんたい)で支えられて浮かぶように位置しています。
... 続きを読む