すい臓のはたらきとは? すい臓が分泌するホルモンの役割について

消化酵素とホルモンを分泌。消化を助け血糖値をコントロール

なじみは少ないが重要な臓器。栄養素を分解、血糖値を調整。デリケートで食生活やストレスの影響受けやすい

胃の裏側、おなかの奥深いところに位置

 すい臓は一般にあまりなじみのない臓器の1つです。おなかの中のどのあたりにあるか、正確にいえる人は少ないのではないでしょうか。位置はみぞおちとへその間くらいの高さのところですが、体の前正面から見ると胃の裏側になり、一部は大腸からも隠れてむしろ背骨に近いところにあります。このようにおなかの奥深くに位置しているため、病気を見つけにくい臓器といわれています。

 すい臓の大きさは、正面から見て左右約15cm、上下約3~5cmの細長い形です。厚さは2~3cmあり、十二指腸に接する頭部が幅も厚さも大きく、そこから次第に細くなっているのでオタマジャクシに形が似ています。重さは平均的には70gほど。内部は胃や大腸、小腸などのように中空ではなく、細胞が詰まっていて「実質臓器」と呼ばれます。

2つの重要な機能―外分泌と内分泌

 すい臓は同じく実質臓器である肝臓と比べると重さは10分の1ほどと小さいのですが、肝臓に負けないくらい重要な働きをしています。主な働きは2つあります。1つは「外分泌」、もう1つは「内分泌」と呼ばれる機能です。

<外分泌>
 すい臓は1日に平均1.5リットルほどのすい液を分泌しており、これには3大栄養素である炭水化物、脂肪、たんぱく質を分解する消化酵素が含まれています。私たちが食べた食物が胃の中でかき混ぜられておかゆのような状態になって十二指腸に送られてくると、すい臓から分泌された大量の消化酵素を含むすい液と胆のうから運ばれてきた胆汁が混ざり合い、いろいろな栄養素を分解してその先の小腸で吸収されやすくします。こうして食物の消化・吸収を助けるすい液は、そのあとは肛門から体外へ排泄されるため、この働きをすい臓の外分泌機能といいます。

 すい液には消化酵素のほかに、アルカリ性の重炭酸塩という電解質も多量に含まれています。十二指腸に送られてきた食物の消化物は胃液と混ざっていて強い酸性のため、そのままでは消化酵素が働かないので重炭酸塩が中和するのです。重炭酸塩はすい液そのものをアルカリ性に保つ働きもします。

<内分泌>
 すい臓のもう1つの重要な働きである内分泌機能とは、血液中のブドウ糖(血糖)の濃度(血糖値)を調節するホルモンを分泌すること。血糖値は常に一定に保たれているのが健康な状態で、高すぎても低すぎても健康を害することになるので、血糖値調節ホルモンの働きは大変に重要なのです。血液中に分泌されたホルモンは目的の臓器に運ばれ、そこでそれぞれの機能を果たします。この働きをすい臓の内分泌機能と呼びます。

 すい臓の組織ですい液を作るのは外分泌腺、血糖値調節ホルモンを作るのは内分泌腺です。といっても、組織の大部分は外分泌腺が占め、内分泌腺はその中に小島のように点在しているにすぎません。これを発見したドイツの病理学者の名前にちなみ、内分泌腺は「ランゲルハンス島」または「すい島」と呼ばれます。
 ランゲルハンス島の数は100万個以上に及び、それぞれが約5000個の細胞からできています。ランゲルハンス島からは主に次のようなホルモンが作られます。

●インスリン:血糖値を下げる
 食事の後などに血液中にブドウ糖が増えて血糖値が上がると分泌され、ブドウ糖が筋肉やほかの組織に取り込まれて使われるのを促したり、ブドウ糖からグリコーゲンを作って肝臓にたくわえるなどして血糖値を下げるように働きます。
 このインスリンの分泌が正常に行われなかったり分泌されても働きが足りないと、血液中のブドウ糖の濃度が高くなり、それが長く続く状態が糖尿病です。

●グルカゴン:血糖値を上げる
 血糖値が異常に低くなったときに分泌され、脂肪組織にたくわえられていた脂肪や肝臓にたくわえられていたグリコーゲンからブドウ糖を作り、血液中に送り込んで血糖値を上げる働きをします。

●その他
 ソマトスタチンはインスリンやグルカゴンの分泌を抑制します。また、すいポリペプチド(PP)はソマトスタチンとともにすい臓の外分泌を抑制的に調節しています。

アルコールや胆石がすい炎の原因に

 以上のように体にとって大変重要な働きをしているすい臓ですが、その働きを損なう主な病気としてすい炎とがんを挙げておきましょう。

●急性すい炎
 消化酵素の作用は本来は十二指腸に出てから働くようになっているのですが、何らかの原因で十二指腸に出る前にすい臓内で消化力を働かせてすい臓の細胞を壊してしまうことがあります。脂肪やアルコールのとりすぎ、胆石などが原因になりやすいとされています。みぞおちあたりに急激に起こる激しい痛みが特徴的です。重症化すると急激に死に至ることがあります。

●慢性すい炎
 すい臓の炎症が長期間にわたってくり返されると、組織が破壊されて硬くなり、すい臓の働きが少しずつ低下していきます。原因の多くはアルコールで、喫煙していると発生率はより高くなります。初期の頃は長く続く腹痛や背中の痛み、吐き気、倦怠感(けんたいかん)などが主な症状で、進行すると、消化吸収障害に伴う栄養不良や糖尿病が出現してきます。

●すい臓がん
 十二指腸に近い頭部にできやすく、周囲に大きな血管があるため周囲の臓器に転移しやすいがんで、特に多いのは肝臓への転移です。おなかの奥深くにあって初期の頃は自覚症状が出にくいため、早期発見が難しいとされています。

 胃腸には異常がないのにおなかの不調が続くときや、黄疸がでたときなどは、すい臓の検査を受けましょう。すい臓は自律神経の支配が大きく大変デリケートで、食事を含めた生活習慣やストレスの影響を受けやすい臓器です。脂肪やアルコールをとり過ぎないよう、また、ストレスの解消に努めることが大切。喫煙者や胆石のある人はすい炎になりやすいので、より一層の注意が必要でしょう。

(編集・制作 (株)法研)

【取材協力】
伊藤 鉄英先生


九州大学大学院医学研究院 病態制御内科学 准教授
肝臓・膵臓・胆道内科副科長 膵臓研究室主任
1984年九州大学医学部卒業。96~99年米国国立衛生研究所(NIH)消化器部研究員。九州大学大学院医学研究院病態制御内科学講師、九州大学病院肝臓・膵臓・胆道内科副科長を経て、2010年同病院同科診療准教授。11年より現職。日本消化器病学会指導医、医学博士。日本膵臓学会評議員、日本消化器病学会評議員などを務める。厚生労働省 難治性膵疾患に関する調査研究班班員、同省癌研究助成金指定研究班(JCOG)肝胆膵グループ班員、慢性膵炎・急性膵炎・自己免疫性膵炎などの診療ガイドライン作成委員、消化管膵神経内分泌腫瘍疫学調査責任者などを務める。

コラムに関連する病名が検索できます。

すい臓のはたらきとは? すい臓が分泌するホルモンの役割について 関連コラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

飲みすぎの人は気をつけて-すい炎を予防する7つの習慣

春は新人の入社や異動などで、サラリーマン社会にとっては人の動きの大きい季節。お酒を飲む機会も自然と多くなり、胃腸や肝臓がちょっぴり心配になる人も少なくないでしょう。ところで、心配するなら同時にすい臓のほうにも目を向けてください、というのが... 続きを読む

ラブレ菌

ラブレ菌とは、植物性乳酸菌の一種。お馴染みの乳酸菌にも、植物性と動物性があるのです。「前者は野菜や穀物を発酵させ味噌や漬物を作る乳酸菌で、後者は乳など動物性素材を発酵させヨーグルトやチーズを作る乳酸菌です。
ラブレ菌は十数年前に、京都... 続きを読む

小腸のはたらきとは? 消化・吸収・免疫の要|腸の病気について

消化管の約60~80%を占める小腸は、生体内で全長約3m(解剖時で6~7m)にも及び、体の中では最も長い管状の臓器です。胃の出口(幽門)から続く「十二指腸」、それにつながる「空腸」、「回腸」の3つの部分から成っています。
十二指腸は胃... 続きを読む

肝臓病の8割はウイルス性-肝臓の働きと病気を予防する方法

肝臓は人間の体の中で最も大きな臓器で、重さは成人で1.2~1.5kg。三角形に近い形をしていて、右葉と左葉という2つの部分に分かれます。右脇腹の肋骨の内側に位置しています。
肝臓の中には3,000億個以上もの肝細胞が詰まっていて、その... 続きを読む

便秘は大腸がんのリスクにならないって本当? 大腸と便秘の仕組み

「大腸」というと、大腸と呼ぶ一つの腸管を想像する人がいるかもしれませんが、実は、摂取した食物の流れる順にいうと盲腸、結腸、直腸という一連の消化管の総称です。このうち結腸はまた、おなかの右下部に位置する盲腸から上に伸びていく部分を上行結腸(... 続きを読む

肺のはたらきとは? 肺の構造と呼吸のメカニズム|肺がんは進行が早い?

呼吸は私たちの最も基本的な生理作用です。口から摂取した栄養素を、呼吸によって取り入れた酸素で燃焼させて活動のもとになるエネルギーを得ています。燃焼で生まれた二酸化炭素を排出するところまでを呼吸(ガス交換)といいますが、この中心を担っている... 続きを読む

腎臓のはたらきとは? 腎臓病になりやすい人の6つの特徴

ものごとの重要なポイントを表すのに「肝腎」という言葉が使われます。腎とは文字通り腎臓のこと。肝臓と並んで人の命を左右する重要な臓器です。
腎臓の位置は腰より少し上の背中側で、左右1つずつあり、大きさはその人の握りこぶしより少し大きいくら... 続きを読む

胃がストレスに弱い理由は? 胃を健康に保つにはピロリ菌対策が必要

胃は私たちに最もなじみのある臓器でしょう。食べたものが食道を通って最初に落ち着く場所、消化の第一段階を行うところ。これ以降のさまざまな臓器の働きはいま一つわかりにくいものがありますが、その点、胃の働きに対するイメージは比較的単純。また、「... 続きを読む

卵巣のはたらきとは? 生理とホルモンの関係|卵巣腫瘍について

卵巣は、子宮とともに月経、妊娠、出産にかかわる大変重要な臓器です。(子宮については「子宮―妊娠から出産まで、胎児を育てる部屋」をご参照ください。)子宮の両側に1つずつあり、長さ2~3cm程度、厚さ1cmほど、うずらの卵大ほどの大きさで、子... 続きを読む

歯の構造と役割とは? 健康な歯を維持するために必要なこと

私たちの生命維持に不可欠な「食べる」という行為。それを支えているのは、歯です。上下合わせて28本、人によっては32本(第3大臼歯=だいさんだいきゅうし、いわゆる親知らずが4本生えてくる人もいる)あって、口に入れた食物を前歯の切歯(せっし)... 続きを読む