鼻の構造と役割とは? 鼻の3つの大きな役割|鼻の病気について

外鼻と鼻腔から成る気道の入り口。においを感じ、声にも影響

内部には多くの空洞。異物の侵入を防ぐ、エアコン、におい感知などの働き。声の個性づくりにも一役

見た目すっきりの「はなすじ」も内部は結構複雑

 8月7日は「鼻の日」。1961年に日本耳鼻咽喉科学会が定め、毎年鼻の健康を守る啓発活動を行っています。というわけで今回のテーマは、空気の取り込み口であり、通り道でもある「鼻」です。

 まず、鼻の構造はどのようになっているのかみていきましょう。外側から見える部分は外鼻(がいび)といいます。外鼻の中心は鼻背(びはい)といい、いわゆる「はなすじ」です。その先端は鼻尖(びせん)、「はなさき」。鼻尖の左右、鼻の孔(あな)の周りは鼻翼(びよく)、「こばな」です。触ってみると分かりますが、鼻背の上半分は硬い骨の支柱がありますが、下半分のほとんどは軟骨です。

 見た目すっきりと通っているはなすじも、内部(鼻腔=びくう)の構造は結構複雑。鼻腔は中央の鼻中隔(びちゅうかく)という仕切りで左右に分かれ、それぞれの側壁は鼻甲介(びこうかい)と呼ばれるひだが上段、中段、下段と棚状に張り出しています。
 外鼻孔(がいびこう)から吸い込まれた空気は鼻甲介の張り出している空間を通過するのですが、鼻甲介が棚状に張り出すことで空気との接触面積が広がり、それらの間を通る空気を清浄にする仕組みになっています。
 鼻腔は上にいくほど狭くなり、上段の上鼻甲介(じょうびこうかい)の上の天井部には、においを感知する嗅粘膜(きゅうねんまく)があります。

 鼻腔の周りの顔の骨には、さらに副鼻腔(ふくびくう)という空間があって鼻腔とつながっています。副鼻腔には、額の裏側に前頭洞(ぜんとうどう)、両目の間に篩骨洞(しこつどう)、ほおの裏側に上顎洞(じょうがくどう)、鼻の奥に蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)と4つの空間があり、それぞれ左右に1対ずつ存在しています。
 なお、この副鼻腔の働きについては、はっきりとは分かっていません。

鼻の果たす3つの重要な機能

(1)異物の侵入を防ぐ機能
 鼻腔への入り口には鼻毛が生えています。鼻毛はここで、空気中の大きなチリやホコリを吸い込んでもその先に入り込まないよう、フィルターの働きをしています。
 また、鼻腔の壁は粘膜に覆われ、その表面には短い線毛が密生しています。鼻毛のフィルターでも防ぎ切れなかった小さなゴミや細菌も、この粘膜上で絡めとられ、線毛の働きでのどのほうへと送られ、大部分は飲み込まれて排出されます。

(2)エアコン機能
 吸い込まれた空気は、その先の気管や肺に負担をかけないように鼻腔内で温度と湿度が調整されます。鼻腔粘膜の下では絶えず粘液がつくられていて、ここで空気は適度な温度と湿り気を与えられるのです。

(3)においを感じる機能
 鼻腔天井部の嗅粘膜には、においを感知する嗅細胞が数百万個も存在するといわれ、粘液中に嗅毛(きゅうもう)という線毛を出しています。
 においのもとである化学物質が吸い込まれると粘液に溶け、嗅毛を刺激して電気信号が発生します。それが大脳の嗅覚中枢に送られ、においとして感じられるのです。

 においは、エーテル臭、樟脳(しょうのう)臭、ジャコウ臭、花臭、ハッカ臭、刺激臭、腐敗臭などの基本臭に分けられ、これらを嗅ぎ分けることで危険を回避し、また情動や生殖行動などが刺激されるのです。
 鼻が詰まっているとにおいが分からなくなりますが、これは口呼吸になっているためにおいの化学物質をキャッチできないからです。


 これらの重要な機能のほか、鼻は声をつくる働きの一端も担っています。音の大きさ、音の高さ、音色(ねいろ、おんしょく)を音の3要素といいます。このうち音色は、口とのど、鼻腔の共鳴でつくられます。音色とは、いろいろな音の聞こえ方で個性ともいうべきもの。かぜをひくと鼻声になったりすることでも、鼻が声の個性づくりに一役買っていることが分かりそうですね。

鼻に起こりやすいいくつかの病気

●かぜ
 鼻がかかるポピュラーな病気といえば、まずはかぜでしょう。鼻腔にかぜのウイルスが侵入すると、それに対抗するように粘液の分泌が増加します。それとともに血管が広がって血液中の水分が鼻腔内にしみ出してきます。これが鼻水です。また、粘膜に炎症が起こると粘膜が膨らみ、そこに分泌液がたまった状態が鼻づまりです。
 鼻粘膜が刺激されると、くしゃみが起こることもあります。鼻水もくしゃみも、異物を体の外へ出そうとする反応です。

●副鼻腔炎
 鼻腔の炎症が副鼻腔にまで広がった状態。鼻水や鼻づまりなどの症状とともに痛みも起こります。炎症が慢性化したものが慢性副鼻腔炎、いわゆる蓄膿症(ちくのうしょう)です。副鼻腔に膿(うみ)のような分泌物がたまり、ひどい鼻づまりとともに、炎症のある部分が痛んだり、頭痛、集中力や記憶力の低下などが起こります。

●アレルギー性鼻炎
 春や秋には多くの人がかかります。鼻に吸い込んだ物質に対するアレルギー反応で、たくさんの鼻水が出たり鼻づまりやくしゃみを連発。やがて目のかゆみや充血、のどのかゆみや痛みなども起こります。
 アレルギー反応をもたらす物質は、花粉、カビ、ハウスダスト(室内のちりやダニの死がい・フンなど)、動物の毛などですから、室内にほこりがたまらないよう清潔に保つことがアレルギー性鼻炎の予防につながります。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
大河原 大次先生


耳鼻咽喉科 日本橋大河原クリニック院長
昭和34年東京生まれ。成蹊高校卒業。昭和60年帝京大学医学部卒業後、日本医科大学耳鼻咽喉科入局。その後、伊勢崎市民病院耳鼻咽喉科医長、神尾記念病院副院長を経て、平成18年12月耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニック開業、現在に至る。医学博士。耳鼻咽喉科専門医、補聴器認定相談医、身体障害者福祉法指定医。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

鼻毛の意外で重要な役割とは? 鼻毛の正しいお手入れ方法

鏡を見ていて鼻毛がのぞいていたことに気づき、ぎょっとしたことはありませんか。いくらイケメンでも鼻毛がはみ出していては形無し、女性でもかわいらしいほほえみの下から鼻毛が見えていたりしたら、100年の恋も冷めようというもの。鼻毛なんて小さなこ... 続きを読む

リラックス空間は青と緑

寝室とお風呂場には緑と青を配色し気分をリラックス&リフレッシュ!
寝室は、リラックスして1日の疲れをとり、体を休めて「また次の日からダイエットに励もう」という意欲をわかせるとても大切な空間です。ここには青や緑... 続きを読む

唇の個性を演出するリップスピーク

~ビューティー・ルネッサンスを迎えるために~ザビエル鈴木のやせて魅せるワザ 厚みと幅だけではない唇
こんにちは、ザビエルです。
前回で、唇の顔においての位置と、厚みと幅のバランスによってイ... 続きを読む

耳の構造と隠れた役割とは? 音をキャッチする仕組み|耳の病気

来月3月3日は「耳の日」。普段はあまり気にも留めていない耳のことを、1年に1度くらいはちょっと意識してみてはいかがでしょう。まずはその構造。耳は目に見える部分からその先の奥のほうまでを、外耳、中耳、内耳と3つの区域に分けられます。
外... 続きを読む

デリケートゾーンのにおいは洗って解決!正しいケアで女性ホルモンの分泌もアップ♡

みなさんこんにちは。トータルボディビューティーアドバイザーのKAORIです。デリケートゾーンのにおいやかゆみが気になったことはありませんか?今回は、なかなか人には聞けないデリケートゾーンのケアについてこっそりお伝えします。 美しい人は見... 続きを読む

肺のはたらきとは? 肺の構造と呼吸のメカニズム|肺がんは進行が早い?

呼吸は私たちの最も基本的な生理作用です。口から摂取した栄養素を、呼吸によって取り入れた酸素で燃焼させて活動のもとになるエネルギーを得ています。燃焼で生まれた二酸化炭素を排出するところまでを呼吸(ガス交換)といいますが、この中心を担っている... 続きを読む

胃がストレスに弱い理由は? 胃を健康に保つにはピロリ菌対策が必要

胃は私たちに最もなじみのある臓器でしょう。食べたものが食道を通って最初に落ち着く場所、消化の第一段階を行うところ。これ以降のさまざまな臓器の働きはいま一つわかりにくいものがありますが、その点、胃の働きに対するイメージは比較的単純。また、「... 続きを読む

目のつくりと物が見えるメカニズム-近視や老眼はなぜ起こる?

目は光によってものの色や形、遠近、動きなどを感じる感覚器官です。私たちは五感を使って外界の情報をキャッチしていますが、なかでも目(視覚)は、情報全体の約80%を捉えるといわれます。耳(聴覚)は声や物音、鼻(嗅覚=きゅうかく)はにおい、舌(... 続きを読む

脳の仕組みとはたらきとは? 各部位のはたらきと脳の病気について

血液を循環する、呼吸する、食べ物を消化する……これらを行うのはそれぞれを受け持つ器官ですが、コントロールするのは脳。見る、聞く、触る、味わう、嗅ぐ……これらをつかさどるのも脳。記憶する、考える、判断する、感動する……これらも脳の働き。 ... 続きを読む

皮膚の構造と役割とは? 3層からなる皮膚の構造|バリア機能とは

全身を覆う皮膚の表面積は成人で1.5~1.8m2、重さは10kg近くもあり、体の最も大きな器官です。その構造は外側から内側へ表皮、真皮、皮下組織の3層になっています。分泌腺である脂腺や汗腺、角質からなる毛や爪は、皮膚付属器と呼ばれます。皮... 続きを読む