皮膚の構造と役割とは? 3層からなる皮膚の構造|バリア機能とは

全身を包んで体を外界から保護する皮膚のしくみと働き

汗と皮脂がつくる弱酸性バリア、痛覚・触覚・温度覚などをキャッチ、体温を一定に保つなどさまざまな働き

表皮、真皮、皮下組織の3層から成る

 全身を覆う皮膚の表面積は成人で1.5~1.8m2、重さは10kg近くもあり、体の最も大きな器官です。その構造は外側から内側へ表皮、真皮、皮下組織の3層になっています。分泌腺である脂腺や汗腺、角質からなる毛や爪は、皮膚付属器と呼ばれます。皮膚の中には血管や末梢神経、リンパ管なども通っています。

 皮膚は病原体や毒物、紫外線などが外から侵入するのを防ぎ、体内の水分の蒸発を抑えてからだの内部を守るバリア機能のほか、体温を一定に保つなどの働きをしています。内臓の不調が皮膚に現れることもあって、体の健康度を推しはかる鏡ともいえます。

●表 皮
 手のひらや足の裏など外からの刺激を受けやすい部分の厚さは1mm以上ありますが、ほかは0.1~0.2mmほど。外側から順に角質層、顆粒層、有棘(ゆうきょく)層、基底層の4層に分かれます。
 表皮の細胞は最下層の基底層で常につくられていて上へ上へと押し上げられ、約2週間かかって角質層に達します。ここで2週間ほどとどまっているうちに乾燥し、合計約4週間ののちにアカやフケとなってはがれ落ちます。この皮膚の新陳代謝をターンオーバーといいます。

●真 皮
 乳頭(にゅうとう)層と網状層から成り表皮の数倍の厚さがあります。太くて丈夫なコラーゲンと弾力性のあるエラスチンというたんぱく質線維が網状に交錯。そのすき間を満たしているヒアルロン酸は水分を保持する働きがあり、皮膚の弾力や潤いを保っています。

●皮下組織
 真皮よりは密度が粗(あら)い結合組織でつくられていて、皮下脂肪と呼ばれる脂肪組織が豊富に含まれ、水分と栄養の貯蔵庫の役割を果たしています。皮下脂肪の厚さは体の部位や性別、年齢などで変わります。

痛覚、触覚、圧覚、温度覚などをキャッチする感覚器

 皮膚感覚という表現は抽象的に使われることが多いのですが、皮膚は実際に外界からの刺激をキャッチする感覚器の一種です。皮膚には痛覚、触覚、圧覚、温度覚などをそれぞれ感知する感覚点(痛点、触点、圧点、温点、冷点)と呼ばれる部分があります。

 痛点は最も数が多くほとんど全身にありますが、特に指先に多く、触点は指先や顔面に多いなど、感覚点の数や多く分布する部位などはそれぞれ異なります。

体温調節、汗や皮脂の分泌で弱酸性バリア、有害物の侵入を防ぐ

●血管が拡張・収縮して体温調節
 真皮や皮下組織には豊富な血管が通っています。外気が暑いときは血管が広がって体内にこもった熱を放散し、寒いときは血管が収縮して体熱が失われるのを防ぐなどして体温を一定に保っています。

●汗や皮脂の分泌で体温調節、有害物の侵入を防ぐ
 汗を分泌する汗腺は真皮の深い所からその下の皮下組織にかけて存在し、アポクリン汗腺とエクリン汗腺があります。このうち全身に分布するエクリン汗腺は体温調節にかかわっています。通常は1日に700~900mL分泌しますが、夏や運動したときなどには10Lも分泌して体熱を放散します。

 皮脂を分泌する脂腺は手のひらと足の裏を除く全身にあります。皮脂は毛や皮膚の表面を覆って滑らかにしたり、皮脂と汗が混じり合って皮膚の表面を弱酸性の状態にし、病原菌の侵入や繁殖を抑えます。

バリア機能の低下からさまざまなトラブルが

 外界から体を守る皮膚のバリア機能が低下すると、さまざまなトラブルが起こります。弱酸性状態で殺菌作用を保っている皮膚の表面は、たとえば汗を大量にかくとバランスが崩れてアルカリ性に傾き、殺菌作用が弱まって化膿しやすくなります。
 また、皮脂の分泌が少ないと肌は乾燥してカサつき、かゆみが起こったり、角質層にすき間ができて外界から異物が侵入しやすくなります。

●にきび
 思春期など皮脂の分泌が活発なときに起こりやすいトラブル。皮脂や角質、ホコリなどが混ざって毛穴を塞ぎ、さらに皮脂が分泌されてたまります。ここに微生物が増殖し、それを退治しようと白血球が集まってくると炎症が起こり、にきびは悪化して赤く腫れて膿(うみ)をもちます。

●水 虫
 カビの一種である白癬菌(はくせんきん)が皮膚に感染し、皮がむけたり小さな水疱ができたり、かゆみを伴うことがあります。白癬菌は角質層にあるケラチンというたんぱく質を栄養源にして、高温多湿を好み、足裏や足指の間などによくできます。再発しやすくうつりやすいのが特徴です。

●アトピー性皮膚炎
 最近、遺伝的に皮膚のバリア機能が低下していることが主因であることがわかってきました。乾燥した皮膚の角質層のすき間からいろいろな刺激物が侵入しやすくなり、皮膚の炎症が起こります。その結果、アレルギー反応を起こしやすい状態になることがあります。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
上出 良一先生


ひふのクリニック人形町院長
東京慈恵会医科大学客員教授
1973年東京慈恵会医科大学卒。81年より2年間ニューヨーク大学メディカルセンターならびにカリフォルニア大学サンディエゴ校メディカルセンター皮膚科研究員として光線過敏症の研究に従事。東京慈恵会医科大学皮膚科学講座講師、助教授を経て、2005年教授、14年定年退職後,クリニック開業。専門分野は光皮膚科学、アトピー性皮膚炎(アトピーカフェ主宰)、心身医学、褥瘡・スキンケア。所属学会は日本皮膚科学会、日本研究皮膚科学会、日本光医学・光生物学会(元理事)、太陽紫外線防御研究委員会(理事)、光皮膚科学研究会(世話人代表)、日本褥瘡学会(常任理事)など。

コラムに関連する病名が検索できます。

アクセスランキング一覧

15件中 1件~15件を表示

  1. 1 医師が教える、夏の効果的な水分の摂り方|脱水症・熱中症を予防する
    医師が教える、夏の効果的な水分の摂り…
    喉が渇いた時にはすでに体重の2%の水分が不足しています。「喉が渇いたら…
  2. 2 知っているようで知らないネイルの危険性について
    知っているようで知らない“ネイルの危…
    キレイに整えられたネイルは、女性らしくてとってもおしゃれ。その反面、ネ…
  3. 3 成長するほくろに要注意!ほくろに似た皮膚のがん・メラノーマを解説
    成長するほくろに要注意!ほくろに似た…
    皮膚がんの一種メラノーマ(悪性黒色腫)に注意 色素細胞の集まり。紫外…
  4. 4 背中の筋肉が硬くなると猫背になる? どこでもできる簡単ストレッチ
    背中の筋肉が硬くなると猫背になる? …
    猫背の改善、肩こり・腰痛予防に、広背筋のストレッチ デスクワークが多…
  5. 5 スタジオジブリ『魔女の宅急便』のキキにならう、5月病の克服の仕方とは?
    スタジオジブリ『魔女の宅急便』のキキ…
    新しい環境に移りしばらく経つのになじめない……。そんな5月病について、…
  6. 6 その爪のケアは逆効果!? 今すぐやめて、間違いだらけの5つのネイルケア
    その爪のケアは逆効果!? 今すぐやめ…
    爪をきれいにすることは、もはや現代女性の身だしなみのひとつと言えるかも…
  7. 7 妊娠中のセックス、みんなどうしてる? セックスしていい時期、悪い時期って?
    妊娠中のセックス、みんなどうしてる?…
    約10ヶ月にも及ぶ妊娠期間中。この間、セックスはしてもいいの? …
  8. 8 女性の貧血を改善・予防する食事-貧血改善にいい食材5選
    女性の貧血を改善・予防する食事-貧血…
    疲れやすい、めまいがするなど、貧血の症状に悩む女性は多いもの。そうした…
  9. 9 イクラちゃんは言葉が遅い? こどもの発語はいつから?
    イクラちゃんは言葉が遅い? こどもの…
    「チャーン」「ハーイ」「バブー」と発言するのが印象的な、テレビアニメ「…
  10. 10
    買って損するサプリはコレ! 危険なサ…
    毎日飲むものだけに、サプリメントの選び方を間違えると深刻な影響も…… …
  11. 11 不妊症に効果がある漢方10選|女性のからだを助ける5つのサプリメント
    不妊症に効果がある漢方10選|女性の…
    現代医学と併用されて処方されることも多い漢方薬は、不妊にどんな効果があ…
  12. 12 憂鬱な日曜日の夕方&サザエさん症候群の乗り越え方
    憂鬱な日曜日の夕方…サザエさん症候群…
    テレビアニメ「サザエさん」が始まる日曜日の夜。月曜からの仕事を考えて憂…
  13. 13 便秘・肌荒れ・ぽっこりお腹の原因は「むくみ腸」? 10の診断チェック
    便秘・肌荒れ・ぽっこりお腹の原因は『…
    顔や足のむくみは、実感したことがある人も多いはず。実は、腸もむくみ、便…
  14. 14
    一度空気に触れたらキケン!ペットボト…
    イマドキの飲み水といえばミネラルウォーターが一般的で、外出先で…
  15. 15
    いつまでも元気でいてほしいから 親の…
    子どもの9割が、親の健康状態で「気になること」がある 世界一…

一覧