冷え症に効く漢方と養生法

つらい「冷え症」改善-漢方医学、西洋医学での対処法

万病のもと"未病のサイン"を見逃さずに



  • 出典:株式会社法研「女子漢方」
  • 著者:矢久保 修嗣 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 科長
  •    木下 優子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 外来医長
  •    上田 ゆき子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 救急担当医長


漢方医学の考え方

症状

冷えは「万病のもと」と言われ、漢方医学では、"未病のサイン"の代表的な症状の一つです。

季節を問わず寒気を感じたり、常に手足やおなかが冷えていると感じている人は、冷え症と言えます。この冷え症は、次の3つに分けられます。

手足の先端が冷える

女性に多いタイプです。原因は、血の巡りが滞る瘀血(お けつ)のため、体の隅々まで血が行きわたらなくなることだと考えられます。

全身が冷える

高齢者や、過激なダイエットなどによって新陳代謝が衰えている人に多くみられます。代謝が悪くなり、エネルギーである気が不足して気虚(き きょ)になることで起こります。

足先や下半身は冷えているけれど、頭や顔ののぼせがある

更年期の方に多くみられます。体力が落ち、気の巡りが滞る気滞(き たい)から、気逆(きぎゃく)が生じ、のぼせがあらわれます。

月経困難症、不妊、頭痛、肩こりなど、女性に多いさまざまな症状は、冷えから来ることも稀ではありません。また、花粉症やアレルギー性鼻炎などの症状が、冷えによって悪化することもあります。冷えに悩んでいるという人は、一度、婦人科を訪ねてみることをおすすめします。

漢方処方

*手足の先端が冷えている場合

手足の先端の冷えは、瘀血が原因だと考えられるので、冷えに対する処方として代表的な漢方薬、 当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)を用います。

このほか、むくみがみられる人は水毒(すい どく)の可能性もあるので、当帰芍薬散(とう き しゃく やく さん)を使います。当帰芍薬散は、婦人科系の多くの疾患に使われている処方です。生薬(しょうやく)の当帰(とう き)は、セリ科の植物の根で、漢方エキス製剤の約3分の1に使われています。また、当帰、芍薬(しゃくやく)には、血の巡りをよくする作用があります。

*全身が冷えている場合

新陳代謝の低下により、気が不足している気虚だと考えられますので、気を補ってあげる必要があります。

冷えのほかに、下痢や腹痛などもある人には、体の弱っている人によく処方される漢方薬、真武湯(しん ぶ とう)を使います。附子(ぶ し)という温める作用のある生薬が組み合わされています。

衰弱もみられる人には、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)を処方します。さらに、貧血が見られる人には、十全大補湯(じゅう ぜん たい ほ とう)を用います。補中益気湯、十全大補湯は、いずれも全身の倦怠感がある人に使います。養命酒(よう めい しゅ)も十全大補湯の類似処方が応用されており、人参、地黄(じ おう)、当帰など、血を増やし、体を温める生薬が使われています。

*足先や下半身は冷えているけれど、頭や顔ののぼせがある場合

手足や腰は冷えているのに、顔がカーッと熱くなったり、ほてったり、のぼせたりする人は、上に向っている気を降ろしてあげる必要があります。この場合は、気を降ろし、気の巡りをよくする漢方薬、加味逍遥散(かみしょうようさん)が処方の中心となります。

のぼせは、ときに収まったり、また突然カーッとあらわれたりするなど一定ではありません。加味逍遥散の逍遥という言葉には、気まま、散歩するという意味があり、そこから転じて変化する、揺れ動く症状がある人に適していると言われています。

このほか、手のほてり、口の乾燥がある場合には温経湯(うん けい とう)を使います。温経湯は、月経不順、不妊症など、婦人科系の疾患にもよく使われている処方です。


西洋医学の考え方

症状

体温となる熱は、主に筋肉でつくられているので、筋肉の量が少ない人や、ダイエットなどで新陳代謝が低下している人ほど冷えやすくなります。

また、ストレスや女性ホルモンのバランスの崩れも冷えを招きます。これは、ストレスによって自律神経が傷害されるためです。ここで、ストレスと女性ホルモン、冷えとの関係を説明しましょう。

ストレスがかかると、私たちは、まず自律神経に影響があらわれます。自律神経には、緊張状態にあるときに働く交感神経と、休息しているときに働く副交感神経があります。

ストレスのある状態が続くと、交感神経が優位に働き、このときアドレナリンの作用が強まる影響で、血管が収縮します。血管が絶えず収縮した状態になると、血行が悪くなって、これが冷えをつくる原因の一つになるのです。

自律神経にはこのほか、寒いときには体温を上げたり、冷えているときには体温を下げようと調節する働きもあります。

月経後から排卵までの時期は、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)の働きが盛んになり、体温は低い状態になります。排卵後は、女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌されて、体温が高くなります。

自律神経と女性ホルモンは、どちらも脳の視床下部というところから指令を受けていて、互いに関係し合っています。どちらかのバランスが崩れると、もう一方もその影響を受けるのです。

なお、精神的なものだけでなく、生活の乱れや、冷房の効いている部屋に長くいたりすることも、体に対するストレスとなって、自律神経のリズムを乱れさせます。

自律神経には、私たちが意識しなくても、消化、呼吸、代謝、分泌などをコントロールする働きもあります。

また、女性の場合は、初潮、妊娠・出産、閉経など、女性ホルモンのバランスが大きく変化する機会が多く、自律神経のバランスが崩れやすいと言えます。そして、こうした変調期に冷え症になる女性が多いと考えられています。

対処法

西洋医学では、冷えは"病気"として、捉えられにくいものです。甲状腺機能低下症、心疾患など、冷えを感じる原因となる病気がある場合はその病気に対して治療を行いますが、冷えの症状そのものに対する有効な治療法はありません。

冷えを改善するためには、冷たい飲み物や食物を控える、薄着をしない、適度な運動をするなど、体を冷やさず、血行を促すように心がけましょう。また、次ページで紹介する冷えを和らげる食材も積極的にとりましょう。

 ●入 浴● 38~40℃のお湯に20~30分浸かりましょう。自律神経の働きが弱っている人は、温まったあとに、冷たいシャワーを足や手に交互にかけると改善されます。


 ●服 装● 下半身は、上半身より1、2枚厚着になるようにしましょう。また、室内と外気との温度差があるときは、首はストールなどで体温を調節しましょう。



つらい「冷え症」改善-体を温める食材




気や血の巡りを改善して、体を温める

冷えを改善するためには、体を温める温性、熱性の食材を意識してとりいれることが基本となります。

前頁で紹介したように、冷えは3つのタイプに分けられます。それぞれのタイプによって症状があらわれる原因は異なりますので、その原因を改善するような食材を中心にとるようにしましょう。

食材の約70%は、体を温めたり冷やしたりしない平性ですが、それぞれ生で食べるよりも、加熱することで体を温める効果は高まります。

なお、白砂糖のとりすぎは、冷えを悪化させます。砂糖は、できる限り精製していない黒砂糖、メープルシロップ、とくに料理ならばみりんを使うようにしましょう。

手足の先端が冷える場合

血の巡りが悪いために、体の末端まで血液が十分に行きわたっていないので、血行を促進し、体を温める食材をとるようにしましょう。

鮭、イワシ、カツオ、タラなどは血の巡りをよくする働きがあるので、主菜におすすめです。薬味や味つけには、温性の食材、ネギ、ニンニク、生姜、トウガラシなどを使うと効果的です。

全身が冷える場合

気が不足していると考えられます。気が満たされれば、血や水も動きだして、体は温まるので、気を補い、胃を温めて、胃腸の働きをよくする羊肉や、温性で栄養価も高いエビなどをとるとよいでしょう。ただし、どちらの食材も温める性質が強いため、食べすぎると余分な熱を生じやすくなるので注意してください。

主食では、うるち米より、もち米の方が体を温める作用があります。しかし、もち米は、うるち米より消化がよくないので、消化を促す山芋や大根などと一緒に食べることをおすすめします。

冷えのぼせがある場合

気の巡りを改善する食材を選びます。魚介類では、胃腸の機能を高める鮭やカジキマグロがこれにあたります。また、ミカンや金柑(きん かん)などのかんきつ類も、気の巡りをよくする作用があります。

野菜類は、タマネギ、ニラ、ラッキョウなどネギの仲間が体を温める働きをします。

これらの食材は、どのタイプの人にも合うので覚えておきましょう。なお、タマネギは、サラダなど、生で食べると、気の巡りをよくする作用があり、加熱して味噌汁などに使用すると、体を温め、消化器をととのえる作用が強まります。


冷えのお助け食材

熱性・温性 餅(もち)米、米麹、鮭、イワシ、カジキマグロ、赤貝、穴子、アンコウ、サバ、ブリ、マグロ、エビ、羊肉、鶏肉、菜の花、ウド、タマネギ、パセリ、紫蘇、ラッキョウ、ネギ、ニンニク、ニンニクの芽、ヨモギ、生姜、ニラ、ミカン、桃、ライチ、金柑、酢、唐辛子、シナモン、ウイキョウ
平性 玄米、小豆、黒豆、黒ゴマ、松の実、牛肉、鴨肉、豚肉、烏骨鶏、山芋、サツマイモ、ジャガイモ、サフラン、ユリ根、ハスの実
涼性・寒性 カツオ、タラ、アボカド、ピーマン、カボス、スダチ

+αでいつもの食事が、温めご飯に

  • いつものレシピに生姜を追加(カレーライス、味噌汁 など)
  • 料理に使う砂糖はみりんに変更
  • トッピングには、生姜、紫蘇をたっぷりのせる
  • お菓子や飲み物にはシナモンを

  • 季節別おすすめ食材とおかず

    春の食材 菜の花、ウド など

    ●おかず
    ウドの酢みそ和え、ウドと豚肉の炒め物、菜の花のおひたし、ヨモギ団子 など
    夏の食材 紫蘇、ニラ、ラッキョウ、サクランボ、 桃 など

    ●おかず
    梅と紫蘇の混ぜご飯、エビとニラの餃子、ニラ卵、ラッキョウのすし飯 など
    秋の食材 カブ、カボチャ、カツオ、金柑 など

    ●おかず
    カボチャの煮物、カブのポタージュ、鮭のグラタン、サツマイモと豚肉の炒め物、金柑シロップ、カツオのたたき、タラと紅花のスープ など
    冬の食材 ブリ、タラ、ネギ、ミカン など

    ●おかず
    ネギのポタージュ、ブリの煮つけ など
    通年のおかず 鶏肉とナツメの炒め物、サフランご飯、エビとネギの塩炒め、ヨモギ茶、黒豆茶 など

    つらい「冷え症」改善-飲み物は常温以上で、甘くないものを



    冷え症の人が冷たい飲み物を飲むと、ますます冷えが悪化しやすくなります。消化器は、温まって初めて働くからです。飲み物は、常温以上、とくにおすすめなのは、白湯です。

    最近では、コンビニエンスストアでも常温の飲み物を販売するようになっています。冷蔵庫から出したての飲み物は、温度が常温に近づくまで待ったり、レストランで水をもらうときは、氷を入れないようにしてもらったりするなど、できる限り、冷たくない飲み物を飲むようにしましょう。

    それから、清涼飲料水も控えてください。市販の清涼飲料水には、角砂糖5~10個分ほどの糖分が入っていると言われています。砂糖には、水をためこむ性質があるため、水毒(すい どく)の原因となり、冷え症を誘発させるのです。

    水毒があると、連動して血の巡りも悪くなります。水と血の巡りがセットで悪くて、冷えとむくみが生じている人は多いのですが、砂糖のとりすぎが原因になっている人も多いです。

    また、野菜や果物のスムージーも体を冷やします。ただし、栄養はあるので、飲むならば、身体活動が盛んで体温が上がりやすい朝や日中にしたり、冬は控えるようにするなど、タイミングを考えてとりいれるようにしましょう。


    その他の章の記事 - 女子漢方