目のクマに効く漢方と養生法

つらい「目のクマ」改善-漢方医学、西洋医学での対処法

温めて、血を巡らせる



  • 出典:株式会社法研「女子漢方」
  • 著者:矢久保 修嗣 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 科長
  •    木下 優子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 外来医長
  •    上田 ゆき子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 救急担当医長


漢方医学の考え方

症状

疲れがたまっていたり、睡眠不足や栄養不足、冷え、ストレス、月経痛、眼精疲労、貧血などによって、目の下に黒ずんだようにみえるクマができることがあります。

おもな原因は、血の巡りが悪くなっている瘀血(お けつ)だと考えられています。

一時的な疲労によってできたクマならば、目の下に蒸しタオルを当てるなどして、血行を促したり、休養して疲れがとれれば、多くの場合は改善します。

しかし、慢性化している場合は、何か別の病気が原因の可能性もあります。いつまでもクマが消えないようならば、医師を受診するようにしましょう。

漢方処方

*抹梢の冷えや月経痛がある場合

血の巡りをよくして、体を温める作用のある桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)を処方します。

*ストレス、睡眠不足などの場合

ストレスによる不安感の改善や、気の巡りをよくする作用のある加味逍遥散(かみしょうようさん)などを処方します。


西洋医学の考え方

症状

目の下の皮膚は、卵の薄皮のように薄く、皮膚の下には、毛細血管がたくさんあります。この毛細血管の血液の色素が肌に透けてあらわれているのをクマと読んでいます。茶色のクマ、青色のクマなど、クマの色によって原因や状態を判断する例もありますが、皮膚の色素は個人差があるので、あらわれるクマの色だけで原因が明確になるとは限りません。

クマができる原因は、睡眠不足や過剰なダイエット、肌の新陳代謝の低下によって、皮膚のメラニン色素が沈着したり、紫外線による刺激、メイク落としや過剰なマッサージなどの摩擦によるくすみ、加齢による皮膚のたるみなどが考えられます。

対処法

クマをつくる原因となっている具体的な病気が見つからない場合は、対症療法が中心になります。

栄養と休養をとり、肌をこすりすぎないように注意しながら、温かい蒸しタオルなどを当てて様子をみます。そして、一番難しいことかもしれませんが、ストレスを軽減させることも重要です。

加齢によるたるみが原因のクマは、改善が難しいのですが、肌の張りをとりもどすような、栄養のある食事をとることが大切です。

 一時的にできた目のクマは、蒸しタオルで温めたり、しっかりと休養をとったり、バランスのよい食事をとることで改善します。



その他の記事 - 目のクマに効く漢方と養生法
その他の章の記事 - 女子漢方