こころと体の関係-朝、おなかが痛いのはストレスが原因かも?

心と体は密接につながっています。

心が疲れてしまった時、体からそのサインを出してくれる時があります。

朝、おなかが痛くなる症状

 ストレスの時代といわれて久しくなりますが、その傾向はますます強くなっているのではないかと思います。人は生きている以上誰でも多かれ少なかれストレスを抱えており、適度なストレスはむしろ良いとさえ言われます。けれども目に見えにくいストレスは知らず知らずのうちに溜まってゆき、それが主な原因でいわゆる「体の病気」に繋がってしまうということも多くの人が知るところです。
 また、子どもの場合には、「学校に行きたくない」と感じはじめて、朝になるとおなかが痛くなるなど体の症状に出てくることも多いですね。受診をしても「異常ありません。精神的なものですよ」などと言われてしまいます。いわゆる「病気」ではないけれど何となく体の調子が思わしくないということは多くの人が経験されていると思います。これは単なる気のせいでしょうか?いえ、朝おなかが痛いと訴える子どもは本当に痛いのです。何となく体調が悪いというのも、確かに感じられる体の感じです。そんな時は気のせいだと軽くすませずにちょっと心の中を覗いてみましょう。
このように目には見えにくい心の状態も、体が症状で教えてくれると考えることもできるでしょう。

「生きにくさ」の原因は?

 私たちは日常意識の上で物事を考えています。日常生活でこれはとても大切なことです。ところが、「何となく物事がうまくいかない」とか、「どうも苦手な人がいる」とか、「頭ではわかっているけれど・・・」ということがあった時、「生きにくさ」を感じる人は多いでしょう。意識の上でいくら自分に言い聞かせてみても体が言うことを聞いてくれないのです。自分のことながらなかなか思うようにならないのが人間です。
 その「生きにくさ」にはやはり原因がありそうです。過去になにか怖い思いをした、あるいは心が深く傷ついた・・・そのような経験をした時は息苦しかったり、緊張で体が硬くなったりしており、その時の体の感じは感情と共に時をこえて何かをきっかけに再燃することもあります。意識上では気づかなかったり覚えていないことでも“体”は覚えています。そしてその体の感じはとても確かなものです。  日常生活のなかで緊張が高まったり、気分が落ち込んでいる時は、深呼吸をしながら体の力を抜いて手足を温めるだけで不思議なほど気持ちに余裕ができて楽になります。
こうやってみると、心と体は密に繋がっていることがよくわかりますね。

体との対話

 カウンセリングの場では時に、上記のようないわゆる認識できる体の症状とは少し違った「今、ここでの体の感じやイメージ」に触れることによって、自分の有り様(よう)が実感できます。心理的に混乱したりパニック状態にある時は、カウンセラーとの信頼関係の中で、自分にとって「安全で安心な場」を確保し、優しく丁寧に体の感じを見ていってみましょう。体の感じは具体的で確かなものなので、とても納得のいくものです。自分が抱えている「生きにくさ」の解決方法は、自分だけが知っているのであり、それは必ず自分の中にあるのです。
こういう体験の積み重ねで、自分への信頼感が生まれ自己肯定感が育って自分らしく生きられることに繋がっていくのだと思います。

 ストレスフルな毎日の生活の中、頭で考えることをちょっとやめて心と体に優しく触れてみることは、きっと素敵な自分との出会いがあることでしょう。

【執筆】
三輪 澄代カウンセラー


各分野の専門知識・豊富な実績をもつ、こころのマッサージルームピースマインド・イープのカウンセラー。ピースマインド・イープでは対面・電話・オンライン等、本人の希望にあわせてカウンセリングに対応している。

■ピースマインド・イープ株式会社
高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルームを全国展開し、数多くの方々のメンタルケアを支援しています。人間関係、仕事・キャリア、家族・夫婦、育児・教育など、誰しもが抱える悩みやストレスについて、専任のカウンセラー(臨床心理士・精神保健福祉士等)がお応えします。

・カウンセリングとは
//health.goo.ne.jp/mental/read/index.html
・健康用語
//health.goo.ne.jp/mental/yougo/index.html

その他のメンタルヘルスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

介護疲れを癒すには-介護者の心と体を癒す7つのヒント

「介護」という一言ではとても表せないほど、介護には人それぞれの、さまざまなかたちがあります。しかし多くの場合に共通して言えるのは、介護者の心と体には大きな負担がかかっているということです。「いつまで続くのか先が見えない」、「自分だけがどう... 続きを読む

心理カウンセリングの技法とは? 子どものしつけにも有効な行動分析

「カウンセラー」、「カウンセリング」と言う言葉を、以前より耳にするようになったものの、実際にカウンセリングを利用する機会は、まだまだ少ないのではないでしょうか。カウンセリングというと、どの様な方法で問題を解決していくのか、なかなかイメージ... 続きを読む

「癒し」と「ストレス」は紙一重?! もっとも効果的に自分を癒すには

街中をぶらり。デパートをぶらり。フロアの一角、お店の一コーナーなど、あちこちに「癒し」という言葉を見かけます。生活のふとした瞬間に“「癒し」がほしい!”と考えている方もたくさんいらっしゃることでしょう。
すっかりお馴染みになったこの「癒し... 続きを読む

カウンセリングのすすめ-よりよく生きる手助けをするカウンセラー

あなたの悩みの理由をあなたは知っていますか。本当にその理由だけでしょうか。もっと深いところからの叫びがあるかもしれません。... 続きを読む

うつ病かも? うつを見分ける7つのポイント|回復への近道は?


うつ状態は、誰でもが陥りやすい状態です。一昔前までは、中年以降のものとされていましたが、最近では、低年齢化の傾向がみられ、大学生はもちろんのこと、不登校中の中学生や高校生にもみられるようになりました。専門家の話では、小学生にまで降りてき... 続きを読む

仕事の達成感がないのは「よい子」でいたせい? 自分が分からない若者

「ほんとに、もう、困ってるんです。こんなことなかったんですよ。小さい頃から、とっても良い子で・・・」ある母親の言葉。
「ボクは、子どもの頃から親に口答えしたこともないし、いつも円満な家族でしたよ・・・」一方こちらは、ある青年の言葉。
最近... 続きを読む

頑張り屋さんはストレスが溜まる-上手なストレス発散法とは?

ストレス反応は誰にでも起きる自然な反応であり、周囲の環境に適応しようとする生体の大切な機能であることは、このところよく知られるようになってきました。生きている限りいろいろな難問や課題はつきものであり、嫌なことは必ずあるということは誰もが実... 続きを読む

「好き」という感情と脳のつながり|お金持ちの幸福感はすぐに消える?

今回は「好き」ということと「脳」のつながりをやさしく科学するお話をしましょう。 カウンセリングでは恋愛のご相談もたくさんあります。好きな人からは思われず、嫌いな人から好かれたり、自分の気持ちが愛なのかどうかわからなくなってしまったり・・・ ... 続きを読む

バーンアウト-ある日突然、意欲がなくなる|燃え尽き症候群

バーンアウト(burnout)はストレスと並んで、読者も耳にしたことが多い言葉であると思います。ここでは事例を通して、バーンアウトを具体的に考えてみましょう。システムエンジニアのAさん(32歳)の1日は次のような感じで過ぎます。早朝に目が... 続きを読む

冬になると気分が落ち込む-北欧に多い冬季うつの原因とは

毎年秋から冬の寒い季節になると、気分がふさぎこんだり体調が悪くなったりして、日常生活や仕事にも支障をきたしているというようなことはありませんか。日が短くなる冬は、日のあたる時間が短いためになんとなく気分が落ち込んだり、寒さのために外出を極力... 続きを読む