疲れを感じた時は『退行』がおすすめ! 子どものように遊んでリフレッシュ

心と身体の健康のために、一時的に『退行』してみませんか

 

そろそろ、風邪がはやる時期ですが、みなさんは大丈夫ですか?風邪の予防といえばやはり手洗いとうがいが一番だそうで、これだけ科学技術が進歩しても、予防法は案外シンプルというか原始的だというのが、何だかガッカリなような、ほっとするような・・・。

 ところで、一生懸命予防しても運悪く風邪をひいてしまった時、みなさんだったらどうしますか?
症状が軽ければ、一時的にお仕事など活動のペースを落とし、身体を休めれば回復しますね。もう少し重くなれば、普段の食事をもっと柔らかくて消化の良い食べ物に切り替えたり、横になって寝ている時間を増やしたりというということもあるでしょう。さらに重くなれば、自分で食事をとることができなくなって誰かに食べさせてもらったり、身の回りの世話をしてもらったりするようになるかもしれません。

 実はこれ、赤ちゃんが成長するにつれてだんだん人の手から離れて自立していく過程を、ちょうど逆にたどっているようにみえませんか?そうなんです。病気になった時というのは、誰でも一時的に「退行」して、そこから回復していくのですね。

一般に、「退行」といえばいわゆる「子ども返り」、すなわち依存的・未熟な状態に逆戻りすることを意味し、否定的なイメージがあります。しかし実際には、適度な「退行」は心身の健康の維持にとって非常に大切な役割を果たすものだと思います。
 例えば睡眠です。眠っている時、人はみんなとても無防備で、ほとんどの活動を休止した状態、つまり一時的な退行状態にあるといってよいでしょう。しかし、健康のためには毎日の睡眠が不可欠ですよね。

そう考えると、飲み会やカラオケでハメをはずして賑やかに騒ぐというのも、一種の健康的な退行といえるかもしれません。あるいは、ゲームやスポーツに熱中して我を忘れたり、お祭りで子供のようにはしゃいだり・・・。
もちろん、こんなアクティブな退行ばかりとは限りません。もし、非常に悲しいことがあったり、ひどく落ち込んだりしたら、はしゃぐ元気も出ないでしょう。そんな時は、美味しいスイーツをゆっくり味わったり、だれかに優しく慰めてもらったり、布団を頭からかぶってひたすら眠ったりすることが、一番ほっとできることかもしれません。
そうそう、仲の良いカップルが、第三者からみたらちょっと引いてしまうような(!?)甘えた声やしぐさで会話するというのも、まぁ、かわいい退行と言ってもいいでしょう。

 私たちは日ごろ、社会の中で「良識ある大人」としてふるまうことを期待されています。
でも実際には、個人としてのそれぞれの欲求というものもあり、日々葛藤を感じながら生きているといえます。
そして、そんな葛藤を解決しようと真正面から取り組んでも、どうしてもうまくいかないこともあるでしょう。そんな時、一時的に子供っぽい行動をとることで、マイナスのエネルギーを発散したりプラスのエネルギーを補給したりして、何となくバランスをとりながらそれなりにやっていくというのが、現実的な折り合いのつけ方なのかもしれません。または、辛いことがあって疲れた時、自分が安心できる「避難場所」へ一時的に退避して、そこで態勢を整えて、また敵地へ赴くというイメージかもしれません。
いい大人が「遊び」や「甘え」なんて・・・というのではなく、むしろいい大人だからこそ、上手に遊んだり甘えたりすることが必要なのではないでしょうか。
最近ちょっと疲れ気味のあなた、ドリンク剤を飲んでもうひと頑張り!もいいですが、たまにはご自分だけのとっておき退行法を試してみては?

【執筆】
松下ゆかカウンセラー


各分野の専門知識・豊富な実績をもつ、こころのマッサージルームピースマインド・イープのカウンセラー。ピースマインド・イープでは対面・電話・オンライン等、本人の希望にあわせてカウンセリングに対応している。

■ピースマインド・イープ株式会社
高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルームを全国展開し、数多くの方々のメンタルケアを支援しています。人間関係、仕事・キャリア、家族・夫婦、育児・教育など、誰しもが抱える悩みやストレスについて、専任のカウンセラー(臨床心理士・精神保健福祉士等)がお応えします。

・カウンセリングとは
//health.goo.ne.jp/mental/read/index.html
・健康用語
//health.goo.ne.jp/mental/yougo/index.html

その他のメンタルヘルスコラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    更年期障害ってどんなことがおこるの?つらい症状は薬で改善できる?
    つらい「更年期障害症候群」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 気を巡…
  2. 2
    かぜを早く治すには?|食欲がないなら食べなくてもいいってホント?
    つらい「風邪」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 早めの対処で、悪化…
  3. 3
    実年齢より『若くみえる人』と『老けてみえる人』の違いはどこにある?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  4. 4
    乳首がかゆくなる原因とは?乳がんの可能性もある?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと たま…
  5. 5
    朝食を変えれば『ヤセ体質』になれる!食べてヤセる食事法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  6. 6
    目の下にクマができるのは血のめぐりが悪い証拠?原因と改善法
    つらい「目のクマ」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 温めて、血を巡…
  7. 7
    手作りケーキの生クリームに注意!安価な植物性ホイップは体に悪い?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 張り…
  8. 8 ムシ歯予防には"うがい"も大事。歯磨き後のうがいは何回が正解?
    ムシ歯予防には"うがい"も大事。歯磨き後のうがいは何回が正解?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと むし…
  9. 9
    発達障害と共に現れやすい障害|ADHD・解離性障害の症状とは?
    発達障害と併存が多い障害(ADHD、運動能力障害、解離性障害、適応障害…
  10. 10
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  11. 11
    発達障害の子どもこそ『ほめて伸ばす』が大事な理由
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  12. 12
    うちの子発達障害かも?と思ったら…早目の支援が社会適応のカギ
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  13. 13
    背中の肉がつまめるのは太っている証拠?スッキリ後姿の作り方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 気づ…
  14. 14
    肌荒れは内臓からきてる?生理時のニキビ・乾燥・かゆみ肌の対処法
    つらい「肌荒れ」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 内臓をととのえて…
  15. 15
    肉ばかり食べると体が臭くなる…糖質制限ダイエットの落とし穴
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  17. 17
    めまい、立ちくらみ…女性に多い貧血の症状。鉄分が摂れる食材とは?
    つらい「貧血」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 鉄分をとり、血を補…
  18. 18
    肩こり・首の痛みの治し方。めぐりを良くする食材で改善!
    つらい「肩こり・首の痛み」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 血行を…
  19. 19
    足にむくみがある人は筋肉が少ない?むくみの原因と解消法
    つらい「むくみ」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 余分な水分をとり…
  20. 20
    【発達障害者支援センター】とはどんなところ?専門家のアドバイスや訓練も
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…

一覧