心理カウンセリングの技法とは? 子どものしつけにも有効な行動分析

カウンセリングでは、どのように問題を解決をするのでしょう

 

 「カウンセラー」、「カウンセリング」と言う言葉を、以前より耳にするようになったものの、実際にカウンセリングを利用する機会は、まだまだ少ないのではないでしょうか。カウンセリングというと、どの様な方法で問題を解決していくのか、なかなかイメージがつかないかもしれません。
また、カウンセリングについては様々なイメージをお持ちの方々がいらっしゃると思います。例えば、癒されるというイメージもあると思いますし、問題を解決してくれるというイメージもあると思います。ここではカウンセリングについて、少し専門的な観点から解説してみたいと思います。

カウンセリングは「科学」 

 実は、カウンセリングは科学ですので、背後に理論があります。理論にも様々な理論があり、カウンセラーによって、寄って立つ理論が異なる、というのが実情です。
 各々の理論には、得意とする問題、不得意とする問題があります。なので、厳密に言うと、自分の問題にあった理論に則っているカウンセラーを選ぶ方がいいわけです。もちろん、理論とは別にカウンセラーとの相性も重要です。

 例えば私の場合は、短期間で(できるだけ5回以内で)問題の具体的な解決を目指す、という姿勢でカウンセリングをしています。「癒す」というより「問題解決」を目指します。寄って立つ理論としては、専門用語になってしまいますが、認知療法や応用行動分析というような理論に主眼を置いています。

「認知療法」とは

 認知療法というのは、簡単に言うと、知らず知らずのうちに身についてしまった考え方の悪いクセ、嫌な気分を生じさせる考え方のクセ、例えば物事を悪くとってしまうような傾向を練習して修正していきましょうという方法です。
似たような考え方で「プラス思考」という言葉がありますが、これは練習せず一瞬で考え方のクセを直しましょうということなのでうまくいかないと言われています。

行動に着眼した「応用行動分析手法」 

 応用行動分析とは、いい行動を増やし悪い行動を減らすための手法です。
 「心」ではなく、「行動」に着眼します。子どもの行動を修正するために使われる手法ですが、大人にも適用できることもあります。端的には、しつけに非常に有効です。
 一般的には、悪いときに叱るという関わりをしますが、この関わりがうまくいかないこともあります。一生懸命しつけようとしてうまくいかない場合はこの手法が有効であることが多いと思います。

「問題解決技法」とは 

 また、問題解決技法という方法もあります。問題を明確にし、対処方法をできる・できないなどの評価せずにあれこれ列挙し、その中から実行可能なもの、効果が見込めると思われるものを選択し、実行する、という方法です。
 当たり前に聞こえることなのですが、実際にはなかなかこの手順で問題解決に取り組めないことが多いと思います。カウンセラーと話し合いながら、この手順で問題解決に取り組むと大体の問題は数回で解決すると思います。
 「対処方法を評価せずにあれこれ列挙し」というのがコツの1つです。1人で考えていると、解決方法が頭に浮かんでも、すぐに「でも・・・」などと打ち消す思考が生じ、思考を停止し、ということを繰り返す堂々巡りに陥ることがよくあります。「できる・できないなど評価せず列挙する」ことにより堂々巡りに陥らずに済むことが多いと思います。
 何かを「実行する」というのもコツです。当たり前のことで気づきにくくなっていることがありますが、問題を解決するには具体的な行動が必要なことがほとんどだと思います。

 皆さんも、是非、問題解決に悩んだら、カウンセリングルームの扉をたたいてください。私たちカウンセラーは、皆さんの問題解決をサポートをします。

【執筆】
斎藤 敢カウンセラー


各分野の専門知識・豊富な実績をもつ、こころのマッサージルームピースマインド・イープのカウンセラー。ピースマインド・イープでは対面・電話・オンライン等、本人の希望にあわせてカウンセリングに対応している。

■ピースマインド・イープ株式会社
高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルームを全国展開し、数多くの方々のメンタルケアを支援しています。人間関係、仕事・キャリア、家族・夫婦、育児・教育など、誰しもが抱える悩みやストレスについて、専任のカウンセラー(臨床心理士・精神保健福祉士等)がお応えします。

・カウンセリングとは
//health.goo.ne.jp/mental/read/index.html
・健康用語
//health.goo.ne.jp/mental/yougo/index.html

その他のメンタルヘルスコラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    野菜ジュースは飲んでも意味がない? 野菜ジュースでとれる栄養とは
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  2. 2
    批判されても挫けない!『心が折れない』強いメンタルの作り方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  3. 3
    足がむくむ、足がダルい…女性に多い『下肢静脈瘤』かも? 原因と症状
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  4. 4 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  5. 5
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  6. 6 ストレスに強い人と弱い人の違い|ストレス耐性を高める6つの要素
    ストレスに強い人と弱い人の違い|ストレス耐性を高める6つの要素
    環境の変化にストレスを感じる人と感じない人がいる 日々、暖かくなって…
  7. 7
    女性に多い『痔』原因と症状|こんな人は要注意!痔になりやすい7つの習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 男性…
  8. 8
    【医師が教える】夏まで90日!リバウンドなしダイエットのやり方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  9. 9
    あの人うつ病かも? うつを見分ける症状のポイント|接し方のヒント
    【執筆】住本吉章カウンセラー 誰でもが陥りやすいうつ状態 …
  10. 10
    体はストレスや疲労のサインを出している―年度替わりのストレス対策
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 3~…
  11. 11
    寝起きスッキリ! 朝すぐに起きられる人になる11個の方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 早朝…
  12. 12
    怒りの対処法「アンガーマネジメント」で人間関係を円滑に
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  13. 13
    腸内環境の改善で”性格”まで変わる?!心の安定を得るための方法5つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 腸内…
  14. 14 痩せたい人が食べるべき食材|“脂肪を燃やす栄養素”の最新情報
    痩せたい人が食べるべき食材|“脂肪を燃やす栄養素”の最新情報
    知らなきゃ損! 微量でも体内で大きな力を発揮する。 微量栄養素が欠乏…
  15. 15
    春の眠気を吹き飛ばす!眠くなった時に集中力を取り戻す5つの方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ぽか…
  16. 16 仕事や家事がしんどい、やる気がわかない…心が疲れたときの対処法
    仕事や家事がしんどい、やる気がわかない…心が疲れたときの対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  17. 17
    ネガティブな考えにオサラバ、考え方のクセをつかみ改善する7つの方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ネガ…
  18. 18 ポッコリお腹がへこむ!道具いらずのお腹ヤセ体操
    ポッコリお腹がへこむ!道具いらずのお腹ヤセ体操
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 北海…
  19. 19
    家庭でできる食中毒予防|心がけて欲しい8つのポイント
    (編集・制作 (株)法研) 「わが家では起こるわけがない」と思ってい…
  20. 20 うまくいかない人間関係の原因は親への葛藤や感情にあるかも?
    うまくいかない人間関係の原因は親への葛藤や感情にあるかも?
    心理学用語―転移とは? 臨床心理学の用語に、『転移』という用…

一覧