人前に出るとあがるのは防衛本能が働くから?~A子さんの場合

あがる原因を紐解いて、解決の糸口を探ります

 

 「あるプレゼンテーションでの失敗をきっかけに、人前で話す時とてもあがるようになってしまったんです」と、深刻な面持ちで相談に訪れたA子さん。彼女は、社内での数少ない女性総合職として入社した、周囲からも期待されている20代後半のキャリアウーマンです。「以前は人前で話す時、多少あがることはあっても、声が震えるところまでいくことなんてなかったのに・・・」と、A子さんはとても戸惑っておられる様子でした。お話を聴いていくうちに、失敗してしまったとA子さんが感じているプレゼンテーションの時には、いつもとは違った点がいくつかあったことが判ってきました。

防衛本能があがりを引き起こす

 そのプレゼンテーションの直前に、A子さんの部署には他の部署から40歳前後の女性が異動してきました。そんなに話したことはないものの、何となくA子さんはその無愛想な女性のことが好きになれなかったそうです。そして、プレゼンテーションの最中、何故かその女性のことが気になってしまい、「失敗して、あの人にバカにされたくはない」という気持ちが起こり、徐々に身体が硬くなっていくのを感じたといいます。
 「あがり」という症状は、人前で何かをするという不安な状況に対する肉体的・精神的な防衛体制であると言われています。また、人は未知のものに対して、強く防衛本能を働かせる傾向があります。A子さんは、「つい最近同じ部署に異動してきた女性」という未知なるものの存在に強く防衛本能を働かせ、その結果いつもよりあがってしまった可能性が考えられました。さらにA子さんのお話をきいていくと、他にも思いあたることがあったと言います。

準備不足と体調不良

 いつもは十分な準備をして臨むというA子さんですが、その日に限って十分な準備が出来ていませんでした。また、歯科医に行かなければ・・・と思いながらもなかなか行けずにそのままになってしまっていた虫歯が痛み出し、そこから肩こりもひどくなってしまっていたそうです。
 準備不足は自信のなさを生み出します。自信がないと、「失敗したらどうしよう・・・」「笑われたらどうしよう・・・」という不安から防衛本能が働き、どうしてもあがりの状態に近づきやすくなってしまいます。また、体調の不良は、ちょっとしたあがりでも激しい動悸や呼吸の乱れに繋がりやすく、少しの緊張でも「自分は今とてもあがっているんだ」という自己暗示にかかりやすくなってしまいます。そのお話をA子さんにしたところ、「確かに、その日はいつもよりも何倍も心臓のドキドキがきこえてきましたし、途中から呼吸も思うようにコントロールできなくなってしまっていました」とのことでした。

「認知療法」とは

 お話を伺っていくうちに、その日のA子さんは、あがりの3大要素(精神的要因、技術的要因、肉体的要因)と言われている全てに該当していることが判りました。そして、A子さん本人がそのことに気付くまで、「いつまたあの“あがり”が襲ってくるか分からない」という恐怖心がA子さんに防衛本能を強く働かせ、その結果、そのプレゼンテーションの日以降、あがりの状態が続いてしまったことが考えられました。

 「今度のプレゼンテーションの時には、いくら忙しくても準備は万全にして、虫歯も出来るだけ早く治療しに行くようにします」とA子さん。また、その女性に関してよく考えてみると、A子さんが学生時代にバイトしていた時の苦手だった経理の女性とどことなく似ていて、無意識にその女性と重ね合わしていたことに気付いたと言います。「よく考えて見ると、昔苦手だった人にどことなく似ているというだけで苦手意識を持ってしまっていただけなのかもしれない・・・」とA子さん。「自分のあがり対策のためにも、その女性のこともっと自分から知ってみようと思います」と笑顔を見せたA子さんの表情は、とても穏やかで、面接室を訪れた時とはまるで別人のように感じられたのでした。

※この内容は、一人を特定したものではなく、色々なご相談内容を混ぜ合わせて作った架空のものです。

【執筆】
土屋明子カウンセラー


各分野の専門知識・豊富な実績をもつ、こころのマッサージルームピースマインド・イープのカウンセラー。ピースマインド・イープでは対面・電話・オンライン等、本人の希望にあわせてカウンセリングに対応している。

■ピースマインド・イープ株式会社
高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルームを全国展開し、数多くの方々のメンタルケアを支援しています。人間関係、仕事・キャリア、家族・夫婦、育児・教育など、誰しもが抱える悩みやストレスについて、専任のカウンセラー(臨床心理士・精神保健福祉士等)がお応えします。

・カウンセリングとは
//health.goo.ne.jp/mental/read/index.html
・健康用語
//health.goo.ne.jp/mental/yougo/index.html

その他のメンタルヘルスコラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    使うほどお尻にダメージが…ウォシュレットでお尻が悲鳴を上げている
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと トイ…
  2. 2 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  3. 3
    知りたくなかったかも…身の周りにあるトイレよりも不潔なものたち
    見た目では意外とわからない、トイレより不潔なもの。実は、自分の体の一部…
  4. 4
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  5. 5
    おデブサラダになっていませんか?太るサラダと痩せるサラダの大きな違い
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 健康…
  6. 6
    【女性に多い貧血】体がだるい・動悸…鉄分が足りないサインとは?
    (編集・制作 (株)法研) 【取材協力】澤田 賢一先生 秋田大学医学…
  7. 7
    コンビニ弁当を食べ続けると早死にする? その理由は…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 忙し…
  8. 8
    知っておきたい女性の『アソコ』5つの真実|大事な場所の正しいケア方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと デリ…
  9. 9
    1分で寝落ちしちゃう!? 気絶するように眠りにつける呼吸法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ベッ…
  10. 10 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…
  11. 11 ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    下着売り場でブラジャーのサイズを測ってもらったのはいつ? 実はサイズが…
  12. 12
    たくさん食べてないのに太るのは『モナリザ症候群』かも?原因と症状
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 加齢…
  13. 13
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  14. 14
    お風呂の入浴剤はもう不要!?キッチンのある物を入れるだけでOKの入浴法
    (編集・制作 (株)法研) 自宅でのバスタイム、天然温泉、クアハウス…
  15. 15
    【女性の病気】こんな症状がでたら婦人科へ!注意してほしい8つの症状
    (編集・制作 (株)法研) 信頼できる婦人科医が決まっていると、毎日…
  16. 16 年齢よりおばさん臭く見えてるかも?見た目年齢を左右する体内老化度診断!
    年齢よりおばさん臭く見えてるかも?見た目年齢を左右する体内老化度診断!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 街中…
  17. 17
    顔のたるみを加速させる4つのNG習慣|顔のシワ・目のクマを予防
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 顔が…
  18. 18 無性にスイーツが食べたくなるのは砂糖中毒?砂糖依存症度チェック
    無性にスイーツが食べたくなるのは砂糖中毒?砂糖依存症度チェック
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 疲れ…
  19. 19
    目のかすみ・ぼやけ・近くのものがみえづらい…眼精疲労のタイプと症状
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 【監…
  20. 20
    “座り続けること”は体にも脳にも悪影響…死亡リスクも増加!?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 日本…

一覧