夫婦間のDVの被害者の98%は女性-被害者や子どもへの影響

自分さえ我慢すれば・・・と思うことはありませんか?

 

 人間関係の中でも、夫婦の関係に悩む人は少なくないと思います。家庭内の問題は個人的なことであって、自分さえ我慢すれば、あるいは自分が態度や行動を変えれば何とかなるだろう、と誰にも言わずにいる場合が案外多いかもしれません。
しかしそれらのことは、DV(ドメスティックバイオレンス・配偶者からの暴力)として一般社会でも問題になっていることと同じものかも知れないのです。昨年1年間に、警察に寄せられたDVに関する相談は、1万8千件を超えており、その被害者の98%以上は女性です(平成18年 警察庁調べ)。

DVの形

 DVは様々な形をとります。例えば、夫が妻の日々の行動や交遊関係を細かくチェックしたり干渉する、「誰のおかげで生活できると思っているんだ。」等威圧的な態度を取る、生活費を渡さない、こちらから何を言っても無視して口をきかない、妻の仕事を辞めさせたり外で働くことを認めない等、精神的・心理的ないやがらせや攻撃を加えてくる場合があります。更に物を投げつける、殴ったり蹴ったりする、引きずり回す、刃物を突きつける等の身体的な暴力や、いやがっているのに性関係を強要したり、避妊に協力しないといったパターンもあります。
 常にこのような状態が続くわけではなく、一度爆発した後には普段以上に優しい態度を取ったり、反省するそぶりを見せたりすることもあるようです。ただその期間は長続きせず、またイライラとした態度を見せるようになり、再び爆発へとつながるサイクルがあるとも言われています。

被害者への影響

 被害に遭った側は、「自分がいけなかったのでは」「夫が自分のことを思ってくれているからでは」、または「優しいところもあるのだから悪い人ではない」「いつか変わってくれるだろう」等、自分自身を納得させることもあるようです。しかしそのままにしておいても、暴力が止むことはありません。また実際に暴力を受けなくても、ちょっとしたことで過去の記憶が恐怖感と共によみがえり、抵抗することが難しくなったりします。夫の顔色を伺いながらの生活の中で、無力感にさいなまれたり、経済的な問題や子供のことなどもあって、具体的な行動(夫の元から逃げる、離婚する等)に踏み切れない場合も少なくありません。身体の傷は癒えても、精神的なショックとダメージは消えづらく、気持ちが不安定になったり、体調を崩してしまう場合もあります。子供にも多大な影響を与えます。

個人的な問題でないDV

 このような問題が起きたら、自分だけで抱え込んだりせず、相談したり助けを求めることが重要です。周囲からは、「夫婦の間にはよくあること。大した問題ではない。」「あなたが我慢すればいいことだ。」「もっと夫をいたわるべき」等の反応が返ってくることがあります。しかしDVは根本に男尊女卑の意識が残る人権問題であり、決して個人的な問題ではありません。法律によって、被害者を守る方法もあります。

 自分自身には起きていない場合でも、もし身近なところで見聞きしたり、相談されることがあったら、話しをよく聴き「あなたは悪くない」というメッセージを伝えたり、専門機関への相談を勧め、被害者を孤立させないことが大事です。

参考資料:
「配偶者からの暴力被害者支援情報」
(内閣府男女共同参画局 http://www.gender.go.jp/

「配偶者からの暴力事案の対応状況について」
(警察庁 平成19年3月8日発表 http://www.npa.go.jp/safetylife/index.htm

 

【執筆】
京嶌千香子カウンセラー


各分野の専門知識・豊富な実績をもつ、こころのマッサージルームピースマインド・イープのカウンセラー。ピースマインド・イープでは対面・電話・オンライン等、本人の希望にあわせてカウンセリングに対応している。

■ピースマインド・イープ株式会社
高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルームを全国展開し、数多くの方々のメンタルケアを支援しています。人間関係、仕事・キャリア、家族・夫婦、育児・教育など、誰しもが抱える悩みやストレスについて、専任のカウンセラー(臨床心理士・精神保健福祉士等)がお応えします。

・カウンセリングとは
//health.goo.ne.jp/mental/read/index.html
・健康用語
//health.goo.ne.jp/mental/yougo/index.html

その他のメンタルヘルスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

職場でのセクハラと向き合うには-本人も自覚しづらい心のダメージ

最近なぜか仕事に対してやる気が出てこない、わけもなく気持ちがふさぐ…。こんな訴えをされる女性たちの中には、職場でセクシュアルハラスメントを受けているのに、ご自身でははっきりと気づいていないという方がいらっしゃいます。あるいは、うすうす感じ... 続きを読む

DV夫との関係を解決する勇気-カウンセリングを受けたAさんの場合

今回は、なぜ人は神経症になるのかという疑問にお答えします。 重くて深いけれど理解してしまえば、簡単に、しかも神経症にならずにすむかもしれません。「もっと早く知りたかった」と言ってくれることを期待し、独断と偏見と、そして読者の方に愛をこめて... 続きを読む

カラオケでひいてしまう女子の態度

連続で何曲も歌う ノリが悪い 歌うことをかたくなに拒む カラオケの室内で化粧直しをしてる おしゃべりに夢中 ... 続きを読む

高齢者との付き合い方-注意する3つのこと|「老い」を受け入れる

総務省発表の「推計人口」*によると、ついに65歳以上の高齢者が日本の総人口の23%、さらに、後期高齢者といわれる75歳以上は11%に達したそうです。まだまだ、と思っていても、自分の親も老いていきますし、すでに高齢者との接し方で困難を感じてい... 続きを読む

同じ悩みを持つ人たちとつながるメリット-孤独感を和らげ負担を軽く

お酒をやめたいと思っているのにやめられない。パチンコをやめたいのにやめられない。うつ病で仕事を休んでいて、自分でいろいろと取り組んでいるんだけれど、どれも長続きしない・・・。 決意して「今度こそ何とかするぞ」と意気込んでも、これまで積み重ね... 続きを読む

認知症高齢者の徘徊による行方不明を防ぐ-原因と対処法

わが国では高齢者人口の増加とともに、認知症高齢者も年々増加しています。厚生労働省研究班の調査によると、65歳以上の高齢者の15%が認知症で、その数462万人と推定され(平成24年時点)、今後も益々増加すると予測されます。
今年(201... 続きを読む

脱法ハーブ改め、「危険ドラッグ」とは? 強い依存と未知の毒性

危険ドラッグは、少し前まで「合法ドラッグ」「脱法ハーブ」などという名称で出回っていた薬物です。この名称のため、違法ではないとか、体への悪影響はあまりないのでは?
と誤解していた人も多いかもしれません。
しかし、含まれている成分は、麻薬や... 続きを読む

結婚相手のおかげで変わったことランキング

節約を心がけるようになった 家に帰るのが楽しくなった 趣味ができた・広がった 休日の外出が増えた 小さなことを気にしなくなった ... 続きを読む

親密な関係に生まれる『フローズンニーズ』とは-突然襲う不安の正体

みなさんの中で、「私は親密な関係には全く興味ないわ」という人も、また「親密さに関して何の問題も、難しさも感じたことはない」という人も殆んどいないのではないでしょうか。... 続きを読む

働く人の介護を前向きに 両立のためにすべきこと7つのステップ

超高齢社会の日本で、働きながら介護する人は約290万人。そのうち働き盛りの60歳未満が約200万人を占めています(総務省平成24年「就業構造基本調査結果」)。多くの方が働きながら介護をする時代になりました。
仕事は家族の暮らしを支え、... 続きを読む