職場でのセクハラと向き合うには-本人も自覚しづらい心のダメージ

自分の身に起きたことをはっきりと捉え直してみよう。

 

職場のセクシャルハラスメント

 最近なぜか仕事に対してやる気が出てこない、わけもなく気持ちがふさぐ…。
こんな訴えをされる女性たちの中には、職場でセクシュアルハラスメントを受けているのに、ご自身でははっきりと気づいていないという方がいらっしゃいます。あるいは、うすうす感じてはいるけれど深刻に受け止めていないという場合もあります。
 女性の就業率が欧米に比べてかなり低い日本では、職場というところは依然として男性中心的で、女性を補助的な存在としか見ない傾向が見られます。男性の上司や同僚からの言動でなんとなく嫌な感じがするけれど、いちいち目くじらを立てるのは大人気ないように思えて受け流しているということもあるのではないでしょうか。

「環境型」と「対価型」

 セクシュアルハラスメント、略して「セクハラ」。
このことばは1989年に流行語大賞に選ばれたほど一般に浸透しています。男女雇用機会均等法第21条を始めとしてセクシュアルハラスメントを防止するための法律も少しずつ整備されてきていますが、職場の意識改革が進んだとはまだまだ言えません。
 セクシュアルハラスメントには環境型と対価型があります。環境型は職場における性的な言動によって就業環境が害されるもの、対価型は性的な言動に対して被害者が拒否したり抗議したりすることで労働条件について不利益をこうむるもの。対価型は上司が立場を利用して行うもので、被害者にとってはより深刻なのですが、不利益な取り扱いがセクシュアルハラスメントの加害者の意のままにならなかったことに由来するということが明確ではない場合が多いのです。

自分の想像以上のダメージをうけるセクハラ

 ひとつ事例をご紹介しましょう。A子さんは22才の派遣社員です。
仕事に就いた早々の歓迎会の帰り、酔っぱらった上司から突然抱きつかれました。その職場は男性上司の多くが性的な言動を日常的に行っていて、他の女性たちはそれをさらっと受け流し、その雰囲気がまるで当たり前のようになっているところでした。
その後何回か上司から食事に誘われたA子さんですが、その度に体調が悪いとか家族が病気だとかできるだけやんわりと断っていました。誘いを断ってもまた誘われるので、今度誘われたらどう断ろうかとそんなことばかり考えるようになったA子さんは、だんだん仕事に集中できなくなり小さなミスをいくつかおかしてしまいました。
そして何度目かの誘いを断ったある日、派遣元から契約の打ち切りを伝えられてしまいます。派遣先からミスが多いことを理由に辞めてほしいと言われたということでした。
もともと争いごとが苦手なA子さんはそれを受け入れ、新しい派遣先を紹介してもらうことにしました。しかし、職場を変って何か月か過ぎて、A子さんは夜眠れない、頭痛がするなどの症状に悩まされるようになりました。仕事に対しても自信が持てず、気力がなく、落ち込むことが多くなってきました。
今の職場は前ほど問題の上司もいないし、家族内に心配事もなく、これと言って原因になりそうなことは思い当たりません。
不眠で受診した心療内科の医師から紹介されてカウンセリングルームを訪れたA子さんは、以前の職場での体験をカウンセラーに話すうち、セクシュアルハラスメントの被害が自分にとっていかに大きなダメージだったかということに気づきました。

セクシュアルハラスメントは女性に対する性的暴力のひとつ

 セクシュアルハラスメントは女性に対する性的暴力のひとつです。
その体験がトラウマとなってうつ状態に陥ることがあります。もちろんセクシュアルハラスメントは犯罪をも構成する場合があるので、その時は法的な手段に訴えて加害者を追及することも被害者の回復に有効な場合があります。
しかしその前にカウンセリングで自分の身に起きたことをはっきりと捉えなおすことが必要です。被害者は最初に嫌だとはっきり言わなかった自分が悪いと思っていたり、被害にあったこと自体を恥じている場合があるので、カウンセリングでは被害者が自責感を払拭し、向き合う勇気を持てるように援助します。
もしあなたが、このような状況にある場合は、法的手段に訴えるという対策をするとともに、カウンセリングを通じて問題の整理をしてみてはいかがでしょうか。

【執筆】
樫尾恭代カウンセラー


各分野の専門知識・豊富な実績をもつ、こころのマッサージルームピースマインド・イープのカウンセラー。ピースマインド・イープでは対面・電話・オンライン等、本人の希望にあわせてカウンセリングに対応している。

■ピースマインド・イープ株式会社
高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルームを全国展開し、数多くの方々のメンタルケアを支援しています。人間関係、仕事・キャリア、家族・夫婦、育児・教育など、誰しもが抱える悩みやストレスについて、専任のカウンセラー(臨床心理士・精神保健福祉士等)がお応えします。

・カウンセリングとは
//health.goo.ne.jp/mental/read/index.html
・健康用語
//health.goo.ne.jp/mental/yougo/index.html

その他のメンタルヘルスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

夫婦間のDVの被害者の98%は女性-被害者や子どもへの影響

人間関係の中でも、夫婦の関係に悩む人は少なくないと思います。家庭内の問題は個人的なことであって、自分さえ我慢すれば、あるいは自分が態度や行動を変えれば何とかなるだろう、と誰にも言わずにいる場合が案外多いかもしれません。 しかしそれらのこと... 続きを読む

同じ悩みを持つ人たちとつながるメリット-孤独感を和らげ負担を軽く

お酒をやめたいと思っているのにやめられない。パチンコをやめたいのにやめられない。うつ病で仕事を休んでいて、自分でいろいろと取り組んでいるんだけれど、どれも長続きしない・・・。 決意して「今度こそ何とかするぞ」と意気込んでも、これまで積み重ね... 続きを読む

職場編 ダイエット中に飲み会に誘われた時

Q5 午後6時、長かった仕事も終わりよ。早く帰ってテレビでも見ましょ。と思っていたら友達が、「これからみんなで飲みに行きましょうよ」と言っているわ。あたしダイエット中だし、飲み屋に行ったらたくさん飲んで食べてし... 続きを読む

職場編 ダイエット中に飲み会に誘われた時 回答

Q5
Bが美人。 「友達」といってしまうと「この人は私たちより他の友達を優先する人なのね」と思われる。家族を使えば仕方ないと思われ、さらに「看病しているなんて... 続きを読む

身近に「うつ病」っぽい人がいたら-様子がおかしいと思っときの対処法

今、あなたの周りには、元気のない方はいらっしゃいますか?その相手は、職場の同僚でも、友達でも構いません。元気がなさそうだけど、でもどうやって声をかけたらよいのだろうと悩むことは少なからずあるのではないでしょうか。明らかに以前と違うので、もし... 続きを読む

頑張り屋さんはストレスが溜まる-上手なストレス発散法とは?

ストレス反応は誰にでも起きる自然な反応であり、周囲の環境に適応しようとする生体の大切な機能であることは、このところよく知られるようになってきました。生きている限りいろいろな難問や課題はつきものであり、嫌なことは必ずあるということは誰もが実... 続きを読む

「癒し」と「ストレス」は紙一重?! もっとも効果的に自分を癒すには

街中をぶらり。デパートをぶらり。フロアの一角、お店の一コーナーなど、あちこちに「癒し」という言葉を見かけます。生活のふとした瞬間に“「癒し」がほしい!”と考えている方もたくさんいらっしゃることでしょう。
すっかりお馴染みになったこの「癒し... 続きを読む

ショック…!デートの誘いを断られた時の上手な対処法

勇気を出してデートに誘ったは良いけれど…。あっけなく相手に断られてしまった!!これってすごくショックな出来事で、早々簡単に立ち直ることが出来ませんよね。一度断られれば次のお誘いが出来なくなるほど臆病になってしまい、そうなると距離があく一... 続きを読む

有意義な1年を過ごすために、新年早々に始めるべきこと3つ!

2016年はあなたにとってどんな1年でしたか?なんとなくあっという間に1年が終わってしまった、と感じていたら2017年早々に、これからの過ごし方について見直す必要があります。2017年がどんな1年になるかはあなた次第!そこで、今回は有意... 続きを読む

「好き」という感情と脳のつながり|お金持ちの幸福感はすぐに消える?

今回は「好き」ということと「脳」のつながりをやさしく科学するお話をしましょう。 カウンセリングでは恋愛のご相談もたくさんあります。好きな人からは思われず、嫌いな人から好かれたり、自分の気持ちが愛なのかどうかわからなくなってしまったり・・・ ... 続きを読む