短時間でリラックス-腹式呼吸でリフレッシュする5つのポイント

呼吸法で手軽にリラックスしてみましょう

 

ストレスがたまったなあと感じたとき、どうしていますか? ストレスがたまっているときは、その問題から少し離れて、まずは体をリラックスすることが大切です。リラックスをすると、緊張をほぐしたり、気分転換をして気分をすっきりさせたりするだけでなく、冷静になれたり、集中力や記憶力を高めたり、といった効用も期待できます。リラックスの身近な方法として、職場でも試せる呼吸法を紹介したいと思います。

腹式呼吸で少しの時間でリラックス

「ドキドキしたとき、深呼吸をしたら落ち着いた」という経験はありませんか?緊張したとき、不安になったとき、あるいはイライラしたときなど、呼吸法は即効性のある有効な方法として知られ、あらゆるリラクゼーションの基本です。呼吸というと、吸うイメージがありますが、実は息を吐き出すほうが大切です。この呼吸法を試す際は、息を吐ききったあとに新鮮な空気が入ってくることをイメージしてみてください。

また、呼吸はただ大きく息をするだけではなく、腹式呼吸によって行います。息をゆっくり吐きながら身体の力を抜いていきます。あなたが落ち着ける場所を選び、ゆったりとした気持ちで始めましょう。静かな環境の中で行なえばより効果的です。

呼吸法のポイント

(1) お気に入りのイスやソファなどに座って、あるいは、自宅で行う場合は仰向けに寝て、楽な姿勢をとりましょう。
(2) 目を軽く閉じます。もしこの時に顔が緊張していたら、顔の緊張を抜きましょう。グッと目を閉じて、顔のパーツを顔の中心に集めるようにギュっと力を入れ、息を吐き出しながら一気に力を抜くと、緊張の取れた状態が実感できます。
(3) 顔の緊張が解けたら、口笛を吹くように唇をすぼめ、できるだけゆっくり時間をかけて息を吐き出します。
(4) 吐き出せるだけ吐き出したら、一気に鼻から息を吸い、お腹を膨らませるようにして空気を入れます。
(5) (3)と(4)の動作を数回繰り返した後、自然な呼吸に戻し、ゆっくり目を開けます。

もし呼吸法している間に、何か気になったことが思い浮かんでも、それは気にせず、自然に消えるのを待ちましょう。自然体での呼吸法を、仕事の合間や、電車の中、夜寝る前などに時間を見つけ、こまめに行なってみてください。面接、会議、試験、外出の時など、特に緊張しやすい場面には、極力その前に行なうようにすると、より効果的です。

【執筆】
ピースマインド・イープ


■ピースマインド・イープ株式会社
高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルームを全国展開し、数多くの方々のメンタルケアを支援しています。人間関係、仕事・キャリア、家族・夫婦、育児・教育など、誰しもが抱える悩みやストレスについて、専任のカウンセラー(臨床心理士・精神保健福祉士等)がお応えします。

・カウンセリングとは
//health.goo.ne.jp/mental/read/index.html
・健康用語
//health.goo.ne.jp/mental/yougo/index.html

その他のメンタルヘルスコラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    【医師が教える】夏まで90日!リバウンドなしダイエットのやり方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  2. 2
    批判されても挫けない!『心が折れない』強いメンタルの作り方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  3. 3
    脳は疲れない? 酷使することで能力を高める方法5つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  4. 4 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  5. 5
    腸内環境の改善で”性格”まで変わる?!心の安定を得るための方法5つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 腸内…
  6. 6
    野菜ジュースは飲んでも意味がない? 野菜ジュースでとれる栄養とは
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  7. 7
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  8. 8
    女性はお腹にガスが溜まりやすい? その原因と解消法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと お腹…
  9. 9
    あの人うつ病かも? うつを見分ける症状のポイント|接し方のヒント
    【執筆】住本吉章カウンセラー 誰でもが陥りやすいうつ状態 …
  10. 10 ストレスに強い人と弱い人の違い|ストレス耐性を高める6つの要素
    ストレスに強い人と弱い人の違い|ストレス耐性を高める6つの要素
    環境の変化にストレスを感じる人と感じない人がいる 日々、暖かくなって…
  11. 11
    【足のむくみを解消するストレッチ】座ったまま、仕事の合間でOK!
    (編集・制作 (株)法研) デスクワーク中でも座ったままできる運動で…
  12. 12
    体はストレスや疲労のサインを出している―年度替わりのストレス対策
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 3~…
  13. 13 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代謝…
  14. 14
    太りやすい・肌老化・免疫力ダウン…『腸体温』の低下が招く体調不良
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  15. 15
    意外と知らない食べ合わせが悪い食品―知らずに食べているかも!?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 何気…
  16. 16
    家庭でできる食中毒予防|心がけて欲しい8つのポイント
    (編集・制作 (株)法研) 「わが家では起こるわけがない」と思ってい…
  17. 17
    快眠でパフォーマンスアップ! しっかり噛んでセロトニンを分泌
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 睡眠…
  18. 18 仕事や家事がしんどい、やる気がわかない…心が疲れたときの対処法
    仕事や家事がしんどい、やる気がわかない…心が疲れたときの対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  19. 19
    寝起きスッキリ! 朝すぐに起きられる人になる11個の方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 早朝…
  20. 20
    足がむくむ、足がダルい…女性に多い『下肢静脈瘤』かも? 原因と症状
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …

一覧