短時間でリラックス-腹式呼吸でリフレッシュする5つのポイント

呼吸法で手軽にリラックスしてみましょう

 

ストレスがたまったなあと感じたとき、どうしていますか? ストレスがたまっているときは、その問題から少し離れて、まずは体をリラックスすることが大切です。リラックスをすると、緊張をほぐしたり、気分転換をして気分をすっきりさせたりするだけでなく、冷静になれたり、集中力や記憶力を高めたり、といった効用も期待できます。リラックスの身近な方法として、職場でも試せる呼吸法を紹介したいと思います。

腹式呼吸で少しの時間でリラックス

「ドキドキしたとき、深呼吸をしたら落ち着いた」という経験はありませんか?緊張したとき、不安になったとき、あるいはイライラしたときなど、呼吸法は即効性のある有効な方法として知られ、あらゆるリラクゼーションの基本です。呼吸というと、吸うイメージがありますが、実は息を吐き出すほうが大切です。この呼吸法を試す際は、息を吐ききったあとに新鮮な空気が入ってくることをイメージしてみてください。

また、呼吸はただ大きく息をするだけではなく、腹式呼吸によって行います。息をゆっくり吐きながら身体の力を抜いていきます。あなたが落ち着ける場所を選び、ゆったりとした気持ちで始めましょう。静かな環境の中で行なえばより効果的です。

呼吸法のポイント

(1) お気に入りのイスやソファなどに座って、あるいは、自宅で行う場合は仰向けに寝て、楽な姿勢をとりましょう。
(2) 目を軽く閉じます。もしこの時に顔が緊張していたら、顔の緊張を抜きましょう。グッと目を閉じて、顔のパーツを顔の中心に集めるようにギュっと力を入れ、息を吐き出しながら一気に力を抜くと、緊張の取れた状態が実感できます。
(3) 顔の緊張が解けたら、口笛を吹くように唇をすぼめ、できるだけゆっくり時間をかけて息を吐き出します。
(4) 吐き出せるだけ吐き出したら、一気に鼻から息を吸い、お腹を膨らませるようにして空気を入れます。
(5) (3)と(4)の動作を数回繰り返した後、自然な呼吸に戻し、ゆっくり目を開けます。

もし呼吸法している間に、何か気になったことが思い浮かんでも、それは気にせず、自然に消えるのを待ちましょう。自然体での呼吸法を、仕事の合間や、電車の中、夜寝る前などに時間を見つけ、こまめに行なってみてください。面接、会議、試験、外出の時など、特に緊張しやすい場面には、極力その前に行なうようにすると、より効果的です。

【執筆】
ピースマインド・イープ


■ピースマインド・イープ株式会社
高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルームを全国展開し、数多くの方々のメンタルケアを支援しています。人間関係、仕事・キャリア、家族・夫婦、育児・教育など、誰しもが抱える悩みやストレスについて、専任のカウンセラー(臨床心理士・精神保健福祉士等)がお応えします。

・カウンセリングとは
//health.goo.ne.jp/mental/read/index.html
・健康用語
//health.goo.ne.jp/mental/yougo/index.html

その他のメンタルヘルスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

冷えて疲れた胃腸を温める!内臓をマッサージできる呼吸法

こんにちは。美姿勢インストラクターの美宅玲子です。夏が終わり、夏の疲れが出てくるころ、風邪を引いたり胃腸を壊したりしていませんか?冷たくのど越しのいい飲み物などを摂り過ぎて胃腸が停滞したり、逆にお腹を壊したりしがち。秋口になり食欲が出て... 続きを読む

岩盤浴でもっとやせる体になる方法・呼吸法

寝ている間にさらに燃焼アップ
岩盤浴でもっとやせる体になる方法 有酸素運動のほかにも、併せてやると、さらに代謝をあげる方法があるんです。岩盤浴の前後の食事や入浴中の呼吸法で、もっと燃える体に。 岩... 続きを読む

ピラティス呼吸法をマスター

呼吸法
肝心なのは呼吸法。まずはこれをしっかりマスター!考えながら運動するのが今までにない感覚です
まずは、ピラティスの基本であるニュートラル・ポジション(基本の姿勢)を覚えることからスタート。背骨のS字カー... 続きを読む

本当はコワい! 「ただの風邪」に潜む“大人の病気”

年齢とともに、なんだか風邪が治りにくくなったと感じていませんか? コンタック総合研究所の調べによると、2〜3日以内で風邪が完治する割合は年齢とともに低下、30〜40代になると6〜7日程度治らなかったり、1週間以上長引く人の割合が増える傾... 続きを読む

イスで、1分間ふくらはぎマッサージ

家でも、乗り物の座席でも、たちまち血流アップ。パソコンやテレビの前で、乗り物の中で、 「じっと座っている=血液がよどんでいる」時間がとても長くて、体が冷えている現代人。 まず、イスの上でいつでもできる1分間ふくらはぎ... 続きを読む

腹式呼吸で腹筋を鍛えれば、お腹痩せが出来る

お腹痩せ
お腹がぽっこり出る原因は、腹筋やその近辺のインナーマッスルが不足しているからです。この気になるお腹を普段からへこましているとお腹痩せが可能になります。お腹全体に走っている一番奥にある筋肉を腹横筋といいますが、この筋肉の収縮を人... 続きを読む

おからの成分とその効用

カラダにいい成分はこれ! おからによるダイエットの効果 「食物繊維」には、水にとけない不溶性の食物繊維と、水にとける水溶性の食物繊維の2つがあります。おからに多い食物繊維は不溶性なので、胃腸の中でとけ... 続きを読む

呼吸のコントロールが心身リラックスにつながる-呼吸法5ステップ

私たちは、生まれてから今まで1秒も休むことなく呼吸を続けています。呼吸は、胃や腸といった臓器と同様、意識することなく繰り返される体の営みですので、改めて意識をされたことのある方は少ないかもしれません。しかし、臓器とは異なり、意図的にコントロ... 続きを読む

電車で簡単にダイエットできます

電車
毎日通勤や通学に電車と使っている方は多いと思います。退屈なそんな電車のなかでも、立っているだけで、簡単にダイエットすることが出来るんです。
やり方は、電車の中で、席に座らず、立っている、ただそれだけです。電車で立っているだけで。... 続きを読む

腹式呼吸を身につけましょう!

呼吸とは、肺に新鮮な空気を送り込み、その中で酸素と二酸化炭素を交換し、二酸化炭素を吐きだすというもの。その方法には、2通りあります。ひとつは、肋骨を広げることで、肺に空気を送り込む「胸式呼吸」。もうひとつは、... 続きを読む