冬になると気分が落ち込む-北欧に多い冬季うつの原因とは

冬季うつ(季節性感情障害)について

 

毎年秋から冬の寒い季節になると、気分がふさぎこんだり体調が悪くなったりして、日常生活や仕事にも支障をきたしているというようなことはありませんか。日が短くなる冬は、日のあたる時間が短いためになんとなく気分が落ち込んだり、寒さのために外出を極力控えるといったようなこともあるでしょう。日常生活に差し障りがないのであれば問題がないのですが、毎年冬になると完全に「うつ病」の状態に陥ってしまい、春になると自然と治って普通の生活ができるようになるという場合は、もしかしたら「冬季うつ(季節性感情障害の1つ)」なのかもしれません。

雪国や北欧では多く見られる病気です。

冬季うつは、「ウィンター・ブルー」とも呼ばれ、雪国や北欧など日照時間の少ない地域に多く見られる病気です。日本では、10月後半から翌年の春ごろにかけて現れ、毎年繰り返すことが特徴で、20代や30代の女性に多いようです。通常のうつ病は、睡眠が十分にとれず食欲も低下します。一方、季節性感情障害の冬季うつでは、睡眠時間が長くなって朝なかなか起きられなかったり、食欲も過食になって体重が増えたりします。また、食べ物については炭水化物や甘いものを好むようになります。また、やる気がおきなかったり、集中力が低下して能率が落ちたり、足が重く感じたりすることが症状としてあげられます。

日照時間の短い北欧では冬季うつが多く、冬季うつの原因は、日照時間に関連があると言われています。冬場の間は、日照時間が短くなることでカラダのバランスを崩すようです。病院などで冬季うつを治療する場合は、専用の装置を使って光をあてる「光療法」が用いられています。そこで冬季うつの対策としては、出来るだけ日光を浴びる生活を送れるように心がけてみましょう。例えば、外出が少ない職場であれば昼休みに外出して日光を浴びたり、休日は寒さ対策を万全にして太陽の出ている時間に散歩をしてみたりしてはどうでしょうか。また、冬季うつに限らず、気分が落ち込んでうつうつと過ごしている場合は、生活のリズムが乱れがちです。睡眠時間や食事に気をつけ、適度な運動を行うなどして日ごろから規則正しい生活を心がけることも良いでしょう。そして過度なストレスを与えないように、仕事や生活の環境を極端に変えることも控えたほうがよさそうです。

毎年冬になると気分が滅入ってしまい、睡眠や食欲をコントロールできずに日常生活に支障をきたして困っている、というような場合は冬季うつなのかもしれません。そのような場合は無理をせず、早めに専門の医療機関を受診することをおすすめします。

【執筆】
ピースマインド・イープ


■ピースマインド・イープ株式会社
高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルームを全国展開し、数多くの方々のメンタルケアを支援しています。人間関係、仕事・キャリア、家族・夫婦、育児・教育など、誰しもが抱える悩みやストレスについて、専任のカウンセラー(臨床心理士・精神保健福祉士等)がお応えします。

・カウンセリングとは
//health.goo.ne.jp/mental/read/index.html
・健康用語
//health.goo.ne.jp/mental/yougo/index.html

その他のメンタルヘルスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

秋になるともの悲しくなるのはなぜ? 日光浴で体内時計を調節

紅葉も今が真っ盛りで、もう少しすると冬がやって来ます。気温も低下し、落ち葉が増え、日の沈む時間も早くなってきます。この時期、人恋しくなったり、気分の落ち込みが増してきたり、なぜかもの悲しく感じる方も多いでしょう。このことは日照時間と関係して... 続きを読む

冬はうつ病になりやすい-通常のうつとの相違点・予防のための3か条

朝夕冷え込む季節になりました。それに、日が暮れるのがずいぶん早くなったと思いませんか?
お天気にもよりますが、夕方5時すぎには暗くなって、この時期、何となく気分が落ち込む、気がめいる、といったことは誰にでもあるでしょう。
しかし、気分... 続きを読む

「明日絶対キレイでいたい」という日の前夜にやっておきたいケア5つ

急にデートや女子会の予定が入って慌てた、という経験は誰にでもあるはず。慌てる理由は、自分をキレイに見せたいのに、それまでにかける時間があまりないことも関係していませんか?しかし、諦めるのはもったいない!もし、前日に予定が入ったなら、十分... 続きを読む

身近に「うつ病」っぽい人がいたら-様子がおかしいと思っときの対処法

今、あなたの周りには、元気のない方はいらっしゃいますか?その相手は、職場の同僚でも、友達でも構いません。元気がなさそうだけど、でもどうやって声をかけたらよいのだろうと悩むことは少なからずあるのではないでしょうか。明らかに以前と違うので、もし... 続きを読む

なんだかイライラ、やる気が出ない。そんな不機嫌な日の対処法とは?

1か月のうち、女性はホルモンのバランスの影響で、心も身体も大きく変化します。そんな中、何でか理由も分からずイライラしてしまったり、やる気が出ない時がありますよね。こうした時に有効な対処法をご紹介します。なんだかイライラ、やる気が出ない!... 続きを読む

こころと体の関係-朝、おなかが痛いのはストレスが原因かも?

ストレスの時代といわれて久しくなりますが、その傾向はますます強くなっているのではないかと思います。人は生きている以上誰でも多かれ少なかれストレスを抱えており、適度なストレスはむしろ良いとさえ言われます。けれども目に見えにくいストレスは知ら... 続きを読む

短時間でリラックス-腹式呼吸でリフレッシュする5つのポイント

ストレスがたまったなあと感じたとき、どうしていますか? ストレスがたまっているときは、その問題から少し離れて、まずは体をリラックスすることが大切です。リラックスをすると、緊張をほぐしたり、気分転換をして気分をすっきりさせたりするだけでなく、... 続きを読む

心理カウンセリングの技法とは? 子どものしつけにも有効な行動分析

「カウンセラー」、「カウンセリング」と言う言葉を、以前より耳にするようになったものの、実際にカウンセリングを利用する機会は、まだまだ少ないのではないでしょうか。カウンセリングというと、どの様な方法で問題を解決していくのか、なかなかイメージ... 続きを読む

バーンアウト-ある日突然、意欲がなくなる|燃え尽き症候群

バーンアウト(burnout)はストレスと並んで、読者も耳にしたことが多い言葉であると思います。ここでは事例を通して、バーンアウトを具体的に考えてみましょう。システムエンジニアのAさん(32歳)の1日は次のような感じで過ぎます。早朝に目が... 続きを読む

職場でのセクハラと向き合うには-本人も自覚しづらい心のダメージ

最近なぜか仕事に対してやる気が出てこない、わけもなく気持ちがふさぐ…。こんな訴えをされる女性たちの中には、職場でセクシュアルハラスメントを受けているのに、ご自身でははっきりと気づいていないという方がいらっしゃいます。あるいは、うすうす感じ... 続きを読む