冬になると気分が落ち込む-北欧に多い冬季うつの原因とは

冬季うつ(季節性感情障害)について

 

毎年秋から冬の寒い季節になると、気分がふさぎこんだり体調が悪くなったりして、日常生活や仕事にも支障をきたしているというようなことはありませんか。日が短くなる冬は、日のあたる時間が短いためになんとなく気分が落ち込んだり、寒さのために外出を極力控えるといったようなこともあるでしょう。日常生活に差し障りがないのであれば問題がないのですが、毎年冬になると完全に「うつ病」の状態に陥ってしまい、春になると自然と治って普通の生活ができるようになるという場合は、もしかしたら「冬季うつ(季節性感情障害の1つ)」なのかもしれません。

雪国や北欧では多く見られる病気です。

冬季うつは、「ウィンター・ブルー」とも呼ばれ、雪国や北欧など日照時間の少ない地域に多く見られる病気です。日本では、10月後半から翌年の春ごろにかけて現れ、毎年繰り返すことが特徴で、20代や30代の女性に多いようです。通常のうつ病は、睡眠が十分にとれず食欲も低下します。一方、季節性感情障害の冬季うつでは、睡眠時間が長くなって朝なかなか起きられなかったり、食欲も過食になって体重が増えたりします。また、食べ物については炭水化物や甘いものを好むようになります。また、やる気がおきなかったり、集中力が低下して能率が落ちたり、足が重く感じたりすることが症状としてあげられます。

日照時間の短い北欧では冬季うつが多く、冬季うつの原因は、日照時間に関連があると言われています。冬場の間は、日照時間が短くなることでカラダのバランスを崩すようです。病院などで冬季うつを治療する場合は、専用の装置を使って光をあてる「光療法」が用いられています。そこで冬季うつの対策としては、出来るだけ日光を浴びる生活を送れるように心がけてみましょう。例えば、外出が少ない職場であれば昼休みに外出して日光を浴びたり、休日は寒さ対策を万全にして太陽の出ている時間に散歩をしてみたりしてはどうでしょうか。また、冬季うつに限らず、気分が落ち込んでうつうつと過ごしている場合は、生活のリズムが乱れがちです。睡眠時間や食事に気をつけ、適度な運動を行うなどして日ごろから規則正しい生活を心がけることも良いでしょう。そして過度なストレスを与えないように、仕事や生活の環境を極端に変えることも控えたほうがよさそうです。

毎年冬になると気分が滅入ってしまい、睡眠や食欲をコントロールできずに日常生活に支障をきたして困っている、というような場合は冬季うつなのかもしれません。そのような場合は無理をせず、早めに専門の医療機関を受診することをおすすめします。

【執筆】
ピースマインド・イープ


■ピースマインド・イープ株式会社
高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルームを全国展開し、数多くの方々のメンタルケアを支援しています。人間関係、仕事・キャリア、家族・夫婦、育児・教育など、誰しもが抱える悩みやストレスについて、専任のカウンセラー(臨床心理士・精神保健福祉士等)がお応えします。

・カウンセリングとは
//health.goo.ne.jp/mental/read/index.html
・健康用語
//health.goo.ne.jp/mental/yougo/index.html

その他のメンタルヘルスコラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 これができない人は『垂れ尻』の可能性大!? 20秒筋力チェック
    これができない人は『垂れ尻』の可能性大!? 20秒筋力チェック
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと お尻…
  2. 2
    自己中・プライドが高い・かまってちゃん…面倒な人のかわし方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 人間…
  3. 3
    「なるほど~」が多い人は話を聞いてない? 口ぐせで分かる相手の本音
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 人が…
  4. 4 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  5. 5 飲みたくなくなるかも!? ペットボトルのお茶に入っている意外なもの
    飲みたくなくなるかも!? ペットボトルのお茶に入っている意外なもの
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  6. 6
    コンビニ弁当を食べ続けると早死にする? その理由は…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 忙し…
  7. 7
    あなたのパートナーは大丈夫? 相手のモラハラ度をチェック!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 「モ…
  8. 8
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  9. 9 知っているようで知らない“ネイルの危険性”について
    爪の状態をみればからだの不調が分かる!こんな爪の人は要注意
    (編集・制作 (株)法研) (「よくわかる女性のからだ事典」天野恵子…
  10. 10
    女性ホルモンを増やす5つのコツ!不調の原因はホルモンの減少かも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ホル…
  11. 11
    洋菓子を食べすぎると体調が悪くなる!? 困った症状7個
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  12. 12
    老化防止には体幹力が必須!あなたの体幹力を診断
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 動く…
  13. 13
    大豆イソフラボンは納豆1パックに何mg? 毎日どれぐらい摂るといい?
    (編集・制作 (株)法研) 女性の強い味方、大豆・大豆製品を毎日の食…
  14. 14
    カサカサの唇は胃が荒れている?唇の色やトラブルから分かる体のSOS
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 唇が…
  15. 15 ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    下着売り場でブラジャーのサイズを測ってもらったのはいつ? 実はサイズが…
  16. 16
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  17. 17 【医師が回答!】目の下のクマを治す方法を教えてください
    目の下のクマの原因は寝不足だけじゃない?体調不良のサインとは?
    それは単なる寝不足のせい?それとも重い病気の前ぶれ?クマが出る原因と理…
  18. 18
    骨粗しょう症になる女性とならない女性の差とは?骨粗しょう症の予防法
    (編集・制作 (株)法研) 閉経前後から起こる骨量減少。まずは自分の…
  19. 19 知っているようで知らない“ネイルの危険性”について
    知っているようで知らない“ネイルの危険性”について
    キレイに整えられたネイルは、女性らしくてとってもおしゃれ。その反面、ネ…
  20. 20 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…

一覧