感情と上手く付き合うには-感情を相手に上手く伝えるには

わたしたちは自分自身の心に耳を傾けているでしょうか?

 

 感情は自分自身といつも共にあり、刻々変化しています。これを読んでいるこの瞬間にも、もしかしたら悲しい気分で読んでいるという方がいらっしゃるかもしれませんね。
 感情は心の声ですが、わたしたちは自分自身の心の声をどのように取り扱っているでしょうか?喜びなど、快い感情を表現することに抵抗のない人も、不快な感情、悲しみや怒りを表現することに難しさを感じる方は多いのではないでしょうか。

 「泣いてはいけません」と言われて泣くのを我慢し続けていると、悲しみやいらだちを表現しないようにおさえるようになったり、そもそも悲しみやいらだちといった感情を感じているのかどうかすらわからなくなったりします。
自分の感情をおさえて我慢して生きていると、いつの間にか心の中に悲しみやイライラが澱のようにたまってゆううつな気分に支配されるようになってしまうかもしれません。
おさえたつもりの感情が無意識に態度に表れてしまうこともあります。かんしゃくを起こしたらなんでも好きなものを買ってもらえたというような経験を重ねると、自分の要求を通すために感情を爆発させればよいのだと思うようになるでしょう。

このように自分の感情を押さえることでゆううつな気分になったり自分自身の感情に鈍感になったりすること、感情を爆発させるように表現することはどちらも自分が感情に支配された状態だといえます。感情に支配されることで自分自身が生き生きと過ごせなくなったり、本人は平気だけれども周囲の人がその人の扱いに困ったりするということが起きてくるのです。

どのように自分の感情を表現するか

 感情に支配されるのと反対に、自分で自分の感情を適切に扱うことができれば、それを人との関わりの中にいかしていくことができます。
 たとえば、自分自身の怒りやイライラを、そのまま「うるさい!」「ほっておいてくれ!」と表現するのは直接表現です。これに対して「今怒ってるんだ」とか「最近イライラしてしょうがないのです」と言うのが直接報告です。
「私は一人取り残されたような気分です」「あなたの顔を見るとはらわたが煮えくり返るようだ」などと、自分の内側の様子をたとえて表現することもできます。

直接表現と直接報告は、どちらも自分の感情を相手に直接伝える方法ですが、受け手に与える影響はずいぶん違います。直接表現をされた場合は、感情がダイレクトに伝わる分、受け手側に引き起こされる感情も大きくなります。生き生きとした感情のやりとり、なまのぶつかり合いがおきやすい表現方法といえるでしょう。
直接報告は自分の様子を客観的に相手に伝えるやり方で、受け手側は「あなたの感情」を一つの情報のようにして冷静に受け止めたり対処方法を考えるなど、あなたへの配慮を生み出しやすくなります。
自分の感情にふたをしたままで「そんな余分なことはしなくていい」などというのは間接表現です。自分の中にある(この場合だと、「不愉快だ」というような)気持ちを抑えて、相手の行動に焦点を当てる表現方法です。間接表現だと、自分の本当の気持ちや感情を隠したままですので、受け手側にとってはあなたの真意が分かりにくく、自分自身を大切にしない表現方法だといえるでしょう。

「心の声に耳を傾けること」は自分を大切にすること

 これらの方法のうち、あなた自身はどんな表現方法をしていることが多いでしょうか?
感情という心の声に耳を傾け人との関わりの中で適切に表現することは、自分を大切にすることでもあり、また自分を大切に扱ってほしいというメッセージを受け手側に送ることでもあります。
どんな時も常に冷静に直接報告をするのがよい、というものではありませんが、人との関わりの中で、自分が自分自身の感情をどんなふうに取り扱っているのかを知ること、そしてその時に相手はどんなふうに反応を返してくれているのか日頃の生活をふりかえってみると、新しい自分に気づくことができるかもしれません。

参考文献:「人間関係トレーニング」津村俊充・山口真人 編 ナカニシヤ出版

【執筆】
桐林真紀カウンセラー


各分野の専門知識・豊富な実績をもつ、こころのマッサージルームピースマインド・イープのカウンセラー。ピースマインド・イープでは対面・電話・オンライン等、本人の希望にあわせてカウンセリングに対応している。

■ピースマインド・イープ株式会社
高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルームを全国展開し、数多くの方々のメンタルケアを支援しています。人間関係、仕事・キャリア、家族・夫婦、育児・教育など、誰しもが抱える悩みやストレスについて、専任のカウンセラー(臨床心理士・精神保健福祉士等)がお応えします。

・カウンセリングとは
//health.goo.ne.jp/mental/read/index.html
・健康用語
//health.goo.ne.jp/mental/yougo/index.html

その他のメンタルヘルスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

集中力アップ!魅力アップ!感情をコントロールする「瞑想」で、ストレスから解放

みなさんこんにちは。トータルボディビューティーアドバイザーのKAORIです。今回は『瞑想』でキレイになっちゃいましょう。瞑想と言うと、ジッとしていられないから無理などと思ってしまいますよね。しかし、瞑想で得られるメリットは計り知れず、し... 続きを読む

深い悲しみから立ち直る方法とは-カウンセラーが教える心の対処法

誰でも、悲しみに出会いたい人はいないでしょう。私達は、明日もいつもと同じ日常がやって来る、と信じて生活をしています。けれど残念な事に、人は突然悲しい出来事に襲われる時があります。それは、なんの前ぶれもなくやってきます。その出来事のあまりの... 続きを読む

感情労働とは? 接客やサービス業に必要とされる感情コントロール

日々の生活の中では、自分が持つ感情とは別に、相手に配慮しながら対応しなければならない場面があります。親しい仲間の中では、お互いに感情を表現することで、より深い信頼関係を築いていくということがありますが、学校や職場といった公の場においては、感... 続きを読む

セルフトーク・マネジメントで行動をコントロールする方法とは?

先日、駅のホームで言い争いをしている人を見かけました。どうやら一人の人がぶつかったのに謝らなかったことが事の発端のようですが、売り言葉に買い言葉で、あっという間に怒鳴りあいになっていました。皆さんも、「何故かわからないけど、気がついたらそん... 続きを読む

人間関係に行き詰まりを感じたら-まずは自分を満たすことの重要性

私たちは、日々多くの人間関係に身を置いています。家族、同僚、部下、上司、友人、恋人etc・・。時には、関係を味わうというよりも、「役割」を求められることに疲れ、関係から引きこもりたくなることもあると思います。「与えられる前に与えよう」といっ... 続きを読む

「彼氏いそうだね」発言の真意は?

彼氏がいなければ付き合いたい 答え方で相手を探ろうとしている お世辞 単なる感想 遊んでそうな女性に対するけん制 ... 続きを読む

正直ひいた、一人暮らしの彼女と彼女のお母さんのやりとりランキング

毎朝お母さんからのモーニングコールで起きている お母さんにしょっちゅうお小遣いをせびっている 生活費の大半はお母さんの財布から出ている お母さんにしょ... 続きを読む

ネガティブな感情と上手く付き合う-擬人化セラピーって知ってる?

世の中には感情に振り回される人が少なくありません。こうした人たちに共通するのは、自分のなかのネガティブな感情とつき合うのが上手ではないということ。そんな人に勧めたいのが、ネガティブな感情を上手に受け止める「擬人化セラピー」です。
あ... 続きを読む

嫌われて傷ついたときの7つの回復レシピ-嫌いがある人生は豊か?

人から「嫌われる」ということはつらいことです。それはなぜでしょうか? 出来れば自分が嫌いな人からも嫌われたくないと思うこともあるでしょう。嫌われたくないがために、無理して引き受けたり、断れずにいることもあります。「嫌われる」ということは、... 続きを読む

心理学用語『転移』-うまくいかない人間関係の原因は転移にある?

臨床心理学の用語に、『転移』という用語があります。この用語は、臨床心理学用語の中でも最も有名な用語のうちの1つと言っても良いほど、よく知られている用語です。
臨床心理学用語としての『転移』の意味は、「心理療法の過程で、クライエント(相談を... 続きを読む