人間関係が上手くいかないのは、潜在意識が原因? 嫌悪やイライラの原因

人間関係は心の中の情景を映し出しているのです

 

 日々の忙しい生活の中で、こんな風に感じたことはありませんか? 日曜日の夜に、明日から仕事か・・・と重い気分になったこと、毎朝、これから仕事かと、ため息をつきたい気分になったことはありませんか? 現代社会で、多くの人々がハードな仕事量をこなし、夜遅くまで仕事をしています。でも、ため息の理由はこれだけでしょうか?

ため息の原因とは?

 今まで、たくさんの方にカウンセリングをさせて頂いて感じることが、大半が人間関係の問題です。ため息の原因の多くが、人間関係にまつわるのものではないでしょうか?
 このコラムを通して提案があります。「自分の人間関係」は、「自分の心の中を映し出しているもの」と、とらえてみるのです。例えば、心の中でザワザワ・・とすることがあれば、それが自分の周囲の人間関係に映し出されていると考えるのです。なにやら、落ち着かないザワザワ感が周囲にありませか?そして、そのザワザワ感は、そのことを解消して心静かにしたくて現れているのではないでしょうか?

意識の大半は潜在意識

 意識には、大きくわけると顕在意識と潜在意識があります。私たちは顕在意識を使って日々の活動をしています。でも、その活動や行動、心の状態に大きく影響しているのは、潜在意識です。意識の93%から97%が潜在意識であり、そのカラクリを知るためには、ダイバーのように意識の中にもぐって行くしかありません。でも、ダイバーになるのは困難で、想像、推定するしかありません。それでは、例をあげますので、自分自身に置き換えながら、想像してみましょう。 

ケース1 部下への指導

 Aさんのため息の原因は、部下のことです。いくら指導しても、仕事の段取りが悪く、失敗ばかりです。それに見ているとイライラとしてきます。今日も、この部下に指導しなくてはならいなと思うと、ため息です。このイライラ感を見つめてみましょう。Aさんのこの感情の元は“怒り”です。部下が「能力が低く手際が悪く自信のない性質」に見えて、そこに怒りを感じていました。静かに座り、心をみつめて行くと、若い頃の自分にそっくりであることに気づきました。そして、Aさんは内心、今でも、自分に自信が持てず仕事の能力も低いと思っていました。部下に自分のコンプレックスを映し出していたのです。部下を攻めて怒っていたはずですが、実は、自分のことを攻め続けていたのでした。

ケース2 上司との人間関係

 Bさんのため息の原因は上司との人間関係です。Bさんは上司が嫌で仕方ありません。上司は、些細なことに干渉し、説教をするのでした。客観的に見れば、部下へ思いやりともとれ、その指導力には定評がありました。でも、Bさんは、そこに嫌悪感を持っていました。Bさんは、自分の心のカラクリを見つめてみました。上司の思いやりとも過干渉ともとれるその性質は、以前にも体験した記憶があり、紐解くと、その性質にそっくりなのは父親でした。思春期の頃、父親の干渉に嫌悪を抱いていましたが、それは父の思いやりととって、心の片隅に追いやって来たものです。父に、もっと自分を信頼してほしい、自由にさせて欲しいと憤っていましたが、その感情は未消化のままでした。それが、今、上司を通して浮上していたのでした。

 潜在意識にある心の情景が、現実に映し出されて、嫌悪やイライラや怒りを見るのです。そのスクリーンは人間関係の上にあります。人間関係が自分の心のスクリーンだと思えば、相手を攻める気持ちはなくなります。人間関係の問題解決の糸口は、自分の心のお掃除やケアだと思います。
 もし、あなたのため息度が多ければ、カウンセリングの利用の好機会だと思います。

【執筆】
長田京子カウンセラー


各分野の専門知識・豊富な実績をもつ、こころのマッサージルームピースマインド・イープのカウンセラー。ピースマインド・イープでは対面・電話・オンライン等、本人の希望にあわせてカウンセリングに対応している。

■ピースマインド・イープ株式会社
高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルームを全国展開し、数多くの方々のメンタルケアを支援しています。人間関係、仕事・キャリア、家族・夫婦、育児・教育など、誰しもが抱える悩みやストレスについて、専任のカウンセラー(臨床心理士・精神保健福祉士等)がお応えします。

・カウンセリングとは
//health.goo.ne.jp/mental/read/index.html
・健康用語
//health.goo.ne.jp/mental/yougo/index.html

その他のメンタルヘルスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

毎日残業、ハードワークの心理的原因-カウンセラーが語る心のルーツ

渋谷メッツのカウンセリングルームの帰路に思うことです。21時にカウンセリングが終了して、夜の電車の窓から外をながめていると、沢山のオフィスビルの灯りがついています。その中では沢山の人たちが働いているのでしょう。ハードワーカーが非常に多いの... 続きを読む

目指すはマツコ並み!?ボキャブラリーの多さで人間関係向上♡

いまやTVでは見ないことはない程の人気のマツコ・デラックスさん。マツコさんが人気なのは、自分の意見をしっかり持っていることにあります。誰が何を言ったとしても自分が見て感じたありのままを的確に表現していますよね。そんなマツコさん並み…とま... 続きを読む

飲み会続きでも太らない!人間関係もうまくいく上手なお酒の選び方

みなさんこんにちは。トータルボディビューティーアドバイザーのKAORIです。お酒を飲む事が多くなる季節になりましたね。忘年会や新年会が早くから続く方もいると思います。お酒は飲み方次第で不健康になってしまったり、人間関係にまで悪影響を及ぼ... 続きを読む

「父親でもモテる人」に必要な条件ランキング

家族を大切にしている 空気が読める 加齢臭がしない 実年齢よりも若く見える ファッションセンスがいい ... 続きを読む

他人に振り回されない人になろう-セルフリーダーシップの取り方

毎回、面倒な仕事を振ってくる上司に対して、イライラ・・・ 友人の愚痴に付き合わされて、イライラ・・・ 親から小言を言われて、イライラ・・・など 自分のペースで過ごしたいのに日常生活の中では、なかなか思うようにいかないことが多いですよね。お... 続きを読む

心を開くことの重要性-自分が心を開けば相手も開いてくれる理由

私たちは、日々、多くの人々と社会生活を営んでいます。1人で行動することもありますが、ほとんどの場合、様々な集団に属し、その一員として活動しています。集団とは、ある目的を達成するために集まったものと定義され、その中で行なう行動は集団行動です。... 続きを読む

プラスとマイナスのストロークとは? 承認欲求を満たす方法

すっかり日が短くなりました。夕暮れどきになると、街がイルミネーションで輝き始めます。そう、もうすぐクリスマスですね。 さて、今回は大切な人にぜひプレゼントしたい「ストローク」についてご紹介します。 人間の体は生きていくのに栄養や睡眠が必要... 続きを読む

生き方のクセとストレスコントロールの方法-ストレスの原因を知る

前回は、こころに住む5人の家族について一人ひとり紹介し、人はそれぞれ「生き方のクセ」があり、自分のクセが分かれば、発想を変えられるということをお伝えしました。今回は、生き方のクセを職場においてどのように変えていったらよいか、具体的に考えて... 続きを読む

頑張り屋さんはストレスが溜まる-上手なストレス発散法とは?

ストレス反応は誰にでも起きる自然な反応であり、周囲の環境に適応しようとする生体の大切な機能であることは、このところよく知られるようになってきました。生きている限りいろいろな難問や課題はつきものであり、嫌なことは必ずあるということは誰もが実... 続きを読む

「聞く技術」を養うには-聞き上手になるための3つのポイント

皆さんは対人関係の中で話すほうが好きですか、それとも聞くほうが好きですか?生活をしていると、様々な場面で「聞き上手」であることを求められます。ピースマインドで活躍しているカウンセラーは「聞く」ことを仕事にしているプロですが、カウンセラーと... 続きを読む