自己効力感とは? 新たなチャレンジには自分の力を信じる力が必要

「自己効力感」について

 

自己効力感とは、心理学者アルバート・バンデューラによって提唱された心理学用語で、自己に対する信頼感や有能感のことを言います。人がある行動を起こそうとする時、その行動を自分がどの程度うまく行えそうか、という予測の程度によって、その後の行動の生起は左右されるのです。つまり、「自分にはここまでできる」という思いが行動を引き起こすのであり、その思いのことをバンデューラは“自己効力感”と呼びました。
 つまり、ある課題を与えられた時に、自己効力感の高い人は「よし、やってみよう」と思うことができ、その後の行動につながります。一方、自己効力感の低い人は「その課題は自分にはできないかもしれない」と尻込みする傾向があり、その後の行動にはつながらないこととなるのです。行動を起こすためには、自己効力感という入り口を通過しなくてはならないといえるでしょう。

自己効力感の高め方

自己効力感は、主に4つの源泉によって形成されるといわれています。
1.達成体験
 自分自身で行動して、達成できたという体験のこと。これが最も自己効力感を定着させるといわれています。
2.代理経験
 他者が達成している様子を観察することによって、「自分にもできそうだ」と予期すること。自らが体験できる範囲は限られているため、この代理経験で得られる自己効力感の影響は大きいと考えられます。
3.言語的説得
 達成可能性を、言語で繰り返し説得すること。しかし、言語的説得のみによる自己効力感は、容易に消失しやすいといわれています。
4.生理的情緒的高揚
 苦手だと感じていた場面で、落ち着いていられたり、赤面や発汗がなかったりすることで、自己効力感が強められること。

 上記から考えると、スモールステップの原則で達成体験を蓄積し、自己効力感を高めつつ、目標とする身近なモデルを見つけて代理的に達成感を経験することで、自己効力感を育てていくことができると考えられます。自分で工夫できるのはここまでかもしれませんが、周囲の誰かの自己効力感を高めたいと思ったら、それに加えて言語的説得を根気よく続けることにも意味があるのです。

 自己効力感が高まると、自分から課題に取り組むという意欲がみられるようになり、行動の変化が促されたり、学習への自信が高まるようになります。
 新たな業務を課されたり、異なる分野にチャレンジしたり、これまでと違った行動が求められる時に鍵となる概念であり、適切な自己効力感を持っている人は自らの行動を調節することが可能となります。そして、自己効力感が増大するに伴い、内発的な興味も育っていっていきます。新しいことに前向きに挑戦していくためには、根本に自己効力感の存在が必要だといえるでしょう。

【執筆】
ピースマインド・イープ


■ピースマインド・イープ株式会社
高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルームを全国展開し、数多くの方々のメンタルケアを支援しています。人間関係、仕事・キャリア、家族・夫婦、育児・教育など、誰しもが抱える悩みやストレスについて、専任のカウンセラー(臨床心理士・精神保健福祉士等)がお応えします。

・カウンセリングとは
//health.goo.ne.jp/mental/read/index.html
・健康用語
//health.goo.ne.jp/mental/yougo/index.html

その他のメンタルヘルスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

まずはやってみよう!気をつけ姿勢

1.あごを引き、自然体で立ち、両手は体の横につけて伸ばし、両足のかかとどうしはくっつける。背筋を伸ばして胸を張り、そのままの姿勢で肛門を締めて10秒キープする。 2.ゆっくりと息を吐きながら、バ... 続きを読む

結婚式でしたことのある気まずい思いランキング

カジュアルな格好で行ったら、他の人はかなりドレスアップしていた 知り合いが一人も出席していなかった 結婚式で久しぶりに会った友人が離婚していた 披露宴... 続きを読む

自己評価が低いと新しいことに挑戦しずらくなる? 3つの高め方

自己評価は、生きていく上でとても大事な役割を果たします。高い自己評価は、いろいろな新しい経験に挑戦していくエネルギーとなり、そうした経験が自己評価をさらに高めることにもなるでしょう。一方、自己評価が低いと、どうせ自分は何をやってもだめだと最... 続きを読む

チームのまとまりと結果は比例する? チームワークが求められる集団

私たちは様々な「集団」の中で生活しています。例えばそれは、家族という小さな集団から、地域、職場など様々な集団があります。私たちが属する集団から受ける影響は大きいものです。したがって、まとまりのよい集団にいれば、その集団から個人は良い影響を受... 続きを読む

生き方のクセとストレスコントロールの方法-ストレスの原因を知る

前回は、こころに住む5人の家族について一人ひとり紹介し、人はそれぞれ「生き方のクセ」があり、自分のクセが分かれば、発想を変えられるということをお伝えしました。今回は、生き方のクセを職場においてどのように変えていったらよいか、具体的に考えて... 続きを読む

苦しみから抜け出すヒント-自分自身を否定せず優しく受け止める

2009年が始まりました。皆さんはどんなお正月を過ごされましたか?世界金融危機に伴う、痛ましいニュースが連日報道されています。確かと思われていたものが揺らぎ、世の中が混乱のさなかにあります。今の社会情勢のみに限らず、到底解決できないと思える... 続きを読む

頑張り屋さんはストレスが溜まる-上手なストレス発散法とは?

ストレス反応は誰にでも起きる自然な反応であり、周囲の環境に適応しようとする生体の大切な機能であることは、このところよく知られるようになってきました。生きている限りいろいろな難問や課題はつきものであり、嫌なことは必ずあるということは誰もが実... 続きを読む

「認知的不協和」とは? 人は自分の選択が正しいと思いたい

認知的不協和理論とは、ビジネス界ではマーケティングの分野においても注目、活用されている人間心理の法則で、アメリカの心理学者であるレオン・フェスティンガーが提唱した、社会心理学用語です。
主な定義としては、以下の通りです。・認知に不協和が存在... 続きを読む

なんとなくダラダラ過ごす時間は有効? のんびり時間の意外な効果

秋も深まってきましたね。思索にふける秋。今日は仕事やプライベートを充実させるためのちょっとためになる話をしていきます。 ハンガリー出身のアメリカの心理学者M.
チクセントミハイは「楽しみ」の研究を行う中で、「仕事」「遊び」という二分法では... 続きを読む

ダイエットの成功の鍵は満腹シェイク選び!

シェイク
ダイエット中のお悩みといえば、極度の空腹感。
もはやこの空腹との戦いといっても過言ではないでしょう。ダイエットの成功へ導くためには、お腹をしっかり満たしてあげることが課題になります。そこでぴったりなのが、ダイエットシェイク。... 続きを読む