休み明けがだるい理由-体内時計のリズムを崩さない生活とは

未修正の体内時計を調整する

 

年末年始は、皆様ゆっくりお休みを取れましたでしょうか。
お休みがあると、ついつい夜更かし朝寝坊をしてしまう方もおられるかと思います。しかし、休み明けはどうもだるい、といったご経験をされた方も多いのではないのでしょうか。これは、休みの間の生活が私たちの体内のリズムを壊してしまうために起こってくる現象なのです。今回は、このリズム(体内時計)について考えてみたいと思います。

人間には約25時間サイクルのリズムがあるといわれています。このリズムに従って、私たちの体は様々なホルモンを分泌し生活の流れを作っています。目が覚め、空腹を感じ、排泄をし、眠たくなるのもこの為です。しかし、1日は24時間と決められています。このままでは、一日約1時間ずつずれていってしまいますね。その為に、体は、毎朝朝日を視覚に入れることで、その1時間のずれを修正し、24時間サイクルに合わせているのです。

しかし、夜更かしすると、どうなるでしょう。当然翌日の朝は起きる事が辛くなります。その日が休日であったら、そのままお昼近くまで寝過ごしてしまうのではないでしょうか。平日は毎朝の起床時間を7時と決めていても、朝日を浴びず、体内時計のリセットを行わなかったら、時間は1時間ずれてしまい、体にとっての起床時間は8時ということになります。朝遅く起きた分、その夜寝るのも遅くなるでしょう。連休であれば、次の日もまた寝過ごし、朝日を浴びられなくなるかもしれません。2日間朝日を浴びずにいると計2時間、連休中ずっと朝寝坊していたらその日数分、時計は狂っているのです。これでは、いざ出勤日に、いつもと同じ起床時間の7時に起きようとしても、体の起床時間はずれているので、その分普段より早起きをしているような感覚になってしまいます。その結果、体がだるくなったりするのです。

 では、リズムを崩さないためには、どうしたらいいのでしょうか。一番のポイントは、一日1回ずれを修正してあげる事です。そのためには、お休みの日であっても、夜同じ時間に眠り、同じ時間に起きることが良いとされています。お休みの日くらいゆっくりしたいといった場合でも、寝坊は1、2時間ほどに留め、少しでも朝日を浴びるようにすると体への負担も少なくなるでしょう。不規則な勤務などをされていている場合は、リズムが壊れがちですので、活動時間中はなるべく強い光を浴び、昼間眠るときは、光を遮断するなどの工夫をするとよいようです。 気持ちの良い休み明けにする為にも、体内時計の修正を忘れないよう心がけましょう。

参考図書 遠藤拓郎『6分半で眠れる!快眠セラピー』、フォレスト出版

【執筆】
ピースマインド・イープ 鈴木麻美


■ピースマインド・イープ株式会社
高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルームを全国展開し、数多くの方々のメンタルケアを支援しています。人間関係、仕事・キャリア、家族・夫婦、育児・教育など、誰しもが抱える悩みやストレスについて、専任のカウンセラー(臨床心理士・精神保健福祉士等)がお応えします。

・カウンセリングとは
//health.goo.ne.jp/mental/read/index.html
・健康用語
//health.goo.ne.jp/mental/yougo/index.html

その他のメンタルヘルスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

やせるテクニック:正月やお盆休みも特別扱いしない

1年を通して規則正しく生活するよう心がけることが大切
お正月やお盆などの大型連休。忘年会や新年会といった食べるイベントが続いたり、家の中でゴロゴロすることが多くて運動不足になりがちです。お正月は、食卓にお... 続きを読む

年末年始でダイエットのリズムが緩む1月。ダイエット一時休止してもいいですか?

ココロIQを高める!~今回の解説~ Q. 年末年始でダイエットのリズムが緩む1月。ダイエット一時休止してもいいですか? A. NO.……お正月についた脂肪はすぐ落とせる!
今すぐ気持ちを切り替えて ... 続きを読む

お休み前30秒の簡単ナイトストレッチで、美脚&朝の目覚めを改善!

長時間同じ姿勢での仕事・運動不足・姿勢の崩れなどにより、脚のむくみ・冷え、腰痛に悩まされる人が増えています。脚の裏側・お尻・腰・背中の筋肉は、骨盤や背骨にも大きく影響します。美しい姿勢を保つためにも、快適な睡眠を促してスッキリ目覚めるた... 続きを読む

体内時計に従った生活を送るダイエット

体内時計
体内時計ダイエットとは、人間の自然な体内時計のリズムに従った生活を送ることで、ダイエット効果と健康を手に入れることが出来るというものです。
具体的にどういうことかというと、朝起きる時間は決まった時間に設定し、太陽の光を浴びて... 続きを読む

休みに行きたい!炭酸水の温泉

2 炭酸風呂DE 体内環境を改善 炭酸風呂に入ると体の中で起きるコト 体内環境を改善 人間の体は、運動をしたり普通に生活しているだけでも酸性に傾いていくもの。血液の酸化は、老化や病気を招く危険性も!
炭酸ガスに... 続きを読む

乱れがちな生活のリズム-体内時計を整える5つのテクニック

私たちの体には、意識しなくてもきまった周期で体の働きを変動させる「生体リズム」が備わっています。たとえば夜暗くなると眠くなり、朝になると目が覚める24時間周期の睡眠・覚醒のリズム、レム睡眠とノンレム睡眠を約90分周期でくり返す睡眠のリズム... 続きを読む

年齢ごとに異なる理想的な睡眠時間は? 昼寝は健康にいい?

私たちは睡眠によって脳や体の疲れを回復させています。睡眠時間が不足したり、時間は足りていても深い眠りが得られないような場合、生活習慣病やうつ病などにつながることがわかってきました。
一言で「理想的な睡眠」といっても、人によって、また世... 続きを読む

体内時計について学べる「健康管理能力検定」がスタート

日本成人病予防協会は、2015年より「健康管理能力検定」をスタートします。人の体内にある「体内時計」が司るさまざまなリズムについて学び、健康管理能力を取得することを目的とした検定制度です。 健康生活の基本となる「体内時計」を知る 人... 続きを読む

遊びボケから抜け切れず、朝はいつまでも寝坊……こんな生活ダメですよね?

カラダIQを高める!~今回の解説~ Q. 遊びボケから抜け切れず、朝はいつまでも寝坊……こんな生活ダメですよね? A. YES……ダイエットに大切な「やる気」を出すためには、早起きを! ... 続きを読む

リバウンド防止と戦う24時間

ここでは減量の長所と短所と気をつけなければならない点について述べていきたいと思います。
「ダイエット」という言葉を聞いて最初に思い浮かべるのは「減量」です。食べるカロリーを減らせば単純に体重が減少するのは当た... 続きを読む