心の中に安全基地を作ろう-疲れたときにゆっくり休息をとれる場所

何もできない自分を世話してくれた誰かの存在

 

あなたが安心できるところはどこですか?
実家、家庭、自分の部屋、いつも行く喫茶店、または、家族と過ごしている時、恋人と一緒にいる時、仲のよい友人といる時など・・・。
そこは、様々な課題に挑戦していく時のエネルギーの補給場所であり、疲れた時には、ゆっくり休息が取れるあなたの安全基地かもしれません。

安全基地というのは、精神分析医のボウルビィが提唱した愛着理論の中に出てくる概念です。
生まれたばかりの赤ちゃんは自分では何もすることができません。お母さんやお父さんが手取り足取り世話をします。赤ちゃんも世話をしてくれるお母さんやお父さんを認識し始め、やがて愛着が形成されます。この愛着がしっかり形成されるほど、お母さんやお父さんは赤ちゃんにとって安心できる存在となり、そこに居れば安全が保障されていることを意識せずとも感じるようになります。
しかし、時間とともに赤ちゃんはお母さんやお父さんから離れることができ、そこを安全基地として興味ある外界へと探索行動を取り始めます。この時に愛着がしっかりと形成されているほど、不安がありながらも勇気をもってお母さんやお父さんから離れ、自分ひとりで行動することができるようになるのです。
時には、積極的に行動した結果、失敗して傷つくこともあります。赤ちゃんにとって、お母さんやお父さんの存在が心の中の安全基地になっていると、弱った自分を受け入れ、いたわり保護してもらうために、そこに帰り、気持ちを休め、エネルギーを補給します。その後、失敗にめげずに、再チャレンジしようという勇気や元気が出てくるのです。

あなたがもし、厳しい社会の荒波の中にいたとしても、自分の足で立って生活ができているとしたら、心の中にそういった安全基地がしっかりと存在しているからかもしれません。
そこはがんばった自分はもちろんのこと、傷ついた自分、弱った自分、だめな自分など、どのような自分でも受け入れ、肯定してくれる人や場所、または、そういった経験が心の支えとなり、安全基地として機能していると言えるのではないでしょうか。

家族や友人に悩みを聞いてもらい、解決はつかないもののすっきりしたり、気持ちが落ち着くことがあります。このように、普段は意識していないことが多いかも知れませんが、愚痴を言える身近な相手の存在が重要な安全基地なのかもしれません。

また、何かあっても、誰にも話すことなく、自分自身の力で落ち込んだ気持ちを回復させ、時には失敗を振り返り、反省することで糧にしていることもありますよね。
このような場合は、今までの経験から得られた心の中にある安全基地から、回復する為のエネルギーチャージを無意識にしているのかも知れません。

安全基地が心の中にしっかりと存在していると、意識しなくても、社会生活を送る上で遭遇するダメージの回復に役立つことがあります。
自分が何もできなかった赤ちゃんの時、記憶のない時から世話をしてくれていた誰かの存在を心は覚えているのかもしれませんね。

【執筆】
ピースマインド・イープ 中平綾子


■ピースマインド・イープ株式会社
高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルームを全国展開し、数多くの方々のメンタルケアを支援しています。人間関係、仕事・キャリア、家族・夫婦、育児・教育など、誰しもが抱える悩みやストレスについて、専任のカウンセラー(臨床心理士・精神保健福祉士等)がお応えします。

・カウンセリングとは
//health.goo.ne.jp/mental/read/index.html
・健康用語
//health.goo.ne.jp/mental/yougo/index.html

その他のメンタルヘルスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

正直ひいた、一人暮らしの彼女と彼女のお母さんのやりとりランキング

毎朝お母さんからのモーニングコールで起きている お母さんにしょっちゅうお小遣いをせびっている 生活費の大半はお母さんの財布から出ている お母さんにしょ... 続きを読む

これからママになるあなたに!赤ちゃんの顔は、お母さんが食べてきたもので決まります

こんにちは。モデル・ビューティーフード研究家の室谷真由美です。今回は、赤ちゃんの顔と食の関係についてお話していきますね。これからママになるあなたに!赤ちゃんの顔は、お母さんが食べてきたもので決まります お母さんの摂る食材によって赤ちゃん... 続きを読む

勇気

「食べ物を残したらバチがあたるわよ。最後までキチンと食べなさい」。 私は小さいときから母にそう言われて育ちました。もちろん、それがまちがっていたとは思っていません。でも、正直言って、母が用意してくれた食事を完食するのは... 続きを読む

【アラフォー妊娠ライフ】妊娠4ヵ月・増えた体重は全部お母さんの“脂肪”です

初めまして。新米妊婦の五十嵐ななと申します。現在妊娠4ヵ月で出産予定日には42歳。高齢出産かつ初産で戸惑いの多い日々ですが、そんな心境も含めつつ妊娠中の心身の変化や検診のこと、みなさんの参考になりそうな情報などをお届けしていきたいと思い... 続きを読む

生まれ月による体質や性格の違い。それはお母さんのお腹の中で決まる?

こんにちは。モデル・ビューティーフード研究家の室谷真由美です。私たちにはみなさん必ず「誕生日」があります。その誕生日が何月かによって、実はすでに性格や体質が違っているのです。それはお母さんが食べたもので赤ちゃんの体が作られることから、非... 続きを読む

夫婦仲を保つコツは?

感謝を言葉で伝える 相手に多くを求めない スキンシップを欠かさない 一人の時間を確保する 子どもがいても二人で出かける ... 続きを読む

美健チャージ!おからスムージーレシピ

忙しい朝は手軽に摂取できるヘルシースムージーですっきりと目覚めましょう。栄養バランスにすぐれ、毎日続けても飽きないおいしさです! スムージー基本 おからパウダー(大さじ1杯あればOK)+フレッシュ... 続きを読む

心理学用語『転移』-うまくいかない人間関係の原因は転移にある?

臨床心理学の用語に、『転移』という用語があります。この用語は、臨床心理学用語の中でも最も有名な用語のうちの1つと言っても良いほど、よく知られている用語です。
臨床心理学用語としての『転移』の意味は、「心理療法の過程で、クライエント(相談を... 続きを読む

意外と知らない赤ちゃんのほっぺが赤い理由

急な温度変化でほっぺが赤くなる
赤ちゃんのほっぺが赤くなる一つの原因としてあげられるのが、急な温度変化です。冬の寒い時期、気温の低い屋外で赤ちゃんの頬は体内の熱を逃さないように毛細血管を細くして乗り切ろうとします。その状態から暖房の効い... 続きを読む

カウンセラーが教えるストレス対処法の基本5つ-ストレスに強くなる

私たちは日常的にストレスを感じて生活しています。不安や緊張など、ストレスと聞くとネガティブな印象を持ちますが、ストレスとはいつも悪いものばかりではありません。生活にハリを与えたり、集中力を
アップさせたりする良いストレスもあるのです。
... 続きを読む