ユング心理学 シャドウとは? 聖人君子のような親の子どもが問題児な訳

ユング心理学の「影(シャドウ)」をもとに

 

「仕事はうまくいくのに、なぜか恋愛はうまくいかない」「いつも嫌な上司の下になる」「いつまでたっても子どもが自立しようとしない」こういった人間関係のパターンを耳にすることがあります。

努力をしてもなかなか改善が見られない。頭で考えても原因が分からない。どうして自分だけがいつもこんな目に・・。そんな思いを抱えている人は少なくないように思えます。こういったパターンはなぜ生まれるのでしょうか。ただの偶然といえるのでしょうか。

~ユング心理学における「シャドウ」~

スイスの精神科医・心理学者であり、ユング心理学の創始者であるC・G・ユングは、「影(シャドウ)」という概念を提唱しました。ユングによれば、人は社会に適応して生きていくために、善人の「仮面(ペルソナ)」をかぶって日常生活を送っています。その過程で、「持っていない方がいい」「認めたくない」と感じた自分の側面、つまり、性格のネガティブな傾向や、善人のペルソナとは両立しがたい傾向などは、意識から切り離され、なかったことにされます。一方で、それらの「切り離された自分」は無意識の中に存在し続けています。そして無意識への抑圧が限界に達した時などをきっかけに目を覚まし、私たちに強く働きかけ始めます。

そのひとつに、他者への「投影」があります。抑圧しきれなくなったシャドウを、無意識に他者のものとして映し出しはじめます。そして、相手に映し出した自分のシャドウに自分の存在が脅かされるような危機感を感じ始めます。それが、「嫌いだ」「許せない」といった強い感情を引き起こすとユングは考えます。

例えば、ある人が支配的な父親の元で育ったとします。その人は父親のそういった側面に強く反発し、自分の中で他者への共感性や受容能力を大きく育みます。そして、共感性や受容能力に高い価値をおき、程度の差はあれ、誰しもが持っている支配的な側面を「自分のものではない」と切り離します。切り離された支配性は、目の前に現われる上司に投影されます。そして、上司にうつされた支配性に対し、自分のものとは知らずに反応します。これはあくまでひとつの例ですが、シャドウはこのような形で私たちの前に現われうるのです。

こういった投影が起きていると、環境を変えても同じことが起こりがちになります。たとえ周囲の人が変わっても、同じように相手の中に自分のシャドウを見出すことになるからです。

一方で、シャドウを抑圧していながらも、その影響をうけずに生きているように見える人もいます。ユング派分析家で前文化庁長官の河合隼雄氏は、例えば教育者や医師などの、社会的意義も高く聖人君子のように見られることの多い職業の親の子どもに、社会との適応が難しく、問題行動を起こす子どもが多いことを例にあげ、「シャドウの肩代わり」について述べています。河合氏によると、「たとえ親子関係に一般的な意味で問題がないとしても、親の『影のない』生き方自身に、子供の肩代わりの現象を呼び起こす力が存在して」いるのだそうです。なかったことにしても決してなくならない、シャドウは抗いがたいパワーをもった存在のようです。

~自分のシャドウと向き合う~

こうして見てくると、シャドウの恐ろしい面のみが目につき、なおさら受け入れがたく感じられてきます。しかしユングは、個人的なシャドウは必ずしも「悪」ではないと言います。そして、シャドウの目線で自分自身を見つめなおすことで人生に幅と深みがもたらされるといいます。つまり、自分のシャドウを自分のものとして受け入れることで、人生に変容が始まるということです。

シャドウは無意識の領域が関わっている為、意識的な試みだけで全てを把握するのは難しいでしょう。しかし、必要があるのに何故だか先延ばしにしていること、強いネガティブな感覚を感じる人やことがあるとしたら、それは自分自身のシャドウと向かい合うヒントになるかもしれません。

それらを自分のものとして捉えなおした時に、どんな感じがするのか確かめてみましょう。とても受け入れられない感じ、腑に落ちる感じ、様々だと思います。光に影がつきもののように、シャドウを含めて初めて人が存在することを受け入れた時に、変容の扉が開くのかもしれません。

参考文献:河合隼雄 『影の現象学』 講談社学術文庫 1987年

【執筆】
ピースマインド・イープ 若尾秀美


■ピースマインド・イープ株式会社
高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルームを全国展開し、数多くの方々のメンタルケアを支援しています。人間関係、仕事・キャリア、家族・夫婦、育児・教育など、誰しもが抱える悩みやストレスについて、専任のカウンセラー(臨床心理士・精神保健福祉士等)がお応えします。

・カウンセリングとは
//health.goo.ne.jp/mental/read/index.html
・健康用語
//health.goo.ne.jp/mental/yougo/index.html

その他のメンタルヘルスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

自己嫌悪を克服する方法-自分自身を上手く受け入れるには

日々の生活の中で、自己嫌悪に襲われどうしようもなくなってしまう、といった経験をされたことがあるでしょうか。 ・仕事でミスをしてしまった ・人間関係で相手を傷つけてしまった ・自分が原因で周りに迷惑をかけてしまった ・いくら頑張っても勉強や仕... 続きを読む

自分でできる『夢分析』-5つの質問で分かる夢が表す深層心理

夏の日焼け対策は万全ですか?頭皮も毛髪も太陽を浴びてダメージを受けているな、と思ったら、市販されている"寝る前の流さないトリートメント”をお出かけ前につけるのもケアの方法の1つです。 さて、今日は寝ている間に見る夢のお話をします。心理学者... 続きを読む

「父親でもモテる人」に必要な条件ランキング

家族を大切にしている 空気が読める 加齢臭がしない 実年齢よりも若く見える ファッションセンスがいい ... 続きを読む

心理学用語『転移』-うまくいかない人間関係の原因は転移にある?

臨床心理学の用語に、『転移』という用語があります。この用語は、臨床心理学用語の中でも最も有名な用語のうちの1つと言っても良いほど、よく知られている用語です。
臨床心理学用語としての『転移』の意味は、「心理療法の過程で、クライエント(相談を... 続きを読む

苦しみから抜け出すヒント-自分自身を否定せず優しく受け止める

2009年が始まりました。皆さんはどんなお正月を過ごされましたか?世界金融危機に伴う、痛ましいニュースが連日報道されています。確かと思われていたものが揺らぎ、世の中が混乱のさなかにあります。今の社会情勢のみに限らず、到底解決できないと思える... 続きを読む

力がなくても大丈夫-自宅でできる脚のツボとマッサージ方法

パートナーにやってあげて喜ばれる脚のマッサージ2回目の今回は、脚の側面のマッサージです。横向きに寝て上側の脚を曲げてもらうと、脚の側面内側も無理なくマッサージすることができます。パートナーがテレビを見ながら横向きに寝転んでいるときなどにや... 続きを読む

曖昧や先延ばしはNG!お誘いの返事ってどうしてる?

2016年もあっという間にあと1ヶ月!年末のイベントが目白押しでは?忘年会、クリスマスパーティなど集まる機会が多い時期ですが、その時にちょっとだけ気をつけたいポイントをお伝えします。このポイントを知って行動すると良好な人間関係が深まり、... 続きを読む

本当はコワい! 「ただの風邪」に潜む“大人の病気”

年齢とともに、なんだか風邪が治りにくくなったと感じていませんか? コンタック総合研究所の調べによると、2〜3日以内で風邪が完治する割合は年齢とともに低下、30〜40代になると6〜7日程度治らなかったり、1週間以上長引く人の割合が増える傾... 続きを読む

発達障害の一つ ADHDとは? 問題児と誤解される症状と対処法

もしもお子さんや身近な子どもたちのなかに、授業中教室を歩き回るとか、カッとしてすぐ手が出るといった行動で本人も周囲も困っているようなことがあったら、それはADHDによるものかもしれません。
ADHDは日本語では注意欠如多動性障害(注意... 続きを読む

失恋したときによくあるパターンは?

とにかく泣き続ける 引きこもりたくなる 食事がのどを通らない 暴飲・暴食 友人に手当たり次第に連絡する ... 続きを読む